« 批評家 | Main | @ランダム »

May 30, 2009

ドアの謎

こないだ税金を払ったばかりだというのに
今日その車で久々に出かけようとしたら、
例によって(?)セルがウンともスンともいわない。

冬じゃないから大丈夫とほぼ1ヶ月乗ってなかったら
やっぱりダメでした。

JAF呼ぶにも、今は機械式の駐車場だから
他の人が出入りしようとなったときに迷惑がかかるよね。

平日に呼ぶか。

ちょうど来週、健康診断で仕事休むことになってるから
その日にでも。


ところで、そんな折、大昔の謎を思い出した。

中学生の頃の話だったと思うけど、
その日の朝、同じクラスの女子が

「ねぇ、きいてくれない」

というので、何か?というと

「私ね、車のドア壊しちゃった」

という。

漫画でいうと、頭上に「?」マークが出て
固まったような状態になったのを覚えてるんだけど、

「何で?」

と当然の問いを返すも、どうも要領を得ないのだ。

「さわったら壊れた」

どんなボロ車だよ。

てか、いくらなんでもそんなわけないだろう。

聞けば普通の車で、いつも普通に走ってたとのことで
もし、さわった程度で壊れるようなドアなら
走ったらどこかへ飛んでいくような状態だったはずだ。

壊れたといっても、どう壊れたのか。

そうだ。壊れ方にもいろいろある。

ドアが木っ端微塵に砕け散ったということは
いくらなんでもあるまい。

ちょっとこすってキズがついた程度だろうか。
何かをぶつけて凹ませてしまったのか。
それとも窓ガラスでも割ってしまったのか。

はてさて、どう壊れたのかと問うと

「はずれた」

と。

「それは、ドアが車の本体からとれたと?」

「うん」

それはまたえらいことだ。

ドアが車から分離する状況って、一体…。

少なくとも、そのドアは開いていたということか。
閉まっているドアを外力をかけてはずすなんてことは
おそらく中学生の女子にはムリだろう。

もともと弱くなっていたドアの蝶番かスライダーが
疲労しきって、ついに今朝ほど力尽きた
と考えるのが最も自然だと思うのだけど。

それにしても、
たださわった程度で壊れることはないだろう。

あなたはアラレちゃんか。

その話がその後どう展開したか覚えていないのだけど、
とにかく、車のドアを壊したといっていた女子がいたなぁ
という記憶だけが強く残っていて、
それを先ほど何の因果か思い出したと。

もはや30を超えた今の私の頭で考えても、
あれはやっぱり謎。

どうやったら車のドアを壊せるのか。

その朝、彼女が親か姉妹かとでも何かやりあって
その腹いせに無垢な車(のドア)に当たったところ
ガッツリ外れてしまったということだったのか。

実際は力いっぱい蹴ったか殴ったかしたのだけど
それを女子であるがゆえに「さわった」などと
おしとやかな言い回しで表現してたのだろうか。

何かにわかに気になりだしてしまった。

あ、すみません。この話、オチはありません。

ドアが壊れた理由などは、
今だもって謎のままなのです。


実はあれはどういうことだったのか、と
今の彼女に尋ねたら、どんな顔するだろうなぁ。。

|

« 批評家 | Main | @ランダム »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

すみません、謎を解明してください(゚Д゚)
超気になります!

Posted by: たいら | June 01, 2009 at 01:22 PM

残念ながら、その彼女が誰だったのか思い出せないのです。
(さすがに実家の名簿とか探せば思い出せるでしょうけど、そこまでするかと。。)

名探偵コナンでもいてくれれば、この謎を解き明かしてくれるでしょうか。

Posted by: 月影 | June 02, 2009 at 08:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/45176012

Listed below are links to weblogs that reference ドアの謎:

« 批評家 | Main | @ランダム »