« 草食男子 | Main | 批評家 »

May 23, 2009

グリーン化税制

昨日、前に契約してた会社の営業さんから
留守電が入っていた。

埋め込んだバグが今頃発覚したか?

なんて勘ぐったけど、聞いてみれば
また私に仕事を頼みたいと、その相談の話。

これ、素直に嬉しかったですよ。

普通はこちらから仕事を探すものなんだけど、
お客さんの方から仕事の話を持ちかけられたのは
初めてですからね。

最近は不景気で報酬まで減らされて萎えてたんだけど
フリーになって良かったと久々に思えた出来事だった。

ただ、今の仕事も途中で抜けるわけにはいかず、
惜しいけど今回はお断りということに。
また声をかけてね、といっておきました。


さて、この時期の憂鬱といえば自動車税。

払いましたよ。払いましたともチクショウ。

まぁ、それはいい。よくないけど。

今回、納付書と一緒にグリーン化税制のお知らせ
みたいな紙もついてたんだけど、
そこに泣きたくなる事実が書かれていたのです。

グリーン化税制というと、
エコカー購入者の税金が優遇されるということの方が
注目されがちよね。

平成17年排出ガス基準75%低減の車で、
燃費が平成22年度基準の15%向上達成車は25%減税。
25%向上達成車なら半分の50%減税となる。

これは新車購入から1年目限りというのがセコいけど、
まぁ、これは良いのです。

問題は、エコカーでない車の所有者に対する仕打ち。

新車登録から13年を超える車にかかる自動車税が
おおむね10%高くなる!

しかもこれは1年目だけとかではなく、恒久的に。

ショック。

いや、私の車は10年以上経ってるんだけど、
燃費に関していえば、最近のエコカーと呼ばれてる車
以上の燃費を誇ってるはずなんですよ。

何せ、走ってない!

いや、それは半分冗談だけど、
走っても10~15km/Lくらいは達成してると思う。

そのからくりは、私の車がMT車だということ。

最近はMT車というとスポーツカーのイメージで
燃費が悪いんじゃないかと思われるんだけど、
かしこく運転すればすごく効率的に走れるのよ。

ブオンブオン噴かすやつがバカなだけで。

大体回転数が2000から3000くらいのところで
あまり上がり下がりがないように安定させて走れば
そこそこの低燃費になる。

アホなAT車の制御だと、
必要以上に回転上げたり、逆に低回転になったり
短時間で高低の差が激しかったりするので、
必要以上に燃料を消費するんだと思う。

あと、アイドリング時ね。

MT車の場合、停車中はギアを切るのが普通。
(てか、切らないとエンストする)
でも、AT車は、ドライブのままだと常に前に出ようとする。
ニュートラルにすれば良い話なんだけど、
AT車に乗る人で、赤信号とかでニュートラルに戻す人が
どれだけいますかね。

特に停止、発進を繰り返す(渋滞の多い)街中の場合
これだけでもかなり燃費の差が出る。

いや、何がいいたいかというとね。

古い車に乗ってる人は十把一絡げに10%増税なのだ
という論理に納得いかんのですよ。

誰がどんな運転をするかなんてわからないし、
客観的に判断できる車両の経年で判断するしかない
というのも、まぁ、わからんではないんですが。

てか、これってエコロジーだけじゃなく、
買い替えを促して、新車販売を伸ばして景気回復を図る
という意図も少なからずあるんでしょうね。

反面、最近の車は高性能で
普通に乗ってれば余裕で10年以上無故障で走る。

何この矛盾。

ソニータイマーじゃないけど
13年経ったら壊れるようにでもつくられてない限り、
基本的に買い換える理由も必要もないんだよね。

私の車も、あと10年はいける勢いなんだけど、
10年乗ると考えて、39,500円の10%、3,950円が10年なら
1年分余計に払う計算になるのか。

1年分なら、堪えられない額でもない?

刑事コロンボのプジョーに比べれば
私の車なんてまだまだ全然新車なんだけどなぁ。

(あれと比べちゃいかんか)

|

« 草食男子 | Main | 批評家 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

おひさコメントですw

今車検で入院中の愛車ロードスターももう乗り続けて20年20万キロですよ~
燃費悪くないしコンパクトで軽いから街や道路への負担も少ないし、ひとつのモノを大事に使い続けるエコもあると思うんだけどなぁ

軽自動車とか最近のは大きいのに税金安すぎると思うし^^;

ま、そんなこんなに負けずにお仕事がんばって下さい~ではではsun

Posted by: おも | May 25, 2009 at 02:11 AM

ロードスターはちっちゃいから、環境にもやさしそうですよね。そして最近の軽自動車は余裕でロードスターより大きいですね。エンジンの負荷デカそうなんだけど、あれどうなんでしょ。

20万キロとはよく走ってますね。それだけ付き合ってると愛着が沸いて、むしろ手放しにくいですね。bearing

Posted by: 月影 | May 25, 2009 at 09:40 PM

お久しぶりです。

10万km走らないと地球環境的に元が取れないと言われてるハイブリッドカーも、「エコ」の名の下に無条件減税でしょ?なんともアホらしい話です。“景気浮揚減税”って言い切ってくれた方がずっとスッキリします。

ところで、僕は最近、MT車に乗りたくなって、わざわざレンタカー借りてドライブしました。AT(CVT)が高性能化したのはいいけれど、MTが絶滅しつつあるのは寂しいですね。

Posted by: ぬたっち | May 27, 2009 at 04:53 PM

まぁ、減税はいいんですよ。解せないのは増税の方でして。現状維持ならまだ頷けたのに、という思いです。

MT車は減ってますね。最近はMTがある車種を探すのも難しくなってます。需要も減ってるんでしょう。運転免許も、将来的に「AT限定」ではなく「MT拡張」みたいな扱い(ATだけの方が普通)になるんじゃないかしら。

Posted by: 月影 | May 27, 2009 at 08:49 PM

車は1台作ると、莫大なCO2がでるみたい。
それは、どんだけ走らせてもカバーできないくらいらしい。
と言うことで、エコなんて所詮、経済をどういう方向に向けるかっていうこじつけなんじゃないか?って思うようになってきました。
まぁ実際温暖化はじみーにいやなことなんでしょうが・・・。

Posted by: RORO | July 17, 2009 at 05:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/45102031

Listed below are links to weblogs that reference グリーン化税制:

« 草食男子 | Main | 批評家 »