« July 2009 | Main | September 2009 »

August 31, 2009

チェンジ

選挙特番は、テレ東が一番面白かった。

開票結果は、ちょっと民主多過ぎ感あるかな。

新政権は、当面はガタつくでしょう。

ちなみに、先んじて民主党が大勝した東京都議会は
まだまともに機能してないみたいだけど、
初動をどう乗り切るかが、まず最初の課題かな。

そもそも、民主党内部がバラバラなので
そこを執行部がどうまとめられるか。

国政をどうするかは、その後になってくる気がする。

だって、今までの散々放送されてる討論番組とか
今回選挙特番に出てくる当選者の話とかきいてても、
具体的にどうしたいかという話がほとんど出てこない。

まぁ、生活者視点だとか、無駄遣いをなくすなどという
公約にあるような当たり障りのない話はするんですが。

それって、あまり突っ込むと、必ずしも意見は一致してない
ということだと思うのよね。

あと、脱官僚というのも大きな謳い文句だと思うけど、
それも、具体的にどう脱官僚なのかが語られてない。

無駄遣いをなくすのも大いに結構。
予算を組み替えるのも、どうぞやっていただきたい。

しかし、無駄遣いというのが何を指していて、
それをどう削っていくのかという話も具体的でない。
予算の話も同様ですね。

つまり、理想とする立派な政策はあるけど、
それをどういうふうに実行、行動していくのかという内容が
まだ完成してない、もしかして議論もされてない状態かも?
てなことが予想される。

民主党が、とりあえず大きな党になったのはいいけど、
それが野党でなく、実際に政権与党となったときには
まずその内部調整能力が問われると思いますね。

あーだこーだと揉めてるうちに、
大体みんなが「それでいいんじゃね?」って折り合える
結論になってみれば、自民のそれと変わらなかったりね。

とにかく、民主のマニフェストは
いずれも多額の財源を必要とするものばかりです。

それを、どこまで件の“無駄遣い”の排除で確保できて
(彼らは表向き全額コレでいけるといってるけど、無理だから!)
どこから税金、或いは国債の増額とするかの調整からよね。

無駄遣い排除も、それをするための政府体制をつくって
さらにその法案をまとめて国会を通してからの話になるので、
すぐに財源が出てくるということにはならない。

しばらくはどこかから調達しないといけないので、
それもどうするか考えないといかんと。

まぁ、今回良かったと思えることもあって、
今まで絶対安全とあぐらをかいていたジジイ議員どもが
ここでかなり掃除されたんじゃないか、ということ。

逆に、当選で自分が支持されたと思い上がる議員も
幾人か出てくるんじゃないかという心配もある。
キミが支持されたんじゃなく、対抗馬がコケただけだから。
そこ勘違いして欲しくないね。

大衆は基本的に目先のことしか見てないからなー。
その時勢での選択で、後にそのツケが回ることも多々。


さて、鬼が出るか蛇が出るか。

あ、そういえば、麻生さん総裁を辞めるみたいだけど
次の自民総裁は誰になるのかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2009

mixiアプリ

政治や選挙の話ばっかりじゃ面白くないですね。

何か別な話でも。

ネタの為に、軽くmixiアプリなるものをつくってみました。

 mixiアプリ : 今日のカルマ

ふつうのWebアプリとかFlashとかと何が違うのかと思ったけど
要は、SNSの特性を利用できるWebアプリ、ってことですかね。

ただ、それの利用シーンがまだいまいち。

これは、アプリの利用者よりも
アプリ開発者の為の便宜であるという意味合いが強いかな。

昨今はmixi以外にもいろんなSNSが乱立しまくっていて
それに対応したWebアプリの為のAPIがバラバラでは
アプリをつくる側はいちいちそれら個別のAPIを覚えてから
開発にかからにゃならなくなる。

そこで、天下のGoogle様が、その共通APIを目論んで
OpenSocial」なるものをこしらえなさったのですな。
その(1つの)フレームワークさえマスターしておけば、
それを利用して機能提供してる幾多のSNSにおいて
同じようにアプリがつくれるんだ、というお話。

それを今回、mixiも採用しましたよと。

なので、特に開発者でない一般ユーザにしてみれば
「ふーん」程度のインパクトのものだと思うんだけど、
どうも mixi が、その開発者ではないユーザ向けにも
結構大きく宣伝をうってる(ようにみえるんだけど)
その意図がよくわからん。

簡単なんで、あなたもつくってみてよ、といってるのかな。

しかし、つくるには、まず自分のWebサーバが必要だし
JavaScriptの知識も多少は必要。
(本当に使えるものをつくるなら多少じゃダメだけど)

あれかな。

こういう形になれば、
今後はいろんな開発者が標準的なアプリをつくって
mixiにも提供してくれるようになる(はず、な)ので、
そのアプリを使ってより一層楽しめるようになりまっせ
ってことかな。

とりあえずつくってみた感じ、
標準機能だけ使うものなら、確かに簡単に実装できます。

ただ、mixi内部の情報を利用するだけなら、
何もわざわざ新たなアプリをつくらなくても、
mixiで標準で提供されてる機能を使えば十分。
てか、それ以上の情報はAPIでも取得できない。

それをさらに使えるものにするのは、
きっと外部サイトとの連携ってことになるんでしょう。

で、今回私がつくったアプリは、
スラドのユーザページに表示される「カルマ」みたいなやつで、
そのユーザを別の何か(出鱈目な言葉)で表現するような
ただそれだけのお遊びアプリです。
(「カルマ」というと、「業」とか「前世」とかの意味ですけどね)

中身で何をやっているかというと、
まず最初に「〇〇さんのカルマ」という文句を出すために
ユーザ情報からユーザの名前を取得して表示して、
その後ランダムに登録されている形容詞から1つ選んで、
さらにランダムに辞書サイトを選らんで名詞を取得して、
それらを連結して1フレーズにして表示、とやっている。

この、登録されてる名前をとるところがSNS内部情報で、
ランダムに言葉を探してくるところが外部サイトとの連携
(言葉の検索と連結は外部スクリプト(PHP)でやってる)
ということになってると。

そのSNS内部情報は簡単にとれて良いんだけど、
やっぱり外部サイトの情報をとってきたりというのは
ふつうにGETやPOSTで要求を出して、
その応答(JSONやDOM等)を解析する形なんすね。

まぁ、それ以外にやりようがないか。

これだと、SNS側の実装というよりは、
結局その外部サイト側でいかに凝ったことをやるか
という方が勝負になってくるんじゃないかと。

キモはAPIの共通化なんだ、ということなら
こういう形でスタンダードを目指すというのもアリといえば
アリなのかもしれませんね。

あと、そういうアプリを、外部サイトだけでなく
SNS内で使ったり表示したりできるよ、ということか。

ちなみに、共通APIというだけに、
これはmixi以外の(OpenSocialを採用している)SNSや
Googleガジェットも同様につくれますね。

てか、コードにmixiに依存した部分がなければ
そのまま他に転用も可能な模様。

これはこれで、ひとつの大きな利用価値かもね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 24, 2009

選挙ですよ

便秘には、酸化マグネシウムが良いですねっ!


さて、選挙が近くなってきました。

もう世論は民主党ですね。
というか、マスコミが民主党傾倒になってるから
こうなったら十中八九、民主が政権取るでしょう。

過去の選挙をみても、マスコミをおさえた方が
大抵そのまんま選挙も勝ってるし。

とりあえず、私は民主には入れませんがね。

あの公約でいってる政策全部実行するとなると、
ほぼ間違いなく大幅な増税になる。

無駄遣いをなくして財源を確保する、という話だけど
物理的に国内の生産人口が減ってるんだから、
それだけで恒久的に財源が確保できるわけがない。

いや、無駄遣いをなくすのは大事なことだけど、
正直、それと財源の話は別物だと思う。

今の福祉レベルでも財源が足りてない状況なのに
さらに出産費やら教育費やら支援するとかやってたら
首が回らなくなるのは目に見えてませんか。

しかも消費税には手をつけないといってるんだから、
あとは国債か、消費税以外の税金にお鉢が回ることに。

まず、年金保険料や健康保険料はガツンと上がる予感。

私(自営業)の場合、現時点で
年金は15,000円弱、健康保険は28,000円強、
合計42,000円を社会保険料として毎月支払ってます。

しかも、これらは年々増額されてる。

それでも、生産人口の絶対数が少ないので
このままだと、この制度自体が破綻する、ということで
将来的に消費税で不足分を補填するしか、というのが
自民政権の目論見だったんでしょう。

民主はというと、消費税は上げないといっている。
国債発行も、アレだけ批判してるからには
自分たちが政権とった傍からはやらないでしょう。

それで、多額の財源が必要な支援制度を導入していく
ということになったらどうなるか、シロウトでもわかる。

まず、保険料が上がるのは確実。
ヘタすると、年金、健保以外の何か別な保険料が
新たに創設されるかも。

率直にいって、現時点の毎月42,000円の保険料でも
かなり高いと思ってるのに、この上増えるとなると、
その分の消費を減らさざるをえないでしょう。

これは結局、消費税を増やすのと同様の負の効果が出る
ってことであって、むしろ消費税より調整が効かない
固定的な税金や保険料はタチが悪いわけです。

その固定税である法人税や所得税なんかも
最初からあからさまな増税はしないんでしょうけど、
税控除制度の方はどんどん削られるんじゃないか。

例えば、今なら青色申告すれば
ほぼ無条件で65万円の税控除があるわけだけど、
そんなあたりがなくなったりしないかと、かなり不安。

控除といえど、実質は個人の税金としては高過ぎだから
とりあえず“控除”という名の帳尻合わせで、
個人でも支払える妥当な額になるようにしてあるだけでしょ。

青色申告の控除は最後の砦であるにしても
それ以外のいろんな“控除”が廃止されていくんじゃないか。

さらに、稼げば稼ぐほど支払う税金が増えるという傾向は
民主政権ではさらに強化されそうな気がする。
(そこに社民が連立するとなれば、なおさら)

要は、貧乏人の生活費を金持ちに負担してもらうと。

国が金を巻き上げて、それを平等にバラ撒くというのは
社会主義、共産主義の考え方に近いと思うんだけど、
日本はいつから社会主義国になったんだ、と。

やっぱり、民主党というのは、
旧社会党と元自民左派の寄り集まり政党ってことですかね。


いえ、私もね、今の自民党のやり繰りが褒められたモノだとは
決して思ってないんですけどね。

ただ、民主党に政治をやらせた場合のことを考えると、
期待よりも大きな不安しか沸いてこないんですよ。

件の財源の話もそうだし、外交や安全保障といったあたりも
果たしてうまく切り回していけるのかどうか。

米国の二大政党みたいな形が良いんだ、とかいってるけど、
米国の場合は両政党に政権の経験と実績がありますからね。
日本の場合、あの民主党がその一翼を担えるのかどうか。

日本でも過去に、自民党以外が政権をとったことがあったけど、
いずれの場合も長続きしてませんからね。
次の選挙で、あっさり自民に政権を明け渡してる。

今回は、情勢がかなり逼迫してるので、
例えば、社会保険制度とかガラリと変えてみたけど、
やっぱダメだったよ、あははっ!みたいな感じで
政権を放っぽり出されたら、取り返しつくかどうか。

そもそも、何で日本では自民党政権が続いてるのかな。

結局、平時は特に何も考えてなくて今まで通りで良いけど、
何か自分の身に不都合があると、それを政治のせいにして
自分は悪くない!といいたいんだろうな、と。

とりあえず、マスコミに誘導されるまんまなところは
まず修正していくべきだなぁ。

多数決というのは、おそらく最大の暴力で、
馬鹿な世論ほど恐ろしいものはないのです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 16, 2009

ニュースは事実に非ず

実家にいってきました。帰省してきました?

もともとずらすつもりだったので何も準備してなかった上に、
大雨による洪水の影響で鉄道が使えなくなっていて、
かつ地震で東名が壊れて車の選択肢もなくなったので、
何とか飛行機(一番高い!crying)をギリで取ったという
何ともバタついた帰省でありましたが。

帰って初日、2日目はさすがに忙しかったけど
そっから初七日までえらく暇だったので、
ばあさんには悪いと思いつつも、
ニコ動とか見つつ暇つぶししてました。

で、思うところがあった動画が2件。

まずこれ。

まぁ、ニコユーザ(いわゆるニコ厨)は麻生さん好きが大勢なので
こういう場合大体麻生さん寄りのコメが集中するわけですが、
コメント非表示で見ても、鳩さん大丈夫?って思いませんか。

続いてこれ。

こちらは、JAL123墜落事故。
フライトレコーダの内容からFSを使って再現した動画ですが
その機長や乗務員の必死な対応を聞いてるだけでも
息が詰まる思いがします。


上記2つを見て思ったこと。

 (日本の)報道って、結構ヒドイ。


まずJAL機墜落の方。

当時私はまだ子供だったので
この事故についてあまり深く考えることもなかったんですが、
そのときのニュースや特集番組なんかで流された
フライトレコーダの会話の一部で

 「もう、ダメかもわからんね」

という機長の一言は、今でも記憶に残ってます。

今となっては、それがフライトレコーダの生音声だったか
それを誰かが伝え聞いたといって話しているものだったか
どちらだったかよく覚えてないんですが。

とにかく、このひとことが結構問題になってましたよね。

あのとき機長は真面目にやっていたのか。
諦めず何か策を講じることもできたのではないか。
本当に最善を尽くしてあの結果だったのか。

でも、このやりとりのいきさつ全体をみれば、
機長も副機長も必死だったというのは一目瞭然ですよね。

そもそも、垂直尾翼がなくなった状態で
よくあそこまで機体を戻せたなと感心さえするところ。
(FSの絵では尾翼はあるけど、実際は吹っ飛んでた)

ずっと後の検証番組やら特集番組なんかで
この一部始終が明らかになって、機長はよくやったんだ
ということになったのかもしれない(?)けど、
問題になりそうな一部だけ切り取って揚げ足を取る
というか、遺族や世間(の非難)を煽るやり方というのは、
もうその当時からあったんだなぁ、とつくづく。

で、党首討論の方。

こちらも、動画の投稿者コメントにもあるんだけど
これの一部始終を放送した局がひとつもないんですね。

で、ニュースなんかでは、
例えば、麻生さんが「消費税を引き上げる」とかいっている
シーンを流して、それに反論する鳩さんの絵を流して、
「麻生総理はここでも改めて消費税アップを強調した」
というような見せ方をするわけですね。

でも、この討論の一部始終をみれば、
そこから感じ取れるものはそれだけじゃない。

これは、あくまでこれを見た私の個人的な感想ですが、
麻生さんは概ね政策の話をしてるけど、
鳩さんは麻生さんを非難することしかしてないような気がする。

いざ、民主党の政策の方はできるのか?その方法は?
と聞かれると、「できます」「十分可能です」というだけで、
その方法がよくみえない。

消費税も上げないのか上げるのか、よくわからんし。

どうも足元がふらついてるようにみえる鳩さんだけど、
そんな彼の民主党は、例の断片報道のおかげで
迷走する麻生政権を、民意(?)に従って打倒する民主
という構図がつくられて、支持率が着実に上がってる。

実際、報道機関が民主贔屓なのかは定かじゃないけど、
都合の良いカットだけ切り貼りして
独りよがりなまとめ方をしてるこの報道の仕方って
どう考えても健全じゃないよなぁ、と思うのですよ。

事実がどうであれ、話題性が命なんですかね。

大衆を煽って騒ぎを大きくした方が視聴率も上がる。
報道ありきの事件ということになってるということか。

つまり、報道に取り上げられない事件は
世間的には存在しない、無いのも同じこと。
報道された事件は、その真実がどうであれ
報道された内容こそが“事実”になる。

日本には、テレビ局なら民法キー局5社+NHKがあり、
新聞も地方紙含めれば星の数ほどあるのに、
それらの同じ事件に対する報道内容はほとんど同じ。

どう報道してもそういう事実にしかならないような
例えば交通事故とか自然災害とかならまだわかるけど、
政治的な内容までみんな揃い踏みってのはどうなの。
(赤旗みたいな機関紙(?)は別としてね)

例えば、米国の放送局は、
あからさまに共和党支持だったり民主党支持だったり
その報道内容もそれ贔屓だったりするらしい。
(FOXが共和党系というのは、どっかで聞いたような?)

そうやってあからさまに立場が割れてる方が
むしろ自然な気がするんですけどね。

政治に限らず、何か世相や時事について
報道が大衆の意見を同じ方向へ持っていこうとしてる
というような気がする。

で、ネットというのは、そういうバイアスがかかりにくく、
事実を誰でもそのまま出せるメディアなので、
その存在を昨今の報道(マスコミ)は嫌ってるのかなと。


改めて、ニュースは鵜呑みせず
ちゃんと考えて見ないといかんなと思ったのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 11, 2009

いつかは通る道

大雨です。台風ですかな。

先週だったか、ばあさんが倒れて救急車で運ばれたときいて
ちょっとそうなるかなぁ、という気も薄々はしてたんだけど、
今日、亡くなったという知らせが入ったのでした。

倒れた原因は心臓だったらしいけど、
検査でそれ以外にもいろいろ見つかってたらしい。

そういえば、全然病院とか行かない人だったしなぁ。

ばあさんは、いつも元気そうで
80超えても田んぼや畑へ出かけて野良仕事をしてたし、
普段も部屋にこもることはあまりなく、
しょっちゅう自転車でどこかへ出かけていたという印象で
全く病気知らずという印象だったんですがね。

まぁ、運命には逆らえず、というところか。

母親がいうには、今日まで見た目は大分回復していて、
今週末には退院できますね、という話をしていた矢先のことで、
今日も様子を見に行って元気そうな顔をみて帰ってきたところで
容態が急変したという連絡をうけたとのこと。

まだ信じられないといった感じを電話口から感じたんだけど
その現場に立ち会ってない私にしてみれば
歳も歳だし、そういうのもありえないことじゃないなぁ、と
なんだかどうも冷めた感覚しか沸いてこない。

いや、仲が悪いわけじゃないですよ。

むしろ、私は実家にいる間は、ばあさんには
だいぶ可愛がってもらってたし、母親よりおばあさん子だった
といっても過言ではないほどなんですが。

まだ実感が沸いてないだけなのか、
これからいろいろ思い出されてジワジワとくるのか。

もしかするとどこかで、ふとしたタイミングで、堰を切ったように
感情があふれ出してくるのかもしれない。

とにかく困ったことに、現実は今仕事が大詰めで、
今週末がその作ってるもののリリースだったりするので、
簡単に仕事を離れられない状況だったりする。

しかし、ここで帰っておかないと相当の人でなしなので、
どうにか明日、明後日中にケリをつけるしかない。
通夜が明後日なので、それには多分間に合わないけど、
式はその翌日なので、それには間に合うようにしたいところ。

実家が遠いと、これが困りますね。

かつ、さらにマズイことに、今週はちょうどお盆で
帰省方面への交通手段はほぼ満席状態という間の悪さ。

死ぬならもうちょっと空いてる時期にしてくれ。
(なんていったらバチあたるか。)

しかし、これ何でかな。今は全然悲しくない。
もちろん、それ相応にショックではあるんだけど。

リチャード・ファインマンのエッセイに、
彼の最初の妻のアーリーンが亡くなったそのとき、
ファインマンは全く悲しくなかった、とあった。

ただ、生きている状態から、その生命活動が停止し、
死という状態に移行したのだ、という客観的な
それをモノとして見る様な感覚だったらしい。

それから何年か経った後、
ふと街のショーウィンドウにドレスが飾ってあるのをみて
「これ、アーリーンに似合いそうだな」
と思ったその瞬間、それまで堰き止められていた感情が
一気にあふれ出したとか。

それを読んだときの私は、
そのファインマンの感覚がよくわからなかったんだけど、
今なら、境遇は私のとちょっと違うかもしれないけど、
気持ちは何となくわかるような気がする、かな。

さて、とりあえず明日は修羅場です。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2009 | Main | September 2009 »