« 科学ファンタジー | Main | グリーン化税制 »

May 20, 2009

草食男子

このところ便秘気味なので
昨日ピンクのアレを買ってきて、寝る前に飲んだんですが
今朝、目が覚めても、ウンともスンとも。

寝る前に飲んで朝スッキリ、のはずだったんだけど?

なんだ、この薬も効きやしねーなッ
なんて思ってたら、出勤途中の電車の中できました。

いや、大変だった。。

てか、午前中は仕事にならなかったし。

便秘薬、平日に飲むのは危険ですな。


どんどん新しい言葉が生み出されている昨今にあって
そんなに新しくもない言葉だと思うけど
「草食男子」って言葉があります。

別に草食ってるわけじゃないですね。

ググればその意味するところはざっとわかりますが
要は、女性に無関心な男ってことですかね。

男は本性的に、本能的には女性に興味があるはず。

にも関わらず、ストレートに恋愛や性などの行動に出ない、
というよりは出たがらない男が増えてると。

女性は女性で自立心が強くなってきていて、
またこちらも男より自分の楽しみを充実させる
という方向に流れるようになってきてる。

そういえば、田舎ほど結婚する年齢が低く、
都会になるほど晩婚化するという話があります。

この理由、ナゼだと思います?

田舎の人にいわせれば、
田舎では他にすることがないんだヨ、だって。

結局、最近の人はやること、できることが多過ぎ
ってことなんでしょうかね。

何でも、興味を持てばある程度やることはできる。

なんと幸せな話ですか。

こればかりは、日本に生まれたことを
ラッキーだと思うべきなのかもしれない。

ただ、そうであるが故に
逆に、どの行動にも出られない閉塞状態になってる。

異性関係も然り。食も然り。その他の趣味然り。

大抵は仕事がメインで、それがなければ寝てるだけ
というのが草食たる所以なのかもしれない。

仕事で疲れる上に、オフでまた疲れたくない
というのが本音なんでしょうね。

てか、私がそうです。

趣味に走るのは良いけど
いったん何かにハマると、とことんやってしまうので
むしろ仕事よりも疲れることもある。

それがわかってるから、なるべく手を出さない。

殊に異性関係となると、それは楽しみと同時に
結構大きなトラブルのリスクも負うことになるので、
なるべく問題を起こさない方向で平和でいたい
特に男子にしてみれば、手を出さないに越したことは無い。

触らぬ神に何とやら、なんすね。

やることがそれだけだったら、
というか、他に行動の選択肢があまりなければ
確かに田舎者の論理で、やれることをやってる気がする。

でも、あれもやれる、これもやれる、
できるなら、あれもしてみたい、これもしてみたい、と
選択肢が増えてくると、逆に選べなくなる。

選ぶことすら疲れる、とか。

ロバの左右等距離にエサである干草を積んでおいたら、
そのロバはどちらを食べるか選べずに飢え死にした
という話に、似ていなくもないですね。

ロバは本能的には干草を食べたいんだけど、
全く同じ条件の選択肢(干草)が2つ以上あると、
いずれも選ぶことができない。

まさに草食ロバ、いや男子。


物でも欲でも、あまり増えすぎると
人の行動にもフレーム問題が起こってくるんですかね。

てか、人間も、所詮は機械ですか。

|

« 科学ファンタジー | Main | グリーン化税制 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/45077312

Listed below are links to weblogs that reference 草食男子:

« 科学ファンタジー | Main | グリーン化税制 »