« August 2012 | Main | October 2012 »

September 28, 2012

2ちゃんが叩かれる理由

というわけで、書こう。
まず、このTogetterを参照。

警察権力による2ちゃんねる思惑捜査をめぐる
小倉秀夫弁護士とかわんご氏のねこぱんち

(togetter.com)

以前にもここに書きましたが、私は2ちゃんねるウォッチャーです。

時事ニュース系の話題は少なくともマスコミ報道より中立的なので
(肯定的な意見も否定的な意見も両方同程度書き込まれる)
新聞とかテレビなんかより余程参考になる。

あと技術系やガジェットや科学哲学な趣味の世界の話は
主にいわゆるまとめブログで見てます(まとめにも賛否ありますが)。

2ちゃんは誰でも遠慮なしに無礼講で情報や意見を出せるという
インターネットの利点(であり問題点)を最大限に利用されていて、
ゴミ情報は多いけど、上手く使えば非常に有用なツールです。

この2ちゃんに関して否定的、批判的な意見の人が多いのは、
その自由さ故に人を中傷したり犯罪的な情報が書き込めたりといった
いわゆる反社会的な特徴があるからなんだろうとは思います。

でも、そんなのは2ちゃんに限りませんよね。

人が多く集まる場においては、そのうち何割かは素行が悪い。
2ちゃんの場合は利用者(母数)が非常に多いので、
その中の“悪い人”も比例して多くなるわけです。

ちなみに、その“悪い人”とされる人は
常識的に考えて普通と違う、社会規範に沿っていないというだけで
良い悪いという区別をはずせば、それも個性のうちです。
(ルールを守らないのを個性というのに語弊があることは承知)

つまり、人がいっぱいいる中の何人かがやらかすというのは
わりと統計学的な意味で見ても当然の成り行きではあると。
それをゼロにすることなんて到底ムリですから。

そこで指摘されるのが、その“悪い人”を取り締まる仕組み。

2ちゃんねるは、いかにも無法地帯のスラムのようにいわれるけど
そこにもある程度の規則と検閲は入っています。
まぁ、今流行のSNSみたいなコミュニティに比べれば
その規則なり統制は非常にゆるいというのは否定しませんが。

例えば、最初に2ちゃんウォッチャーと書いたけど
私の場合、2ちゃんは見てるだけで書き込みはしてません。

というのも、書き込めないから。

私の自宅はマンションLANなんですが、そのプロバイダは
とある大手のネットカフェでも利用されているプロバイダのようで
そのネカフェからの書き込みが2ちゃん側で制限されてるらしい。

おそらくプロバイダが2ちゃんのACLにかかってると思われ、
要は少なくともこういう制御を2ちゃんでは実際にやっていると。

それでも反モラル的な何かが書き込まれたとき、
2ちゃん管理、運営側にどこまで責任が求められるかというと
彼らのキャパシティから考えてそう多くは望めないはず。

少なくとも管理者が積極的に掲示板全体を巡回して
不正な書き込みがないかなんてチェックできない。
見つけるのも困難だし、不正かそうでないかの判断も難しいし。

なので、おそらく削除要請があった場合のみ対応する
というスタンスをとっているのだろうと。

そして、その削除要請もおそらくかなりの量に上ると予想される。
あれだけの掲示板で、しかも自由度が高いわけだから
そこに書かれることが万人にとって快いものであるはずがない。

当然その流れからして、削除要請自体にも受けるか拒否るか
という判断をしていかなければならない。

2ちゃんの中の人の給料がどれほどなのかはわからないけど
全部まともにやってたら毎日深夜残業は必定でしょう。
私なら、それこそ命に関わるようなもの以外はほぼスルーだと思う。

…とまぁ、もっともらしく書いたけど、これは私の憶測です。

いや、2ちゃんには2ちゃんの事情があるんだろうという話で、
悪い奴が湧いてくるその温床になっているんだという偏見から
相手側の事情を殆ど考えずに否定する人ってどうなんだ?
といいたいんです。要はね。

少なくとも、2ちゃんはダメで、他のコミュニティは良いのだ
といった場合、その論理的な根拠は全くないと思う。

TwitterにだってFacebookにだって似たような人はいます。

ただ、2ちゃんはもう10年以上ネット上に存在するものなので
当然そこに出入りする人も相応にいるわけですよ。

だからその中に褒められないヤツも頻繁に湧いてただろうし
その数は最近ブームになりはじめた他より格段に多いのは当然。

あと、私の個人的な意見として書かせてもらうと、
2ちゃんとか、Twitterや他のコミュニティでも同様のことですが
その管理者にはそれほど多くを求める必要なないと思います。

当然守られるべき最低限のルールは敷いておいて、
あとはユーザの良識に任せれば良い。

実際、社会のどんな場所においてもそうするしかないと思う。
そこで悪事が働かれた場合、強制力を持って手入れができるのは
警察とか国家権力とかになる。

例えば、電車ではしきりにマナーを守ってくださいと促されるけど
それでも列に割り込んだり携帯で話をしたりする人はいるわけで、
それをみて鉄道会社の運営が悪いということにはならないでしょう。

それとも、駅員や車掌がそういう人を取り締まるべきでしょうか。

実際、客同士が殴り合いレベルにまで発展しないと
駅員や車掌は登場してこないし、それはそれで妥当だと思う。

というか、取締りをきつくしたらしたで、また文句いう人が出るはず。
いずれにしろ管理、運営側というのは中立を保つのが上策で
どちらかに肩入れしてしまうと運営バランスが崩れるし、
コストもかかってビジネスとしての質も低下してくると思う。

結局、何事もバランスなんですよね。

実際、2ちゃんが今まで続いているということ自体
そうした場所が社会から求められ続けているということの証左で
そのスタイルは目くじら立てて否定されるものでもないと思う。


仮に、2ちゃんがネット上からなくなったら犯罪が減るでしょうかね?
私はそうは思えないですが。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 2012 | Main | October 2012 »