« January 2011 | Main | March 2011 »

February 05, 2011

雑記(2月号)

豆撒きの季節です。撒きませんけど。


○IS03

多分、まだまだ使いこなせてませんが
コレを導入して生活が今までと変わったことがあります。

 ・メールを頻繁にチェックするようになった。
 ・自宅PCをあまり起動しなくなった。
 ・2ちゃんねるを見るようになった。
 ・様々な情報が報道と同時に知れるようになった。

これは電話というより情報端末なので、
今までよりずっといろいろな情報に触れられるようになった
ということですね。

メールは今までもチェックしてましたが、
基本的には帰宅してからのチェックだったので、
それがリアルタイムにできるようになったと。

それゆえ、自宅のPCを起動する理由がほとんどなくなり、
最近は週末にニコ動見る程度の用途になってたり。

仕事?それは仕事場のPCで。

あと、電車に乗ってる間はWebでニュースみたりしてるけど、
ひと通り見たら、2ちゃん巡回が日課になりつつあったり。
2ちゃんまとめサイトをまとめてくれるアプリとかあって、
そのトピックスだけ見てても面白いです。

あと、気になるRSSをGoogleリーダでまとめられるので、
これもリアルタイムにチェックできる。
一般ニュースもですが、私の場合はIT、サイエンス関連の
RSSも拾ってるので、そういうのもリアルタイムに見られる。

うん、情報のリアルタイム性がぐっと上がりました。


○あがった...

今日、電車の中でエヴァの警報音が鳴ってました。
誰かのメールの着信音なんですが、実は聞くのは3回目くらい。
流行ってるのかな?

昔、ドラクエのレベルアップの音を着信音にしてた同僚がいて、
それが仕事中鳴ったことがあって「あ、レベルがあがった」
と思ったことがあるんですが。

先日、電車でマックポテトが揚がる音(着信音)が聞こえてきて、
「あ、ポテトがあがった」と思って、ん?あがった?
と、心の中で何かいろいろ符合するものを感じて、
ひとり笑ってはいけない○○シリーズの浜田、松本状態に
なってました。


○次世代端末

やっぱりビジネスよりエンタメだなぁ、と思う昨今ですが、
というより、ゲームやコミックみたいなサブカルが
立派なビジネスとして成立しつつあるのが今なのかなぁと。

3DS、NGP、で、これにAppleも参戦してこようとしてるとか。

ゲーム機は携帯端末に、携帯端末はゲーム機に
お互い徐々に近づきつつあるという雰囲気はあったんだけど、
そろそろ衝突、合体の時期ってことなんでしょうね。

時代を追うごとに小型で高性能のチップがどんどん出てるし、
メモリもHDDに匹敵する記憶容量を持ってきてるわけで、
そのうちPCもデスクトップから携帯機に進化していくだろうなぁ
ということは予想に易しいですね。

ところで、Microsoftは、携帯端末とゲーム機、どちらにも
わりと早期から関わってますが、どちらも振るいませんね。

まだWindowsが好調なので、企業として大きく凋落してる
というふうには見えないけど、いろいろベクトルを外してる感
ってのがある気がしてるのは私だけですかね。

物量に任せた技術力はある会社ではあると思うけど、
それでいつまで押しきれるか。

そういえば、Googleも最近物量作戦に出てきてますね。
で、質で勝負しようとしてるのがAppleか。

ここにゲーム機の会社が混ざってきたら、さてどうなりますか。


○切磋琢磨

今のプロジェクトにいつもワンペアで行動してる2人がいて、
彼らの掛け合いが天然のボケとツッコミになってる。

日本橋のオフィスから品川オフィスへ移動するとき
「また戻ってくるから、何も持っていかなくていいよね」
と、カバンごと置いていこうとするボケに
「いやいや、電車に乗るからサイフは持ってください」
というツッコミ。

何というか、片方がシッカリ者だと片方はよりダメな感じに、
片方がダメだと片方はよりシッカリ者になるんでしょうね。

ダメな方は、最初はそれほどダメでもなかったのに、
隣に諭してくれる人がいたら、だんだん頼るようになるし、
シッカリの方は、最初はそれほどシッカリ者でもなくても、
隣にダメなのがいたら、だんだん自分が何とかせにゃ、
という感じになってくると。

歳のわりにシッカリしてるなぁ、という人がよくいますが、
実はその人の周りは結構ダメダメだったりするのかもネ?


---

歳をとると時間が経つのが早くなる、とはよく聞いていて、
昔は、まぁそうはいっても物理的に加速するわけじゃなし
何かモノの喩えってやつだろう、みたいに思ってたんですが、
最近本当に酷いくらい時間が経つのが早いです。

もうね、実感。これはヤバイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2011

ケンカは場外で

例えば、ある部屋に、赤、青、黄色の3つの箱があり、
その前に太郎くんがいたとします。

彼の目の前で赤の箱にドーナッツを入れてフタをする。
そして太郎くんには一度部屋を出てもらった後、
赤箱のドーナッツを取り出し、黄色の箱に入れ替える。

再び太郎くんに部屋に入ってもらい、
「さあ、ドーナッツを食べていいよ」といったとき、
太郎くんはどの色の箱を開けるだろうか?

大抵の場合、その状況を全て知っている人なら、
太郎くんが赤箱を開けるだろうとすぐに答えるでしょう。

ただ、この状況をおよそ3歳以下の子供にみせると、
太郎くんは黄色の箱を開ける、と答えるのだそうで。

3歳以下とそれより上の年齢の人の認識の違いは、
太郎くんの立場になって考えることができるかどうか、
ということなんだけど、通常はこの“他人の気持ち”を
状況から考えたり判断したりできるようになるんですな。

これが犬や猫や猿にもできる認識なのかわからないけど、
おそらく人が持つ最も基本的な認知能力のひとつでしょう。

でも、それができるにも関わらず、
どうも人は、それをあえて避けようとすることがある。

つまり、相手の立場になって考えることができるのに、
それをしようとしない、ということ。

その理由としては、それをすることで
自分自身が窮地に陥る危険があるというのが最も大きいか。
理由としては安直、単純です。

でも、人間社会では、自分より他人の立場を考えて
行動しなければならないケースの方が多いんじゃないか。

実際、多くの人はそう行動していると思うし、
そうでなければ世の中荒廃の一途だろうとも思うわけで。

でもね、一番それをしなきゃいけない立場の人が
堂々と自己中心的に行動している絵を最近よく見受ける。

その立場の人、ええ、政治家ですよ。

何かといろいろ隠し立てする昔の政治家の方が良かった
などというつもりは毛頭ありませんけど、
堂々とそれをいっちゃったり、やっちゃったりするあたり、
悪気すらないんじゃないかってことで、逆にタチが悪い。

あえて言おう。今の政治家は、3歳児以下ですよ?

国会をタテに堂々とケンカしてるとか、どうなんですか。

いや、誰とはいいませんがね、特にあの3バカ。
……あれ、いっちゃった。


100均でUSB充電ケーブルを購入。
最近はこんなものまで100均で売ってるんですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »