« 更新とか。 | Main | 信念 »

November 14, 2007

仮想化

「当駅ではー午前7時からー東神奈川ー東神奈川です」
じゃ7時までは東神奈川じゃないんかっ。

「当駅ではー喫煙所以外ー東神奈川ー東神奈川です」
じゃ喫煙所は東神奈川じゃないんかっ。

「…禁煙となっております」と続くところに
列車到着の放送がかぶってるだけ。
(いわずもがな)

久々に京浜東北線を使って帰ったんだけど、
やっぱりずっと立ちっぱなしは疲れます。
ジジイなので、座るのに慣れてしまうと
なかなか元には戻れないのです。あーヤダね。

今日はなぜそっちがわで帰ったかというと、
NHKが世界初で月をハイビジョンカメラで撮影したということで、
それを今夜の番組で放送するというものだから、
毎日夕方5時にやっていた逆転イッパツマンが見たくて
学校から家まで全力疾走した小学生のあのときみたいな気分で
(そこまで走ってないけど)早足で帰ってみたのでした。

まるで関係ないですが、イッパツマンは
あのシリーズでヒーローが3人組にやられることが(1回だけ)ある
唯一の作品なのだ。
(まあそこはそれ、逆転なわけですが…)


で、お月様です。

いやーキレイだねー。すばらしいねー。
とでも書こうかと思ったけど、まぁそこまででもなく、
至って普通に見てしまいました。

番組の出演者は、
いやー自分が地球人だと改めて思いましただとか、
月の世界があるという実感が沸きましただとか、
いろんなことをいってましたが。

うちのテレビがハイビジョンじゃないからかしら。
いやいや、地上波だし。

確かにキレイです。
アポロが持ち帰った荒っぽい漢らしい写真とは格段に違って、
映像は鮮明だし、地球(の出)もキレイに映ってました。

でも、うひゃーすげーや!みたいな感動はないってこと。
私(の心)が荒んでしまってるから?

やっぱり映像とか音声なんてのは、
結局視覚と聴覚のみに訴えたバーチャルなものに過ぎない、
というのが私の中の理解の落としどころ。
それそのもの、実物を間近で見て感じて
初めて(本当の)感動というものは得られるんだろうなあと。

月だって、やっぱりそこにいってみないと、
テレビで観ただけじゃ「うひゃーすげーや」とはならんでしょう。

月どころか、私は地球さえろくに見て回ってませんがね。
どっか遠くに旅に出たいなぁ…。


何かの番組で、あるGPS端末を持って移動すると、
その移動経路と時刻が遂次記録されて、
それをPCに取り出せば地図上にその経路を表示できる、
というシステムを紹介してたのです。

それであるサラリーマンの普段の経路を記録してみると、
都市圏のごく狭い範囲でしか動いてなくて、
あー私はもっとヒドイよ、と思いながら見てたんですがね。

地球全体で見れば、ほとんど点だよね。

地球全体でみたときに自分の普段の行動範囲というのが
どれだけ狭いかということを知ると、ちょっと萎えます。

最近はいろんなものがバーチャル化(仮想化)して、
人は実際に動く必要がなくなってきているんでしょうね。
情報の移動だけはすごい速度と量なんだけど。


とりあえず、セレーネのハイビジョンカメラなんてのは
エンターテインメント要素としてのオマケよね。
(ずいぶん高いオマケだけど。)
あの探査機にはもっといろんな機器が積まれてるので、
その真価が発揮されるのはこれからでしょう。


あーそういえば。
ヤッターマンより、イッパツマンがよかったな。

|

« 更新とか。 | Main | 信念 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

月からの地球の映像、
カナダのニュースでも映ってました。
きれいでしたよ~。

うちはハイイジョンです、
そしてニュースもハイビジョン(えっへん
って、別にいばることでもなんでもなかった。笑)

でも、もっとながーくみていたかったです。

日本のことをこっちのニュースで映すときは
笑い話が95%なので
今回はうれしかった。笑
(ここでも、カナダ人にむかって、えっへん。
あ~、今日の私はいばりんぼ)

Posted by: makiko | November 16, 2007 at 12:31 AM

初めて月にハイビジョンカメラが行ったということ自体は快挙ですよね。鮮明な月や地球の映像が撮影できるので。

個人的には、月には映像的な見所はそれほど多くはないのかなと思っていたりもします。おそらくずっと同じ景色ですから。という意味では、もっといろんな星へ出かけていく惑星探査機にそういうカメラを積んで欲しいなぁと。

月探査は、主にその地質や資源調査が重要なのかなと思ってます。あと月の地図作成もするといってましたね。おそらく人類が地球を出てまず降り立つ星は月になるでしょうから、それを夢ではなくちゃんと地に足をつけた計画として遂行するという意味でセレーネの役割は大きいでしょう。

Posted by: 月影 | November 17, 2007 at 10:53 AM

関係ないですが、うちの近くの駅では
「黄色い白線の内側まで下がってお待ち下さい。」と
アナウンスされます。

Posted by: RORO | November 19, 2007 at 01:17 PM

普通名詞が固有名詞化してますな。

その逆はよくあるんですがね。

Posted by: 月影 | November 21, 2007 at 12:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/17076049

Listed below are links to weblogs that reference 仮想化:

« 更新とか。 | Main | 信念 »