« February 2010 | Main | April 2010 »

March 30, 2010

大言壮語

東京には、正体不明の怪鳥がいる。
日本人は“サギ”だというが、中国人は“カモ”だといい
米国人は“チキン”、欧州人は“アホウドリ”だという。
本人は“ハト”だといっているが、オレは“ガン”だと思う。

アメリカに住む日本人がいったという有名な風刺だけど、
これぞ言い得て妙ってやつだよね。


今月頭の報道。

 「当然、3月中のいずれかの時点では
  政府の考え方をまとめなきゃいかんと思う」
 (3/5付 asahi.com より)

そして今日の報道。

 「いつまでに全部やらなきゃいけないという話ではない。
  今月中じゃなきゃならないとか、別に法的に決まっているわけではない」
 (3/29付 時事通信 より)

どちらも、鳩山首相の発言。


「別に法的に決まっているわけではない」て。

子どものイイワケですか。

最初に月内っていってたのは、他の誰でもない
鳩山さん、あなた本人でしょうが。

民主党が急激に支持率を下げている理由として
「政治とカネ」問題がその筆頭にあげられてます。
もちろんそれもあるとは思うけど、それ以上に
この軽率な発言の連続もかなり影響大でしょう。

首相だけでなく、閣僚みんなそうです。

まず、できもしないのにできると豪語する。
で、いざやるとなったときに問題が次々と発覚して
いよいよムリそうだとなると、そんなことはいってない、
やるとはいってない、必ずしもそうではない、などという。

「必ずしも~でない」って言い回しが好きだよね。今の首相。

ただ、やれるものは押し切ってしまう。
子ども手当て、高校無償化あたりはそう。

実際は、「やれる」のではなく、「やらかしてる」んですが。

喩えは適当じゃないかもしれないけど、
地下鉄にサリンを撒くなんてことは誰でもやれるんだけど、
普通は、やっちゃいけないという良識があるからやらない。
でも、やらかしちゃう輩がいた、というのと同じ。

普天間移設の問題は、自国だけでなく、米国や沖縄という
政府だけでは動かせない障壁があるからブレーキがかかる。

どうも、政府の独断ではやれないことを、
政府独断でもやれることをやらかすことで誤魔化してる。

この政治は酷い。

普通に考えて、これだけカネがらみの汚職が次々と発覚し、
肝心の政治も迷走どころか逆走してるような政党なのに、
あの衆院選以来、離党者が一人も出ていないとかって
おかしくないですか。

要は、向こう4年間は政権の座にある政党であり、
今そこを離れるのは得策ではない、ということなんでしょうけど、
それって、政治なんかより保身が大事と考えてる人ばっかり
ってことですよ。

まぁ、議員も生活かかってるんだということなんでしょうけど、
その前に、議員は国民から選ばれ、国民の生活も背負っている、
そういう立場です。民間のサラリーマンとはそこが違う。

食べていくだけなら、議員なんかやめて転職なさい。

政治力はあまりないが清廉な民主党。

選挙で民主党に投票した多くの人はそう感じてたんじゃないか。

あの党は今後経験を積んで、政治力も上がっていくだろう。
そうすれば、今後、清廉で政治力のある党になるだろう。
そんな期待も持っていたでしょう。

実は、政治力は皆無だし真っ黒だった民主党。

今やそんな評価になってるんじゃないですか。

とにかく、このままじゃホントに 日本 糸冬 です。


やっぱりね、人間が政治をやるから(以下略

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2010

ポアンカレ予想

解けた!(by あんどうりんご)

「ポアンカレ予想」は解決 露の“隠遁数学者”に注目集まる
(sankei.jp.msn)

ポアンカレ予想は、いつかNスペか何かでドキュメントやってて、
これが正しいことの証明をした学者は、何か頭がおかしくなって
(…なんて書いたら問題があるか。ほとほと疲れて?)
今は消息不明、みたいな話だったと思うんですが。

とにかく、この問題は解決!と認定されたわけですね。

ポアンカレ予想というのは、フランスの学者ポアンカレによって
20世紀の初め頃に提案された数学的予想で、Wikipedia などを見ると

 『単連結な3次元閉多様体は3次元球面S3に同相である。』

なんて書いてある。はて、何のことやら。

ザックリいうと、
「単連結」というのは、切れ目なく連続しているつなぎ目のことで、
「3次元」とは、3軸(縦、横、高さ)で位置や形が表せるということで、
「閉」というのは、開いていない、穴が開いていないということで、
多様体というのは、要するに図形のこと。

つまり、“単連結な3次元閉多様体”とは、
“穴が開いてない立体”ってことですな。ざっくり過ぎか?

で、“3次元球面S3”というのは、
要は、3次元の球の表面、つまり“球面”ってこと(まんま)。

“同相”というのは、位相幾何学(トポロジー)で
お互いに同じ図形とみなせる、ということ。

トポロジーというのは、これもイメージの話になるけど、
その図形にある穴の数が同じなら、図形としても同じである
とみなすような幾何学。(→ Wikipedia - 位相幾何学

よく喩えられるのは、
ドーナツと取っ手が1つあるマグカップは同じ図形である
ってやつですね。

どちらも、穴は1つなので。

で、件のポアンカレ予想は、
穴が開いてない立体と球面は(トポロジー的に)同じ図形だろう?
といっている。

専門家から苦情がきそうな説明だけど、
シロウトが理解するには、こんな程度に書き下すしかないでしょう。

穴が開いてない立体というのは、その周囲を紐のようなもので
ぐるっと1周巻いて、それをひっかからずに1点に手繰り寄せられる。

これが、例えばドーナツのような形をした(穴がある)立体だと、
巻いた紐が穴にひかかって、1点に手繰り寄せられない。

そのような図形は、いわゆる球面しかないだろう、という話ですな。

これは、同じ3次元空間として理解される宇宙にもいえて、
宇宙が閉じた3次元空間であれば、それは球面に同じだ、と。

これもよく喩えられるのが、
地球から無限に長い紐を括りつけたロケットを発射して、
そのまま宇宙をぐるっと1周して地球に帰ってきたとき、
その紐の両端を引っ張って全部地球に手繰り寄せることができれば、
宇宙は(トポロジー的に)球といって良いだろう、という話。

つまり、ポアンカレ予想が正しくて、かつ宇宙が閉じていれば、
宇宙を幾何学的には球として扱うことができるということで、
つまり、問題がえらく単純化できる、てことになるのか。

ただ、宇宙は多分閉じているだろう、とはいわれてるけど
その真偽は定かではないので、宇宙論への発展はその解答を待ってから
ということになるんでしょうかね。

しかし、実際にそんなロケット飛ばすわけにもいかないし、
どうやって確かめるのやら。

むしろ、宇宙論の問題はそっちの方ですよね。


紐で思い出した。

全然関係ないかもだけど、私はウォークマンのイヤホンを
コードを巻いてポケットや鞄の中に突っ込でたりするんですが、
それを取り出して両耳のイヤホンを引っ張ると、
99.9999%くらいの確率でほぼ結び目ができるんですよね。

そりゃあそうだろう?と思われるかもしれませんが。

何でそうなるんだろうって、いつも思ってたんです。

別に、結び目ができてイラッとして理不尽な疑問を呈している
ってわけじゃないですよ。

いや、それもちょっとはあるけど。いや、大分あるけど。

これ、原因は、巻いてるから、でした。

巻かないで、単にくしゃくしゃっとダンゴ状態にして
ポケットなりに突っ込めば、それを取り出して伸ばしたとき
あまり結び目ができることはない(たまにはできるけど)。

巻くとコードに輪ができて、
その輪をイヤホンが1度でもくぐってしまうと結び目ができる。

何かこれ、ポアンカレ予想ほどではないけど、
ひとつの深遠な真理かもなぁ、なんて思えてきませんか。

思えませんか。そうですか。


素直にコードを巻き取れるイヤホンを買えばいいんだな。
もしくは、コードレスか。

私が今使ってるイヤホンは980円の安物なんですが、
コードレスは高いですよね。Bluetooth とか。


ちなみに、ポアンカレ予想はミレニアム賞の対象で、
解決できたらクレイ数学協会から100万ドルの賞金が出るんだけど、
解いたペレルマンさんはいらないといってるらしいですね。

ある真理を極める為にいくとこまでいくと、
もうお金とか名声とか名誉とか、そんな世俗の価値なんか
どうでもよくなるのかもしれませんね。


もし100万ドルも貰えたら、5000円とか1万円とかするような
Bluetoothヘッドセットでもサクッと買っちゃうのになー
なんて思ってる私なんか、真理から程遠いんでしょうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2010

雑記(3月号)

今、外を強風が吹き荒れてます。

春ですなぁ…。(?)


○仕事探し

前のエントリにもちらっと書いたけど、
現在の案件が今月で終了になるので、次の仕事探してます。

予想はしてたけど、やっぱり厳しい。

いや、選ばなければあるんだけど、選んじゃうとない。当たり前。

やらしい話、この時期の案件はみんな単金が低い。

今の案件は、あのリーマン破綻の前から受けていた仕事なので
単価もそれ以前の相場で、やや下げたとはいえ
それでも今の相場よりはいくらか良かったんですよね。

でも今は、私の守備範囲とするWindows系や
LinuxベースのWeb系システムみたいな方向を選択すると
およそ単金は今のより低くなる。

そうかといって金額ベースで今と同程度を探すと、
UNIX(AIXとかSolarisとか)基盤の開発とかVxWorksとかITRONとか
ハードに近い組み込みの開発とかになる。

いや、そっち方面にも個人的には興味はあるんだけど、
正直そっちの経験はほとんどないので手は出せないわけで。

やっぱり技術者の供給も少ないから単価が上がるんだろうなぁ。

反面、WinやWeb系あたりの技術者は、中身はピンキリいるけど
数そのものは掃いて捨てるほどいますからね。

いや、仕事の内容云々もあるけど、
私の壮大な喫茶店マスタープロジェクト(!)を成就する為には
ある程度の収入が欲しいわけですよッ。

…でもまぁ、今は生きていくこと優先ですかね。


○マンションLAN

今のところに引越してから、インターネットの接続がすごく不安定で
頻繁に切れて、2ちゃんやニコ動も落ち着いて見られない……
もとい、仕事がままならない状況だったんですが、その原因が判明。

今の環境は電話回線ではなくマンションLANでして、
各部屋のモジュラー穴と同じところにLANのジャックもあるんですが
1つ目の部屋では直接PCに、2つ目の部屋には無線LANルータに
それぞれつないでたのですな。

# ちなみに、無線LANは、主にノートPCやゲーム機で使ってます。

しかし、こないだそのLANを管理する会社に問い合わせてみたら、
LANの穴は各部屋にあるけど、接続できる機器は1台までだったらしく
つまり、同時に2つ以上のネット機器を使えなかったんですね。

つまり、1つ目の部屋のPCと、2つ目の部屋のルータが
それぞれ1つの接続(IP)を取り合いしてたという状況だったようで。

各部屋にLANが配線されてるのに、それを同時利用できないという
何ともイタダケナイ仕様。(普通ですか?)

で、考えた。

複数の部屋で、同時にネットを利用できるようにする裏技はないか。

実は、各部屋のLAN線を集線して、
それをマンションの幹線に接続している機器が見える位置にある。
電気のブレーカーと同じ場所に固定されてるのですね。

その機器というのが、どうも見るからにHUBっぽい。

あれをルータにすれば、同時接続もできるんじゃね?

と踏んで、安いBBルータをビッ○カメラで買ってきて
そのHUBっぽい機械をポコッと外して、そのルータにまるっと置換。

するとこれが大正解。

PCでニコ動見つつ、別の部屋でもネットゲーム遊べるとか
すこぶる快適にいくようになりました。

オレ様天才。(勘違)

しかし、各部屋の集線はデフォルトでルータであるべきだよなぁ。

確かに、HUBとルータの価格差を考えると、
マンション全体の設備となればだいぶ浮くんでしょうけどね。


○描画検索

あと、最近欲しいなーと思っていて
ありそうでない的なツールなんですが、描いてWeb検索ってやつ。

キーワードで画像検索、というのは、各検索エンジンがやってますが
実際に絵を描いて(或いはアップロードして)検索、というのはない。

あるんですけどね。どっちだよ。

いや、そういうのないかなーと探してみて、
私が見つけたのは以下の2つ。

 - retrievr
 - GazoPa (Beta)

まず retrievr の方。

Retrievr_3


次に GazoPa の方。

Gazopa_3


ええと、何を期待してるかは、わかりますよね?

…あれ、わからない?

いや、絵がマズいからという声もありそうですが、
でも検索なので、「こんなような絵で」って感じで探すと思うのよね。
ペンタブとか普通ないだろうし、マウスでちゃちゃっと描くわけで。

でも、そうはいっても、検索結果として“近い”とはいえない気が。

どちらも、輪郭の形と色を主に認識させてるのかな、という感じだけど
そうともいえなさそうな結果もチラホラ(てか、かなり)あったりするし、
そのアルゴリズムもよくわからない。

まぁ、こういう技術もこれからなんでしょうね。

そのうちGoogle先生あたりがやってくれそうな気はする。
(今のとこLabsにもそういうのはなさそうだけど)


私自身、この機会に何か新しいことやってみたい気はするんだけど
どうもなんか気だるい。

春だからですか。それは言い訳ですか。

世間が悪いんじゃなくて、自分がしゃんとしてないんだなぁ…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 16, 2010

強肉弱食の国

「こんにちは、旅人さん」
「どうも」
「この国へいらっしゃるのは初めてですか」
「ええ」
「この国へ移住をお考えですか?」
「そのつもりはありません」
「そうですか。この国はあなたのような外国からいらっしゃる若者にとって
 とても住みやすい国なんですがね」
「それは何故ですか?」
「この国では、高等教育の過程まで学びたいという子供たちを
 全面的に支援するという法律が、この間できたのです」
「全面的に?」
「ええ。早い話、高等教育を修了するまでの学費と生活費が
 国から全て支給されるようになっているのです」
「でも、それはこの国の国民じゃなきゃダメなんでしょう?」
「いいえ。
 外国からいらっしゃる方々でも、この国で学びたいという方であれば
 差別せず支援するということになってます」
「へー、よほど金持ちな国なんですね」
「実は、そんなことはないんです」
「お金がないと、そんなことできないんじゃ?」
「この国の王様は、最近変わったんですよ。
 今までの王様は、いわば弱肉強食を推進し、金持ちはさらに金持ちになる支援をして、
 その金持ちたちに多くの税金を納めさせるという政策をとっていました」
「はぁ」
「当然、そのような政策では、金持ちでない人は一向に豊かにならず、
 貧乏な人はどんどん貧乏な状態に追い込まれていました」
「そうでしょうね」
「そんなとき、もともとその王家とは仲の悪かった貴族の中から、
 そんな王は追い出して、貧乏な弱者でも豊かに暮らせる新たな国をつくろう
 という動きが出てきたのです」
「ふむ」
「弱者の味方を謳うその貴族は、きっと王家には金持ちたちからせしめた
 多くの財宝があるはずだと考え、自分たちがこの国を治めるようになれば
 王家の財宝を差し押さえ、それで貧しい人たちを豊かにできるといいました」
「豊かに……ですか」
「そのひとつが、子供や若者の教育費、生活費の全面支援ですね」
「なるほど」
「彼らは多くの民衆の支持を受けて、ついにときの王族打倒に成功しました」
「それで、その“弱者の味方”の貴族が今の王族になったと」
「そうです」
「では、今の王様は前王家の財宝で貧乏人を豊かにしたわけですね」
「ところが、そんな財宝は実はなかったんですよ」
「あら、そうなんだ。じゃ、どうやって今の気前の良い政策を?」
「借金です。大量の借金をして、子供や若者の教育支援をしているんです」
「お金がないならやめればいいのに」
「今の王族は、貧しい人“弱者”を豊かにすると約束して大きな支持を得たのです。
 今の地位にあるのも、そうした多くの“弱者”の支持があるからで、
 そう簡単にその約束を破るわけにはいかないのです」
「ははぁ」
「ですので、今は借金をしてでも全面的な教育支援をしなければならない」
「なぜ子供たちの教育を?」
「子供は、社会的弱者の筆頭ですから。
 それに将来の国の担い手でもある子供たちを、今の王は非常に重視しています」
「外国人も?」
「今の王族は、この国に在住している外国人からも多くの支持を得ています」
「?」
「今の王は“弱者”の味方ですから。
 前の王のときは、外国人は王様に会うことも意見することもできず、
 この国の中で極めて低い地位にあったわけです」
「そんな外国人の味方でもあったというわけですか」
「ええ。
 ですから、まだお若い、しかも外国人であるあなたのような方が移住するには、
 非常にお得な国ということなんですよ」
「でも、借金で国民を、外国人も支援しているんですよね」
「そうです」
「その借金はいつ返せるの?」
「わかりません」
「……」
「未来の国民、つまり今の子供たちの教育を充実させれば、
 彼らが将来の生産者となり、借金を返すことができると考えているようです」
「もし、そうならなかったら?」
「今の王は、多分大丈夫だといっています」
「……。仮にそうだとして、その前に国が潰れない?」
「潰れるかもしれません」
「……」
「でも、心配いりません」
「……?」
「あなたは外国人ですから、この国の負債に一切関係ありません。
 潰れそうになったら、また他所の国へ移住すれば良いのですよ」
「それは、確かに」
「どうです?我が国に移住する気になりましたか?」
「いえ、申し訳ないですけど、この国はそう長く持ちそうにないので
 ボクはやっぱり出て行くことにします」
「そうですか。それは残念です」
「ところで、ここまでの話を聞いていて思ったんだけど、
 キミはこの国が潰れて欲しいと思ってるの?」
「いいえ、なるべくそうはなって欲しくはありませんし、
 多分そうならないと思っています」
「……なるほど。そういう国なんですね。
 やっぱりボクは次の国へ行くことにします」
「わかりました。さようなら、旅人さん」

---

時雨沢恵一ならこう書くかな、みたいな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 11, 2010

衆愚政治

今の仕事が今月で終わることに。
故に営業だけど、この時期良い話がないなぁ。

今回、政治ネタばっかりです。


○普天間基地移設

件の沖縄の米軍基地を、さぁ海外に飛ばすぞといってたのが
やっぱり国内、あの何とか島がいいかも?などとなり、
あの某空港に?とか、あの県はどうか?とか、あの島は?とか
いろいろ言ってたと思ったら、結局沖縄に戻ってきたくさい。

しかも、海上につくる予定だったのが陸にめり込んできた。

さすが、ブーメラン民主党。


○核密約

核兵器はないのが一番いいけど、今日明日にそうならないなら
とりあえず使わせないことに腐心するのが懸命。

日本にいる米軍艦船が核を積んでるかもしれない。

冷戦時代、ソ連は当然そう考えていたはず。

仮に、実はなかったとしても、相手にそう思わせるだけで
その抑止力という効果は大きい。

それを今、本当に「あった」と公式に認めてしまった以上は
だからどうするのか、という態度を明らかにする必要がある。

核持込みを許すのか。持ち込ませないのか。

といっても、後者は当面あり得ない。

認めた以上は、持込みに関するルールづくりに打って出るべき。
それもせず、密約があったことを認めただけ、ということでは
政治判断として軽率という他ない。

かつてのソ連は、今は中国であり、北朝鮮。


○生臭船長

私は、クジラやイルカを取って食べるなんてことに反対だし、
マグロも、正直日本人は食い過ぎだと思う。

しかし、シーシェパードはただの自己満足。

彼らは(悪者である)日本に捕まって虐げられることで
自己アピールしたいだけですね。

聞くところでは、あの捕まった何とかギル号の船長は、
個人的にかなり大きな借金を抱えてるとか。

自分でぶつかって勝手に沈んでおいて「3億円よこせ」
とは、最早コントのネタとしか思えない。

まさに、当たって砕けろか。


○つぶやき政治家

こないだ、閣僚3人が予算委員会に遅刻して問題になったけど、
そのひとりが、直前までツイッターに書き込んでたという。
しかも、遅刻した後の言い訳までツイッターに書いてたとか。

いや、別にツイッターやるのはいい。仕事さえしてくれれば。

国会議員というのは、国民から選挙で選ばれ
国民が支払ってる税金によって身を立てているわけで、
もっとその自覚を持って欲しいってこと。


○日教組

私の中で昔からよくわからない集団のひとつ「日教組」。

私が小学生の頃、地元で日教組の集会?があるということで
やかましい宣伝カーやらパトカーやらが近所を走り回っていて、
日教組というのは暴力団か何かかと思ってた。

その誤解(?)も、実は当たらずとも遠からず。

北海道がああである以上、他の都府県も同じじゃないの?
とは、当然疑う。

そもそも学校の教員の労組とのことだけど、
何で教員の労組が政治や政治家に関わってるのだろう。


○外国人参政権

日本人にとって何の利益もないですよね。これ。

議論をする以前に、これを持ち出す動機や理由が理解不能。
どっかの誰かに指示されてるとしか。


○夫婦別姓

正直、どうでもいい。

そんな法律いらないけど、別にあってもいいし、どっちでも良い。

絶対別姓、というのなら問題だと思うけど、
同姓がよければ同姓にできるなら、そうすれば良いだけのこと。

てか、こんな議論にエネルギー(税金)使うな。

もっと大事なことは他に山とある。


○高校無償化

この議論で、朝鮮学校を無償化するかどうか議論してるらしい。

もう論外。

そもそも、高校の無償化自体あり得ない。
その国が負担するお金というのは、結局税金なんですよ。

つまり、高校生のいない世帯も、
よその世帯の高校授業料を負担することになる。

まして、よその国の生徒の授業料まで日本国民が負担するとか
まず考えられない。あり得ない。あり得ない・ザ・ワールド。

もはや社会主義を超えてますよ。

これが「友愛」なんですか。


---

政治について評価できるなら評価してみようと思ったけど、
やっぱりほとんど批判になっちゃった。

こんな政権でも、いまだに4割近い支持率があることに驚く。

双璧であるべき自民党も、今は何か内部割れしてるっぽいし
どうも政治全体に光が見えてこない。

この状況自体が景気回復に急ブレーキをかけてるよなー。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

March 05, 2010

やりたいこと

NHKの「にほんごできます」という教養番組、
日本語を日本語で教えてるんだけど、
あの視聴者ターゲットは子供?外国人?


「今、やりたいことは何ですか」

そう問われて、即答できない自分に気づく。
あれ、そういえば何やりたいんだろうか。

寝たい。

いや、そうじゃなく。中長期的な。

最近やってることといえば、仕事して、食って寝る以外は
本読んだり、ゲームで遊んだり、ニコ動眺めたり、
あとは、ニュースとか政治ネタなんかに一喜一憂。

子供の頃は、政治とか全く興味なかったのに。

いや、政治に興味ある子供もそうはいないか。

あの頃は、漫画やアニメやプラモデルなんてもの
ばっかり楽しみにしてたんだけど。

テレビや新聞でニュースとか見てる大人たちをみて
あんなの見て一体何が面白いんだろうなぁ
とひたすら不思議に思ってたものだけど、
気づけば今の自分がそうなってるんですね。

別に面白くはないんだけど、捨て置けんというか。


そんな話ではなくて。


私は何をしたいのか。

昔は、刑事とか医者とか弁護士とか、
そんな職業にあこがれたこともありましたが、
夢としては、漫画家でした。

もともと藤子不二雄ファンというのが大きいですが、
自分もあんな感じになりたいなぁ、と。


それが、何をどう間違ったか今はSEな自分がいる。


ソフトウェア開発も面白くないことはないんですが、
本来“やりたいこと”というのとは違うかな。

この仕事も、やるならベンチャー企業でも起こして
mixiとかニコ動みたいな大きなコンテンツでもつくって
時の人みたいなことになれば達成感もあるんでしょう。

ところで、彼らはそれが“やりたいこと”だったのかな。

mixiの笠原氏はともかく、ひろゆき氏はそんな感じしない。

何となく掲示板つくって、何となく会社つくって、
何となく動画サイトつくって、何となく成功したみたいな。

そう見えて、実は裏でモノスゴイ努力してるとかかな?

努力してないことはないんでしょうけど、
どんなコンテンツがヒットするかはやってみないとわからないし、
やってみたやつが運よくウケた、という流れにもみえる。

そういうチャンスをしっかりつかむというあたりが
彼らのスゴイところなのかもね。


私の“やりたいこと”。

以前は漫画家だったけど、今は喫茶店。でも、実際はSE。

なんという乖離!


SE方面で“やりたいこと”といえるものがあるとするなら
やっぱり何か全く新しい、そしてヒット商品になり得る
大きなコンテンツをつくること、ですかね。

やっぱり、政治システムつくりますよ。1億円で。

人間に政治家やらせたら、市民国民のためとかいいながら
誰でも私利私欲に走るから。もう間違いなく。

それなら機械にやらせましょう。

そしてそれを私に発注しましょう。

政治とカネの問題解消。公平公正。癒着一切なし。
ストレートで解りやすくウソのない次世代政治。

どうですか、おひとつ。1億円で。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« February 2010 | Main | April 2010 »