« March 2010 | Main | May 2010 »

April 30, 2010

妖怪 部屋をチラカース


ヒカルの碁が面白くて、囲碁ゲームを衝動買いしたけど
よく考えたら、私は囲碁のルールを知らなかった。

アホかオレ。


ゴールデンウィークですね。

今年は、今日休めば大体7連休といったところかな。
私は7日どころか2ヶ月長期休みフィーバー中ですが。

次の仕事の正式契約がそのGW明けに延びてしまって
それが終わるまで家を出られないので、
この機に、普段やれなかった部屋の大掃除を思い立った。

掃除というか、引っ越して1年以上経つというのに
部屋には未開封のダンボールがいまだに積んである状況で、
いつか何とかしないといかんなーと思ってたのね。

そのいつかは、今しかないだろうと。

とはいえ、箱を開いても、今の部屋には収納がないので
(前の部屋には結構広い収納があって、そこにぶっこんでた)
ただ散らかすだけになってしまう。

てことで、早速ニ○リへ出かけていって
収納になりそうなシェルフやカラーBOXを適当に見繕ってきて、
そこに収めるべきダンボールの中身をダーッとバラしてみる。

大学時代の専門書とか、古い技術書とか、古いエロビ・・・
録りためたビデオとか、漫画や雑誌とかもわさわさと。

どれも今はもう見ない、使わないものばかりで
(だからダンボールに封印されっぱなしだったわけで)
そのまま箱の中でも良かったかなとも思ったんだけど、
せっかくなので、シェルフにそれっぽく並べてみる。

部屋に専門書が並ぶと、何か賢くなった気分に。

多分、並べても読まないんですがね。
いつか古本屋に引き取ってもらうかな。

そんな中に古い写真もみつかり、学生時代の友人が写ってる。

実はその友人、亡くなってるんですよね。

あ、別に怖い話をしようとか、そういうのではなく、
懐かしいというか、ああ、今はこいついないんだなぁ、と
何か不思議な気持ちになったのですな。

彼は中学生時代からの友人で、大学は違ったけど
私も彼も神奈川や東京の大学だったので付き合いはあって
社会に出てからもたまに会ったりしてたのね。

実は、私が一番長く付き合ってた友人なのです。

付き合うといっても、そっちの意味ではないですよ。

そんな彼の訃報があったのが3、4年前くらいだったかな。
そのときはショックだったけど、時間が経ってくると
彼がいない、ということを忘れてたりしてるんですよね。

普段会ってないだけで、
何か、まだどこかにいるような気がしてる。

で、写真をみつけて、あ、そういえばいないんだ
と思い出されるというのも、変な話ですが。

30年以上も生きていれば、身近な人が亡くなるということも
何度か経験するわけだけど、その度に思うことがあります。

この後、精神はどこへいくのかなぁ、と。

何かの宗教を信じてるというわけじゃないんだけどね。

たった今の自分にも、自分の意識、というか精神があるわけで
それがあるのは、この身体があるが故なんだろうか?
身体とは別のところにあるものなんじゃないか?みたいな
古典的な哲学っぽい疑問を感じるのですよね。

かといって、死んだ人の精神がそのへんを漂っていられても
それで私の私生活とかを覗かれたりするのは困るわけで、
特にあヤツに見られるのは勘弁な部分もあったりするわけで
とりあえずどっか遠くにいっててもらいたいんですが。

なるほど。昔から繰り返し考えられたテーマなわけだ。

そして、いまだ解決せず、と。


実際どうなるのかなぁ?いっぺん死んでみれば分かるか。

いやいや待て待て。

とりあえず部屋を片付けないと。

キレイに整理しようと思ってたのに、
今は前よりヒドイ状態になってるので、これを何とかしないと。

ダンボールって、意外と高圧縮な収納なのね。


ひょっとして、これは呪いか。


ダンボールをバラさせて、写真を発見させ、時間をつぶさせて
足の踏み場もない状態に陥れるなどと。


どうやら彼は、妖怪 部屋をチラカースになったらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2010

シンタックス

“自由”って何?それは、“不自由”がないと理解できない。
“上”って何?それは“下”がないと理解できない。
“光”って何?それは“闇”がないと理解できない。
“善”って何?それは“善でないもの”がないと理解できない。
“外”って何?それは“内”がないと理解できない。
“人”って何?それは“人でないもの”がいないと理解できない。
“自分”って何?それは“他者”がいないと理解できない。
“有”って何?それは“無”がなければ理解できない。

“無”があるなんてことがあるだろうか。

そもそも、理解するって、どういうことだろう?

ボクは思うんだよね。何かを理解するってことは
それについて、別の可能性を消すことなんじゃないかって。


- ある寝ぼけた天邪鬼のひとりごと -

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2010

雑記(4月号)

仕事がなくて、GWを待たず大型連休中。
しかし、次の仕事が確定するまで家で動けない日々にて候。

お客さんも仕事も大体決まってるんですがね。

契約をするまでは確定ではなく、
その契約が先方の都合で来週以降ということなので、
それまではじっとしてなきゃならないのです。


○モバイルアプリ

でね、その仕事が6月からなので、短期で何か仕事ないかな?
と、SOHOの案件とか物色してたりしてたのですよ。

すると、どうもモバイル向け開発の案件が多い。
てか、ほとんどモバイル向け。

そういえば、モバイルなんて今までほとんど意識してなかった。

これはいかん!ということで、今の暇な時間にまかせて
何かつくってみようと思い立ったのです。

モバイル。要は、PCでなく、携帯電話で動くやつ。

最近は、iPhone とか Android とか
いわゆる「すまーとふぉん」なるものも出まわってきてるけど、
何せ実機が私の手元にないので、
古き良き(?)フツーの携帯電話で動くものにするかな、と。

docomoならiアプリとか、au ならBREWとかオープンアプリとか
いろいろな仕様があるみたいだけど、今回選んだのは Flash。

Flash も Apple からかなり嫌われてるみたいだけど、
まぁ HTML5 になるにせよ、結局 JavaScript とか ECMA でしょ
ってことで、あえて Flash。

モバイルだから Flash Lite ですね。

Flash も Flash Lite も、ほとんど変わらないんですが。

で、3日くらいでこんなのできました。
http://www.mlexp.com/app/LJ/lj.html (PCでも動く)

余命判定アプリ!

これ、昔あったナムコの『X-DAY』の丸パクリなんですが
アルゴリズムは簡単そうだったので、この程度なら
試しにつくってみるサンプルアプリとして適当かなと思って。

テトリスやぷよぷよつくるノリですね。

これが特に苦労するところもなく、意外とすんなり?

なんだ、PC向けのもモバイルも、あんま変わんないじゃん。
(…という幻想)

ハマったといえば、ファイル読み込み。

携帯電話(というか Flash Lite)は
ファイル読み込みのトリガを何かボタン(キー)に割りつけてないとダメ。
(上のアプリは、設問とそのパラメータを外部テキストから読んでます)

これは、携帯で勝手にファイルダウンロードして
パケット料金が発生するのを防ぐための仕様らしいです。

いわれて、なるほど。

# Flash Lite 3.1 からは、その仕様がなくなったとのこと。


○mixiアプリ for モバイル

せっかくつくったんで、mixiアプリとして登録してみよう。

…と思ったんですが、なんとmixiアプリのモバイル版は
個人レベルでは登録させてくれないらしい。

モバイルに登録できるのは、法人格のみなのね。

じゃあ、PC版でいいか、と思ったけど、PC版にするには
この携帯向けアプリはえらく寂しい。

ちょっと演出とか入れて、音とかもいれて、それっぽくして
PC版のmixiアプリに登録してみました。

これ↓
http://mixi.jp/run_appli.pl?id=20353

画面比が携帯電話向けになってるのは、
もともと携帯電話向けにつくったものだから、しょうがない。


○『たちあがれ日本』

どうもネタくさいなぁ。名前からして。

初期メンツがあれだと、若手が入る余地もなさそうだし
初めからあんまり期待できない感が漂う。

個人的に与謝野さんは嫌いではないんですけどね。
いってることは今のところ真っ当だし。
他の人はよくわかんないけど。

自民を出てつくった新党である以上は
自民党との違いを出していかないといかんのでしょう。

でも、今はそれよりも……。


○「鳩山政治は子供並み」

米紙にこう酷評されてるらしいですね

全くその通り。

普天間移設も、約束の5月は無理くさいし。

5月というのも、本当は去年12月に終わらなきゃいけなかった話で、
それをここまで引っ張って、やっぱりダメでござんしたってのは
政治以前の問題だと思うんだけど。どうなのよ。

手前の都合で納期を半年も伸ばして、それも無理っぽいので
次いつになるかわかりません、てな会社がもしあったとしたら
そんなところ、特にこの時期なら瞬く間に潰れますよ。

問題はこれだけじゃない。もういろいろと酷い。

国会の中継みてても、これが政権持ってる人たちの発言か?
と思ってしまうようなものばかりだし、
この政権に、そして政党に、下がったとはいえ
まだ3割くらいの支持率があることが信じられない。

どうしてこうなった?

やっぱり、いっぺんペシャンコになってみないと
日本人は立ち上がれないのかもね。


○それにしても

寒い!

4月なのに冬並みの気温が続いてるんですが、どゆこと?
まさに今の世相が物理的に現れてる、といった感じですか。

春はいつくるのやら。

こういう時間のあるときに限って面白いゲームも出ないし。
旧作でも物色するかなぁ。


あ、ビリーバットは面白いですね。さすが浦沢直樹さん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 06, 2010

やっぱりGoogle


グーグル:「あの山はなに?」 画像で検索するツールを開発
(mainichi.jp)

それがこれ。

Google Goggles
(google.com)

やっぱりGoogle先生で試験公開されてた。
Androidアプリ向けだったのね。

使ってみたいけど、Androidの端末を持ってないので叶わず。

どのくらいの精度なんだろう。

やっぱり検索対象になる画像データ側の整備が
検索の精度というか確度に関わってくる気がするなぁ。

キーワードだと、クローラーがWebを巡回して
データベースをつくってるのよね。

画像の場合も同じ理屈でいけば、Webを巡回して
画像ファイルとみれば手当たり次第収集するのか?

しかし、文字列と違って画像はサイズがそこそこあるから
同じようにやってたら、すぐにサーバがパンクしそう。

Gogglesも、今は検索範囲が限定されてるとか。

それって、データベースに登録されてる画像しか
検索できないってことか。

まぁ、無いものは検索できないからそうなんだろうけど。

ということは、やっぱり画像をクロールして収集する
という力技になってくるのか。

最近の記録メディアはかなりのデータ量入るから
できなくはないのかな。

というか、容量も今やGB、TBは当たり前で、
今後はPB、EB、ZBと、どんどん大容量化するだろうから
そうなれば、検索画像を集積するデータベースも
十分実現可能という目算があるのかもね。

何か、何でも記録しちゃえー!みたいな時代が来ますね。

てか、来てるか。来てます。来てます。

Mr.マ○ック。

で、そんな何でも記録するデータから、
何でも検索できるようになる時代もくるんでしょうね。

画像の検索ができれば、紙媒体もスキャンして画像化して
それも検索対象にできますね。

そのうち動画検索もできるよね。
ああ、スペクトラム分析も入れれば音声検索もできそう。

今は科警研とかFBIとかがやってるような解析や検索を
直にGoogleがやっちゃうかもしれませんね。
いえ、Google Earthの時点でNASA並みだと思ってましたが。

あの会社の底が知れない。恐るべし先生。

そんな先生に対抗すべく
最近MS卿もいろいろ暗躍してるみたいだし。

原子力とか。

…そりゃ関係ないか。

何か、ああいう米国企業魂みたいなのって
どの日本企業にもない気がする。

越えられない壁というか。

てか、日本の技術は昔からアレンジャーですからね。

米国は先にやったもん勝ちみたいなところがあるから、
何でもまずやってみて、問題があれば後で修正する。

その修正のところは日本が上手いんですがね。

今の私には、その米国企業魂が欲しい。

でも、やっぱり安全圏で縮こまっていたいという
日本人根性もしっかり根付いているわけでして。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 01, 2010

4月バカです。
でも、ネタが浮かばないので、普通に日記です。

今日はすっきりと晴れ上がり、気温も上がり、悪戯めいた風も吹いて
女性たちのスカートが…髪の毛がなびいている。


春ですなぁ。


私は先月、約1年半に渡ってお世話になった職場を後にし、
今月からマッタリと次の仕事探しであります。

さて、Javaにするか、Rubyにするか、C++にするか。

案件はいくつかあるけど、私の中の第一候補は
前にお世話になってた会社から頂けそうなやつ。

それはC++のようですが。

新規開拓も良いけど、このご時勢ですんでね、
なるべく昔の縁ってのは大事にしときたいところ。

ただ、その仕事というのが6月からなのだそうで。

つまり、4月、5月と2ヶ月空白になる。

2ヶ月あれば、SOHOで何か軽い仕事もできそうだけど
もうこの際、まるまる休んじゃおうかなーとか。

考えてみれば、会社辞めてフリーになったときに
次の仕事まで1ヶ月弱空いたことがあったけど、それを除けば
社会に出て長期の休みを取ったことなんかありませんよ。

その1ヶ月も、開業の手続きやら保険や年金やらの切替やら
それはそれでいろいろ忙しかったので、
実質1ヶ月以上の休みというのは、社会に出て初めてかも。

うひょーっ!


あ、いや、あんまり喜んでもいられないんですがね。

自営業の場合、仕事しない=収入がないわけで、
社員で年次の有給休暇取るのとは話が違うわけです。

あと、この不景気なので、取れるはずだった仕事がポシャる
なんてことも、珍しい話じゃないわけで。

なので、念のため保険の営業は続けつつ、
休む感じになるかなと。

ホントは、どっか遠くへ旅に出たい気分なんですが。

…いや、出るか。旅。

京都とか。北海道もいいな。沖縄もありか。
キャンプシュワブとか。

あー、海外旅行もいいかな。
パリとか。ロンドンとか。スリジャワルダナプラコッテとか。


収入がないんだってば。


あんまり羽振り良くお金も使えないので、
なるべく安上がりで何かしたいなーなんて思ってたり。


もし2ヶ月あったら、アナタなら何をしますか。


とりあえず、車洗おう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »