« February 2011 | Main | April 2011 »

March 26, 2011

原発は悪か?

私は特に東電の関係者でもないし、
知り合いがそこにいるとかいうこともありませんが、
世間の東電叩きが酷いので、ちょっとフォロー。

まず、原子力が大きな危険を伴うエネルギーである
ということは、誰もが認めるところでしょう。

そんな危険なものを、なぜあえて使うのか。

簡単です。エネルギー効率がとても良いから。

現在、発電の主力である火力発電の場合
100万kW発電するのに石油143万トン必要だけど、
原子力発電の場合、同じ100万kW発電するのに
ウラン21トンほどで済むといいます。

加えて、火力発電は二酸化炭素などの温暖化ガスや
その他石油の燃焼に伴う公害ガスを大量に出すけど、
原子力では、熱循環を内部に閉じ込めている限り、
火力のような大気汚染はほとんどありません。

つまり、原発というのは、不測の事態さえなければ、
効率も良く公害も少ない理想的な発電所なんですね。

実際、日本国内の電力の約3割は原子力によるものです。

ただ、当然、原子力というのが
原子の核分裂時に発生する熱を利用するという特性上
同時に発生する放射線による危険性というのがある。

その放射線や放射性物質は閉じ込める必要があるけど、
原子炉や循環システムが損傷してしまった場合、
それらの危険物質が外部に漏れ出すことになります。

特に地震の多い日本の場合、原発をつくるリスクは
相応に高いといえる。

なので、原発というのは相当頑丈につくられます。

今回の福島第1原発の件では結構忘れられがちだけど、
あれは、原発の内部不具合で発生した事故ではなく、
いうまでもないけど、あの巨大地震の被災によるものです。

第1原発のある福島県沿岸は立入禁止になっていて
あまりマスコミの取材が入らないためか認識が薄いけど、
あの周辺も宮城や岩手沿岸と同等の被害を受けてます。

家屋は津波でほとんど流され、講堂や体育館のような
比較的大きな施設も半壊からほぼ全壊という状態。
今でもまだ津波の海水が退かず冠水してる地域もある。

そんな中、第1原発の建屋はほぼそのまま残っていたし、
施設そのものはほとんど被害を受けてなかったそうで、
実際、原子炉の運転自体はちゃんと停止できている。
その頑丈さって、実は何気に驚異的じゃないか。

(今は、その後の水素爆発で無残な姿になってるけど…)

今回のは、巨大な津波で電源系統がやられてしまって、
炉や燃料の冷却ができなくなったことが問題。

東電や保安院の会見でしきりに「想定外の」津波というけど、
あれは、もうその言葉通りなんだろうと思う。

おそらく、当初の想定以上の地震がきてしまったら、
そのときはもう腹をくくるしかないよね、ってことでしょう。
(当事者は間違ってもそこまではいえないでしょうけど)

そして今回、本当にそういう地震が起こってしまった。

そもそも論でいうなら、原発なんかつくらなければ
どんな大地震がきても、こんなことにはならない。

…当たり前ですが。

原子力を諦めて火力発電を増やす場合、
石油利権のある関係者たちは喜びそうですが、
おそらく、電気代は相当上がると思われる。

原発で今回みたいな事故が発生するということ自体は、
実はみんな容易に予測できていたと思います。

ただ、それに引換えてでも選択価値のあるものだった
というのが原子力なんだろうと思うんですよね。

車に乗れば交通事故に遭うリスクが発生するけど、
歩くより格段に早く移動することができる。
だから、人はリスクがあると知りつつ車に乗る。

それは他の交通手段も同様にいえることだし、
交通手段に限らず全てのインフラにいえることです。

ただ、そのリスクを国や企業が国民(特に地元民)に
強要している形になってるので、国やその企業も
ある程度の責任を負うべきだとは思いますけどね。

その原子力で供給されていた電気を
今までみんな当たり前に供給されるものだと思って
使っていたわけでしょう。

ということもあり、最近の東電一企業だけを叩く風潮が
どうも理不尽に思えてしまいます。


電力需給に限らず、人間がやることなすことって
自分ひとりじゃ結構何もできないということを
もう少し認識してもいいんじゃないかと思いますね。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

March 22, 2011

放射能メモ

自分的メモ。内容の正確性は保障なし。


○放射能の単位はシーベルト?ベクレル?

純粋な放射線の量を表すのがベクレル(Bq)。
生物の被曝の大きさを表すのがシーベルト(Sv)。

放射線自体は、地球上の生物は日常的に浴びている。
一般人が浴びてOKとされているのは年間1ミリシーベルト。
(ICRPの勧告)

ちなみに、胸部X線撮影1回で大体0.1ミリシーベルト程度
浴びることになるらしい。


○政府や東電の発表する数値は信用できる?

信用するしかない。

てか、原発直近はまだしも、周辺地域や遠隔地であれば、
民間の研究機関や個人でも放射線は容易に測定できるので
ウソついてもすぐバレる。


○何で放水とかしてるの?意味あるの?

炉が溶けるとヤバイので、冷却のため。
あと、使用済み燃料保管プールへの注水。

放置よりはだいぶマシと思われる。


○放水したら放射線の量が減ったらしいけど?

放水で放射能が減ったのは、原子炉の方ではなく、
使用済み燃料プールからの放射線が減ったのかと。

使用済み燃料は原子炉脇に置かれているプールで
水につけて保管されてるが、地震で循環システムが壊れて
その水が枯れてきてるので、そこに水が足された効果か。


○もっとマシな方法はないの?

電力が回復すれば、冷却水の循環ポンプを復旧させて
より安定的に冷却できるようになるらしい。


○セシウム137、ヨウ素131って何?

ウラン238の核分裂時に放出される放射性物質。
いずれも、地上では自然に存在することは少ない。


○どっちがヤバイ?

放射能のレベルでいえばヨウ素131の方が格段に大きい。

ヨウ素131 → 1Lあたり、約6ベクレル程度
セシウム137 → 1Lあたり、0.02ベクレル程度

ただ、ヨウ素131の半減期は約8日と比較的短いのに対し、
セシウム137は30.17年と長い。

放射能汚染などで長期に残り続けるのはセシウムの方。


○ヨウ素をガブ飲みすれば被曝を防げるらしいよ?

飲んで放射線予防できるというのはヨウ素127。
131が放射性同位体なのに対し、127は安定同位体。

放射性ヨウ素を生体に入ると甲状腺に蓄積されて、
甲状腺機能の低下、或いはがんの原因になるとされるが、
あらかじめ無害な安定ヨウ素を取り込んでおくことで、
放射性ヨウ素を取り込まないようにする効果はある。

が、その効果が期待できるのは、医師などが処方する
純粋な安定ヨウ素剤などであって、ヨウ素を含むから
といってイソジンとか飲んでも効果ゼロ。


○原子炉が溶けるとどっちが出てくる?

どっちも出てくる。

ただ、セシウムは半減期が長いので、
原子炉でなく使用済み核燃料プールの方からも出る。

ヨウ素は半減期が短いので、それが出ているということは
原子炉側からの放出と考えられる。

原因は、原子炉内圧を減らすためのガス抜きによるものか、
そうでなければ炉自体の破損の可能性もある。


○逃げる?

もう面倒くさいので、逃げない。

駄目なら駄目で、私の運がなかったってことにする。


…てことで、関係者のみなさん、ぜひ頑張ってください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 20, 2011

地震から10日

節電、してますか。
(政府広報のキャッチになりそう)


○買占め

首都圏でも、食品や日用品の品薄が続いてます。

地震の影響で供給もある程度低下してるとは思うけど、
例えばティッシュペーパーなどがスーパーや薬局など
あらゆる店頭から消えるほど極端に減るってことはない。

原因は、個々人が普段より多く買い溜めしているという
いわゆる買占めが起こっているからです。

気持ちはわかるけど、やめて欲しいですね。

それって、自分だけが、或いは家族だけが助かれば、
他はどうなっても良い、という行為だと気づいて欲しい。

店へ行けば誰でもいつでも必要なものが購入できる、
という本来の状態をなるべく維持すべきだと思うのです。

追記(3/22)
食品や日用品の品薄は配送トラックなどの燃料不足も
原因にあるようです。実際仕入れが少なかったんですね。
…となれば、なおさら買占めは控えたいところですが。


○日常のありがたさ

こうして災害に襲われた緊急事態になって、はじめて
普段の日常がいかに恵まれていたかと気づかされる。

危機感が伴わないと、人は本当に理解しないんですね。

発電所がいくつか機能不全になって電力不足になる。
こうなって初めて本気で節電する、とか。

ただ、今の節電は緊急時のもので、
生活に必要な水準を切る節約が求められてはいるけど、
普段から今の半分くらいの努力はあっても良いと思う。


○娯楽施設たち

夜20時も過ぎると、渋谷でさえほとんど暗くなってます。

私の住んでる新横浜は何故か計画停電の対象外ですが、
それでも街はすっかり鳥取のようです。(笑)

そんな中腹立つのが、パチンコ屋とラブホテル。

みんながこれだけ節制してるのに、
電飾看板を明々とつけて全く普段通り営業してるとか
どんな神経してるんですか。

で、例の節電大臣は何も規制しないそうです。

どうもパチンコ屋の営業母体は在日の団体が多いらしく、
そこが主要な政治資金源になってる民主党は立場的に
強くいえないってことらしい。

どこまで腐ってるんですか。

あと、うちの近所はラブホテルが群集してるんだけど、
何かクリスマスツリーみたいな電飾ピカピカしてるし、
無駄な照明とか噴水とか普段通りだったりする。

まぁ営業するなとまではいいませんけど、
せめてネオン電飾とか不必要なものは切ってくれないと
節電を頑張ってる商店街とか家庭は報われないです。

今の政治じゃどうにもならんのですかね…。


○略奪

どうも海外メディアでは、
日本の被災地域で略奪が起こらないというのが不思議だ
というような論調があるようだけど、不思議でも何でもない。

それをやっても何の得にもならないから。

理由はこの1点じゃないですか。

日本人の価値観が欧米人のそれと違うということもあるし、
災害時であっても治安がそれほど悪化しないということも、
「悪事を働くより、助け合った方が良い」という結論になる
裏づけになってるのかもしれませんが。

代わりに、鬱屈するものは多いようですが…。


○非難すべきか、せざるべきか

こんな時期に政権批判をするな、という声もあります。
…てか、私も当初そう思ってました。
さすがに緊急時くらいは、ある程度対応してくれるだろうと。

でも、やっぱり駄目です。

というか、ここにきても政権内、閣僚がまとまってない。
官房長官ひとりだけ報道官としての仕事を果たしていて、
他のオッサンたちは相変わらず政局で動いてる。

つい最近罷免したはずのアレを副官房に戻すとか、
どさくさ紛れに大連立しようとするとか、
さっぱり意味の解らないことをやり過ぎです。

思うに、福島の件も、東電がグダってるというよりは、
政府判断がグダってるんじゃないかという気がする。

当初、避難指示を3km圏内だったところが、
10kmになり、20kmになりとどんどん広がってるけど、
あれって、東電としては、最初から30kmくらいで
勧告してたんじゃないかな?と思うんですが。

先日の東電の会見で
「もっと早い時期に注水作業を開始していれば、
ここまでの事態にはならなかったのではないか」
とか人ごとみたいな言い方をしてたんだけど、
あれは今にして思えば、自分たちはそう勧告したが、
政治や上層部が動かなかった、という現場の訴え
とも受け取れる。

まぁ、憶測ですけどね。


○ひとごと

正直、直接被害を受けなくて良かった、と
今回の災害を免れた人たちは思ってると思います。

被災地の人は気の毒だけど、現実そうでしょう。

仮にこれが東北でなく、九州の方で起こってたとしたら、
きっと逆の立場で、東北地方の人たちは
ああ、九州に住んでなくて良かった、と思ったはず。

自然災害に襲われるかどうかなんて、
神か悪魔でもない限り完全予測するなんてできないので
ほぼ運です。

「ああ、自分でなくて良かった」と思うことは、
別に悪いことじゃないと思う。

誰しもその災難に遭う可能性が平等にあるという限り、
「良かった」と思うのは
その難を逃れた人の正当な権利だと思います。

今回は逃れたけど、それと同じかそれ以上の災難が
いつ襲ってくるかもしれない、可能性は0ではないのだから。

ただ、実際に自分が受難した際に、他人に救援を求めたい、
その権利を要求するというのであれば、
難を免れたときに、被災者を救援すべきだ、ということも
Give and Take な世の中では心得ておくべきでしょうね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 16, 2011

震災対応に思うこと

いろいろ思うところはあるんですが、
眠いので、言いたいこと2点だけ書いて寝ます。

1つ目。

この件で政治批判は避けようと思っていたんですが、
これはいっとかないと気がすまない。

民主党は、ここにきても政治パフォーマンス重視ですか。

地震後、いきなり現地をヘリで訪問という無意味な行動も
まぁ現地慰問程度にみて百歩譲って許すとしてもですよ、
計画停電を発表する際のあの会見はあり得ない。

誰のことかは、わかりますね。

「この危機を乗り越え、そして、よりよい日本を改めて
 作り上げようではありませんか。」
(全文は こちら [gigazine.net])

何ですか、この選挙演説みたいな会見は。

首相は、こういう状況でこそ冷静、平静であるべきだし、
そもそもこれは「計画停電をやるよ」告知会見なのであって、
こんな話は別の枠で声明発表とでもしてやるべきでしょう。

あと、人事もよろしくない。

災害対策費を「無駄だ」といくつも仕分けカットした人とか、
阪神大震災のときに、現地で自衛隊批判キャンペーンを
ぶちあげていた人とかを臨時大臣に任命ですよ。

そんな人に「どうか電気節約を」なんていわれても、
むしろ反発したくなってしまいますよ。

いや、節約はしますけど。
あなたにいわれたからやってるんじゃないですからね!
と、無駄な前置きをしないといけないじゃないですか。

民主党であっても、災害対応を頑張ってる政府には
なるべく協力すべきだろうな、と思っていただけに、
どうも複雑な心境ですよ。

何か、枝野官房長官1人が頑張ってる感じ。


あと、もう1つ。

今回の地震の災害を受けた東京電力の対応に対する
世間の反応について。

ちょっと非難し過ぎ。

確かに、その対応や会見にグダグダ感はありますが、
我々にとってもこんな災害は初めてなんだから、
当然、彼らにとっても初めての対応になるわけです。

少なくとも、“仮免許”政府とか何とかいってた首相に
怒鳴られるいわれはない。

東京電力をはじめ、日本の電力会社の技術力は、
少なくとも平時に関しては、おそらく世界でも屈指の
技術力を持っていると思っています。

管内全ての利用者に一定電圧(100V)で安定供給
なんてことができてるのは日本くらいです、と
私が学生の頃の講義で、ときの教授がいってました。
(今はどうかわからないけど)

あと、今回のいわゆる輪番停電についても、
エリア指定で計画的に停電させて、全体の電源断を
避けるなんて芸当ができる国はそう多くない。
(てか、日本だけかもしれない?)

で、問題の福島原発も、頭の悪いテレビキャスターが
「最新鋭の原発でこんな事故が起こるなんて…」
みたいなことをいってたんですが。

福島原発の計画があがったのは1960年の話で、
1号機の営業運転が始まったのは1971年3月です。
ちょうど40年前ですね。

モノがモノなので、当然、地震、津波対策もされてた
とはいえ、当時想定していたレベルを超える災害が
今襲ってこないとも限らなかったわけです。

そしてそれは実際に襲ってきた。

そんな中、現場や現地では被害を最小限にしようと
必死のリカバリ作業が続けられているわけです。

彼らの対応が完璧であるとは思いませんが、
完璧を求めるのも酷、という気もしないではない。

とはいえ、特に現地の周辺住民にしてみれば
完璧にやってもらわんと困るんでしょうけどね…。

何となくだけど、東電の対応が後手後手に見えるのは、
政府対応の稚拙さとモタつきが起因してるんじゃないの?
というような気がしてならないんだけど。

濡れ衣なら申し訳ないけど、
今の民主党政権のタラタラした災害対応を見てると、
どうしてもそう思えてならないです。


あー、抑えてたのに、ついに政治ネタ書いちゃった…。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 13, 2011

雑記(3月号)

どうやら、観測史上、世界第5位の規模らしい。


○Androidアプリ

スマフォ使いも大分こなれてきた。
Androidはインテント機能がすばらしいですね。

ただ、アプリを終了させるのに、
わざわざシステムのタスクマネージャを起動して、
そこから終了する必要があるのが面倒。

IS03の場合は、ホームボタンを長押しすると
アプリ管理が起動するので、そこから「×」で終了。

親切なアプリはメニューにアプリ終了があるけど、
そのへんは開発者に任されてる。

このへんはOSで統一IFあっても良いところ。


○3DS

とりあえず買っちゃいました。
サイズとか重量とかはDSLiteと同程度ですね。

で、3D表示ですが、確かにこれは3D。
調節次第だけど思ってたより自然に立体視できる。

ただ、その調節を強めにすると
度のきつい眼鏡をかけたような感覚で疲れますね。

あと、3DSでも従来のDSソフトが使えるけど、
テクスチャが本来のサイズよりストレッチされてるせいか
ジャギーがかなり目立つ絵になります。

ただ、音はかなりキレイに(クリアに)聴こえます。

とはいえ、画像はエミュレータでやってる感があるので、
やっぱりDS向けソフトはDSLiteで遊ぶ方がよさげ。

3DSを手に入れたらDSLiteはお払い箱かな、
とも思ったけど、そういうわけにもいかないかなと。


○Suica VIEWカード

数年前、それまで持ってたビックカメラのポイントカードを
Suica機能付きのVIEWカードにグレードアップしたんですが、
その有効期限が切れて、更新カードが送られてきました。

そこで気づいたこと。

Suicaのチャージは新カードには引き継がれていない!

当然なんですが、そんなこと全く考えてませんでした。
これを引き継ぐには、VIEW アルッテというATMに持っていって、
旧カードの払い戻しを自分でやる必要があるとのこと。

まぁ、その手続きさえとれば良い話なんですが、
間違って旧カードを破棄してしまったら、
チャージごと破棄してしまうことになるので要注意ってことです。

ちなみに、ビックカメラの回し者じゃないですが、
ビックカメラのポイントカードをSuicaカードにしておくと、
ポイントを同カードのSuicaにチャージできて、
そのチャージでの買い物はポイントが付く
(ポイントで買い物をすると、当然ポイントは付かない)
というお得な使い方ができるので、お勧めです。


○緊急地震速報

今回の地震で、幾度となく緊急地震速報が出てましたね。
NHKの放送で緊急地震速報が出ると、
ほぼ同時に携帯のメールでも通知が入ってました。

で、気になったこと。

NHKの速報に出るけど、メールには入らないこともある。

これはどういうことかと思ってたんだけど、
どうやら、NHKの速報は全国どこが震源でも出ていて、
メールは、関東(私の住んでるところ)に揺れが来ると
予想される場合のみ通知が入ってる感じでした。

今回の本震第1波(11日の昼過ぎ)のときは
この速報は携帯メールに入ってこなかったんだけど、
これは、その震源が三陸沖で、その対象地域に
東京、横浜エリアが入ってなかったからなんでしょう。

でも、実際には東京でも震度5強の揺れが来た。

同日夕方、今さらのように速報メールが入ったんだけど、
こちらは福島県沖が震源ということで、
東京エリアもその対象ということだったんでしょう。

確かに揺れたけど、微動ですね。

これはきっとアルゴリズムを見直した方が良いでしょう。

P波から揺れの程度と範囲をどこまで出せるのか、
技術的にできるのかどうかはわからなんだけど、
可能なら、震度3以上の揺れが予想される範囲に対して
速報できれば、今よりは実用性が上がるんじゃないかと。


○ヤシマ作戦

やっぱり電力不足な雰囲気。

東電の発電施設が東北地方にも相当数あるはずだし、
そこが稼動できないとなれば当然の成り行きですね。

とりあえず、街の電光掲示看板やネオンなんかは
全部落とすべきでしょう。

店自体を営業するのは商売だからしょうがないけど、
例えば、ネオン看板ピカピカのパチンコ屋とかみると
空気読んでくれって思います。

あと、コンビニも24時間営業をやめて、
当面7時~11時営業にすれば、かなり節電になるはず。
セブンイレブンですよ。


○この期に及んで...

政府対応を批判する野党勢力も空気読めてないですね。

確かに今の民主党政権はガタガタなんだけど、
緊急事態なんだから、なるべく活動に協力しましょう。
ただでさえ頼りない政権なんだから。

民主党も、マニフェストとかこの際どうでも良いでしょう。
こども手当とか無償化とか無料化とかこだわるのもやめて、
ここは災害復興に注力すべきでしょう。

自民は、政権経験が長いからか察してる風もあるけど、
社民とか共産とか、ここにきても批判しかしてない気が。

野党であっても、口より行動してください。

とはいえ、今は国民の関心も報道もこの地震一色で、
政権や政治家たちの不祥事がうやむやになりつつあることも
どうにかした方が良いんだけど、仕方ないのかなぁ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2011

大地震

列島各地で誘発地震、M6以上が広がる可能性も
(yomiuri.co.jp)

最初に揺れた瞬間、ついに東海地震きたか!と思ったけど、
今回の震源が東北沖合ということで、関係なかった模様。

とはいえ、今朝4時くらいに新潟中越を震源として
震度6程度の揺れがあったということで、
このノリであちこちの活断層に波及していくんじゃないか?
という話は、当然あるんですね。

東北地方太平洋側が悲惨な状況になってますが、
それ以外の地方であっても対岸の火事じゃないってこと。

ただ、溜めに溜めて一気に来るんじゃなくて、
こうしてちょっとずつ(でもないけど)解放してってもらった方が
全体として被害は小さくて済むのかなとも思うし、痛し痒し。


さて、今回の三陸沖、東日本地震が発生したときのこと、
私はいつものように東京の仕事場にいました。

都内は記録としては震度5程度だったとのことだけど、
私の今の職場はビルの15階ということもあって、
それ以上に大きく揺れたんじゃないかってのが実感。

1発目も大きかったけど、第2波、第3波もかなり大きくて、
しかも揺れてる時間も相当長かったので、
これはもしかすると私の人生ここまでか?とか思ったり。

その後も余震が頻繁にきて、夜中、朝方になるまで
ずっと揺れてる感じでした。

私がいた建物は日本橋なんですが、そこから
テレコムセンターの方から煙が上がってるのも見えたし、
千葉の方(製油所?)から炎が上がってるのも見えて、
フロア内は(まぁ当然ですが)かなり騒然。

どうやら、東京タワーもちょっと曲がったとか。
てか、スカイツリーで作業してた人は大変だったんじゃないか。
被害の報告はないみたいなので大丈夫なんでしょうかね。


帰りの交通機関も、私が使うのは銀座線と東横線なんですが、
復旧自体は夜10時くらいだったようだけど、
きっと殺人的混雑だと踏んで、私が職場を出たのは午前1時くらい。

さすがにそのへんになると、
銀座線も東横線も混雑もなく比較的スムーズに走ってました。
(緊急事態ということで深夜も運行されてました)




以下、私の周辺(横浜、港北周辺)の状況。(3/12 13:00現在)

電気、水道、ガスはとりあえず平常通り使用可能。
建物や構造物にも、特に目だった被害はなさそう。
(私の部屋はCDラックが倒れてたけど、被害はそのくらい)

近所のコンビニやスーパーの生鮮食料品はほぼなし。
カップ麺やパスタのようなものも若干品薄。
水や清涼飲料なんかの飲み物は普通にある感じ。

飲食店は、おそらく材料が入ってこない為だと思うけど、
閉店してるところが多い。
ただ、ファーストフード店は営業してた。

東急東横線、横浜市営地下鉄は徐行ながらほぼ普通に運転。
JRは京浜東北線、横浜線は本数がかなり減らされていて、
10~20分に1本という感じで運転されてた。

新横浜駅のタクシー乗り場は20~30人ほど行列になってた。
環状2号はそれほど渋滞してない様子だけど、
横浜方面や都内に向かう道はおそらく渋滞と思われるので、
タクシー利用は要注意かも。

都内に行くなら、新横浜からなら新幹線が動いてるので
タクシーに乗るくらいなら新幹線に乗った方が賢いかも。
(その逆方向もかな)

とりあえず、こんな感じ。




震源近くの東北太平洋側の地方の方々はお気の毒ですね。
ニュースとかで状況を見るにつけ、まさに悪夢。

早く復旧できることを祈るしかありません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 07, 2011

駐車場の怪

以前から不思議なことがあるんだけど、この駐車場
出口ゲートを出るとき、支払機に駐車券を入れてもないのに
勝手にゲートが開くのです。

一応、事前清算機で支払いは済ませてるのだけど、
その清算機が発行する支払い済み駐車券を入れないと
出口ゲートは開かないはずなのよね。

なのに、ゲートに近づくだけで開いて素通りできる。

こういう仕様なのか?と、しばらく割り切ってたんだけど
つい先日、その出口に車が何台か並ぶ状況になって
その前の車をみてると、ちゃんと支払機に駐車券を入れていて
その後ゲートが開くという動作をしている。

ふむ、これが本来の姿だな、今までは故障か何かだったんだ
と思って、今回は私も前の車と同じだろうなとゲートに近づくと、
なんと、やはり駐車券不要でゲートオープン!

あるぇ?

支払い済み駐車券に何かICチップでも埋め込まれてるのか?
と思ってみるも、どうみてもタダの磁気フォーマットの紙きれ。

というか、仮にICチップだとしても、差し出してもいないのに
ゲートが反応するほどの感度があるとは思えないし、
使い捨ての駐車券にいちいちICとか埋め込んでたら
駐車券だけでどんだけコストがかかるんだよって話だし、
そもそも前の車は駐車券がいるのに、私はいらないなどという
そんな道理はないだろう。

清算機でお金は払ってるので、ラッキー得しちゃった♪とか
そういうことはないんだけど、実は清算機で払わなくても
私の車は素通りできちゃうのかしら。

ゲートに中の人がいて、その人が私が清算してるのを見てて、
私がゲートに来たら親切に開けてくれてるとか?

いや、ないない。

もしかして、車から何か変な電波でも出てる?

といっても、私の車は、ETCもナビも、キーレスエントリーすら
ついてないローテクポンコツなんですけど。


今度、事前清算せずに出てみようか・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 06, 2011

本末転倒

さて、書くかなと。

最近オーバーワークで、帰りも当たり前に0時過ぎるという日々、
終電も逃して最寄駅までたどり着けないこともざらだったりします。

でもまぁ一つ前の駅までは結構遅くまで運行してるので、
大抵はそこから徒歩約20分ほどで帰れたりするんですが。

それでいつも思うのが、
人の生活時間帯って、こんなに夜遅いもんだったっけ?ということ。

私の仕事が異常に多いというのはこの際おいといて、
終電近い、時間も0時周辺だというのに、街や駅に人の多いこと。
夜中だというのに朝の通勤ラッシュ並に人で溢れかえってる。

私も夕食を逃してるから、
帰りに降りた駅近くの牛丼屋にでも寄って帰ろうとするのだけど、
その時間開いてる定食屋は軒並みほぼ満席という…。

これが、東京という街なんでしょうかね。…今更ですか。

まぁ、こんなこといってる私もそんな人々の一員なんですがね。
根は田舎者なので人混みはいつまでたっても慣れないんですが、
生活はしっかり東京に染まってるってことか。

夜はこんなに遅くなってるのに、
朝は相変わらず7時とか8時から始まるという毎日なんだから、
生活サイクルが異常になってくるのは当然ですよ。

でも、これが今の常識、当たり前になってる。

生物としての生活リズムは完全に狂ってるのだけど、
それでも人間社会は大きく破綻せず動いているんだから
どこかで上手いことなってるのかな、とも思うんですが。

いや、破綻してるのかな・・・。

従来でいう常識なんてものが今はないとしても、
とりあえず私の中の基準で考えるなら、
人間の生活を崩して人間社会を回してるこの状態って、
何か違う気がするんですがねぇ。

ひとことでいうなら、本末転倒。

人が生きるために死のうとしてるみたいなこの矛盾自体が
人間の性ということなのかもしれない、ですな。

私は大いに「異議あり!」なんですが…。


逆転検事2は、そこそこ面白かった。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »