« September 2011 | Main | November 2011 »

October 20, 2011

アマゾン・キンドル

アマゾンが日本で年内にも電子書籍事業に参入か
(japan.cnet.com)

日本での電子書籍市場は低迷してますが、
このビジネスモデル自体は悪くないと思うんですよね。

今の日本で電子書籍の端末として使われているのは
主にまずiPhoneやAndroidのスマートフォンで
次にiPadなどのタブレット端末ということになると思うんだけど、
どちらも書籍リーダとしてはあまり受けてない。

それはなぜか?

液晶では読みづらいとか、購入手続きが面倒とか、
流行らない理由は言い出せばいろいろあると思うんだけど
私が思うに、一番は品揃えだと思うんですよね。

確かに、配信サイトが用意している点数は3万とか5万とか
その数字だけみれば多いように感じるけど、
いざ検索してみると、肝心の欲しい本がその中にない。

というか、電子書籍化されていないんですね。

この調子で2、3件もハズせば、大抵の人は
「電子書籍なんてこんなもんか」と見限ってしまうわけで。

逆に、この点さえ解決できれば
電子書籍の配信というのは流行って良いサービスだと思う。

で、件のAmazonさんがどこまでやるかですね。

Amazonでの紙媒体の書籍の検索は、ほぼハズレなしです。
欲しいと思った本は大体ヒットする。

そこで購入手続きをすれば、およそ翌日くらいに
手元に本が届くわけで、それでもわりとスゴイ話なんだけど
そのままその端末上にダウンロードしてすぐに読める!
ということになれば、それもある種革命だと思うんですよね。

これが可能になるかどうかは、
日本の出版社とAmazonがどこまでネゴれるかだと思う。

その専用端末である「Kindle Fire」はAndroid端末みたいだけど
他にも汎用的なAndroid端末やらiPadやらある市場に
Amazonの本を読む専用端末とか投入して売れるのか?

普通に売れば、まず売れないでしょうね。

ただ、価格を思いっきり下げれば勝機はあると思う。
端末の原価は2万円強くらいとのことだけど、
これを1万円を切る価格にしちゃうとかね。

価格を下げる分は機能を思いっきり限定しても良いと思う。

Kindleが他の汎用端末と違うのは、
Amazonとその他の端末メーカーのビジネスモデルの違いで、
スマホやタブレットメーカーはそのハードを売るのが目的だけど、
Amazonはそのハードを通してコンテンツを売るのが目的。

要は、ハードの赤字をコンテンツの黒字で埋められれば良い。

ハードは原価割れしてもいいから安価にして、
その分コンテンツ売りに注力するというビジネスモデルは
PSやWii、DSなどのゲームハードのそれと同じだと思う。

Amazonはコンテンツを売る仕組みを既に持ってますよね。
そのユーザは日本でもかなり多い。

手元に本がなくても、Kindleさえ持ち歩いていれば
いつでもAmazonで検索して読みたい本をみつけてもらって、
その場で買ってもらうという売り方。

例えば、プレミアム会員にはKindleを半額にするくらいしても、
すぐ黒字がとれるという気がするんですがね?

折角Androidなんだから、売るのは本だけじゃなくても良くて
ゲーム配信してもいいし、得意の必殺「おすすめ商品」とか
奥義「ほかの人はこんなのも買ってます」戦法とか使えば
家電とか衣料品とかもついでに売れるんじゃないか。

とにかく、Kindleが成功するか凹むかは
そこで扱う本の品揃えと、端末の価格が勝負どころだと思う。


ただ、これが本当に流行ると、既存の本屋は涙目ですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 14, 2011

Cはオワコンじゃない

訃報: C 言語の開発者、デニス・リッチー氏が死去
(slashdot.jp)

リッチー氏は、C言語の開発者であると同時に
現在のコンピュータOSの礎を築いた人でもありますよね。

UNIXは今あるPCやWSのメジャーなOSの源流です。

UNIXといわれるOSだけでも非常に多く派生してるし
LinuxやFreeBSDなどのPSOSにも展開している。
Windowsの元になったDOSもBSDの概念を継承してるし、
今のMacOSはLinuxカーネルを使ってますね。

そして何より、それらのOSはほぼCで書かれてる。

現在のIT社会は、C言語なしには存在し得なかった
といっても言い過ぎではないと思いますね。

70歳とのことなので、まだいけたのではとも思いますが
まぁ天命といえない歳でもなかったかな?

お疲れ様でしたと同時に、ありがとうございました。


で、同じエントリでこれを書くのもどうかと思ったけど、
この手の話題が出ると、決まってある議論が起こるので
そのことにも言及しておこうかと。

つまり、この言語はイケてる、あの言語はクソだ、というような
言語論争のようなものがあちこちで勃発する。
(この業界に住んでるからかもしれないけど?)

「今のトレンドはJavaでC言語とかオワコン」とか、逆に
「C言語こそ至高、Javaとか邪道だ」とか、そこから派生して
ASM、LISP、Haskell、VB、C#、PHP、Python、Rubyなどなど
いろんな言語を巻き込んで壮大な貶し合いが始まる。

これ、非常に不毛で、その議論自体が低レベルでしょう。

それらはコンパイラとインタプリタという違いもあるし、
オブジェクト指向と関数型という違いもあるし、
それらが稼動する仕組みも言語毎に大きく違ったりします。

それらの何を比べて良い悪いを議論してるのか知らないけど
その用途や環境に応じて平等に選択されるものだと思う。

システムとして、高速で低層な操作が必要ならCが良いだろうし、
大規模になるならフレームワークの豊富なJavaが良いだろうし、
より短期間での完成が求められるならC#やVBが良い、とかね。

Webも同様にPHPなのかPythonなのかそれ以外なのか、
そのWebがどういう要件なのかによって言語を選べばよろしい。

同じような文脈で、OSの貶し合い戦争というのもあります。

この前、ジョブズ氏が逝去したことで
MacやiOSは素晴らしいがWindowsやAndroidなんてのはクソだ
みたいなことを言い出す輩も少なからずいましたが。

率直に、それって子供のケンカですよ。

結局、自分の好きなものは良くて、嫌いなものは悪いという理屈。
或いは、自分に関わりの深いものの方が評価が高く
関わりの薄いものは興味ないどころかマイナス評価にしてしまう。

別にそれが好きなのは一向に構わないんですが、
そうでないものを侮蔑する必要はないでしょう、という話。

WindowsというOSが好きで使ってる人もいるだろうし、
仕事で選択の余地なくWindowsという人もいるだろうし、
そういう人たちがMacに関わる機会はほとんどない。

そんなところにWindowsはダメだと貶されても困るわけで。

MacはMacの良さがあるでしょうが、Windowsもそれは同様。
良さもあるし、イケてないところも当然ある。
それはLinuxも他のOSも同じことだと思います。

また、何をイケてるイケてないと思うかも、
ユーザの感覚や価値観、あとはやはり用途によると思う。

ヌルヌル動くGUIが好みならMacがいいだろうし、
リモートでサクサク使いたいならLinuxが良いだろうし、
ネットとOfficeが使えれば良いならWinで全く問題ない。

これって、言語やOSの話ばかりじゃないですね。
iPodとウォークマンとか、あとゲーム機なんかもそう。

任天堂、SCE、Microsoftそれぞれに“信者”が付いていて
これまたお互いに激しい貶し合いがいつまでも続く。

最近はソーシャルゲームやスマホ陣営が参戦してきて
その戦場はかなり混沌としてきてるんだけど、
ゲームこそ自分が面白いと思うものをやってりゃ良い話で
別にそれ以外を貶す必要は全くない。意味ないし。

ゲームの場合、自分が持ってないハードを貶す傾向があるけど
持ってないのに何でそれを評価できるのかと思ってしまう。

子供なら、そういうケンカするのもわかるんだけど、
いい大人がくだらない言い合いをする道理がわからんですね。


ちなみに、私はC言語を今リアルタイムで使ってます。

てか、Cは今、ゲームや組み込みといった従来の需要に加えて
高速なレイテンシが求められるFXの世界でも好んで使われてる
とてもホットでトレンディな言語です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2011

言葉狩り

乙武洋匡「僕は、カタワです」
(togetter.com)

これは乙武さんの6月ごろのツイートのようですが
偶然見つけて、まさにコレ!と思ったので。

大事なのは、言葉じゃなく、気持ちですよ。

言葉選びは、コミュニケーションを円滑にする上で
ときと場合によっては重要になることもあるけど、
その言葉を使う人の気持ちが汲み取れる場合は
言葉はさして重要でなくなる。

つまり、差別用語などといわれたり、
いわゆる“言葉狩り”にあうような言葉を使う人がいたとき
その人がその言葉に特に悪意を込めているわけでなく
自然に使っているだろうことがあからさまにわかる場合、
それを特にとりたてて責め立てる必要なないでしょう。

初対面であったり、何かフォーマルな場では
言葉遣いは相手や周囲に与える印象が違ってくるので
そういうところで言葉は選んだ方が良いことはあります。

でも、そうじゃない場面、特にネット上のやりとりで
そういう言葉尻をあげつらうような会話をよく見る。

例えば、「障害者」という言葉を見た誰かが
それは「差別用語だ!」と鬼のごとく攻撃しはじめる。

やんわり指摘する…程度ならまだ良いけど
さも自分が正義の味方であるかのように上から目線で
それはダメ!訂正しろ!くらいな勢いで騒ぐお人がいる。

この際、「障害者」という言葉を使った人に悪意があるかは
(特にネット上だとわかりづらいし)どちらともいえないので
とりあえず置いておくとして。

問題なのは、その「障害者」という言葉を、
またそれを使った人を攻撃している人の心根です。

そういうオマエ自身が人にダメージを与える行為をしている
ってことに気づけよ、と。

それは「障害者」という言葉の対象者に対してもそうだし、
その「障害者」という言葉を使った人に対してもそうです。

悪い奴をやっつけてオレ様カッコイイとなりたいのだろうけど
ぶっちゃけそれってよくある悪役の主張です。

何が正義で悪かなんてのは価値観や立場次第なんですが、
少なくとも、何も知らずにうっかり口にしてしまった人には
善意とか悪意などという意図はないでしょう。

もちろん、言葉を選んで使うということは
その背景を知っているなら気を使うべきとは思いますが、
その表層的な言葉自体は、多くの場合あまり重要ではなく
そう話している人の気持ちがどうであるかということの方が
コミュニケーションをする上で重視すべきだと思うのです。

実際、言葉だけで議論している人との話というのは
大抵つかみどころがなく、話が全然前に進みませんね。


てか、乙武さん、それ自分でいっちゃうんですね。
著書とか読んだことないけど、だからあんな人気あるのかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 07, 2011

ジョブズ、逝く

スティーブ・ジョブズ氏の軌跡と託された想い
(cnet.com)

私自身はApple製品をほとんど使ったことがないんですが
それでも彼の発言や存在感は大きかったですね。

IT系のジャーナルは彼が何かいうとすぐ取り上げるので
ジョブズがああいったこういったというような記事は
昔からかなり頻繁に目にしてた気がする。

AppleはPC部門ではMSに完全にしてやられたわけだけど
Windowsが急速に大衆化した95の時代には
実はジョブズ氏はAppleにいなかったんですよね。

Macintoshの事業に失敗した1985年に一度辞職していて
彼がAppleに復帰したのは1996年。
そのあたりから、iMac、iPod、iPhone、そして iPad と
矢継ぎ早に今のAppleを代表する商品を発表してる。

その仕掛け人がジョブズ氏であったことは明らか。

とはいえ、彼が人間的にデキた人だったかは、
見る人によっていろいろ評価が分かれるようですけど。

人間的にどうかは置いといて
技術者、経営者としての彼の才能は突出していたと思う。

逆に、そうしてぶっ飛んだ人というのは
普通の感覚ではない部分がどこかにあるんじゃないかな。
普通の…というか、並ではないというか非常識というか。

CUIしかなかったコンピュータでGUIを普及させたのも、
技術者用だったコンピュータを家庭に持ち込んだのも、
テープや光ディスクだったプレイヤーをメモリベースにしたのも、
携帯電話やPCを全面タッチパネルにしちゃったのも、
それらが出た当時では常識破りに近い行為だったはず。

Macはちょっと先行し過ぎて撃沈したけど、
1998年以降は時代が追いついてきたということもあってか
良い具合に当たり続けてた感じに見えます。

どの概念もジョブズが最初だったわけじゃないけど、
成功できたのは売り方が上手かったんだと思いますね。

例えば、タッチパネルを採用した携帯端末は
PDAや携帯電話として既存製品があった。
でも、それらはあまり売れず流行ったとはいえない。

でも、iPhoneは売れた。

私は以前、とあるPDA端末を持ってたんですが、
まずその時代3Gがなかったというのはあるんだけど
それより何より、どの機能をどう使って良いのか、
使い方を把握するまで四苦八苦した記憶がある。

その端末に機能がいろいろあるのはわかるんだけど、
例えばスケジュール表を引っ張り出すのに、
メニューの機能のカレンダーのスケジュールの…
みたいにたどって、やっと目的のものを探し当てて使える
といった感じで、それを小さい画面でやるわけだから
操作するだけで疲れてしょうがない。

その点、iPhoneの場合は
画面のアイコンを1度タップするだけですよね。

より直感的、かつ少ない操作で目的が果たせる
というだけのことだけど、この発想がコロンブスの卵というか
機能ばかり追い求めていた並の端末メーカーでは
永遠にできなかったことなのかもしれない。

機能は、あっても使えないと意味がない。

今のApple製品って、基本的にはどれも
そういう思想でデザインされている気がします。

高性能、高機能、高カスタマイズ性を捨てて、
より簡単な機能をよりスマートなUIで提供する、と。

iMac も iPod も iPhone も、ハードの処理能力の大半を
機能自体よりもUIの方に裂いてるという感じがします。
どれもヌルヌル動きますよね。

ジョブズ氏がすごいと私が思うのは、
例えば、携帯端末にタッチパネルという
ハード的には過去にマーケットで失敗しているものを、
もう一度使おうという、その勇気と発想力です。

そこには、俺なら上手くやれる!という
ある意味では傲慢さも必要かもしれない。

そのくらいでないと、ジョブズ氏のような成功は得られない
ってことなんだろうなぁ。

彼の人生からは何か学びたいと思うんだけど、
ちょっと豪快過ぎて私にはどれも真似できそうにないです。

それにしても、56歳は若い。

もし元気だったら、今後もどんな商材を持ってくるか
いろいろ楽しみな人だったんですけどね。

これからAppleはどうなるのかなぁ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2011

雑記(10月号)

やっぱり、時間の進み方は一定ではないね。
むしろ、加齢と共に加速してる……よね。

さて、最近まとめて書く時間がない感じなので、
雑記にバラバラといろいろ書いときます。


○相対論が崩壊?

ニュートリノが光速を超えた、というニュースが出て
相対論が覆るのではないか?という話になってたりするけど、
たぶん覆るとかそういうことではないと思う。

例えば、相対論前のニュートン力学で導かれる結果と
相対論で厳密に導かれる結果は違っていたけど、
ニュートン力学の崩壊、とはなっていない。

後者は前者の近似解として今も有効に使われてるしね。

相対論の計算式を使った技術が有用なのは実証済みだし、
GPSの位置計測なんてモロに相対論で計算してますからね。

↓私の頭の中の整理用メモ
http://www.mlexp.com/wiki/index.php?相対性理論


○WALKMAN

MDコンポが壊れてどうしようかと考えてたんですが、
結局コンポは買わないで、WALKMAN買いました。

MDではなくフラッシュメモリのやつね。
(そもそもMD WALKMANは既に売ってない)

iPodとどっちにしようかと迷ったんですが、
WALKMANは来月(今月?)にAndroid搭載の新機種が出るらしく
従来機種が値下がりしてたので、単純に値段で決めました。

Sシリーズ32GBのやつが1万円ちょい。

Androidは既にIS03持ってるし、プレイヤー機能だけで十分。
てか、本当はIS03をプレイヤーとしても使うはずだったんですが。

IS03は、バッテリーの問題と、勝手に再起動問題により
専用プレイヤーを買った方が良いという結論に。

そのへん、ちょっと負けた気分…。


○最近の仕事

仕事の話を書こうかと思いつつ、
書きだすといつも愚痴になっちゃうので書かないでたんですが、
最近は愚痴を通り越して、諦めになってきた感じ。

というか、IT業界で確実な仕事のやり方なんて
そもそもないんだろうな、と思い始めてたりしますね。

別にITに限らないか。

小さい仕事は問題ないんです。
それこそ1人とか多くて4、5人規模でできるプロジェクトは
大体問題なく作業できてまるくおさまる。

問題なのはでかいプロジェクト。
1つのサブシステムに20人とか30人とかかかるようなやつね。

30人がひとつのことをやろうとすれば、
大小いろんな食い違いが出るのはまぁ当然のことなんだけど、
それをまとめる人が如何にうまくまとめられるか、なんすよね。

それがプロジェクトの早い時期にまとめられるかどうか。

…って、わかってながらできないってのが実情かな。

いつか本気出す!といいつつ、
いつまでたってもダラダラしてるみたいな感じか。

ただ、そうしてデスマになるプロジェクトも、
(私の経験上は)最終的に何とかなっちゃってるみたいなあたり
実はそれはそれで不思議な話だったりするんですがね。


○復興増税

政治ネタですが、これは政治ネタでも生活に直結する話。

増税するのは、財政規律の観点からすればアリでしょう。

ただ、増税するからにはその使途を明確にしないと
ただ復興増税というだけでは誰も納得しないと思いますね。

何をする為に、いつ、いくら使うのか。

これ、民主党自身が野党時代からいってたことだと思うけど
与党になったら黙れば良いという理屈はないよね。

直接税である所得税が増えるというのはかなり重い話で、
私は毎年確定申告で電卓叩きながら凹んでるわけですが、
あれがさらに増えるとか、正直あんまり考えたくない。

サラリーマンなんかは給料天引きされることになるので
見かけ上は月給が下がるのと同じことなんですよね。

あと、住民税まで上がるというのはどういうことですか。
住民税は所得税を元に計算されるから、という理屈?
…だとしたら、酷い話です。二重取りもいいとこ。

住民税って、自分の住んでる地域に払うものよね。
例えば私の場合は神奈川県と横浜市(区)になるんだけど、
そこから東北地方の復興に充てる予算が出るの?

おかしいでしょ。

やっぱり圧倒的に説明が足りてないですね。
最低でも使途は明確にしないと納税者が評価できない。


ま、私は毎月ゲームが2、3本買えるお金があれば良いんですが。
…わりとどうでも良いデスネ。

でも、だからって苦労して稼いだお金を
理由もわからずむしりとられて良いってことにはならないわけで、
取られるには相応の必然性が欲しいってことです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »