« 良いお年って | Main | 銀河の中心に »

January 03, 2009

謹賀新年

一応、書いておかないといけませんか。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

(これで年賀状の代わり。)


現在実家なのですが、
年末年始をまるっと実家で過ごしたのは
実はここ数年なかったかも。

こちら(鳥取)は大晦日から正月三が日
ずっと雪(または雨あられ)です。
こんなに降ってたもんだったか。


家は相変わらずの日常が流れているよう。

おせち作って餅つくって、
玄関にみかんのついたアレ飾って、
神棚に紙のヒラヒラをつけて、
車にもワラのアレをぶら下げて、
そういう風習はずっと変わらない。

それらに何の意味があるのかは
もう特に考えもしなくなっていて、
そういうもんだってことで話が済んでるんですな。

正月に限らず、何かの節目のイベントでは
必ず何か宗教的な儀式が入ってくるんだけど、
それって、心の区切りをつけたいからなんですよね。

それをやっておけば日常でいられる、
そういう安心感を得られるというか。

もともとは何か意味があったことなのかもしれないけど、
それが日常化することで本来の意味は忘れられ、
その行為そのものが意味を持ってくる、ということが
世の中には結構ある気がしますね。


年明けにぼーっとそんなことを思いつつ、
こたつで寝正月であります。

|

« 良いお年って | Main | 銀河の中心に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

あけましておめでとうございました。
節目のイベントは形だけのモノも増えてきましたよね。
でも、できれば正しい意味を知っておきたいものです。

Posted by: たいら | January 07, 2009 at 10:19 AM

縁起でもない話ですが、例えば身近な誰かが亡くなったとき葬式をあげますよね。それをどの宗教であげるのか、ということで揉めるということもあるようです。その故人がどの宗教を信仰していたのか?というのが争点なんですが、最近では無宗教な人が多いですからね。

ちなみに、最近では喪服といえば黒で定着してますが、喪服が黒いのはもともとキリスト教での風習で、昔は日本での喪服は白だったそうです。

実際、それが一般化してしまえば、宗教なんて関係なくなってしまうんですよね。

Posted by: 月影 | January 09, 2009 at 12:01 AM

今年もよろしくお願いいたします。m(__)m
日本は取り入れるのがうまいですからネェ
鯨幕も元々白だったのが、西洋文化で白黒になったらしいですねぇ

Posted by: RORO | January 09, 2009 at 02:36 PM

混ぜこぜにして使いやすくする(というか、都合の良いものにする?)のが日本人は得意かもですね。海外由来のものでも、日本にあるそれは本家のものとは大分違っていて、日本人に誂えられたものになってることが多いですからね。(食べ物とか特に)

本家が一番良いか、アレンジされたものが良いか、そのへんは価値観次第ですね。

Posted by: 月影 | January 10, 2009 at 01:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/43621710

Listed below are links to weblogs that reference 謹賀新年:

« 良いお年って | Main | 銀河の中心に »