« June 2010 | Main | August 2010 »

July 28, 2010

すみません、クサイです

今の職場の私の席の隣の隣に座ってる人が、
どうも、なんか、あのアレな感じなんです。

クサイの。

でも、そんなこと本人に面と向かって言えないですよね。
多分周囲の人もそのアレを感じつつ何もいえない。

おそらく長い付き合いで親しげにしてる人でさえ
そのことを口にできない(口にしていれば多少改善されるはず)
というところで、あんまり親しくもない私がいうのも…。

その匂いからして、雑巾のようなハーモニーになってるので
おそらく衣服を洗濯して、湿ったままの浴室かなんかに
干してるんだと思われるんですがね。

私もやっちゃったことがあって、浴室に部屋干しする場合、
浴室乾燥機などで室内を乾燥させてから干すべきで、
浴室の湿度が高いまま干しちゃうと、まさに雑巾臭くなる。

私のコナンくんインスピレーションだときっとそれなんだけど
「もしかして部屋干ししてません?」なんて唐突に指摘しちゃうと
それは暗に「お前クサイよ?」っていってることになるし。

回りくどい言い方をすると、本人がその真意に気づいたとき
直球でいうよりも余計ショックってこともあるよね。

十中八九、本人はそのことに気づいてないんだろう。
つまり、自分は臭くない、と思ってる。

気づいてたら直すよね?

なので、周囲にそう思われているということも知らないわけで、
その限りで彼自身は幸せなんでしょう。

そこで、実は臭い、という事実を突きつけてしまったら
そのこと自体ショックだろうし、周りにそう思われていたということも
さらにショックだろうし、遡って今までずっとそう思われていたのだ
という衝撃的事実まで知ることとなり、それはきっと不幸なはず。

事実を知らないことによる幸福もあるのだとするなら、
彼にはずっとそのことを伝えないまま(つまり、臭いまま)
これからも過ごしていってもらう方が良いのだろうか。

周囲はちょっと迷惑だけど。

ただ、その迷惑度がある水準を超えてくると、
環境の為にも、その場合は本人の為にも告知した方が良いか。


というか、最近ずっと天気が良いんだから日干しすればいいのに。

そんなどうでもいい話。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

July 21, 2010

教えて、先生

ボクの心の叫びを聞いてください。

今ね、何か特殊なドキュメントに書かれてるhostのドメイン名を
DNSに問い合わせて名前解決するプログラムを書いてるんだけど、
名前からIPを引くだけならgethostbynameでいけるんだけど、
TTLから有効期間まで計算して出して欲しいという要求があって
hostentに取れる情報だけじゃ足りないということがわかって、
WinならWin32 APIかCOMにライブラリがあった気がしたんだけど
Linux gccにそんなのないかなーとGoogle先生にいろいろ聞いても
なかなか思うような答えがなく、もうこの際nslookupとかdigとかを
systemで呼んでそのストリームを読むか?とも思ったけど、
そこは私のプログラマ魂が許さず、やっぱりsocketでやるぞ!と
覚悟を決めて、DNSのRFCを読んで、名前問い合わせデータの
パケットをゴリゴリつくってUDPで飛ばしてselectで応答を取って
半圧縮されてる応答データを解析するところまでつくって、
そういえばnameserverはresolv.confから取らないとなーと思って
そんなサンプル転がってないかなと「resolv.conf」で先生に聞いたら
Linuxで名前解決するresolverなるライブラリがあることを知る!!


…ていうか、何語だよ。


ここまでつくるのに丸2日はかかったんですが?

Google先生の有効性って、ホント聞き方で大きく変わりますね。

いや、出鱈目に聞いてもある程度の答えを返してくれるんですが、
ズバリ欲しい答えを返してもらうには、コツがいるってこと。

要は、真の答えを引き出すためのキーワードを知ってるかどうか。

コレです。まさに、カギとなる言葉です。

今回の私の場合、LinuxのC++で名前解決をしたいってことで
Linux、C++、ライブラリ、名前解決…みたいなキーワードで
検索かけてたんですが、出てくるのはnslookupとかdigなどの
コマンドの使い方とか、DNSサーバであるbindの情報とか、
そんなのはいっぱい出るんだけど、肝心のライブラリの情報がない。

で、今日、帰り間際に、resolv.confの読み方を聞いてみたら、
resolverの情報がトップでヒットしやがんの!

コレだよ!オレが2日前に欲しかったのコレだよ!
ていうか、今も欲しいんだけど。ていうかライブラリあるじゃん!
しかもLinux標準!オレの2日間を返せーッ。(半泣)

Linuxを知ってる人の間では常識的な知識かもしれませんが、
10年以上Windowsな私はそんなの知らないもん。

つくづく、キーワード重要。

それを知ってるか知らないかで、私の場合、工数が2人日違ったし。

でも、知らないものはしょうがない。

知ってる人に聞けば一番はやいんですけどね。
今周囲にいる人たちはJava天国なので、そんな低レベルな操作を
知ってる人がいないんです。

そんなときに、先生はかなり重要なツールになるわけで。


このキーワード検索時代、知識は広く浅くでも良いので
できるだけ多くのキーワードを知ってると有利ですね。


そんなことを痛感したこの数日。


チクショー。bearing

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 16, 2010

雑記(7月号)

湿度が高過ぎ。何かもう泳いでる感じ。


○中国人

最近、中国人らしき人をよく見ます。
いや、以前からだけど、以前にも増して多い感じ。

コンビニや定食屋とかの店員も中国人だし、
都内とか、そのへん歩いてる東洋人の半分くらいは
日本人じゃなくて中国人なんじゃね?って思ってしまう。

どうやらビザの発行条件が緩和されたということだし、
これからさらに増えるんだろうなぁ。

中華人民共和国日本自治区になるぞ?という話も
笑い話じゃない気がしてきた。


○RAKUTEN

三木谷さんとこの社内公用語が英語になるらしい。
それって、社内の会議とか打合せとか英語でやるってこと?

社員の多くが日本人じゃないということなら
まぁそれも良いのかもしれないんだけど、
そうじゃない場合、逆に仕事の効率が落ちないんだろうか。

楽天だけじゃなく、ユニクロとかもそんなこといってたし
今後そういう風潮になっていくのかな?

ところで、個人的に前からずっと思ってたんだけど、
それなら“楽天”って名前はどうなんだ?

最近、楽天向けのシステムをつくることがあったんだけど、
楽天API用の構造体に“rakutenRecord”とかネーミングしながら
ダサイなぁコレ…とか思ったり。。

そうだ、C言語が公用語ではダメですか。


○誰かのせい

トヨタ車の急加速事故原因は運転ミスの可能性
(jp.wsj.com)

GMや米車メーカーも何となく回復基調が見えてきたし
潮が引いたところで、事態収拾ってことですかね。

「ブレーキの使用形跡なし」、「エンジンのスロットル全開」って
運転ミスの可能性というか、どう見ても運転ミスじゃないですか。

この件に限らず、またこの国に限らずだけど、
人って、自分の不幸をまず他人のせいにしたがるよね。

トヨタの話じゃないんだけど、今日、とある定食屋で
店員に烈火のごとく文句をいってた客がいたんだけど、
何をそんなに怒ってるのかと聞き耳立ててみたら、
どうも食券の自販機の表示がわかりづらい!と怒ってる様子。

どうやら、ボタンを押し間違えて別のメニューが出てきて
お客さんお怒りモードのようで。

そりゃ万人にわかりやすい操作性じゃないかもしれないけど、
多くの客はそれで間違えないわけだから
この場合、8~9割方は押し間違えたアナタが悪いんでしょう。

自動車も、アクセルとブレーキを踏み間違えて事故るのは
多分メーカーのせいじゃない。


○Linux

個人の趣味では使ったこともあるOSだったけど、
今回、初めて本格的に仕事でLinuxのC++開発をしてます。

LinuxとかUNIX系OSといえば、ターミナルやPOSIXで
シェル操作とかするイメージだったんですが、
最近のX Windowのデスクトップはとてもキレイです。

私が使ってるのはGNOMEなんですが、
Windowsっぽい操作性でもフリーズとは無縁な感じというか
いろいろな動作が非常に軽いのが良い。

ちなみに、アプリが異常終了するときも
エラーダイアログとか一切出ないで、サクッと消えます!?

いやまぁ、それもどうなんだ?とは思いますが
あのOKボタンを押して強制終了するしかないダイアログって、
とても悔しい気分を掻き立てられるでしょ。

ちなみに、セキュリティ面でSELinuxがちょっとウザイけど、
最近はWindowsもUACが入って面倒くささは張ってきてるので
開発環境としては、むしろLinuxの方が操作性が良いかも。

ただ、マルチメディアの扱いは、Linuxじゃ弱い感じ。

てことで、個人PCのOSはやっぱり当面Windowsです。
いや、何よりニコ動が見えないとダメでしょう。そこは譲れん。


○あのしぐさ

女性が前を歩いてるとき、よく尻を撫でてるんです。

いや、違うよ。私が撫でてるんじゃないですよ。

その女性が。自分の尻を。

これが一人二人じゃなく、結構そういう人が多い。

多分、短いスカートがフワーッとなってアレなことになるのを
無意識に防御してるんだろうと思うんですけど。

でもこれが、スカートじゃないジーンズとかな人も、
結構同様なしぐさをするのよね。

あれって、癖になってるんだろうな。

夏場になると、女性は、見せたいのか見られたくないのか、
どっちなんだ?と問い詰めたくなる装いになるんだけど
とりあえず、風とかでアレな状態になるのがイヤなら、
最初から長めなスカートかズボンでもはけば良いのにね。

つまらんけど。


○新横は産経人気?

新横浜駅のNEWDAYSで、
どうも最近、産経新聞だけが売り切れてることが多い。

朝日とか読売とか他紙はたっぷりあるのに。

産経の人気が高いのか、置いてる部数が他紙より少ないのか。
でも、都内の駅に出ると産経も他紙も同じだけ置いてるんです。

新横の人は、産経をよく読むのかも?


別に、ひなちゃんが読みたいわけじゃないんだからねッ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2010

選挙で思ったこと

W杯終わってたよ?
何かそれどころじゃなかった感じ。


今回の参議院選挙の期間中、そして選挙を終えて、
いろいろ思ったこと、感じたことを断片的に記しておきます。


○初めての政権審判

民主党が政権取ってから、初の国民の評価を受ける選挙。

結果は、No!

「あんたらもダメじゃん」な感じ。

てか、クリーンで売るはずの民主党幹部が真っ黒けで、
これまで黒い黒いといわれてきた党、自民党の総裁が
今回一番クリーンなイメージだったというのも皮肉な話。


○争点?

マスコミが勝手に争点にしてしまった消費税。
結局これが今回の選挙が一番揺れる要因になったくさい。

本当はもっと争点にすべきものがあったと思うんだけど。

# ルー○ーの話とか。○ーピーの話とか。

とにかく、民主党は衆院選のとき、消費税は議論もしないよ?
といっていたのが、一転、10%に増やすよ?とか言い出して
この有様。あからさまな公約破棄だし、仕方ないでしょう。

結局、消費税反対票がみんなの党に食われた格好に。

今回は自民や野党が勝ったわけじゃなくて、民主党の自滅。
何かこんなんばっかり。


○消費税

ただ、消費税の増税そのものは、近いうちにきっと必要。

だって、社会保障費だけで毎年1兆円ずつ増えてるんです。
今は赤字国債に頼ってるけど、ずっとそれでは破綻の一途。
どこかでそれを補填する財源をつくらないといかん。

一番手っ取り早いのは、年金や健保の制度をやめちゃうこと。
それができないなら、どこかを増税するしかない。

直接税を増やすとインパクトがデカいから、
間接税で広く薄くという消費税が一番無難なところなんだけど、
何であるにせよ増税を歓迎する人はいません。

政治家の役割は、それが必要なんだということを
国民に理解させることなんだけど、それができてる政治家が
政権与党である民主党にはひとりもいません。

そりゃそうだ。去年まで反対してたしね。


○神奈川選挙区

私が一番嫌いな政治家は小沢一郎氏なんだけど、
その個人的ワーストランキングの次点か次々点に入るかどうか
ってほど嫌いなのが、今回我が選挙区で落選した現役法相。

なんであのオバハンが大臣とかやってるの?しかも法務?

とかずっと思ってたんですけど、遂にこの度落選に至り、
それが当然だよねーと思ってたら

【参院選】千葉法相続投 官房長官が方針を表明
(sankei.jp.msn.com)

あるぇー?

民意関係なしですか。これは酷い。


○ねじれ国会

どうやら野党はいずれも民主と連立組む気なしということで、
ほぼ“ねじれ”国会確定。

とにかく、バラマキ政策の数々と外国人参政権あたりは
すんなり通してもらっちゃ困るわけで、
そこの歯止めになるという意味で今回の結果は大きい。

しかしなぁ、自民党の麻生政権のとき、
エコポイント制度とか定額給付金とかを「バラマキだ!」
と非難轟々だったはずの民主党が、
それを何倍も上回るバラマキをはじめるんだもんね。

意味わからん。

少なくともエコポイントはかなり景気対策になってるけど
(非難してたハズの民主党も、やめないで続けてるしね)
子ども手当てとか高校無償化とかどうなんですか。

それらは、一時対策のエコポイントや定額給付金と違って
今後ずっとやっていく為の恒久財源が必要なんだけど、
その財源がどこから出てくるのか、いまだに全然見えない。

そこんとこ、今後国会でしっかり問い詰めてもらいたい。


○あと、、、

消費税がこんなに問題にならなければ
おそらく、というか確実に最大の争点になっていたはずの問題。

普天間飛行場の移設、どうすんの?

アメリカとの約束では、8月までに地元の同意を得て
場所や工法まで確定することになってるはずなんですが。

代表変わったからそんな約束知らんよ、で通すつもりかな。
あのオッサンならやりかねないから怖い。


○選挙特番

いろんな局のをコロコロ変えながら見てたけど、
テレ東のが個人的に一番面白かった。
去年の衆院選のときも、テレ東が良かった。

何というか、つくられてないグダグダ感が良い。

他の民放は、何となくある方向に誘導してる感がある。
というか、どうも確定的な物言いをする印象が。
まぁ、感じ方次第なんでしょうけど。

ちなみに、テレ東ってアニメのイメージ強いんだけど、
一応、日経新聞系なんですよね。


○ところで

仙谷由人氏(官房長官)と金正日氏(北朝鮮総書記)って
何か似てない?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 07, 2010

参院選公約検証

最近また政治ネタばっかりになって面白味がないすね。
…んまぁ、選挙前だし、仕方ないってことで。

参院選に向けて各党が公約(っぽいもの)を出してきたので、
ここでざっと個人的な観点の確認とかしてみたり。


○景気、経済

どの党もデフレ脱却ということはいってる。
デフレである、という認識は、さすがに全党一致している模様。

GDP成長については、各党からその目標数値が出てるけど、
民主党は名目で2%程度の成長と与党らしい守勢な数値。
自民は4%、公明は3~4%、国民新党は5%と高みを目指す。

が、正直このへんの数字はアテにならない。
それを具体的にどうやって実現しようとしているのか、
現実的なマイルストンが立てられているかどうかがキモ。

あと法人税。これも軒並み減税の方針が出てるけど、
数字を出してるのは、自民20%、新党改革25%、みんな20%。

社民は11%といってるけど、それは中小企業に限るとのことで
大企業に関しては増税を匂わせている。

共産は逆に法人税増税の方向か?ちょっとあり得ない。

ちなみに、現状の法人税は40%。

法人税の減税は長期的な景気高揚には効果的だけど、
それによって一時的に大きく税収が減るわけで、
そこををどうやって穴埋めするかの説明も欲しいところ。


○財政、消費税

民主は、菅氏が思いついたように10%に増税といい出した。
衆院選のときは、4年間消費税は議論しないといっていたのに。
その使い道も社会保障なのか景気対策なのかよくわからない。

自民も同じく10%。というか、民主がこれをパクった感。
谷垣氏は、これを社会保障費に充てるといっている。

新党改革は、2020年までに段階的に10%まで引き上げとのこと。
たちあがれ日本は、2012年から実質2%増(7%ってことか)。

それ以外の党は、消費税増税反対。

しかし、法人税など他の減税を謳いながら消費税も上げない
というのでは、どう考えても計算が合わない。

消費税増に言及しないところに関しては、
簡単な算数ができない党だと判断することにする。


○外交、安保

日米関係の重視度でいえば

自民>たち日>改革>>>みんな>>>>公明>>国民新

という感じか。自民が米国ラブなのは昔から。
そのスピンオフ政党も基本的に親米路線。

民主は、ようやく日米関係の大切さがわかってきたか?な感じ。
社民、共産に関しては、米国とかどうでも良い感じ。

とにかく、東アジアの軍事バランスが現状均衡しているのは
米国の役割がかなり大きいという認識がどれだけあるか。

キレイゴトじゃなく、現実的な政治、外交が求められるところ。


○社会保障

年金制度の見直しや、子供にかかる費用の手当てなど、
どの党も似たり寄ったり。

ただ、ここで突出した予算を割いているのが
何といっても民主の月額1万3千円+αの子ども手当て。

衆院選時に謳っていた2万6千円から半分になってるけど、
その額がいかにいい加減な計算だったかという証左。

あと、社民と共産はいろいろ夢を語っているけど
キミたちはそうやってずっと夢を見ていてください。

手厚い社会保障をやるには、それなりの財源が必要で、
ここは、その出所を明確に示せているかどうかがキモ。


○政治改革

その人数に差はあるけど、議員定数削減に言及しているのは
民主、自民、公明、改革、たち日、みんな。

社民と共産は定数削減に反対。国民新は言及なし。

社民、共産が反対するのは、減らされたら
自分たちの居場所がなくなっちゃうからでしょう。

ここは、定数削減をやるのは当然の方向で、
本当にやるかどうか、その本気度がどれだけかを見たい。


○憲法、参政権

憲法に関しては、特に第9条のあたりかと思うけど、
改憲方向なのが、自民、公明、改革、たち日、みんな。
護憲方向なのが、社民、共産、国民新。

民主は言及なしだけど、どちらかというと改憲でしょう。

個人的に、平和条項はそれなりに誇りではあると思うけど、
自衛隊とか防衛省とか、どう考えても憲法違反なわけで、
今後の国際協力への利便性も考えると、改憲は必要かな。

参政権、要は外国人参政権に関しては、
賛成なのが、公明、社民、共産。
反対なのが、自民、たち日、みんな。

民主は言及なしだけど、衆院選時にはしっかり賛成だった。
国民新も言及なしだけど、亀井氏の態度から反対でしょう。
改革は言及なし。どうでもいいのかな。

ここは、民主が賛成に回る党だということを考慮したい。

公明、社民、共産も賛成の立場であることを考えると、
民主がこの選挙で勝つようなことになった場合、
外国人参政権は衆参ストレートで通過できる事態となる!




以上を踏まえて、11日の選挙までに投票先を決めるとしよう。

# ちなみに、既に民主は選択肢にない!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 03, 2010

逃げカン

さらっと流されそうな話題だったけど、
今の菅首相、菅政権の本音が出たニュースがあったので。

菅首相、与野党9党首討論のテレビ出演拒否
「1対8なら吊るし上げになる」と逃げる

(sankei.jp.msn.com)

一応、新聞各社はこのことを報じてるみたいだけど、
やっぱり記事の端っこにチンマリと書かれてる感じ。

もし自民党政権だったときに首相がこんなこといったら、
どんだけ問題になったことか(マスコミ的に)。

おかしいなぁ。おかしいなぁ。


さて、記事中のカン氏のセリフ部分を抜粋します。

「最近、菅は『議論を避けている』と野党が言っているが、とんでもない。
いつでも1対1の真剣勝負ならやる。1対8の議論は議論ではない。
下手をすると吊るし上げになる」

翻訳します。

「最近、菅は『議論を避けている』と野党が言っているが、当たり前だ。
1対1だろうが1対8だろうが、議論とかしたら折角の支持率が下がってしまう。
下手をするとオレの正体がバレる」

これって、自分が何かいったらボロが出るんだということを
堂々と宣言してるようなものですよ。

野党は、当然ときの政権に批判的なことばかりいうもの。

でも、自分が信じる政策がしっかりあるのなら、
野党は納得させられなくても、国民にそれを訴えかけようと思うはず。

それができないということは、
政治家としてのそういう信念がないか、政策の根拠がないか、
そもそも政策そのものがない、政治やる気なしってことですよ。

結局、選挙が大事な民主党。


個人的に、消費税増税の議論は、今あっても良いと思います。

去年の衆院選で消費税は上げないといってたのは、
ただ単に自民党の政策に反対したかったからでしょう?

それも問題だけど、この際それは置いといても
カン氏の増税発言の本当の問題は、その根拠がないことです。

自民党もいろんな学者もみんな消費税増税は必要といってるし、
確かに財源ヤバイし、国民もそんなに抵抗なさそうだし、
増税しないといって増税したら選挙の後で鳩の二の舞だし、
とりあえず消費税上げるかもしんない、とかいっとくか。

とか、そんなところでしょう。

その消費税で何をやるのか、どういう計算でその税率なのか、
それをやった結果国民の生活はどう変化するのか、
そのへんの見通しや計画性が、おそらく彼にはほとんど無い。

だから、何か突っ込まれたら答えることができないか、
その場の思いつきで何か出任せをいうしかなく、
それだと、きっと失言するだろうから、議論自体したくないと。


カン氏がそういう人だということは大体分かってるんだけど、
選挙で投票する国民たちが果たしてこういうことを
ちゃんと認識できてるかどうかが、すごく不安。

このニュースも新聞の隅っこの記事だし、
ましてテレビとかじゃ放送すらされないからなぁ。


悪党政党も問題だけど、騙されやすい国民も問題。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2010

W杯

テニスも見てると寝不足です。
絶叫シャラポワ負けちゃったので、もういいんですが。
あ、ウィリアムズ姉も負けてましたね。


いえね、正直いって私はサッカーとかあんまり見ないんだけど
今回は世間やマスコミに扇動される形で結構見てしまいました。

私がこんなに見たのは、2002年の日韓大会以来かも。

日本戦以外も見られる試合は見てたんだけど、
サッカーはチームプレイ、チームワークが重要だといわれますが、
とはいえ、個人技が優れてる選手がいるチームは強い感じ。

素人目にも、見ていて楽しい。

今話題になってるアルゼンチンのメッシとか、安定感が違う。
彼がボールを持つと、ちょっとやそっとじゃ取られないのよね。
相手は3人とか4人とかで当たってきてるのに。

そのまま一人でゴール前までドリブルで切り込んでいって、
たちまちチャンスになる。

今大会でメッシ自身はシュートを決めてないようだけど、
メッシひとりに相手は3人4人とかかけてたりしてるので、
他の選手が手薄になって、その彼らが決めてる感じ。

アルゼンチンに限らず、ブラジルとかドイツとか
いわゆる強豪といわれてるチームのプレイを見てると、
一旦ボールを持ったらなかなか離さないですよね。
相手チームの技量によってるのかもしれないけど。

その点、日本のプレイ見てると、
折角ボール取っても、すぐに相手に渡ってるように見える。

ボール支配率というんですか。
各試合を見ても、日本のそれは軒並み低いですよね。

相手にかかって来られると、抜こうとするんじゃなくて
すぐクリアしちゃってません?実はロングパスか。

単純に数人を抜ける技術がないだけかもしれませんが、
それなら、それこそチームワークでパスをつなげていけば
とも思うんだけど、それもなかなか思うように通ってない。

いや、別に、プレイにケチつけてるわけじゃないですよ。

日本頑張った!日の丸を背負ってピッチに立ち実力を出す。
むしろそれ以上のプレイができるというのは素直に賞賛。

実際、私が今まで見てきた数少ない試合の中では、
確かに今回、一番良いプレイだったような気もします。

今までの日本によく見られたゲーム終盤のバテバテ感が、
今回あまりなかった(ように見えた)というのもある。
(南アは今までより比較的涼しかったというのもあるか)

しかし、とはいえ、やっぱり強豪チームは格が違うなぁ
というその差が歴然と見て取れた気もした、ということ。

良い悪いではなく、そんな印象を持ちましたと。

頑張った日本には悪いけど、やっぱりシロウトが見てて
純粋に楽しいのは、アルゼンチン戦やブラジル戦ですね。
特に技術が飛び抜けた選手がいるチームのは面白い。


ところで、サッカーとは関係ないんだけど
起亜や現代(ヒュンダイ)といった韓国の自動車メーカーが
2社もスポンサーに参加してるのがかなり目に付いた。

どちらも、自動車メーカーとしては全然なのに。

少し前なら、あのへんは日本企業が独占してたのになぁ、と
そんなところに新興国、新興資本の台頭する今という時代を
つくづく感じてしまったりも。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« June 2010 | Main | August 2010 »