« May 2009 | Main | July 2009 »

June 18, 2009

A案

Firefoxのクッキーの持ち方って、変だよね。
てか、セッション管理がおかしい。。

それはさておき。

 臓器移植法改正:15歳未満も臓器提供…A案、衆院で可決
 (mainichi.jp)

賛否あるようですが、
これは客観的には良い方向なんだろうと思いますね。

国内で臓器移植ができないから
それが必要な患者はことごとく海外へ飛んで行って
そのよそ様の国から臓器をもらってくる
ということが、もうずっと続いてたわけです。

これが、成年はまだしも
15歳に満たない子供の場合は明確な意思表示ができない
として、これが完全にダメだとされている。

要は、日本では子供の臓器移植ができないと。

この問題は政府内でも認識されていて
官房長官自ら「これは立法府の不作為だ」と評していた。

で、今回衆議院を通ったA案というのは
その年齢制限が完全にはずれる法案(無制限)となるので
これでもし決まれば、移植医療の大きな前進でしょうね。

ただ、まだ議論が尽くされていないとか、
脳死が人の死という認識が一般化するのは納得いかんとか、
当然いろいろと反発もある。

脳死な人って、見た目だけは
本当に眠ってるだけのように見えるらしいですね。

確かに、何をもって死とするかという問題は難しいし、
そもそも生きているということの定義もはっきりしない。

こんなに生死が曖昧になって議論になるというのは
医療技術の発達の功罪ですね。

昔は、脳が死ねば、そのまま体も死んでたはず。

これは、多分いくら議論しても答えは出ないでしょう。

もしこれに答えが出るなら、
心身問題とか心脳問題のようなハードプロブレムも
何らかの解決をみてなきゃいけないですよ。

で、その見込みは当面ない。

何が一番合理的か、という考え方をすると、
やっぱり脳死状態の人に延命措置を続けるというのは
とても非経済的でありましょう。

それよりも、スッパリあきらめていただいて
その臓器を、まだ助かる見込みのある人へ提供する
というのは非常に道理に適ってる話でしょう。

とはいえ、感情の動物である人間には
そう簡単に道理だけで納得できるということはない。

となれば、あとは決めでやるしかなかろうと。

少なくとも、どっちつかずで
臓器移植はOKなんだかNGなんだかって状態が
一番よくないと思うのよね。

だから、どっちかに決めて運用してみる、
ダメだったらまた考える、ってところで折り合うのが
また新たな視点も生まれるし、よろしいのでは。

人間の歴史は、トライ&エラーの連続ですよ。


ところで、人間の行動ってのは
何が一番優先されるんだろうなと、ふと思ってみた。

行動可能な何かがそこにあったとき、
それを実際にやるかどうか決める最終判断が出る
そのメカニズムですね。(メカニズムって。。)

思うに、その動機は大きく3点あると思う。

ひとつは、欲求なり感情。それをやりたいかどうか。
ひとつは、理性。というか合理性。或いは必要性。
ひとつは、世間体。人目からどうみえるか。

まず、欲求がないと、それをしようとすら思わないから
多くの場合、行動の第一原因ではある。

ただ、それをやりたいと思っても
それが合理的かどうかで考えると、大抵の場合は否。
しかし、低確率で成功すると合理化する。

この逆もある。

合理性、必要性から行動が求められるのだけど、
感情的にはあまりそれをしたくない、というケース。

いずれの場合も、それが周囲にどうみられるか、
そのことで自分にどう影響するか、
要は、その行動が人目に触れることが気になる
ということが、行動自体の最終決定に強く関与する。

つまり、欲求により起案。理性で議論。世間体で否決。

っていうパターンに陥りやすいのが
日本人(に限らないか?)なんじゃないのかなぁ、と。


例えば、街頭でティッシュを配ってたりするじゃないですか。

あれは、本心ではタダなら貰いたい。
貰えば、ティッシュなら使う機会はいくらでもあるので
それを貰うという行動は十分理に適っている。
でも、それがキャバクラとか飲み屋とかの客寄せだと
どうも気が引けて結局素通りすると。

臓器移植もそうだとはいわないけど、
感情だけでも動けないし、かといって理性にも従えず、
見て見ぬフリをしたがるから前に進まないんじゃないの。

基本的に、カスパーが勝つ仕組みなのかな。
(マギ的にいって。)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 10, 2009

@ランダム

エロイームエッサイム!


どうも、頭の中がカオスです。

例えば、サイコロを10回振ったとき、
10回続けて1の目が出たり、或いは1、2、1、2と繰り返したり
そういう目の出方をすると、何かそこに神がかり的なものを
感じてしまうのは、なぜでしょうかね。

サイコロというのは1から6まで目があって、
それぞれが出る確率は6分の1でどの目も平等なはずです。

逆にいえば、一回一回に関していえば
1が出るのも他が出るのも同じ確率なわけで、
毎回1が出るのも、2、4、2、5などと出鱈目に出るのも
同じくらい“ありそうなこと”なのです。

でも、実際には出鱈目に出る方が自然にみえる。

実際、サイコロを何度も振ってると、
同じ目がずっと立て続けに出るということはあまりなく
それぞれの目が大体同じ回数だけ出てくる。

実は、こっちの方が不思議じゃないの?

いや、不思議とかそういう話じゃないや。

こういうのを「大数の法則」というんだけど、
成り行きを自然にまかせてると大体そうなる、という
落としどころのようなものがあるってことなのね。

安定すべき場所がある、ということか。

仮にその安定する(抽象的に定まる)点があったとして、
現実は、事象が完全にその点に安定することはない。

その安定すべき点の付近でウロウロしてる感じ。

これを崩す存在がいわゆる知性という存在で、
知性は一般的にいう“自然”に抗うことができる
何かそういう力を持った存在だとみられている。

人間は、本来バラバラに存在しているはずの
原子、分子、それらからなるあらゆる物質を集めて
合金をつくったりプラスチックをつくったり、
それを材料に車とか家電とか何か建築物とか、
そういう意味のある何か秩序を構築している。

でもね。

それらが、意味のあるもの、秩序あるもの
として見ているのは、それをつくってる人間だけよね。

そりゃそうだ。人間が自分たち人間に必要なもの、
あると便利なものをそういう目的でつくってるのだから
意味がないわけがない。当然、秩序もあるようにみえる。

しかし、それは人間にとってそうなのであって、
自然の中で(宇宙の中で)見れば、無秩序なんじゃないの。

人間は、大数の法則を壊す存在のようにみえて、
実はもっと大きな大数に巻き込まれてるんじゃないかと。

地球上に生命が生まれ、進化し、今の人類があるのも、
サイコロで1が立て続けに出ているようなもので、
自然にはなさそうなことだけど、普通にあり得ること。

で、それは全然特別なことじゃないですよと。

サルがタイプライターを出鱈目に叩いていたら
シェイクスピアのハムレットが書き上がっていた
という話も、ええ、全然アリ!

奇跡なんてのは、人間がそう思ってるだけの話。

何か、いろいろ難しく考え過ぎてるというか、
自然に対する偏見が強すぎるというか、
一皮剥けないと、ずっと難問解けないゼッていうか、
そんなようなことを漠然と感じてたり。


毎朝、同じ電車に乗ってると同じ人を見るようになり、
その毎朝見ている人が、ある日いなかったりすると
あれ、あの人は今日はどうしたんだろうな?
なんて、全く知らない人なのに気になってしまったり。

地下鉄の改札の前で、カバンの中を覗き込んで
ちょっと焦り気味の人がいると
さては切符か定期でも落としたか、と憶測してみたり。

駅の長椅子に座って眠ってるサラリーマン風な人は、
これから仕事じゃないのか、徹夜明けなのか、
リストラされて家に居場所がなくなっちゃった人か
なんてことまでいろいろ予想してみたり。

そういう自分にとって無意味な考えが
意図せず勝手に(?)次々と浮かんでくるのは何でか。
意味がある、ないって考えるのが間違ってるのか。

結局これもサイコロの目がランダムに出てくるのと
根本的には同じ現象なのかもしれないわ。

なんて思った入梅の朝でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »