« April 2012 | Main | June 2012 »

May 09, 2012

原発ゼロ時代

北海道電、節電要請は月内にも判断 泊原発「冷温停止状態」に
(nikkei.com)

ついに国内で稼働している原発がゼロになりました。

何だ、全部止まっても全然平気じゃん?

…なんて思うのは早計で、
これから夏に向けて電力消費が増えていくわけですから
本当に平気かどうか分かるのはこれからです。

これまで国内の電力3分の1近くが原子力で賄われてたわけで
それが全くなくなったということは、
単純に考えると日本の3分の1が電気なしになるってこと。

でもそうなってないのは、
今のところそれ以外の電源で代替されているってことですね。
それは主に火力なわけですが。

実際のところ、どうなんでしょうね。
本当に原子力なくてもやっていけるんですかね?

いや、やっていけるんでしょう。多分。
いろいろな状況が今のまま維持されれば、辛くも運用できる。

しかし、火力のエネルギー源である原油の価格が上がると
それは大概電気代に反映されるわけで経済を直撃する。

あと、従来予備電源として控えにあった火力発電所が
今は原発の肩代わりをするためにメインで稼働しているわけで
現状予備の電源がほとんどない状態と思われる。

ピーク時にその発電機がトラブルで1基でも止まると
電力供給はわりと危機的な事態に陥るのではないか。

少資源国で土地の少ない日本にとって、
割安で少量の燃料で敷地面積をあまり必要としない原発は、
かなり理に適った発電所なんですね。

というと、原子力利権云々の話も必ずあがってくるのだけど
日本の既存電力会社は電力市場の独占企業なので
原子力でなくても利権なんてものはゴロゴロしてると思う。

もっと競争市場にできていたら、
燃料が高いから電気代を上げようなんて安直には考えられない。

それは普通の製造業の企業をみればわかることで
材料費や人件費が上がっても製品価格は下げないと売れない。
その下げ幅をどうやりくりするかは企業次第なわけだけど、
大抵は事業の統廃合や人件費カット、リストラなどになる。

電力会社は既存の事業や社員を大事にしているようだけど、
それって民間企業というよりお役所の考え方って気がする。
いや、お役所がそれで良いといってるわけじゃないですが。

…と、そういうことを書こうと思ったわけじゃないんです。

原発なしで今後やっていけるだろうか?
やっぱり原発動かさないとダメなんじゃないか?
そういう話。

多分、たゆまぬ節電努力、計画停電などを駆使すれば
今後も原発なしでやっていけるとは思う。

この際、節電技術、いわゆるエコ技術の研究開発が進めば
徐々に生活水準を戻していくこともできるでしょう。

あと、太陽光や風力、波力、地熱など
再生可能エネルギーも実用レベルに引き上げていくことで
電力供給量も戻っていくし、CO2の削減にもなるでしょう。

ただ、エコ技術がいくら急速に進んだからといって
早々に全体の電力消費の3分の1が節電できるかというと
そう簡単ではないでしょう。

あと、太陽光や風力などによる発電は
その電力供給が不安定なので、相応の蓄電施設も必要だし、
そもそもそんな技術はまだ実用レベルになっていない。
太陽光パネルや風車の建設やメンテナンスもまだコスト高。

地熱も場所を選ぶし、火山性の熱を利用する場所だと
施設の老朽化も激しく、やはりメンテコストが割高です。
波力も安定しないのは同様で、その建設が海上となると
これもコストが相応にはります。

これらが現状の火力や原子力と同等レベルになるまでは
当面それらの高コストを我慢することになるわけで、
かつ、それらの電源が実用レベルに成熟してくるまで
その初期段階は少ない電力で綱渡りしていくことになる。

これはきっと経済に大きく影響してくるものです。

端的にいえば、もし今、国が原発ゼロ宣言をして
これらの再生可能エネルギーを国策として推進するとして
そのために“エネルギー税”などを創設するといったら、
その政権を支持しますかって話。

そうでなくても、現実に原発が全部止まったわけだから
今まさにわりと危機的な状態にあるんですよね。

リスクをとってリッチに暮らすか。
安全をとって質素に暮らすか。

まぁ、後者でも良いとは思いますが、
一度手にした豊かさはなかなか手放したくないのも
人の性というものなんですよねぇ。

ただ、技術革新のチャンスといえばチャンスかもね。
何しろ、尻に火がつかないと本気にならないというのも
また人の性、というか日本人の性ですし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2012

人間という動物

GWなのにずっと大雨であります。
ちょっと車で遠出するつもりだったんだけどモチベーションダウン。

CSでNHK『映像の世紀』の再放送してるのを見てるんですが
改めて凄まじい映像ばっかりで、こんなのよく放送できたなぁ
と思うようなものもかなり多数。

一応書いておくと、『映像の世紀』というのは
1995年にNHKで米ABCと共同制作され、Nスペとして放送された
歴史ドキュメンタリー番組で、主に第二次大戦前から戦後までの
映像として残っているものを再編集された番組です。

これ、ゲームだったらCERO年齢区分Z確実だと思うんだけど
そういう制約を超えて、現実にあった歴史なんだから
これはこういうこととして理解しないといけないんでしょうね。

思ったのは、基本的に人間って平等じゃないんだなぁということ。

人間社会の道徳では人間という生物種の下で
その身分なり権利なりの平等が形式上は謳われているわけですが
現実はそんなことはない。

生まれた国や家、その場所や時期によっても
その人生がイージーになるかハードになるかがほぼ決まってくる。

確かに、人類みな平等という約束事というか前提が崩れると
人間社会はおそらく崩壊します。

人間が人間でないとすると、人間以外の動物ということになるので
それは犬や猫と同じ扱いをしても良いという話になるわけで
当然、その存在や命の優先度も一段低く扱われるわけです。

そしてその分け隔てをする理由が合理的であることはまずない。
裏を返せば、誰でもその犬猫になる可能性が出てくるということ。

誰もそうはなりたくないし、その可能性を孕みたくもないので
まずは人はみな平等であると前提する必要があるんですね。

形式上はそうであっても、実際はやっぱり不平等です。
戦時中の極端に悲惨な映像を見てると改めて思う。

アウシュビッツの強制収容所の様子とか、
戦時中の兵隊がゴミのように扱われてる様子とか見てると、
この人たちはもう人扱いされてないなと。

占領された国や植民地の住民も人間じゃない。
奴隷も人間じゃない。敵兵も捕虜も人間じゃない。

戦時中はそれが明らかだけど、
非戦時下の今でもそういう感覚というのはどこかにあると思う。
そうでなきゃあんなことはできない。

戦争という非常事態で精神状態が異常になるのではなく、
本性として競合する相手を貶めたいという精神は存在していて、
その部分が戦争という事態を言い訳にして露呈してくる。

そこを理性で抑え込んでるのが平和な社会ってことなのかなと。

結局、理性は人間の本性のブレーキなんですよね。
そして平和や平等を目指しつつ社会が近代化してくれば
そのブレーキはかかりっぱなしということになる。

近代社会がストレス社会というのは当然の成り行きだと思う。

その歪がついに爆発してしまうと戦争ということになる。

こうしてみると、人が歴史的に戦争を繰り返してきたのも、
いってみればプレートに歪が溜まって定期的に地震が起こるという
あのメカニズムに似たものがあるんじゃないかとさえ思えてくる。

そのことを否定するのではなく、そういうものだと理解して
では、それを防ぐにはどうするかという対策をとることはできるか。

このことが機械である人間、自然である人間に
起こるべくして起こっていることだとするなら無駄な足掻きか。
それとも、知性の動物である意地を見せることはできるか。

つまり、運命に抗うことができるかという話になると思うのだけど
これが、例えば物理法則をねじ曲げて石を宙に浮かせられるか
というような試みだとするなら、ちょっと難しいかもしれないぞと。

そもそも、人間が人間でないものと区別される理由って
実のところ何もないんですよね。

結局、そのへんの自然にある物質から構成される物体である
という点に関して、人間も犬も猫も石っころも変わらないのであり
人間の構造がそう動くようにできている機械であるかもしれないけど、
それも万物に平等な自然法則に従って動いているだけなのであり、
石は石で同じ自然法則に従って転がるのである。

そのへんは全て平等だといえそうなんですがね。

それで悟った。人間が人間としてみな平等なのではなく、
自然の存在全てがその構造物であるということにおいて平等なのだ。
つまり、人間も犬も猫も石っころもみな平等。

ふむ。だからどうした。何も解決しませんな……


とりあえず、雨やまないかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »