« お葬式の話 | Main | ノーベル平和賞 »

October 05, 2009

雑記(10月号)

CSで何となく観てた『赤毛のアン』でのアンの台詞。

「わたし、分別のある人になろうとは思わないわ。
 だって、どう考えてもロマンチックじゃないもの。」

アンが好きになってしまいました。


○コピペニュース

最近、ネット系のニュース記事の傾向で気になるのが
2ちゃんねるとか不特定多数のブログとか
そういうことをソースにしている記事が多いということ。

それってニュースにするほどのことか?と思う内容でも、
そういう掲示板やブログで盛り上がってる話を拾っては
ニュース記事のように仕立てて煽ってるのよね。

で、そういう話題が、意外とPVも多くなる傾向がある。

掲示板からのコピペだけで記事の半分以上を占めていて
ニュース記事としては手抜きもいいとこなんだけど、
みんながみるからそういうページは増長されるし、
増えるからまたみんなが見るといういただけない循環。

誰でもシロウトでも情報発信できる、というのは
インターネットというインフラの特徴ではあるんだけど、
だからってプロがシロウトに下るのはどうなんすか。


○インターネットアーカイブ

年々、というか日々スパムの届く量が増えてるんだけど、
自分のメアドなんて公開しなくなって大分経つし、
無作為に生成してもそう当たるようなアドレスでもないし、
一体どこからこのアドレスを見付け出してきてるのかと
ずっと不思議に思ってたんだけど、何となくわかった。

ここだ! → http://web.archive.org/

何でも、インターネット上に公開されているリソースを
全部丸ごと保存していつでも参照できるようにしよぜ!
というようなプロジェクトらしい。

これが始まったのが1996年からということなんだけど、
それって私がWebページを開設した年なのよね。

思い返せば、その当時はメアドなんてガッツリ公開してて
むしろ、誰でもメールちょうだい!的なノリだったしなー。

よもやそのページがアーカイブされていたとは。

試しに、当時のMLEXP.のURLをサーチしてみると、
メアドがバッチリ書かれたページが出てくる出てくる。
そういえば掲示板にもメアドを入力してたよ、くそう。

これ、申請すればアーカイブから消してもらえるらしいけど
もう今さらだよねぇ。

てか、こんなプロジェクトが10年以上も前からあったことを
ずっと知らなかったということが、紛いなりにもこの業界に
10年以上いながらにして不覚過ぎだ。。

参考 : インターネット・アーカイブ(Wikipedia)


○迷惑メール振り分け

そんなメアド、いっそ破棄した方がどれだけ幸せになれるか、
とは何度も思ったんですがね。

ただ、10年以上同じのを使い続けてることもあって
いろんな登録情報にこのアドレスを使ってるわけで。

なので、それら全部にメアド登録変更をする手間を考えると、
このままでもとりあえずいいか、とずっと放置でしたと。

ただ最近、頻繁にメールボックスが溢れるようになり、
さすがに何とかしないといかんなーと、ちょっと調べてみた。

したら、サーバ側で、スパムと判定されたメールを
最初からメールボックスに入れないというサービスがあるのね!

ウィルスチェッカー、フィルタがあるのは知ってたけど、
スパムフィルタなんてのもあるのね。

その判定基準は、メールのヘッダ情報をみて
そのFromと実際の発信元が相違していたら、そいつはスパムや、
というものらしい。

なので、キーワードや特定アドレスでの振り分けについては、
相変わらずクライアントでやる必要があるんだけど、それでも
そのフィルタのおかげで、届くスパムが3分の1程度に激減です。

早く気づけよ、オレ。

ただ、このフィルタサービスは有料なんですけどね。月105円。
まぁ、コーヒー1杯程度と思えば安いもんです。


〇ブログ見直し

最近、というかずっと思ってることがあって、
あちこちに乱立してるページを1箇所にまとめたいなぁ
ということ。

とりあえず、ブログですよ。

ここもだし、ここ以外にもいくつか
日記とかコラムみたいなことを書いてるところがあって、
そういうリソースをガッと集約したいな、と。

そんな構想で、1度は自前サーバにCMS(MTですが)を
セットアップしてみたは良いけど、思い半ばで停滞。

やっぱりあちこちに書く場所が散らばると、
書いてる私本人も2度手間3度手間だったりすることもあるし、
管理も億劫になってくる。

読んでいただく方にしてみても、
例えば、ここを読んでもらってる方にしてみれば、
私が別のところで書いてる内容は知らないわけですよね。

最初は、書いているジャンルが違うし
意図的に読み手を分散させてたということもあったんだけど、
もしかしたら、ここの読者にもあっち側のジャンルで
書いてる内容で反応があるかもしれない。

その逆も然りで。

とにかく、何か文章を書いて公開しているという以上は
それを人に読んでもらってなんぼという話になるわけで、
そう考えると、下手に分散しないで一箇所で全部書いてしまえば、
それぞれの読み手にいろんな面を読んでもらえるということで、
そっちの方がより有意義になるんじゃないか。

ただまぁ、それをやろうとして停まってしまったのは
そうなった理由があるのであって、自前サーバというのは、
商用や出来合いのそれと違って何かと面倒くさい。

当然ですが、そのシステムのソースとかデータとかは
ほとんど全部自分で管理しなきゃならないのであって、
必要なライブラリとかプラグインとかも
自分で用意して導入、メンテしないといけない。

そこいくと、このココログみたいな出来合いブログは
そういう足回りのことはほとんど何も考えずに
書きたい記事だけ書いてれば良い、という手軽さがある。

使ってる側は何も考えなくても、
CMSのバージョンアップや必要な設定はNIFがやってくれてるし、
おそらくデータのメンテやバックアップもやってるでしょう。
スキンのテンプレもそこそこ揃ってる(私は使ってないけど)。

人間て、やっぱりそういう手軽な方にいっちゃうのよね。
特に本気モードでかかってないものに関してはそう。

ブログなんて、気が向いたらやる程度のものの筆頭だし。

いや、ただ1箇所にまとめたいというだけなら、
ここ(ココログ)にまとめる、でも良いんですよ。

ただね、私も中途半端にエンジニアとしてのプライドがあって、
そういうことをしたら負けかな、みたいな。

今はあまり本気じゃないから、とりあえず片手間で
商用のシステムを試しに使ってみてる段階なんだ!と。

それが空威張りだってこともわかってるんだけど、
やっぱり、やるからには本気でやりたい、という思いが邪魔して
なかなか本気にもなれず、片手間も脱しきれず。

どうしたらいいですか。

そんなことをいいつつも、
今の状態もそんなに悪いとは思ってないんですけどね。

ダラダラと思いつくままを書きっぱなしみたいな。

正直、最初は、自分がこんなブログみたいなことを
こんなに長いこと続けられるとは思ってなかったもんね。

思いを書くことで、自分の気持ちにあるおさまりがつくのと、
モヤッとしていたものが、何となくまとまる気がする。
それは、きちっとまとまるという感じではないんだけど、
こういうことを思ってるんだ、という確認になるというか。

そういう作業が、さほどの苦労なく手軽にやれる。

手軽さというのは、それを長続きさせられるための
大きな要因ですからね。

メンテ不要。書きたいときに書く。別に書かなくても良い。

などと思えば、結構続くものです。

てことで、しばらくこのダラダラした感じで
もうしばらく続けてみようかなぁ。


ダメですかね?

|

« お葬式の話 | Main | ノーベル平和賞 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

どうもお久しぶりです。私も10数年使っている nifty のアドレスとか、いろいろありますが、その手の古いのに来るメールは9割以上スパムだったりしますね( ̄ー ̄;

で、私の場合、スパムフィルタとしては、単純に google の gmail に転送して対処してますよ。もし、gmail を使っていなければ、一度使ってみるのをオススメします。というのも便利過ぎるので、メインで使うも良し、集約、中継、バックアップのためのアカウントとしても使えるでしょう。

でわでわ

Posted by: じ~る | October 06, 2009 at 12:51 AM

どうもです。

gmailは使ってますが、ただのWebメールとしてしか使ってなくて、あまりその機能を活用してないですね。なるほど、転送するという手もありますな。タダで高機能なのが良いですね。

Posted by: 月影 | October 06, 2009 at 09:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/46404457

Listed below are links to weblogs that reference 雑記(10月号):

« お葬式の話 | Main | ノーベル平和賞 »