« June 2011 | Main | August 2011 »

July 16, 2011

大予言?

Windows 8がタイルUIを採用する意図、そして“面倒な制約”とは
(itmedia.co.jp)

次期Android は Gingerbread と Honeycomb を統合、半年サイクルで登場
(japanese.engadget.com)

『Mac OS 10.7 Lion』の目玉的な新機能とアプリのまとめ
(lifehacker.jp)

うん。もう予想できた。

PC(ネットブック含む)とスマートフォンとタブレットは、
将来統合されますね。

Windowsは、いうまでもなくもともとPCのOS。
それがモバイル向けにカスタマイズされたWindows Phoneが出て、
Windows 8 でこれらがくっつくんじゃないか疑惑が出ていると。

Androidは、いうまでもなくもともとモバイルOS。
今は2.x系がスマートフォン向けで3.x系がタブレット向けとされる。

Googleはネット専用PC向けにChrome OSなんてのも出してるけど、
これはどうみても成功しているようには見えない。
なので、そのうちAndroid(3.x系?)に吸収されるでしょう。

そしてGoogle自身が2.xと3.xの統合を目指しているといっている。

Mac OSは、まぁ説明不要でしょう。
(これPCのOSだというとAppleから苦情がくるか?)

Xから独自アーキティクチャを捨ててLinuxカーネルに乗り換え、
さらにPowerPCに拘らずx86系CPUにも対応してきた。

そしてMac OS Xの次期バージョンはiOS臭がムンムンと。


これらのOSたちは、きっと、PC、スマートフォン、タブレットで
同様に使えるように進化していくだろうと予想できますね。

デスクトップ向けOSは、オフィスや開発に使う機器としては
今までと同じ需要が続くかなと。

あと、一般家庭向けには家電に組み込まれていくかな。
最近はテレビとデスクトップPCの役割がかぶってきてるので、
テレビがもう少し賢くなってネットもできるようになり、
あとは他の家電の集中管理の端末にもなっていくかなと。

そのOSとして今のデスクトップOSが使われるかもしれないし、
モバイルOSがその役割まで担うようになるかもしれません。

で、ネットワークが発達してくれば、
処理やデータは、サーバ側で一括処理、一括管理になるでしょう。
つまり、クライアントとなる端末側はI/F及びI/Oとしての役割のみ。

よくよく考えたらこの考え方は合理的で、
UIの処理をしなくなったサーバは計算だけに集中できるし、
計算をしなくなったクライアントはUIの処理だけに集中できる。

これで計算は高速化するし、UIはより洗練されたものになる。

ここで重要になってくるのは、サーバ側で提供する処理。
だからMSもGoogleもクラウド製品を大キャンペーンしている。

クライアントに提供するソフトにはサーバの処理もペアで提供する
ということが、今後必須になってくるということですな。

サーバに処理が任されるようになるということは
記憶容量や処理能力が低いモバイル端末には有利な話で、
デスクトップでもモバイルでもできることがほとんど変わらない
ということになってくる。

今後の課題は入力デバイスですね。

デスクトップならキーボードやマウスなど。
モバイルならテンキーとかタッチパネルなど。

何となくタッチパネルが主流になってくるだろうと思いますけど、
物理的に人間の指で操作できることは限られているわけで、
サイズも考えると、今のスマートフォン程度のデバイスが限界では?
という感じもする。

もしかすると、音声や目線や脳波で操作できるデバイスとかも
出てきたりしそうですけど、ちょっと私には考えにくいですね。

音声は恥ずかしいし、今以上に目を酷使するのもつらそうだし、
脳波だと雑音(雑念?)がいっぱい入りそうだし…。

やっぱり指を使うデバイスが良い。

AR技術が進んでくればエアキーボードみたいなのもできるかな。
というか、リアル空間をそのままポイントして操作になるか?


将来の街中では奇妙な光景が見られそうです。
(みんながパラパラ踊ってるみたいになる……想像したら吹いた)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 14, 2011

雑記(7月号)

あつい。

あついんだけど、今のところセミの声を聞いてない。
いつもこのくらいの時期って鳴いてなかったっけ?


○さすがに…

自宅エアコン始動であります。すみません。もうムリ。

毎年言ってるかもしれないけど、
今年って歴代最強の暑さなんじゃないの?

でも、日中はオフィスにいるので、
エアコンかけるのは主に夜寝る前と、朝寝起きのときだけ。

で、そのオフィスがクソあついッ!

業務時間中の空調は完全に止まってないものの、
おそらく設定温度は30度近辺と思われ。

それでも定時まではいい。

定時後が地獄。空調は止まって換気のみになる。

それまでに仕事終わらせれば良い話なんですが、
この仕事はそう簡単にはいかんのです。

これでまだ7月だというのだから…。


○品川シーサイド

そのオフィスですが
今月から新入社員時代以来の品川シーサイドへ移動。
感慨深くもあり、トラウマでもあり、いろいろ複雑。

佇まいは10年前とほとんど変わってないですね。

M社がBN社になり、S社がR社になってるけど、
建物自体はそのまんま。(多分、賃貸ビルなんでしょう)

そういえば、当時も夏だったなぁ…。


○公衆無線LAN

au が公衆無線LANをはじめました。

スマホ普及で通信データ量が急激に増加してきていて
海外ではパケット定額制が破綻してるという話も聞くので、
公衆Wi-Fiの整備は喫緊の課題でしょう。

とはいえ、au のエリアはまだそんなに広くないですね。

私も au のISフラット契約なので、試しにIS03を持って
一番近所のWi-Fiポイントであるビッ○カメラへ行ってみたところ、
PC売り場のフロアでは確かに使えました。

ただ、そのフロアを出ると切れますね。
上下階に移動しても切れる。まぁ、こんなもんか。

ただ、不満なのは、Wi-Fi に自動接続するには
専用のウィジェットを有効にしておく必要があるんだけど
これがADWランチャとすこぶる相性が悪い。

ランチャにウィジェットを設置してる状態で
画面転回すると、ランチャが強制終了する!

これ、ランチャかウィジェットかどっちかのバグでしょう。
何とかならないかなぁ…。


○自宅無線LAN

ちなみに、自宅の無線LANのルータも
内臓電池が切れて時計が狂いまくりだったので、
最近買い換えました。

バッファローのAirStationの多分一番いいやつ。

これが強力で、うちはマンションの6Fなんですが
なんと2Fくらいまでその電波が届いてくる!

恐るべしAirStation。

実は、ビッ○カメラもこれ使えばいいんじゃね?


○プロの仕事

終わるのか終わらないのかわからない仕事は継続中。

つくってるのは外為の自動発注のソフトなんだけど、
これは発注から約定までにかかる時間が重要なシステム。

0.5秒速いだけでン万、ン十万とか損益の差が出る。

なので、そこの性能がシステムの命!なのだけど、
見た目にこだわるのはどんなお客さんも一緒なんですな。

製品の見た目はスタート時点の売り上げに関わるから、
確かに重要。営業的につかみは重要。それはわかる。

ただ、システムというのは、
高い性能でいかに安定的に運用できるかがもっと重要。

この間、中国版新幹線が開業10日で落雷に遭って停電
とかいうニュースがあったけど、ああいうのこそ
見た目だけでシステムとしてダメな例の典型だと思った。

車両だけ似せてもダメ。

新幹線は、その運用ノウハウや安全性、耐久性など
システム全体でみて新幹線なんです。


……ということを、今のPMはわかってんのかのう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2011

最近のニュース

まとめて反応。

○スマートフォン市場

Android 国内販売シェア、iPhone 抜く
(bcnranking.jp)

iPhoneがソフトバンクだけなのに対して、
AndroidはSBの他、ドコモ、auも出してるんだから当然だろ?
というような意見が多く聞かれたニュース。

その通りなんですが、これはちょっと前まで
日本では「スマートフォンといえばiPhone」という状況だったのが
わずか1、2年くらいの間に逆転した、という点に注目すべき。

いったん独占市場が出来上がると、
それを覆すのはなかなか難しいものだと思うんだけど、
それをひっくり返した要因は何だったのかと考えると面白い。

Googleだから?
サポートしたキャリアが多いから?機種が豊富だから?
ならば、なぜキャリア各社はAndroidを選択したのか?

この状況、昔、日本でPCといえばNEC PC-9800シリーズ
という独占状態が続いていたところに、
Windowsの登場でIBM PC互換機が爆発的に出回り出した
あのときの状況にちょっと近いかも、とも思ったり。

あと、任天堂 vs SCEの関係とか。

こういう市場のサイクルはだんだん短くなってきてますね。


○知恵を出さないやつは助けない

松本前復興相の発言騒動、本当に問題なのはどの部分か
(jp.wsj.com)

あの後本人は謝罪してるけど、
多分、あれは本心では全然悪いと思ってませんよ。

あの知事を見下した発言も、オフレコ発言も、
きっと彼の本音でしょう。

気持ちはわからんでもないですがね。

被災者も被災者で、いつまでも復興支援頼みで
支援がなかったり手薄だったり差別があったりすると
筋違いな不平を言い出すような人も少なくないという話。

とはいえ、政治家があんな横柄な態度とっちゃいかん。
マスコミもいる前でよくやらかしたもんですね。


○弱者最強の法則破れる

事故誘発したのは無謀自転車 大阪のタンク車死亡事故
(sankei.jp.msn.com)

大阪に限らず、まるで我の道みたいに車道をふらついてる
歩行者や自転車って、私は結構よく見るんですよ。

あれは何なんですかね。

ルールを知らないのか、本当に注意力がないのか、
そこは歩道だと思ってるのか、車が見えないのか、
世界は自分を中心に回っているのだと思っているのか…。

とにかく、歩行者、自転車が自動車と事故を起こした場合、
ほぼ100%自動車が悪いことになるというおかしな常識は
この機会に見直されて欲しいと思うわけで。

この事故も、幸い(?)目撃者が多数いたから
明らかに自転車の人が悪いとなったんだと思うんだけど、
もし目撃者が誰もいなかったら、タンクローリーの運転手が
一番大きな罪を被ってたでしょうね。


○再稼動するのかしないのか

再稼働で政権迷走=「脱原発」路線に菅首相腐心
(jiji.com)

この首相はちっとも懲りてないですね。
こんな思いつき発言で何度も痛い目に遭ってるんじゃなかったのか。

それとも、解散総選挙で「脱原発」をうたうための準備か?

ストレステストを再稼動の条件としたいというなら、
それはそれで方針としてアリだとは思いますよ。

ただ、それを与党や閣僚との合意や相談なしに
また首相と周辺(モナ男?)だけで勝手に決めてしまって
政府内の方針不一致が顕在化するとか、
ただでさえ信頼を失ってるこの政府には致命的でしょう。

もっとも既に死に体な政権なわけで、
X-DAY的にゾンビ判定なのに首相の椅子にしがみついてる
あの人には、もうダメージとか痛みとかないのかもね。

本当に何をやりたいのかがさっぱりわからない。
やっぱり彼は隣国のス○イなん…っとゲフンゲフン。


○一番大きなニュースは…

実は、もう7月だということですな。

おかしいよ!この光陰矢どころかCERNのLHCの中の
素粒子衝突で出てきたブラックホールの寿命くらいの勢いで
速すぎじゃね?

タイムマシンとかもしもボックスとか贅沢いいません。

時門。時門が欲しいよドラえもん。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

« June 2011 | Main | August 2011 »