« August 2011 | Main | October 2011 »

September 26, 2011

脱原発?

最近のニュースを見ていて思ったこと。

「脱原発」という言葉。

いろんな政治家が脱原発を宣言してみたり、
自分は脱原発派だなどとどっち寄りみたいな発言をしたり、
しまいには芸能人まで脱原発派だとか言い出す始末。

これ、多分他の誰かもいってることかもしれませんが
多分、好き好んで原発使いましょう!どんどん使うべきです!
なんて思ってる人はいないでしょ。

原子力発電というのは、電力を得る手段として
現段階で実用的な選択肢のひとつであるというだけです。

それは火力も水力も同じ。

化石燃料をジャブジャブ使って温室効果ガスを出すのも、
山や森林をを削ったり過疎村を湖の底に沈めたりするのも、
それぞれ同様に電力を得る手段です。

原発は事故ったときの放射能汚染が怖い、というのは
別に「脱原発」などいうことをわざわざいわなくても
誰しもみんなそう思ってるでしょう?

つまり、言い出したらみんな脱原発なんですよ。

将来的にこれを太陽光なり他の再生可能な
クリーンエネルギーに置換していくべきだというのは、
やはり皆同じく思っていることで、それを実行するのは
これからの政治の当然の使命であり役割です。

ただ、それら将来のエネルギーが実用化するまで
当面エネルギーをどう工面するかというところで、
火力なり水力なりと同じく原子力がある、ということ。

もし、原子力を今すぐやめるべきだ、ということで
「脱原発」といっているなら、今原発が賄っている分を
直近どうやって補うかも同時に考えなきゃいけません。

採算度外視で太陽光パネルを並べるのも良いけど、
それを国や電力会社がやる以上は、
確実に税金や電気料金に反映されてくるわけで、
それをクリーン、安全性とトレードオフできるかどうか。

そこまで見据えて「脱原発」といっているなら良いけど、
バカの一つ覚えみたいに脱原発、脱原発といえば
人気が取れると思ってるような印象があるんすよねぇ。

これからの社会、もう原発推進とはならないでしょう。

原発含め既存のエネルギーは
あくまで、次世代エネルギーが実用化するまでのつなぎ
という位置づけになりつつある。

まぁ私個人は、原子力発電自体は
かなり優秀なエネルギー源だと思ってるんですがね。
それでも、それがずっと使い続けられるものではない
ってことくらい分かってます。

なので、原発はなくすべきだ!脱原発だ!などと
わざわざマスコミの前で騒いでる人を見ると、
何を今さら、オマエにいわれんでもわかっとるわいッ!
と突っ込みたくなる今日この頃。

政治家は、口だけじゃなく
次世代エネルギーの開発が効率良くできるような枠組みを
本当にそろそろ真面目につくって欲しいもんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2011

超光速!?

ニュートリノの速度は光の速度より速い、相対性理論と矛盾 CERN
(afpbb.com)

きたか…!!

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

100年ぶりに科学のパラダイムシフトとなるか?

みたいな雰囲気ではあるけど、
そのニュートリノとやらが光速を超えちゃいけないのか?
というのがシロウトの素直な感想なんじゃないですかね。

まぁ、光速を超えちゃいけないことになっている。

厳密にいうと、ニュートリノに限らず
質量を持つ物質が光の速さを超えて移動することはない
というのが、アインシュタイン博士が提唱した
特殊相対性理論の前提の1つになっていると。

その光の速さは大体秒速30万kmだとされてるけど、
これはどんな速度で移動している人から観察しても
常にこの値、秒速30万kmで変わらないという。

この光速は理論の中に定数として組み込まれていて、
有名な E = mc2 という式の c も光速ですね。

当然、アインシュタイン方程式にもこの c は入ってるし
量子力学や電磁気学の方程式にも定数として組み込まれてるし、
定数を導く定数としても使われている。

質量のあるモノの速度が光速 c を超えちゃったとき
最も端的にその破綻をみられるのが、
移動する物体の質量が速度に応じて変化するときの式。

質量 m の物体が速度 v で移動するときの質量 mv

Fig04

とされてます。

通常、v は光速 c に比べて非常に小さいので分母はほぼ 1 で、
m とmv はほとんど同じになります。

注目すべきは、分母の平方根の中、速度 v2 を光速 c2 で割ってるというところ。

この v が c と同じ(物体の移動速度が光速と同じ)になったとき、
これってどうなりますか。

平方根の中身が 1 - 1 = 0 でゼロ除算になってしまい、
mv は無限大になってしまう。

では、v が c より大きい場合、どういうことになりますか。

平方根の中身が負になりますね。
2乗して負になる値って何?といったら虚数が登場してくる。
さて、分母が虚数ってどんな値ですか。ひいてはその質量って?

これが質量のあるの物体は光速を超えられないといっている理由。

まぁ、それだけ光速というのは特別なもので、
その光速を超える速さで移動する物質はない、ということも
あらゆる理論の土台になっている考え方ってこと。

質量がない光と、質量を持つ物質の扱いが
今の物理学の中では全く異なるということでもあるよね。

ということは、もし質量を持つ物質が
この光速 c よりも速かったりした日にゃどうなるか?

だから今、大騒ぎになってるんですな。ホンマかいなと。

観測が間違っているか、機器の不具合じゃないかとか、
実はやっぱりニュートリノに質量なかったんじゃね?
疑惑とかもあったりしますが、もし観測が正しい場合、
どういう落とし所に持っていくのがが注目される。

それでも相対論が正しいとするなら、
実際に虚数の質量というのを考えなきゃならないのか。
相対論に別の新しい解釈を加えることになるのか。

そもそも、宇宙を4次元時空の座標系で捉えようという
考え方そのものが間違っているのか。
相対論が間違っているなら、
じゃあそれに変わるもっとイカした理論はあるのか。
またはそれをこれから構築しなきゃならないのか。

相対論で肯定や否定をされていた
様々な物理事象をまた一から考える必要があるのか。
巷で騒がれてるように、
タイムマシンや空間ワープなんてこともできるかも?

…と、ネタは尽きない話題ですな。


こういうことがあるからサイエンスは面白い。
現実は小説より奇なり。リアルに勝るドラマはないですよ。


## OPERAのプレスリリースはこちら。
OPERA experiment reports anomaly in flight time
of neutrinos from CERN to Gran Sasso

(cern.ch)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 09, 2011

雑記(9月号)

9月は、藤子・F・不二雄の月です。
いろんな意味で。


○新内閣

個人的に民主党というだけで100点満点中50点減点なわけですが
そんな偏見があっても前の首相2人よりはだいぶマシに見えます。

とはいえ、行政刷新相と国家公安委員長は意味不明。
まぁ、今の政治家は極度の人材不足なんですがね。


○戦時中政府

先日、Nスペの「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」
というのを何気なくみてたんですが、その中で当時の日本が

リーダーの機能不全。
目先の組織優先のセクショナリズム。
危機管理意識の欠如。
こういったことが何ら改善されないまま、なし崩し的に進む…

と評されていました。

これ、今の政治もまさにこの状態ですね。
新首相は、リーダーとしての機能を果たせるかどうか。
まずはそこから。


○MDコンポ

ツイッターにも書いたんですが、約12年前に買ったMDコンポが
遂にMDを読み込まなくなりました。

今はフラッシュメモリ型のプレイヤーが主流で
MDなんて社会的には既に過去のものなんでしょうけどね。

ただ、コンポのMDは死んだけど、CD部分は健在で
外部入力も光入力含め3系統あるので、
mp3プレイヤーでもつなげばステレオとして十分使えます。

…などと言い聞かせてそれを使い続けるか、
思い切って新しいプレイヤーを買うべきか迷ってるんですが。

今どき編集もPCでできちゃうし、
コンポなんてぶっちゃけあまり必要ないといえばないんです。
でも、そういっちゃうと実も蓋もないわけで。


○黒モノ家電

こないだのWBSで白モノと黒モノという特集をやってました。

白モノ家電とはよく聞くけど、黒モノって何?というと
どうやらAV機器やPCなどのデジタル家電のことのようで。

この話で感を得たことがあって、
最近その黒モノ市場は急激なデフレで悲惨な状況なのに
パナ、東芝、日立といったあたりが何とかもってるのは、
白モノが比較的好調だからだ、とのこと。

確かに今は節電ブーム(?)で、エコ家電は波に乗ってると。

てことは、その影で白モノを持ってない家電メーカーは
真っ赤な黒モノを抱えて爆死を免れないでしょう。

ソニーさん、頑張って。

ここはひとつ、プレイヤー買ってあげるべきか。
そんな義理はないですが。


○モラル?

最近、芸能界が丸棒まみれらしい
ということが明るみになってきて騒ぎになってますが、
実際こういうことは前からそうじゃないかと
思われていたし、いわれていたことですよね。

でもあえてそれに触れられなかったのは、
そのことで騒がれても、マスコミは何の得もしないから。

でも、最近はマスコミが黙っていても
ネットから次々といろんな情報が漏れ出てくるので、
それを無視する方が逆に危険だという流れになってる。

実は、社会のモラルなんて概ねハリボテなんだ
という話が、ネットの貢献で今後もどんどん出てきそう。

…となったとき、社会はどうなるでしょう。

モラルが問い直され、今後社会を律することができるか、
逆に社会に絶望して、どんどんモラル崩壊していくか。

真実を知ることは必ずしも善ではないんだろう、
ということだけど、といって偽りを信じるのもどうかと思うし
痛し痒しとはこのことですな。


とにかく、自分を含め、一体これからどうしたいのか、
またはどうしたら良いのかが、よくわからん状態で。

あ、そういえば
キノの旅とビリーバットの最新刊、まだ買ってなかった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 02, 2011

どこ?なに?

日本語に限らないのだろうけど、
質問に対する答えが、おそらく的確な答えになっていないのに、
質問者はそれを理解し納得してしまう、ということが結構ある。

例えば、

「どこ行ってたの?」

という問いに対して、

「買い物」

とか

「たばこ」

とか

「う○こ」

などという返答はよくあると思う。

でも、これらいずれの回答も「どこへ行っていたか」という
質問者の回答としては的をはずしているのである。

質問は「どこ」という場所を問うている。

つまり、「コンビニ」とか「喫煙所」とか「トイレ」など
場所を回答するのが妥当である。

「買い物」は、おそらく「買い物をする」ということだが、
この中に場所は全く入っていない。

「たばこ」も、「たばこを吸う」ということだろうけど、
こちらも場所を示す言葉はない。

「うん○」に至っては………


場所は全く回答されていないのに、ほとんどの質問者は
これで8割方満足してしまうのではないだろうか。

この近くで買い物をするとしたら、
おそらくあの店だろう、という予測を無意識にする。

たばこを吸うということは、
室外に出ていたか、喫煙所に篭っていたのだろう、
ということも想像がつく。

○んこに至っては………


しかし、実はこのことが、大きな誤解を生むこともある。
的を外した回答から質問者が予想した事柄が実際と異なる
ということも少なからずある。

ええッ、あれってそういうことだったの?!

ということは結構あるだろうし、
そう思い込んでるだけで真実を知らないままかもしれない。

買い物も、近所のコンビニに行っていたと思ったら、
実は1駅先のスーパーまで行っていたとか。

たばこも、喫煙の為にどこか近くへ行ってただけと思ったら、
たばこを買いにコンビニまで出かけてたとか。

う○こに至っては………


でも、後で真実を知るにしろ、ずっと知らないままにしろ、
それでも何気にコミュニケーションができているのだから
すれ違いだらけでも会話は成立するものなんだなと。

そう考えると、意図的に誤解を狙った回答をしたりとか、
質問者もみなまで聞かず、ある程度で察したりとか、
明らかにごまかしてると解っても騙されたフリをするとか、
そういう真実を避けたやり取りというのは多い。

こういうのをいわゆる“空気を読む”というのだろうけど、
普段の人間関係の中では、ぶっちゃけ正直トークなんかより、
悪い言い方をすれば、こういう化かし合いだらけでしょう。


…みたいなことを、さっき風呂の中で考えてたのでした。


ああ、9月ですね。セプテンバーですね。
何だよこの時間の急流下りみたいな感じはッー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »