« 税金が高い件(2) | Main | 秋葉原通り魔事件 »

June 08, 2008

人生二度あれば

例の件で医者に診てもらったら
「お腹はってるのかもしれないねー」とかいわれて、
整腸剤を処方されてしまった。

いやー何か違う気がするんだけど。


自分の人生に納得いってない人、
結構多いよね。

それって何でかなぁ、と考えたとき
理由は実に簡単で
自分のやりたいことをやれてないから、なのよね。

それがわかっていても
やりたいことばかりやって生きていくことは難しく、
どうしても“やりたくないこと”もやりながら
何とかして生き延びていくしかない。

ただ、やりたいことが自分にはできない
と最初から諦めてしまう人は多分少なくて、
まずはやってみようとするとは思うんです。

その努力の大小は違うけどね。

例えば子供の頃、
あるヒーロー映画に感動して、
ようし、オレは役者になってあんな映画に出てやるZE!
なんて思ったとすると、
役者になるにはどうすれば良いか
ということを探ってみるよね。

どんな勉強をすれば良いか。
どんな資質が必要か。
どんな条件を満たせば良いか。

それらを総合して、
目標が自らの才能と努力の射程距離内にあるだろうか
ということを見積もる。

で、それがかなり非現実的か、
それをやるには大きなリスクを伴うか、
実現するには計り知れない努力が必要そうだ
ということになったとき、ある人は諦めるだろうし、
いやオレにはできる!と思える人なら突き進む。

本人が諦めるならそれまでだけど、
それでもその夢を叶えてやるぞ、となった場合、
そのときの周囲の反応ってのは結構でかい。

そりゃお前にはムリだ、と諦めさせようとするか、
よし、お前がやりたいならやってみろ、と応援するか。

子供の頃は誰でも大きな夢を持っていると思うんだけど、
その時期の進路の選択については、
友人や学校の先生の言葉というのもある程度影響はあるけど、
中でも親の理解というのは、かなり比重が大きいよね。

親が反対派だと、ダメなのかぁと諦めの道を選択しやすく、
親が応援派だと、本人は比較的迷いも少なく突き進める。

んで、前世代的な、保守的な親というのは、大抵前者。
そんな夢みてないで、ちゃんと学校の勉強して、
大学出て、就職しなさい、ということになる。

おそらく、私世代の親ってそういう人が多いんだよね。
ま、うちの親がそうだったんですが。

ちょうど学生時代にバブルが崩壊して、
社会に出る頃には就職氷河期だった
いわゆるロストジェネレーションといわれるのが
モロに私の世代にあたる。

その親が子供にリスクの少ない道を選択させようとする
その気持ちは理解はできるんですがね。

でまぁ、その結果が現状の社会なわけです。

最初からやりたいことをやって失敗したのなら
それは自分のせいだから納得もできようものですが。

本当はやりたかったことを我慢して、
安全で無難な人生を選択をしたはずなのに、
普通に就職すらできず路頭に迷ってる、とか、
そんな惨状に陥ってる人がかなり多い。

そうなったのは全部親の責任だ
というわけでもないでしょうけどね。

人というのは、特に誰かに反対されなくとも、
大きな努力を必要としない安易な道を選択しやすいし。
で、追い討ち的にそちらの道を誘導されたら、
ホイホイそちらに流れていくわけですな。

そこらへんの環境というのは、
後々に大きく響いてくる要素であることは確実。

こないだ、ボーッと深夜NHKを見てたら
トップランナーに声優の平野綾って人が出てたんですね。
最近の萌え系アニメに出てる話題の人?です。

彼女は子供の頃のかなり早い時期に
自分はお芝居の道に進むZE!と思ったらしいのですな。
で、そのとき親は「おう頑張れや」派だった。

そのまま劇団入って、
しかし、彼女の童顔故に子供役がまわってきたり、
声と役が合ってないと指摘されたりということもあって、
どうやら自分は声を使い分ける役みたいなのが向くかも?
と気づいて、よし声優でいこう、となったみたいな。

MCの箭内さんも言ってたけど、
自分はどの道が良いのか、
ってことに気づくのが、彼女はかなりはやい。

自分のやりたいことを積極的にやってる人ってのは、
選択肢も自分でつくって自分で選んでいくという
強い意志みたいなものがあって、
仮にある選択に失敗しても、
それ以外の道をちゃんと切り開けるのですな。

親にいわれたから、周りがそうだからと
受身的に人生を流してる人には
そういう軌道修正がなかなかできない。

やっぱり、やりたいことやれて人生だよなぁ。

やりたいことやってみて、
ダメならダメでよくて、また別のやりたいことを見つけて、
それをやってみて、またダメなら別のを…
みたいな人生でも良いんじゃないか。

少なくとも、やりたいこともやれず鬱屈してるよりは、
その方がだいぶ明るい世の中になると思うんだけどな。

って、気軽にそんな修正ができる世の中でもないんですがね。

でもね。明らかにこれは違うと思ってることを
終身やり続ける人生というのも、つまらんでしょ。

といえど、自分のやりたいことが何なのか、
そこから分からない人も多いんだろうけど。
それでも、自分のやりたくないことは分かるかと。

とりあえず、そこを変える努力をしてみるのは、
悪いことではないんじゃないかねぇ。


にしても、やっぱりマンゴー多いよ。
これは宮崎県の陰謀なんだってね?

|

« 税金が高い件(2) | Main | 秋葉原通り魔事件 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/41475720

Listed below are links to weblogs that reference 人生二度あれば:

« 税金が高い件(2) | Main | 秋葉原通り魔事件 »