« February 2008 | Main | April 2008 »

March 29, 2008

春酔

ぎりぎりぎり、ばっつーん。


桜が咲いておりますね。
映画ドラえもんやってますね。
もうそんな季節なんすね。

あれぇ。こないだ年が明けたと思ってたのに。

気にしなければ気にならない。
気にすれば気になる。

当たり前のことですが。

渋谷で東横線の始発電車に座ってたときのことですが。

ときのことですが、
とかいって、特に何かあったわけじゃないけど
そのときに気づいたこと。

電車って微妙に揺れてるじゃないですか。
ゆらゆらと。ゆらゆらと?
そんな優雅じゃないけど揺れてるじゃないですか。
止まってても。

で、そのとき、電車のサスペンションの音だと思うけど、
きーこきーこ鳴ってるんですよね。

その音。

その音って、普段はあまりに聞き慣れてて、
多分そんな音存在しないのと同じになってると思うんですね。
でも、鳴ってるんですよ。
きーこきーこ。

初めてそれを聞く子供とかなら
多分気にするんじゃないか。

でも、特別珍しいものでもない限り無関心な大人は、
そんな音スルー状態なんですよ。

そういえば以前、職場で
周囲でキーボードやマウスをカチャカチャやる音が
それを気にし始めるととてつもなくデカイ音で、
こんなデカイ音普段は気にせず仕事してるのか?
と思ったことが。

経験を積めば積むほど感覚にフィルタができてくる、
というのは、こういうことなんだなぁ
と、改めて思ったのでした。

という意味で、
聞こえているのに聞こえてない音、
見えているのに見えないもの、
そういうものが、世の中にはかなりあるんじゃないか。

トトロみたいな。

いや、トトロはさすがにそこにいりゃ気づくけど、
一旦フィルタ対象になってしまったものって、
以降は、気をつけていてもなかなか気づけないもので、
そうして感覚が乏しく、錆びれていくのが
なんとも寂しいことだなぁ、なんて、
きーこきーこという音を聞きながら思ってしまいました。

特に最近はずっと仕事や2chばっかりで(え?)
外向きの感覚がどんどん鈍くなってるのよね。
桜が咲いてたのも、やっと今日気づいたくらいで。
(てか、いつから咲いてたのか?)


そろそろ仕事も落ち着いてきたし
去年は夏休みも冬休みもほとんどなかったので、
ここでドカッと休みとって、旅に出たいな。

旅に。


キノの旅、新刊出てないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2008

買っちゃった(2)

さて、届きました。

32型液晶ワイドテレビ(ハイビジョン対応)

案の定、横幅はアウトでした。

今のテレビ(25型)の両サイドには、
かっこつけてMDコンポのスピーカーを置いてるんですが
(置いてるけどテレビに接続してないので音は連動しない)
それをどかさないと32型ワイドは設置できません。

とりあえずスピーカーをどかして、
新テレビを設置してみる。

ここで、裏技がひらめきました。

旧テレビはブラウン管なので奥行きがあったんだけど、
新テレビは液晶なので、旧より薄いじゃない?

そうです。テレビの裏にスペースがあるんです。
ここを有効利用しない手はない。

スピーカーをテレビの裏の空いたスペースに置いたら、
結構おさまり良く落ち着いちゃいました。

やったよ。まさに裏技。


で、さっそくその高画質を見てみる。

地上波は、あんまり変わらないすね。
てか、むしろブラウン管の方がキレイ。
液晶だと逆に絵が潰れちゃう感じになります。

ここらへんはまぁ仕方ないか。

HD対応というのは、
あくまでHD映像がきれいにみえる仕様であって、
従来のアナログ映像はまんまなんですな。

じゃ、ディジタル映像はどうなの。

CSの地上波ディジタルに切り替えてみると、
こちらはさすがにキレイ!
こっちもダメだったらどうしようかと、
逆に心配してしまったので、
キレイだったことに感動するというより
むしろホッとしてしまいましたよ。

でもま、いろいろディジタルに切り替えてみると、
おおーやっぱりイイネーとなります。
アナログにあったノイズはまずないし、
字幕なんかはコントラストがはっきりしてて読みやすい。

ま、今はそんくらいですが。

地上波は、所詮地上波です。

アナログで放送されてるやつが、
そのままディジタルになってるだけなので、
それ以上はない。

てか、HDに対応した映像媒体(BDとか)が
今手元にないんすよね。
今度何か適当なソフトを買ってきて
高画質を体験してみようかな。

折角買ったんだし、
最初くらいは堪能しないとね。


とりあえず、置けてよかった。


さすが!と思ったのはゲームの方ですが、
それについては、また別枠で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2008

買っちゃった

ずっと買おう買わなきゃ買うべきと思ってて、
いつものオートアビリティ衝動買いが発動しかかっては
寸止めになっていたんだけど、
今日、それがついに発火してしまいました。

ハイビジョン対応テレビ(いわゆるHD)買ってしまいました。

買って、まだ届いてはいないんですがね。
明日届く予定。

なぜ買うのをためらっていたかというと、
その第一の理由は、部屋が狭い!ということ。

もうね。
何も置き場がないくらいモノがひしめいてまして。
いい加減引っ越すべきなんですがね。
いい歳した男が一人暮らししてるんだから、
引っ越す余裕がないわけじゃない。

ま、テレビを買う余裕くらいはあるわけです。

でも、買っても、それを置く場所の確保に難儀する。
今のブラウン管テレビは普通の4:3画面の25型でして、
その縦幅を維持して最近のワイド画面テレビに替える場合、
32型とかになるんですって。

別にサイズが小さくなってもいいんだけど、
やっぱり何事もグレードダウンって、
あんまり感じよくないじゃないですか。

だもんで買うなら32型以上だと思ってて、
実際に店頭などにいってみると、
確かに縦幅は今の25型と同じくらいなんだけど、
横幅はしっかり32型サイズなわけです。

絶対今の部屋に置けねぇ、
と思って、ずっとあきらめてたんですが。

今回、ようやく普通に2連休とれて、
ひさしぶりに街の電気屋さんへ出かけてみたわけです。

するとですね、
32型のHD対応テレビが、12万円とか13万円とか。


 えっ?


値段見て、思わず小さく声が出ちゃいましたよ。

家電が値下がりしたとはよく聞いてたんだけど、
ここまでとは思ってなかった。
…てか、時代に置いてかれてるなぁ私。

13万円て。しかも最新型が。

型落ちが値崩れしてそのくらいになるのはわかるんだけど、
今年春に出たばっかりのモデルがその値段て、どんだけ。
絶対メーカーは元取れてないよね。

今ってこんななんですか。

さすがにここまで安くなると、
私の衝動買いアビが抑えきれなくなってしまって、

 「これ、いっこくださーい。」

となっちゃったわけです。

どうも店員の話をきくと、
最近は、最新型が一番高性能とは限らないらしいすね。
価格を抑えるために、前のモデルにはあった機能を
わざわざ削ってコストダウンしてるものも多いとか。

あと、32型とかそれ以下のサイズだと
プラズマよりも液晶が主流になってるわけだけど、
SO製のBなんとかとかP製のVなんとかなどは、
画質や機能面で液晶にはあまり力を入れてないらしく、
買うならV製とかSH製が良いと勧められました。

ということで、ウマウマとV製の液晶HDテレビを買い。

てか、買っちゃったよ。

どうするよ。

置けないよ。

HDは楽しみなんですがね。
これでやっとPS3とかXboxとかが本領発揮できる!
(そっちかい)

なんとかテレビ台の上にひしめいてるモノどもをどかして
その領域を確保せにゃならんのですが、
どかしたものを今度はどこに置くの?
という話になってくるわけで、今、微妙に悩んでおります。

なんとかなるよ。きっと。
場所だけは物理的にどうにもならないんだけど。
まぁ、寝る場所がなくなるだけだけどね。
寝なくていいよね。
よくねーよ。
どっちだよ。


いずれにしろ、
明日うちにHDテレビがやってきます。


わーい!楽しみだぎゃ。
(やっぱりここはプラス思考)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 12, 2008

かずちゃん

出会いと別れの季節。

そういう事態だけにはなるまいと思ってたんだけど、
ついにそういう事態になってしまった。

先週の土曜日、いつものように(?)
休日出勤で職場でグロッキーになってたら、
実家から携帯に電話が一本。

 「日田のおばあちゃん、亡くなったんよ。」

え?ああ、そうか。。。

まずはそういう感想でした。

日田というのは母親の実家の地名で、
つまり、うちの母方の祖母が逝ったという知らせ。

数年前に脳梗塞で倒れたときいてたんだけど、
それ以来ホームで寝たきりになっていたようで。


私にとっておばあちゃんは
どちらかといえば父方の方の祖母で、
母方の方の祖母は
母親が実家へ里帰りするときに一緒についていって、
そのときに会う程度でした。

会うたびに私のことを「かずちゃん」と呼ぶのだけど、
なぜそう呼ばれるのか最初はさっぱりわからず。

ちなみに、私の本名は、かず何とかという名前じゃありません。

でも、その呼び名にもだんだん慣れて、
このばあちゃんは私を「かずちゃん」と呼ぶ人だ、
ということでそれが普通になっていました。

田舎にいるときはすごく元気で、
夏はいつも果樹園に出て梨の世話をしていて、
山に出れば熊や猪に遭遇した、
なんて武勇伝も何度か聞かされていたので、
いつしか不死身のばあちゃんのイメージがつくほど。

一昨年かな、帰省したときに
一度だけ見舞いにいったことがあるんだけど、
そこには昔の元気なばあちゃんの面影はなく、
すっかり無口になって、
ベッドの上でぼーっとテレビを眺めてる、
そんな姿を見て、
何とも居たたまれなくなったのを覚えています。


本当はすぐにでも実家へ戻って葬儀に出るべき、
なんだけど、今は修羅場真っ只中という感じで、
とても実家へ帰れる状況ではないという悲しさ。

それでもね。
第一報をきいたときは、とりあえず帰らにゃと、
その携帯ですぐ飛行機のチケットを予約したんですが。
その後、母親から「無理せんでもええよ」と電話があり、
いろいろ考えた挙句、結局、帰省は断念。
(そのかわり、初盆は絶対帰って来いとクギを刺されたけど。)

本当は、仕事に追われて身内の弔事に行けない、
ということだけは避けたかったんです。

仕事なんて、今失敗してもまた次があるんだけど、
お別れはそのとき限りですからね。


ばあちゃんゴメン!往生してください。


あー、そうか。
私のことを「かずちゃん」と呼んでくれる人は
もうこの世にはいなんだなぁ。。。


よし。次誰か逝ったら、絶対帰るぞ!
(縁起でもないな)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2008

Vistaが売れないわけ

桃の節句も過ぎましたな。早くね?

マイクロソフト、「Vista」小売価格の値下げを発表
ZDNet Japan

これもまたなるべくしてなった流れでしょうな。

でもね。

これはパッケージをいくら値下げしても、
Vistaの場合、あまり売れ行きは変わらんと思うのです。

VistaというOS自体を純粋に評価すれば、
おそらくXPなんかよりずっと機能も上だし、
セキュリティもユーザビリティも格段に上がってるはず、
なんですが。

XPが発売されたのが2001年だから、
それから7年越しの時期バージョンだもんね。
当時前提されていた技術からしてみれば、
今ある技術の方が進んでいるのは確か。

そのVistaが不評なのは、
グラが重いとかOSだけでリソース食いすぎだとか、
いろいろ不満の声は上がってますが、
私が思うVistaが売れない一番の原因は、
従来のWindowsにあった互換性が失われていること、
じゃないかと思うんですよね。

要は、XPまで動いていたソフトがVistaでは動かない。

そんなケースがかなり多い、
というか、基本的に従来のソフトは動かねーよ?
というポリシーで開発されたみたいなところもあって、
そこが一番クリティカルにユーザの不評を買ってるんじゃないか。

XPって、さりげなくWindows95のソフトまで
エミュレートなしで普通に動いてたりしてるんですよね。
デバイスドライバの類も、WinNT系(2000とか)のものが、
XPでそのまま使えたりする。

だから、OSをWin98や2000なんかからアップしても、
それまでのソフトやハードがそのまま従来通り使えて、
比較的スムーズにOS移行できてるところがあった。

ところがVistaときたら、バージョンアップしたら、
酷いときはドライバ系は全滅だったりするらしい。

そりゃ萎えます。

多分、動きが重いとか、メモリ使いすぎとか、
そんな問題は今のハードの性能をもってすれば、
難なくクリアできる問題だったりするんです。

それって、どういうことか。

今、新規にWindows PCを購入する人であれば、
メモリ1GとかCPUもCoreDuoとかアタリマエの時代なので、
おそらくVistaはベストな選択肢なんですよ。

ただ、既にPCをある程度使ってる人で、
その今使ってるOSをバージョンアップする、という場合、
Vistaは悪夢。

まずメモリは買い足さないといかんし、
場合によってはHDDやグラボなんかも強化しないといかん。
CPUも変える場合、マザボが対応してる必要があるので、
そうなると、自作機でもお手上げ状態。

ギリギリ必要スペックを満たしているPCだったとしても、
バージョンアップしてみれば、
プリンタとかスキャナとかハード全部使えなくなったり、
それまで愛用してきたソフトがVistaで動かなかったり、
OS自体は何とか動くもノロノロでんでん虫状態だったりと、
悲しい物語がいろいろ待ち受けているわけです。

ソフトウェアというのは、多くの場合
過去の遺産というのは足かせだったりするので、
そういうのは全部脱ぎ捨てた方が良いとは思いますがね。
気持ちはよくわかるけど。

これね、“Windows”と唱って発売したからいかんのじゃないか。

Windowsは、もっと軽めのOS路線で走って、
次世代向けにVistaというOSを別枠で出せばよかったんじゃないか。
WindowsではなくVistaを選んだ、ということになれば、
ユーザの能動的購買欲由来になるので、騙された感はないでしょ。

Winは過去にDOS系とNT系を分けてたんだけどね。
折角XPで統合したのに、また分割したくないのかどうなのか。

少なくとも、私の今のPCのスペックでは、
おそらくVistaは動かない(動いても使えない)わけで、
その時点でパッケージのVistaを買う、
という選択肢はなくなっているわけです。

新しいPCをつくるか買い換える、となれば、
当然Vistaも視野に入ってくるんでしょうけどね。


てか、新しくつくるならもうLinux系でも良いけどね。
(Macは、ちと高い。)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »