« 次世代 | Main | Busy Beaver »

October 16, 2007

らしさ

川の向こうへ渡りたがっているサソリがいた。

サソリはカエルに背中に乗せて向こうまで渡してくれと頼んだ。
カエルは一度はうなずいたが、
やはり思い直して「やっぱり君は僕を刺すだろうから断るよ」といった。

サソリはいう。

「僕は泳げないんだよ。
そんなことをしたら僕も溺れ死んでしまうじゃないか」

カエルはなるほどと思い、サソリを背中に乗せて川を泳ぎ始めた。

しかし、川の真ん中あたりまできたところで、
サソリはカエルの背中を刺してしまった。

カエルは苦しそうに「なんで僕を刺したりしたんだ」と叫んだ。

そこでサソリはこう答えた。
「僕はサソリなんだ。サソリは君を刺すものなんだ。仕方ない。」

サソリとカエルはそのまま川底へ沈んでしまった。

。。。

これは、以前職場の人に教えてもらった話なんだけど、
あまりに無茶な文脈だったので、気になって、
ちょっと調べてみたら、どうやらベトナムの民話らしい。

でも、よく考えたら、これは無茶でもなんでもなく、
全く素直なそのまんまの話なんだね。

みんな実はサソリなんだけど、
普段はその本性を押し隠して生きているんじゃないか。

ただ、サソリの本性が“悪”だというわけではない。

それがサソリという生き物のありのままなのだから、
誰も何も責められるものではないし、
誰も何も褒められるものでもない。

変にサソリではないフリをしているサソリよりも、
サソリとしてそのまま振舞うサソリの方が、
自然体だし清清しい。

ただ、上記の寓話には、
理性的に考えるとやはり合点がいかない。

サソリは生物である以上、
幾多の状況下で自らの生存を最優先するはずであり、
また、相手を刺すには動機があるはずで、
それは多くの場合、餌を得るという目的にある。

話中では、そのいずれも無視して、
サソリはカエルを刺し殺してしまっている。


そこに違和感を覚えるのが、
理性のある人間らしさ、なのかもしれない。

ただ、人間は理性ばかりではなく、
サソリの本性に相当するものもしっかり持っている、
のだろうね。

|

« 次世代 | Main | Busy Beaver »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/16774305

Listed below are links to weblogs that reference らしさ:

« 次世代 | Main | Busy Beaver »