« 尖閣事件ビデオの件 | Main | お前はもう… »

November 07, 2010

雑記(11月号)

最近、自分のやりたいことがよくわからん。


○仕事の話。

私はフリーの技術者なんてやってるわけですが、
最近その仕事を探してる中で何となく感じたことは、
どうも両極端だなぁということ。

技術者がいない現場といる現場、ね。

技術者がいないところは、
まともな技術者が少なく、全体的に人手自も足りてなくて
少しでも技術力があるならきてくれみたいな状態。

技術者がいるところは、
必要な技術力は既に確保済みで、それ以上は
今後の展開を考えて相当の手練を求めてる感じ。

実際、前者がなぜそういう状況になってるかを考えると
個人的にもあんまりそういう仕事は引き受けたくないし、
だから人がいなくなってるってことなんでしょうけどね。

で、業種で見ると、
前者はおよそ金融系の業務システム開発が多くて、
後者はおよそエンターテインメント系のシステムが多い。

まぁ、世の中の流れがそんな感じですね。


○褒めた後で否定する米国人。褒めも貶しもしない日本人。

アメリカのTVドラマとか見てると
「それは素晴らしいですね!」「この点は良いですね!」
と賞賛した後で、同じものを
「でも、私には必要ないものです」「私にはもっと良い案がある」
という感じで否定する表現がよくある。

ドラマだけなのか、実際よくあることなのかわからないけど、
日本人はそのどちらもやらないなぁと思ったり。

仮に、それがバカバカしい、くだらない、不要だと思ったら、
そんなもの最初から無関心だし、まして褒めたりもしない。
ただ、それを特別否定もしない。

それでもあえて意見や感想を求められると、
「良い意味で」とか「悪くはないけど」みたいな前置きをして、
それに対する否定的な見解を述べる。

良い悪いは別にして、これも文化の違いなんですねー。
(↑ほら、これ)


○なぜ、ヒューマノイドを求めるのか。

近年、ロボットの開発が凄い急ピッチで進んでますよね。

ロボットの定義というのも諸説あるんだけど、
「自律的に動作する機械」というのが私個人的なイメージかな。

それらは、それぞれある目的があって造られてるんだけど、
それが明確なのは産業用ロボット。

そうしたロボットは、例えばアーム部分だけあれば用が足りる。

ただ、最近流行ってきてるのはそういうのではなく、
人間の形をしたロボット、ヒューマノイドといわれてるやつですね。

例えば、介護ロボットなんかを考えると
これも要介護者を補助するアームと移動する為の車輪があれば
機能的な要件は満たしている。

そこに本来の目的には不要な、人間に模した頭部をつけたり、
移動するのも車輪ではなく二足歩行にしようとしたり、
あと、自然言語で指示命令(会話)できるようにしてみたり、
ぶっちゃけ“余計なもの”をつけようとしてるんですよね。

研究者や技術者の趣味、といってしまえばそれまでだけど。

私は、そういう“余計なもの”は必要だと思うんですよね。
それって、つまり“ロボットをより人に近づけたい”ってことでしょう。

人に近づけるというのは、ロボットそれ自体を人間っぽくする、
ということと、人がロボットに親近感を持てるようする、という
2つの意味があるんじゃないか。

哲学的なことをいうと、人間が人間らしいものをつくろうとする
というのは、実は自然なことかもしれないな、と思ったり。


○信頼。

今、本当に信用、信頼のおけるものって、何かありますか?

と聞かれて、即答できる人は幸せだと思う。

ただ、それはその信頼を裏切られたときの絶望と背中合わせ
という危険性も同時にあるんだよね。

でも、ある程度何かに信頼を寄せていないと
世の中なんてのは生きて行かれないというのも現実で、
そこで本当に信頼できる、それに値すると思えるものがある
というのは、ちょっと羨ましい。


○千両みかん。

最近、それってそんなに価値のあるものか?
と思えるものに異常な価値がつけられてることが多い気がするし、
その逆もまたよくあったりする。

私の価値観が世の中とズレてるのか。

しかし、ものの価値なんてのは大体多数決で決まるわけで、
それが市場原理ってことなんでしょう。

その市場を先読みするのは、ある種の博打。

大きな価値があると思ったそれは、
実は“ただのみかん”かもしれない。


○続・尖閣ビデオのこと。

今回の映像流出の騒ぎで思ったんだけど、
あれって、別に機密情報なんかではないんじゃないか?と。

例えば、民間人があのへんに船を出して
そこでカメラを構えてたりしちゃいけないんですかね?

「撮影禁止」みたいな立て看板とかないですよね。

いや、つまりね、ああした映像は
海保なり国交省の公式サイトとかで自由に閲覧できる形で
常に公開されてても良いものに思えてきたのよね。

国会の録画みたいな感じで。

てか、今の騒ぎっていろいろ論点がズレてる気がする。
(いや、私の観点がズレてるのか)


ガッと書いたけど、それぞれ1エントリにしても良い気がした。
まいっか。

|

« 尖閣事件ビデオの件 | Main | お前はもう… »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/49963281

Listed below are links to weblogs that reference 雑記(11月号):

« 尖閣事件ビデオの件 | Main | お前はもう… »