May 28, 2008

トロかわいいよトロ

おととい、ちょっとノドが痛くて
あと頭痛と鼻水も出たりとかあったので、
ちょっと症状を緩和しとくか程度にカゼ薬買って飲んだら、
一発で全部の症状がスッキリ消えやがんの。

なにこれ。逆に怖い…。


最近ネタが殺伐としてきてるので、
ちょっと癒し。

今回は動画なので折り込んどきます。

Continue reading "トロかわいいよトロ"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 21, 2006

大手術

ついに我が愛機、PS2君が、
全くDVDを認識してくれなくなりました。

もう一番初期の型(10000番台)ですから、
当然、ソニータイマーも発動済みでして。

新しいのを買うのが一番手っ取り早いんですが、
一番お金がかかります。
といって修理に出しても、
送料込みで、おそらく1万円以上は堅いでしょう。

多分、修理にもある程度時間がかかるでしょうし、
5月からは私も仕事が始まるので、
ヒマな今このときに遊べないと意味がないのです!
(勝手な理屈)

で、なんとかならないかなぁと、
ネットを徘徊していたら、こんなページを見つけました。

凄すぎます。このお方。

自分で分解するなんて、全く考えてなかったけど、
もうこの際、壊れてもいいや!くらいの勢いで、
いっちょ私もやってみようかなと。

Continue reading "大手術"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 30, 2004

ドラゴンクエストVIII

ちょっと遅れましたが、ドラクエ8、買いましたよぉ。
ドラクエは1からずっとやってるわけで…。
いや、厳密には、リアルタイムなのは2からですけどね。
1を知ったのは2のあと。

実際、ドラクエフィーバーが始まったのは2からでしたね。
1は、カニ歩きのゲームという印象が残ってる(笑)

想い出はさておき、最新作の8。

Lv14くらいまでやって、
魔法使いっぽいおネエちゃんを仲間にしたとこまで話を進めたばかりですが、
凄い!素晴らしい!
もう、こないだ見たハウルの不完全燃焼を埋める勢いで面白いです。
はやく次へ物語を進めたい!と思うゲームです。

ドラクエはずっとそうだったんですけど、
前作の7は、実は私、最後までいってないんですよ。未クリア。
なぜかというと、
まぁちょうどその時期、仕事が華僑だったというのもありますけど、
ゲームのシステムに疲れた感じなんですよね。
シナリオ自体は決して悪くないと思うんですけど。
何せ敵が強くて、しばらくレベル上げに集中しないと、
次へ話を進められない印象でした。

で、今回。
レベル上げはちょこっとすれば、普通に物語を進めていけるし、
敵の強さのバランスが良いように思います。
最初の方のボスとか、あまりレベルを上げすぎると、
弱過ぎであっさりやれてしまった…なんてのがありがちですが、
今回は、結構考えて戦わないとやられてしまう。
といって、めちゃ強いってわけじゃなく、
うまく戦えばそんなにレベルを上げなくてもやれる相手。
このへんの調節が巧いと思いましたね。

久々にハマれそうなゲームです。

って、ハマるとこの時期やばいんですけど…(汗)
仕事も完全に終了しているわけじゃないので。

でも、またやりだすと、朝までやっちゃうかもしれない。
ドラクエ休み欲しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2004

懐かしのゲーム

真鍋さんがblogやってるのを知ってから
ちょいちょいチェックしてるんですけど、
ゲームとかやる人だったんですね。結構。

このネタいぬああいふきへのトラックバック)

サラダの国のトマト姫。あったあったそんなゲーム。
黄緑色のカートリッジが印象的な…(って印象持つところが違う)
パスワードは当時のゲームコンテニューの王道でしたからね。
私ももの好きなので試してみましたよ。

証拠VTR

確かに。

これランダムパスワードじゃなく、固定パスワードなんですね。

パスワードの最たるゲームといえば、
やはりドラゴンクエストIIを置いて他にないでしょう。
バッテリーバックアップというシステムが登場する直前のゲームでした。
あれのパスワードをミスったときは絶望しましたね…。
しばらくやる気失せます。
なので、念のため2つのパスワードをとるようにもしてました(笑)

ゲームは、
今のPS2とかGCとか、そのへんのゲームはすごいと思うけど、
もうここまできちゃうと、逆に何がきても驚かなくなってしまってます。
むしろ、あの頃のゲームの方が、ショボくても新鮮さはありました。
ゲームそのものが珍しい感じでしたからね。

今の子供たちにとっては、
ファミコンなんて、もう古典なんだろうなー…。

そして、もうすぐドラクエ8出ますね。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

October 22, 2004

AC5

今日も0時回る時間に家にたどり着くと、
ドアノブに何やらぶら下ってます。

アマゾンの包装…あれ、何か本買ったっけな?

びりびりびり…

お!

じゃじゃーん。

そうだ。ひと月ほど前に予約しといたんだった…。

しかし、これやりだすとまた睡眠時間がなくなるんだろうなぁ。
ちょっと今のこの時期は危険なので、
ふつふつと湧き上がる欲求をひた抑えて未開封で放置することにします…(´-`;;;

面白いんですよ。このゲーム。
タダのシューティングゲームじゃあございません。
映画みたいになってるから。
飛行機にも細部までかなりリアルでめちゃ凝っていて、
もう飛行機(戦闘機?)マニアにはたまらない作品のはず。
(…という私はマニアってほどでもないけど)

やりたい…

いや、とりあえず、今の山を乗り切ってからだ。

さもないと、絶対またバグの嵐が巻き起こるのだ。
プログラマなんて、頭の冴えが仕事を左右するのだということは、
これまでの経験でイタイほど実感してるから。

でも、週末、ちこっとくらいなら…。
い、いいよね?
ちょっとだけ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2004

ドラクエ8いよいよ

もひとつゲームネタ。

「ドラクエVIII」発売日・価格が正式決定!!

キターー!

やっぱドラクエのスパンは長い。
開発にそれだけ時間かけたってことで期待っすね。

以前買った5のオマケディスクの映像見ただけでも
かなり感動したんですけどね。
ドラゴンボールですよ。あれは。
これは、ENIX単体では出せなかった味かもしれませんね。

スクエニ恐るべし。

何にしろ、発売決定らしい。2ch風にいえば

ケテーイ(・∀・)

ですよ。

しかし、今の時期の発表にしては近日ですね。
今秋ってことだし。

価格が1万円近いのは…まぁ、そういうものだと思うしか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

プロマシアの呪縛

えー。最近全然やってないんですが。
FFXIの追加ディスクが出ましたねぇ。

「プロマシアの呪縛」

プロマシアってなんじゃい?!

まぁ、FFというのは背景も凝ったストーリーがありまして、
FFXIの世界であるヴァナ・ディールには、
いわゆる神様というのが2人存在しているわけですね。

ひとりは、ヴァナの民をつくったとされる女神アルタナと、
もうひとりが、ヴァナの災いを作ったとされる男神、
それの名前が「プロマシア」なのだそうな。

破壊神です。シドーですよ。(ちょっと違う)

ということで、またラスボス追加ってやつです。

今回、ただでさえ広いヴァナがまた広くなって、、
モンスターやアイテムやクエストやいろんな追加システムが
いっぱい追加されたと。
まだ解放はされてないデータも実は入ってるんでしょうねぇ。

ジラートでも、途中までなかったラピュタが、
唐突に出てきたもんね…。

FFXIは、ほぼ発売日当初からやってるわけですが、
こんなに長く続くとは思わなかったですよ。
ゲームサービス自体も、私自身もね。

FFIXだかXのオマケディスクに、
FFXIがオンラインで出るぜぃ!みたいな宣伝ビデオがついてて、
それ見たときも、正直、FFがオンラインになって面白いんかいな?
…と、かなり疑問に感じてたわけで。

それが、もう始まって2年以上経ってる。
FFXIはもう生活の一部だったし。
最近は、そうでもなくなりつつありますけど…。

そういや、SQUARE ENIXはまたMMO出そうとしてますね。
エバークエスト2。EQってやつですね。
FFXIは、さんざんこのEQのパクリだっていわれてきたけど、
そのEQそのものを自分のとこでサービスしちまうあたりが■eだ。

EQ2。映像見たけど、めちゃめちゃキレイ。
FFもキレイだと思ってたけど、
リアルさが違うというか。CGって感じでなく実写ってイメージですね。
要求スペック高そうだなぁ…。
あと、FFXIIIはオンラインだというウワサもありますが、
オンラインゲームも結構サイクル早くなってきそうです。

オンラインって、もうゲームという枠を超えてますからね。
そこはヴァーチャル世界というか。
ハマればもうひとりの自分の人生があるって感じですね。


てことで。
明日はプロマシアでも買ってきますかね。(まだ買ってない)


ふー。久々に3連休。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2004

X-2

最近、ゲームをやる時間もほとんどない月影です。
こんばんは。

ちょっとオンラインを離れて、ちょちょっとできるオフラインゲーム
何かないかなと、私の本棚に並んでいる
“買ったはいいけど、結局ほとんどやってないゲームコレクション”
を眺めてみます。

で、ファイナルファンタジーX-2が目にとまる…。
そういえば、これもオープニングだけ見て全然やってないのでした。
おおよその評判も「RPGというよりギャルゲーじゃね?」な感じだったので、
やる気もあんまり出なかったんですがね。
FFXの方はめちゃハマったんんだけどな…。

で、少し話を進めてみました。

面白い。

今さら。腐ってもFFってことですか。
確かに、主人公は女キャラで、背中が痒くなる演出もいっぱいあるんですが、
Xの記憶を回想させるあたりで、Xにハマった人が楽しめる内容って感じですかね。
あとは、小さいミッションの連続って感じのゲーム。
なので、時間決めてやる分には都合の良いゲームです。
それらが最後に繋がるんでしょうね。

当面の仕事の後のささやかな楽しみ、ひとつつくりました。

ゲームネタで。

エースコンバットの最新作が10月に出ますね。
まぁ、これも、買ってもちょっとタイムラグあると思いますが(笑)

フロントミッションオンラインのβに申し込んでみました。
…だから時間ないっつーの。ま、タダだしぃ、みたいな。

PSOBBをダウンロードしてみました。
ううむ、外への出方がわかりませんヨ?
ま、これもしばらくタダだしぃ、みたいな。

FFXIの追加ディスクも9月に出ますよ。
予約もしてませんが、まぁフツウに買えるでしょう。


…いやだから。
やる時間ないんだって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 30, 2004

ファイナルファンタジーXIについて

さて、やっぱりというか、間があいてしまいました。
blog=個人発信のニュース、個人の興味ある内容を発信する、
ということであるならば。

今何をやっているかというと、
EURO2004に盛り上がったり冬ソナに萌えているわけでもなければ、
イラク情勢だ年金だ参院選だとかいう話に興味があるわけでもない。
いや、あるにはあるんだけど…。

今のメインジョブは、ゲームだったりして。
ファイナルファンタジーXIというゲームにハマっていると。
しかもコレが、ハマってもう2年は経つというのに、
まだハマっているわけですよ。

何がそんなに面白いのか。

知らない人の為に説明をすると、
FFXI(と略す)は、いわゆるMMORPGというゲームなのですね。
マッシブマルチプレイヤーオンラインRPG(長)。
要するに、たくさんの人がオンラインで一緒に遊ぶRPG、
ということです。

MMORPGの特徴として、
それがオンラインなのは言うまでもありませんが、
従来のRPGと違うのは「最終目標がない!」ということ。
つまりですね、
RPGといえば、大体ストーリーというものがあって、
それに沿って話を進めていって、
最終的に悪者の親玉みたいなのを倒せばハッピーエンド、
となっていたわけですが、
MMORPGにはそれがないんですね。
物語は、プレイヤーがそれをやり続ける限り、
もう永遠に続くわけです。

そこで、今までのFFやドラクエのプレイヤーたちは、
「そんなゲームの何が面白いの?」
というわけですね。
かくいう私も最初はそう思っていました。

しかし、やりだすと、これがハマるんです。
これはね、多分、それをやってない人には、
どんなにその面白さを説いてもわからないと思う。
実際やってみて初めて分かるってやつ。

「最終目標がない」というのは、裏を返せば、
「目標はいくつでもある」ということになります。
MMORPGでは、目標というのはそれぞれのプレイヤー次第で、
自分の好きなことを達成したり極めたりするのが主になるわけ。
しかも、その極めた成果は、
即座にオンラインで他のプレイヤーにも知れるわけで、
それが高度であればあるほど優越感に浸れるというわけです。

従来のFFでもありましたね。
キャラ育成型のVあたりなんか、いろいろなジョブに転職できて、
そのアビリティをたくさん身につけて極めていく。
そうして強くなると、強い敵とも戦えるようになって、
オメガウェポンとか神龍とかを倒すと、
それは学校などでちょっとした自慢話のネタになったりみたいな。
そういうのを倒すと、
通常では手に入らないレアなアイテムとかが出たりするんですよね。

要は、それがオンラインになったということです。
ただ、FFVでは、どんなに強い敵を倒しても、
結局最終目標はひとつで、ラスボスを倒せば話は終わりなわけです。
キャラを育成していくら極めても、
その目標自体は、もっと低いレベルでクリアできるので、
キャラを育成する意欲というか、
そういうモチベーションも中途半端だったわけです。

FFXIは違う。
バージョンアップによってどんどん世界が変化します。
ストーリーやボスクラスの敵などもいますが、
それをクリアしても、また次のアップで世界は一変し、
新たなストーリーやボスが現れてくる。

アレですね。
“ドラゴンボール”みたいな(笑)
悟空はどんどん強くなる。強い敵がどんどん現れる。
さらに悟空は強くなる。さらに強い敵が…

そういったゲーム性も然りですが、
オンラインなので、コミュニティという要素もありまして、
人と人とのコミュニケーションというのも重要になります。
MMOの世界にも人は多く暮らしているわけですが、
大きく、PC(プレイヤーキャラクター)と、
NPC(ノンプレイヤーキャラクター)とがいます。
NPCというのは、従来のRPGの村人や通りすがりの人ですね。
話し掛ければ決められたことを話すキャラクター。
で、PCというのが、自分と同じ、
人が操作しているキャラクターになります。
コミュニケーションは、このPCと上手く付き合っていく、
すなわち、同じ世界でゲームをしている人と付き合っていく、
ということになるわけです。
今、インターネットで、
掲示板やチャットなどにのめり込んでいるような人は、
こちらの要素でMMORPGにハマっていくかもしれませんね。

…とまぁ、いろいろな要素があって、FFXIは面白い。
その世界のキャラというのは、
別世界で暮らしている“もうひとりの自分”という感じです。
その“もうひとりの自分”は、
現実世界では実現できないいろいろなことを実現できます。
剣でモンスターをぶった切ったり、
派手な魔法で悪者を圧倒したり、
職人になっていろんなものをつくったり…
これは、現実逃避に近いものがありますけどね。
その世界がもう一つの現実だと思うと、
そちらの自分の育成に力が入るのも、まぁわかる話で。

このゲーム。面白いが故に、お勧めはしません。
とても面白いのだけど、中毒性があるんですね。
ゲームとしては、すっごいお勧めの作品なんですけどね。
ちゃんと自分を抑制できる人、それをゲームと割り切れる人なら、
FFXIは、結構なエンタテイメントになると思います。

ということで、
これからは、ここにもう一人の私の日記も書いてみることにします。
といっても、ヴァーチャルな日記は別にあるので、
ここでは、現実に思ったことなんかを書いてみようかなと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2004

ダメ男、ダメ女

自分はどれだけダメか、っていうゲームだとさ。

タカラから、「ダメ男・ダメ女」判定機なるものが発売されたとか。
こういう、人をはかる遊びって、いろいろありますよね。
その根拠は全然わからんのですが。

そういえば、昔アーケードで余命検索ゲームがありました。
死亡診断書みたいなのが出てくるわけですが、
ああいうブラックなのも、やってるときは何か楽しいと。

今携帯でできるらしい。(X-DAY

そういうプログラム作ってみようかな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)