« July 2010 | Main | September 2010 »

August 27, 2010

雑記(8月号)その2

連投だけど、備忘として記しときます。


○熱中症

この暑さ続きで流行ってるみたいだけど、
患者本人はそれほど辛くないんだそうで。

ふっと倒れる感じでしょうか。

何でも年寄りになるほど暑さを感じなくなるんだそうで、
そうなるとエアコンも寒く感じて切ってしまって
そのまま室内で熱中症という人も多いんだとか。

年寄りは我慢強いんだなぁ、と思ってたんだけど、
実は、我慢してるわけじゃなかったのね。

とにかく水分を取ることが大事。


○接近音

トヨタ自動車、3代目プリウス用「車両接近通報装置」を発売
(www2.toyota.co.jp)

せっかく静かに走れるようになった車から
わざわざ騒音を出すというのも滑稽に思えるんだけど。

こんな音なら、京急の磁励音とかの方が楽しいよ。 >> 参考

電動機の音にこだわらないなら、豆腐屋のアレでも。

ちなみに、うちの実家は昔、豆腐屋だったらしい。
子供の頃、近所の婆さんに「ああ、豆腐屋のとこの子か」
といわれたものです。

…どうでもいいですね。

接近音付きプリウスは、今月末から店に出るようです。


○株価

下げ止まりませんね。
今日も、戻したとはいえ、まだ9000円割れです。

実は、株や債権のある指標(日経平均とかTOPIXとか)が
これだけ変化すると、この銘柄ならこれだけ振れる、
という予測計算式があります。

その公式を使って、投資家が管理するポートフォリオの
将来の変化を予想するソフトを以前つくってました。

そのテストで、まさかあり得ないだろうと思いながら
日経平均を8000円にしてみたりとかやってたんだけど、
何だか最近の流れから、あり得そうな気もしてきた。

そのポートの損益は、個人なら破産確定の数字でしたけどね。

政治は何もしてくれないし、誰を代表にするだしないだ
と、そんな話ばかりで、政治も経済も放ったらかしだもんね。

こんなときに、誰も投資なんかしませんよ…。


○ところで…

今さらながら、東京やその周辺の人々のスルー力はすごいと思った。

今日、帰りの電車で、(多分何かご病気なのだと思うけど)
意味不明な歌というか奇声を発しながら踊ってる乗客がいたんだけど、
車内の乗客全員が、涼しい顔で華麗に無視なんですよね。

そういう人ってたまにいるんだけど、気づいても、チラっと見る程度で
あとは特に気にも留めず、雑誌や新聞を読むなり携帯をいじるなり
速やかに各自の作業に戻る。

まぁ、どうしろというのはないんだけど、
うちの実家近辺の人なら、そんな人がいたら、きっと絡みます。

みんな、本当に気にしてないのか、
気にしてないフリをしてるだけなのか。

私は後者なんですがね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

地獄が見える…

民主・小沢氏が代表選出馬表明、鳩山氏支持
(yomiuri.co.jp)

ばかなの?しぬの?

3ヶ月前に責任とって幹事長辞めたんじゃなかったの?
クリーンな民主党を目指すのではなかったの?
首相がコロコロ変わるのを批判してた党はどこだっけ?
そんな党が、まだ1年そこそこで3人目の代表ってどうなの?
起訴の可能性がある人が代表、ひいては首相ってどうなの?
首相になったら実質起訴できなくなるのはいいの?
もしかしてそれ狙ってる?
国民の7割以上が反オザワなのに、首相っておかしくない?

…まだまだいっぱい突っ込みたいけど、止まらなくなるので。

ここでもずっと書いてたことだけど、
認識し得る限りで、私が最も嫌いな政治家は小沢一郎氏です。

何が嫌いって、あのおっさん、態度デカ過ぎ。

特に何か政治家として偉大なことをやったわけでもなく、
むしろ犯罪者じゃないかと思われることばかりやってた人間が、
何であんなにエラそうにものをいうのか。

あれは最早、ヤ○ザですよ。

発言はいつも上から目線だし
彼が首相になったら、まさに独裁政権になる気しかしない。

だから菅氏が良いというわけじゃないですがね。
菅氏や鳩氏は、良い悪いは別として弱腰なところがあるので
立場が悪くなってくると、引っ込むんですよね。

そもそも、場当たり的なことを軽々しくいうことが問題なんですが。

オザワ氏もそのへんは同じなんだけど、
彼の場合は引っ込まないで、むしろ逆ギレしたりするから
余計タチが悪い。

最近の例でいえば、昨年末にあった
天皇と中国の副主席との会談の無理やり設定の一件。

慣例無視で「天皇なら会うっていうよ」とか勝手に決めつけ、
それに批判的だった宮内庁の役人に「辞めるべき」発言。

自分が一番偉いのだ、とでも思ってるんだろうか。
どうも、自分はもっと上にいく人間だと思ってる感がある。

彼は、若いうちから田中角栄氏に可愛がられていて
そのまま出世街道と思い込んでたら、不意に党から追い出され
以来、自民党への恨みだけで動いてる気がするのよね。

だから、昨年の政権交代も、それ自体が目的で
政治なんかどうでも良いという風に見えて仕方がない。

だって、どう考えても実現不可能、財源不足な政策ばかり
マニフェストにあれだけ並べて、なりふり構わずでやってたもの。
あれは九分九厘無理だとわかってながらやった確信犯ですよ。

そして、自民党を凹ますためなら、悪魔(中国)の手でも借りると。

どっちが利用されてるんだかわからないけど、
いずれにしろ、もし彼が首相になるなんて事態になったら
シャレにならない、悪い予感しかしません。

…といって、では菅氏か?というと、それも何とも。


「白河の、清き流れにすみかねて、元のにごりの田沼恋しき」

今の場合、これで清くないんだから救いがないって話。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 24, 2010

円高?

もう、これは政府が誘導しているとしか…。

首相・財務相が相次ぎ円高けん制、具体策なく進行止まらず
(jp.reuters.com)

おとといくらいまで1ドル85円台をうろうろしてたのが、
今日に来て84円、83円と、どんどん円高が進んでます。

円高というと、円の通貨価値が上がってるということだけど、
だから日本の経済が評価されているということではない。

米ドル、ユーロをはじめ、人民元まで主な国の通貨価値が
この不況でどんどん下がっているので、
周囲と比べて相対的に円の通貨価値が上がってるという話。

日本経済はボロボロなのに、
何でその通貨価値が上がっているのか不思議ですよね。

円が評価されているのは良いことじゃないか?
というのは誤解で、その証拠に日本の代表経済指標である
日経平均株価は、このところどんどん下落してます。

日経平均というのは、東証一部に上場している企業のうち
日経新聞社がその中から代表的な225銘柄を選定して、
その株価の平均値を算出した数値。

それが下がり続けているということは、それら銘柄の価値、
即ち日本経済の評価が下がり続けているということ。


実は、経済が不景気に陥って何が一番問題かというと、
端的にいえばモノが売れないってことです。

売れないモノを売れるようにする一番手っ取り早い方法は、
売り物を安くすること。

ここで、対外的な商売、つまり輸出について考えると
通貨価値というのは重要なファクターになる。

通貨価値が下がれば、自動的に輸出品の価格も下がるので
ものを外に向けて売りやすくなるけど、
通貨価値が上がると、逆に輸出品の価格も上がることになり、
結果的に売れにくくなる。

かつ、海外での売り上げを自国通貨に換算したときの
為替差損というのもあるので、二重でアイタタッな状況になる。

例えば、よく引き合いに出てくるトヨタ自動車の場合、
1円円高に振れると300億円以上の損失が出るといわれてますね。

これはトヨタだけの話じゃない。

さらに、そういう企業が凹んで困るのはその企業だけじゃなく、
その下請け、孫請けをしている周辺企業にも影響するし、
当然それらの企業の雇用にも響いてくる。

(…という話は社会科で習う内容ですね。一応フリとして)


でね、問題はここから。

不景気なのは、もうこの際仕方ないです。
仕方なくはないけど、世界的にみんな苦しんでるわけだから、
日本人としても何とか頑張っていくしかない。

あと、この期に及んで日本政府や日銀が無策なのも、
まぁ千歩、万歩譲ってしょうがないとしましょう。

酷いのは、昨日、そして今日の政府関係者の言動ですよ。

これはさすがにどの新聞、局でも報道されてたけど
首相と日銀総裁が、この経済状況について電話会談した、と。

まず、この緊急事態に、直接会談ではなく、電話会談。
それも酷いのに、たった15分の話で終わり、
首相と日銀総裁が話し合った結果が、何の対策もなし。

そのことを、官房長官はぼかしもせず
キッパリと「(対策など)そういう話はなかった」と言い切った。

これに追い討ちをかけるように、
今日、財務大臣がこの経済状況をみて“緊急会見”を開いて
「見守ります」発言。対策については「コメントしません」と。

それなら会見とか開くなよ!…と、誰もが突っ込んだのでは。

あと、これは局や新聞によっては出てこないかもだけど
キャミソール経済担当相もコメントを求められアタフタ発言してる。
(テレ朝はやってた)

もうね、アボガド。

無策もマズいけど、これはもっとマズいでしょう。

緊急的に会談するというなら、結果を出さないと。
緊急的に会見するなら、相当の対策を発表しないと。

いずれも、一介の記者とかコメンテータとかの言動ではなく、
仮にも日本政府の経済政策をしきるトップ(認めたくないが)が
やらかしたのだから始末に悪いです。

本来、経済を立て直すべき立場にある人たちが、
逆に経済を崩壊させてどうするんだって話ですよ。

現状、実質ゼロ金利で、日銀が手を出せる余地も限られる
という話もわからないではない。

あと打てるカンフル剤は政府の為替介入しかないんだけど、
それも将来的には評価損を生む可能性が高いし、
対外的な摩擦も生むだろうから、安易に手をつけられない。
それも理解できない話じゃない。

ただ、今ここでトップがあの言動、というのは……。

結局、政府が公然と「我々は何もしません」っていってるのと
同じことですからね。

この際、彼らが本当は何を考えているかということは関係なく
市場がそう振れる誘導をしたという事実は変わらない。

もう、ただの失策とか政治下手とかいうレベルを通り越して、
意図的に国を売っているとしか思えなくなってきた。

NY市場や欧州でも軒並み下げてはいるけど
少なくとも政治は、そこに日本ほど無策ではないですからね。

今の与党は、むしろ本当にバカの集団であって欲しいかも。
…いや、バカじゃ困るけど。


確定事項としては、オザワが首相というのは非常に困る。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

科学はムダ

ちょっと思ったのだけど。

最近、様々な機械が、特に携帯やPC等の電子機器なんだけど、
急速に小型化してますよね。

それは、その中の半導体を使った回路の高密度集積化、
回路の効率化や素子そのものの小型化が進んでいるから。

回路が小さくできれば、それだけ電子の移動距離が減るので、
より低い抵抗、より短時間で処理を進めることができる。

電子回路というのは、結局ビット演算を行う装置であって
要は、1か0か、電子が通るか通らないかのゲートの集まり。

この装置を、究極的に果たしてどこまで小型化できるか?
と考えたとき、1と0の状態を表現できる物理的最小は何か、
という話になってくるのであって、物理的最小単位となると、
それは、現実的には原子だろう、と。

実は、その原子を叩き壊せば、陽子や中性子、そして電子、
さらに中間子やクォーク、レプトンなど、もっといろいろな
いわゆる素粒子が出てくるんだけど、そこまで持っていくには
莫大なエネルギーが必要になってくるので、非現実的。

だからって、原子1個でゲートの役割を担わせることが
果たして現実的かという話もあるけど、不可能じゃなかろうと
かのファインマン先生もおっしゃっておられました。

で、そこまで小型化して、一体何を計算させたいんだと。

今、人間社会で、電子回路は様々な機械の心臓部として、
というか、頭脳としてその役割を担っている。

エアコンや冷蔵庫、炊飯器、映像機器といった家電は当然、
電力や水道、電車やバスといったインフラを制御してるのも
今はほとんどコンピュータを使ったシステムです。

つまり、人がより良く、より楽に暮らすための計算をさせたい。

そのために、より高速で、より小型な計算機をつくりたい。

その究極が原子。

ところで、良く考えたら、そもそも私たち人間それ自身は
その原子でできているじゃないか。

というより、人間だけでなくて、その他の動物から植物、
有機物、無機物関係なく、みんな原子でできている。

結局、その原子の塊の営みが、自然そのものじゃないか。

何も私たちが苦労して原子でビット演算をするような
電子回路を組まなくとも、最初から原子で動いてるじゃないか。

結局、ニュートンが、リンゴが木から落ちることに勘を得て
万有引力の法則なんて見つけなくても、
リンゴが上から下へ落ちるということそれ自体が真理であって、
それをわざわざ別の言い回しで説明する必要もあるまい。

それが太陽と地球の運動の関係とつながっていることに
気づこうが気づくまいが、地球も太陽もそう動いているのだ。

…と考えると、科学とは壮大なムダ話ということになる。

実際そうだとは思うんだけど、しかしね、
その原子でできた一種の演算装置ともいえる人間自身が
そうして自然についてアレコレと理屈をこねる、ということも
ひとつの真理なんですな。

その考える理由も、
自分たちの生活を豊かにするためという現実的な方向と、
より多くを知りたいという好奇心によるものの2つがある。

そのどちらが先か後かは定かじゃないけど、
次の世代をより豊かにする原動力となるのは後者でしょう。

今はムダに思える知識や技術も、
次の世代では実用化して、そのうち必需になるというのは、
コンピュータゲームで遊んでたかつての子供たちが
今の社会のメインでコンピュータを駆使して活躍している
というあたりからも見ることができるんじゃないか。
(まぁ、それはやや我々世代の偏見かもしれないけど)

そういう好奇心からの探求は、科学の原動力でもあり、
人間にとっても断じてムダじゃないのですよ。

やっぱり事業仕分けは思慮がない人がやっちゃいかん。


…みたいなことを、仕事中にiPhoneの紹介サイトとか
こそこそ見ながら思うのでした。

何か、iPhone が docomoでも使えるようになるらしいすね。
私は au by KDDI だけどネッ!

仕事しろ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2010

テレビのいうこと

帰省中、墓参りと法事以外は、
ずっとうちに篭って高校野球を見ていました。

アツいっすね。いろんな意味で。

そんな試合を見ながら、
あーそこはストレートで勝負するところだろう!とか、
1塁が空いてるんだからボールで攻ればいい!とか、
そこはスクイズよりも振らせた方が面白いだろう!とか、
いろいろ文句が出てしまうんだけど、ちょっとマテ。

私って、そんなに野球通だったか?と。

別に昔野球部だったわけでもなく、プロでもOBでもなく
特に解説書とかノウハウ本とか読んだわけでもないのに、
テレビで試合を見ながら、利口げに忠告じみたことをいう。

むしろ、3年間(おそらくもっと)ずっと野球に没頭してきた
高校球児たちやその監督の方が、素人の私なんかより
ずっと野球というものを知ってるでしょう。

それでも、シロウトが、ある種“上から目線”で
彼らに対して、忠告なり助言めいた注文なり文句をつける。

まぁ、それも野球観戦の楽しみ方のひとつなんですが、
それをして楽しいというのは、
そういうことをいうこと自体に快感があるってことでしょう。

考えてみれば、自分自身はその分野について
プロでもなく、専門家でもなく、知識もあまりないにも関わらず
いろんなことについて評価したりケチつけたりする場面って
結構あるなぁと思う。

スポーツもだし、政治や経済みたいな話なんか特に。

ただ、いずれも、独り言であるうちは人畜無害でしょう。
なので、今後もどんどん好き勝手いうことにしてますが。

問題なのは、それが独り言にならない
テレビとか新聞などマスコミなんかのメディア。

ある一人のコメンテータの意見が、メディアを通すことで
一気に不特定多数の読者、視聴者に伝わる。

そしてそこで語られる内容というのは、
正しいという保証はないのに、影響力だけはすごく大きい。

本質的には、家でテレビをみながら文句つけてる
主婦やオヤジの独り言なんかとかわらないのに、
テレビで喋ってる人の意見は確かだと思い込んでしまう。

読者や視聴者みんながそうじゃないとは思うんだけど、
そういう人が多数派であることは確かでしょう。

人は基本的に考えるのを面倒くさがりますからね。
ホラ、テレビもああいってるでしょ。その通りじゃないの。
って、そう思ってしまうのが楽で良い。

イタダケナイ話だけど、どうしようもない。

実際、世情を知る情報源は、事実上マスコミしかないしね。
いろんなものがIT化してネットがこれだけ普及してきても、
テレビの影響力には到底及んでいないし。


あと、相模負けるし。でも、頑張ったよね。

それにしても今回の大会は、2桁得点の試合が多かった。
それと、ユニフォームのアンダーが妙にツヤツヤしてたのも
微妙に気になった。あれって、いつ頃からなのかな。

良く汗を吸うんだろうか。

そういう情報は欲しいのに、私がみた中継では
あのユニフォームに触れられることは一度もなかったの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2010

韓国人が理解できないという話

産経新聞にいろいろなコラムニストが屁理屈(!)をこねる
「正論」というコーナーがあるんですが、今朝はこれでした。

【正論】日本がハングルを学校で教えた
(sankei.jp.msn.com)

この藤岡さんという先生がどれだけ右寄りな人か知らないけど、
それにしても、ここに書かれていることが全て事実だとするなら
日本は韓国に対して悪事ばかり働いてきたってわけじゃなさげ?
と思えるんだけど。

まず、日清戦争の主目的は朝鮮の清朝からの独立だったこと。
その当時の韓国王朝の統治、内政は悲惨なものであったこと。
放っておいたらロシアの植民地になっていたであろうこと。
漢文中心だった韓国にハングルを広めたのは日本だったこと。
米の収穫量を引き上げ、半島の飢餓を根絶したこと。
ダムや鉄道などの近代技術を朝鮮半島に導入したこと。

前半部分は、日本のご都合という理由も大いにあると思うけど、
後半の韓国、朝鮮への投資は、それなりに…というか、かなり
半島にとって恩恵があったのではないか。

日韓併合は、日本による植民地化だといわれているけど、
国際的な条約締結の上での合法的なものだった、という話で
これは他国の一方的、強制的な植民地化とは別物である、
というような主張もありますね(確かこれが日本側の見解)。

おそらく日本の本音は、中国(清国)やロシアとの攻防で
朝鮮半島は要となる場所で、そこを中露いずれかにとられると
国防上あまり嬉しくない状況になる、というところでしょう。

ただ、理由はそうであっても、いわゆる共生関係というか、
日本の壁となる代わりに、中国やロシアの侵攻を退けられて、
かつ、日本から多くの技術なり資金が得られたのだから
お互い様だったんじゃないのかなぁ、と。

そうして見ると、どうして韓国人は
あんなに日本を敵対視してるのかがよくわからないのよね。

歴史的にみて、中国とは、確かに日清戦争にはじまり、
以来ずっと日本とやり合ってるイメージがあるので
中国人が日本を嫌うというのは何となく理解できる。

わからないのは韓国人。

戦時中、慰安婦にされて酷い目にあったという話もあるけど、
中国や東南アジアで日本軍がやった(とされている)ような
人体実験とか虐殺とかもないですよね。

朝鮮が南北に別れたのも日本のせいだ、という人もいるけど、
半島を分割支配したのはアメリカとソ連じゃなかったか。

これは私の感覚的なものかもしれないんだけど、
中国の場合は、国家が国策として国民を反日に向けている、
という風に見えるんだけど、一方で
韓国の場合は、国民が自発的に反日感情を持っている、
という風に見える。

もちろん、そんな国民の国家なんだから
結果的に反日的な政策をとることになってるんでしょうけど。

中国は、あれだけの広大な国土と多様な民族を抱えて
あれがひとつにまとまってるのも不思議なくらいの国なので、
国策として仮想敵国をつくれば国民感情を統率できる、という
ある意味わかりやすい打算が見える。

他方、韓国が日本に敵対しなければならない理由って
特にない気がするんですよね。

純粋に感情の問題か。

とするなら、やっぱりそんなに嫌われるだけのことを
過去、日本は韓国に対してやったということになる。
何もしてないのに、ここまで嫌われるはずないし。

軍事や経済上の優劣位に対する僻みでないなら、ね。

韓国人は、日本人は韓国の過去について知らな過ぎる
と、よくいうんだけど、その通り。確かに知りません。

でも、それを知ったからといって
韓国人の日本人嫌いは解消しますかね?

いくら謝っても、いくら賠償しても一向に落ち着かない。
せっかく国同士が適当な落とし所に解決を見ているのに、
ちょっとしたきっかけで韓国世論が問題を蒸し返す。

その問題というのも、慰安婦だったウチのばあちゃんが
酷いことされたんだみたいな話しか出てこないし、
「土地や言葉を奪った」などという首相談話にあった話も
それってここまで引きずる問題か?と正直思うし。

こういう私みたいな認識が
「理解してない」と怒られる要因なんですかね。


んー。

ところで、日本で一番有名な韓国人はヨン様らしいですが、
韓国で一番有名な日本人は伊藤博文らしいですね。

そういえば、伊藤博文は日韓併合に反対してたんだっけ。

…であるにしても、
このお互いに対する認識の差はどうなんですか。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

August 15, 2010

法事とか

帰省中であります。

今夏は祖母の初盆なのだけど、
坊主がうちにくるわけじゃなくて、該当者が寺に出向いて、
そこで合同法要するという形になってました。

あと、寺の定時の鐘突きも最近は自動化されていて、
時間が来ると、タイマで自動的に機械が鐘を突くんですね。

鐘突き堂の傍で携帯電話で話をしてたオジサンがいて、
誰もいないのに急に鐘が鳴るもんだから、飛び上がって驚いてた。

お寺も、最近は合理化されてるんですな。

私自身は無宗教、無信仰なので、
そういう宗教的な儀式なんてのはそもそも形式だけのもので
その形式を省略するようになってしまったら終わりだろう?
と思ってたのだけど、信仰する者にしてみれば違うんですね。

うちは曹洞宗とのことで、まぁ仏教なんですが、
人が亡くなったときにやるべきこと、その段取りというのが
あらかじめ決まってるんですよね。

家族が亡くなったら、通夜で葬儀、四十九日後に法事やって、
1年後は一周忌、初盆、2年後は三回忌という法要をやるんだ
ということになってる。

そんなの実際的には何の意味もないし、ただ面倒くさいもの、
私自身はそんな思いしか持ってなかったんですが、
実際身近な人(祖母)が亡くなって、そういう仏教の段取りを
形式的にでも忙しくやってる両親や親戚の様子を見ていて、
ああ、そういうことなのかと、妙な納得をしたんですよね。

というか、私も当事者なんですが、自分を客観視はできないので。

どういうことかというと、
誰か身近な人、例えば親や兄弟、或いは子息などが死んだとき、
そこで何もやるべきことがないと、人はただ悲しみに暮れるしかない。

心が弱い人だと、そのまま何日もその悲しみに捕らわれて、
身近な人を失ったという心の空洞のような部分を埋められないまま
下手をすると何も手につかないような状況になるかもしれない。

そこで、その死者の霊と対話することができるという儀式があって、
こうすることで、あの世へ行く前にいろいろ準備を整えられて、
これで恙無く成仏させてあげられるのだ、というようなものがあると、
家族としてそのくらいはしてあげないとね、ということになる。

亡くなって四十九日の後は100日目で何かやるとか、
お寺とのそういう段取りのやりとりが1年くらい続くんですよね。

婆さんの為とはいえ、ぶっちゃけすこぶる面倒くさい。

でも、それをやることで、それをやっているうちに、
段々気持ちの整理というのがついてくる。

まず身近な人が亡くなったという事実を受け入れて、
その人はあの世へ行かなければならないので、その準備をして、
実際に旅立つ見送りをして、お盆などにはまた帰ってくるのだ、
みたいなことが形の上だけでもあれば、不思議と落ち着く。

結局、法要などの宗教的な儀式って、死者の霊の為といいつつ、
実際は生きてる人の気持ちの整理をつける為のもので、
そうして考えてみると、死者や先祖が云々という議論の多くは、
実のところ、生きてる自分たちが納得する為のものなのよね。

法事も、墓参りも、いろんな慰霊碑みたいなものを祭るのも
みんな同じ理由でしょう。

これは仏教に限らず、他の宗教でもきっとそうだろうし、
普段は無宗教な人(私とか)であっても、いざ当事者になったら
途端に宗教の儀式がリアルに生活に割り込んでくるというのは、
客観的に見ると異様だけど、ごく一般的なことになってる。

儀式は面倒だけど、あんまり軽過ぎるのも気持ちが入らないし、
ある程度義務的に、形式的に、面倒くさいものをこなす
という過程があることで、気持ちに一区切りつくってことですね。


とはいえ、お寺のボッタクリ感は否めないんですが。

法事や鐘突きまで合理化してるんだから、
そのへん包む金額にもうちょっと反映されても良いと思うんだけど、
そこは昔からずっと同じ定価なんすよね。

実は、不景気でも毎年確実にある平均的人数は死ぬわけで、
お寺って、その意味で安定収入な業種なのかも。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

August 13, 2010

首相談話

あの記憶を風化させるな、とか、
このことはずっと後世に伝えていかなければならない、とか
よくいわれるんだけど、歴史は意図的に記憶されるものではなく、
自然と残るものは残るし、忘れられるものは忘れられる。

でも、近年は何でもかんでもデータベース化されてるから、
単純な情報としての記憶自体はずっと残るのではないかな。


さて、菅首相が日韓併合から何年目だかの感想とかなんとかで、
夏休みの作文みたいなのを書いてましたね。

全文(といってもそんなに長くない)読んだんだけど、
新入社員の始末書というか、本当に小学生の作文みたいな内容で
ちょっと笑ってしまった。

結局のところ、ボクたちが悪かったです、ゴメンナサイ。
ってことしかいってない。終始。

韓国とか、中国もそうだけど、はなっから日本を敵対視してるわけで、
いくら謝罪しても、何かしら言いがかりつけてくるんです。

彼らは、そうするのがある種義務みたいなところがあるから。

だから、日本はコトを蒸し返したりせず黙ってるのが一番良いのに
何でわざわざ相手の言いがかりの材料になるような作文を出すのかと
不思議でしょうがない。

菅さんが個人的に謝るのは、もうナンボでも謝ってもらって良い。
でも、日本の政府として、日本国民を代表して謝ってるというのが
どうにも解せない。

だって、大多数の国民は、もう謝罪する必要なしって思ってる。
その総意があの作文?あり得ない。

というか、国民も出し抜かれたけど、
政府内ですら、しかも民主党内ですら合意がなかったという話で、
あの内容は、主に仙谷氏主導でつくられたとか。

これじゃ、小沢氏が鳩山氏を傀儡にしてたあの構図ですよ。
今は仙谷氏が菅氏を傀儡にしてる。

百歩譲って謝罪までは許すとしても、100%罪を認めちゃったら
その後に必ず出てくるのは補償の話で、要は金出せといってくる。

そして件の仙谷氏は、日韓個人補償についても前向きなようで、
ここまでくると、もはや日本政府として認められないレベル。

小沢鳩山のときは中国贔屓だったし、今度は韓国ですか。


あとね、自虐政府なのもそうだし、彼らの金銭感覚もかなりおかしい。

お金なんて、いくらでも国が出せば良いと思ってるようだけど、
国のお金は国民の税金であって、国民が支払ってるんだからね。

そりゃあキミたちは高額な議員報酬を貰ってるんだし、
多少税金が高くなっても、個人レベルでお金に困ることはないでしょう。

でも、一般市民は100円とか10円とかの節約に苦慮してるわけで、
そこらへんの事情すら、彼らは、ぬくぬくとソファに座って
おとぎ話の「マッチ売りの少女」でも読んでるような感覚なんでしょう。

ああ、かわいそうな子だなぁ。頑張ってね。で、おわり。

でも、税金を支払うのは、そのかわいそうな子たちなんです。
議員報酬だって、かわいそうな子たちが支払ってる税金です。

おととい、国の借金が900兆円を突破したといってたけど、
それは、国民一人あたり710万円の借金になるらしいですよ。

といっても、金銭感覚が狂ってるあの政権、あの党じゃ
せいぜい、おとぎ話を読んで、困ったね、心配だねっていうくらいで、
結局何もしないんでしょう。

お母様から、毎月1500万円お小遣いもらってた人もいるくらいだし!

これだけ火の車の財務状況なのに、
さらに歳出を増やすような政策ばっかり通そうとしてるし、
それに必要な財源確保の方は全くもって見通しが立ってないし、
自国が借金塗れなのに、さらに他国に戦後補償?あり得なくない?


…と、改めて考えても、あの首相談話の意味が全くわからんです。
少なくとも、日本にとっては百害あって一利無し。


あれは、一体どこの国の政府なんだろう。
ていうか、あの人たちは本当に日本人?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2010

雑記(8月号)

あれ?8月?嘘でしょ?


○日本が悪者

この時期になると、終戦何年目で云々などという話題が出始める。

日本がアジア諸国に侵略して現地の人々に酷いことをしてきた、
ということが事実なのは確かなんだろうけど、
それをいつまでも負い目に感じ続けている国は日本くらいかも。

過去、他国を侵略したり植民地化して好き勝手してきた国は、
ざっと歴史を眺めてみても日本だけではない。

現在“先進国”などと呼ばれている国々は、軒並みその前歴がある。

だから日本の行為が正当化されることにはならないけど、
いつまでもその罪を引きずって償うことを考えるのは不経済なことで、
要は、罪を認めたら、それを繰り返さないことが大切なんだと思う。


○北朝鮮

瀬戸際外交も尽きて、もう一触即発な雰囲気。

最近、あの国では麻酔なしの手術も常用されていると聞いて、
それだけで既に戦時中のような状況じゃないかと思ったり。
というか、手術すら受けられない人も多そう。

理不尽なのは、あの国にいくら人道支援しても、
それらの資金や物資は、本来行き渡るべき民間には行かず、
実際は全部、あの独裁政権の懐に入ってしまうだろうこと。

どうやったら、あの国(の国民)を救えるんだろう。

いっそのこと戦争になって、あの政権を倒して
暫定政府でもつくってしまった方が、あの国の国民にとっても
良いんじゃないかと、不謹慎なことも思ってしまう。


○大人になりたい

子供の頃は、しきりにそう思ったものだ。

大人になれば、お金も自由になるし、勉強もしなくていいし、
学校もテストもないし、プールもないし(私は泳げない!)、
夜遅くまでテレビ見てられるし、車とかも運転できるし、
好きなときに遠くに遊びに行けるし、ああ、何ていいこと尽くし!

…なんて思っていたのだけど。

確かにそれらは全部実現したんだけど、全然充実感がない。
それより何より厄介事や悩み事や面倒事ばかり増えて、
日々をそれらの問題解決に費やしている感じ。

子供の頃は、悩みなんて宿題とテストくらいなもんだったのに。
まぁ、それもそこそこ大変だったんだけど。

ああ、子供に戻りたい、と思うのは、ないものねだりか。
ただ、子供はそのうち大人になるけど、大人が子供に戻ることはない。

無情。


○それはできない

何かをすることが「できない」という場合、
物理的にそれを実現することができない、不可能、という場合と、
それは可能なのだけどしたくない、制約があるために控えるべき、
という2つの場合がある。

でも、実際にそれができるか否かを問われるような状況では、
多くの場合、その後者であるような気がする。

そもそも、不可能なことをできるかどうか問うような人は少ない。
その人にそれをすることが可能であると思われるのだけど、
実際にやるかどうか、その本人の意思を確認をする意味で
可否を問うケースが多いはず。

しかし、私の感覚だと、そこで否定応答が返ってくることが多い
と思うんだけど、それは思い込みなんだろうか。

ああ、ここぞというときに失敗する、あの法則か。


○外国人参政

実は初めて知ったのだけど、民主党員には外国人もいるらしい。
このことは民主党公式サイトにも堂々と書かれている。

なるほど。道理であんな法案を推進するわけだ。

今度、9月に民主党の代表選挙があるみたいなんだけど、
これが去年までなら、単に野党の代表選びということで
ぶっちゃけどうでも良かったのだけど、今年からは違う。

今の民主党は政権与党で、その代表は首相ということになる。
必ずしもそうとは決まってないらしいんだけど、
慣例で、政権与党の代表が首相になるものだから。

で、問題はその日本の首相選びに、外国人の党員が関われる
という事実。

このことを国民は知ってたのかな。

ちなみに、自民党と共産党は、党員となる条件として
日本国民であることを規定している。


○さて

今年は祖母の初盆なので、盆に帰省しなければならないのだけど、
いまだに何のチケットも取ってない。

どうするかなぁ。

飛行機か、電車か、バスか、車か。

価格はこの順で高額。
飛行機が最高で片道3万円強。電車が2万円弱。バスが1万円強。
車なら、深夜割引を利用すれば7千円+ガソリン代+体力。

久々に車でもいいか。

ただ、往路はある程度疲れてもいいんだけど、
復路は翌日仕事でサザエさんブルーも入ってダルさ全開になる。

ちなみに、ここ数年は、往路バス、復路飛行機というのが私の主流。
(上の理由による)


新横浜に住んでるのに新幹線を使わないあたりにはツッコミ無用。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »