« 無所属 | Main | らしさ »

October 11, 2007

次世代

今年のノーベル物理学賞は
自然科学というよりは工学方面の業績でしたね。
ノーベル賞公式サイト

そういえば、次世代DVDの話ってどうなったんだっけ。
Blu-ray Disk(BD)とHD DVD。
まだこれからの話ですか。

こういう技術は確かにすごいと思うんだけど、
なんかもうDVDで十分じゃないか、
というのが庶民的な見方ですよね。

DVD黎明期も、VHSで十分じゃないか、
とかいわれてたっけ。

こういう流れって、性能云々よりも普及率ですね。

VHSとベータマックスの時代の話でも、
画質自体はベータの方が上だったにも関わらず
VHSの方が普及したので勝負がついた。

今回は、価格の面でいえばHD DVDの方に利がありそうだけど、
性能面を見るならBDの方が圧倒している。
といえど、前例に見るように性能が勝負の行方を決定づける
強固な要因とはなりえないのも事実。

結局のところ、
技術競争よりも営業戦略の方が重要になってくる。
どっちの商品がより多く世に出るか、なんですね。

現時点でぱっと見ではBD陣営の方が優勢にみえる。
高品位な機種を出す主要なAV機器メーカは、
大体BD支持にまわってる。
(SONY、松下、シャープなど)
どちらかというと安価な製品を提供するメーカは、
HD DVD支持にいってる、ような感覚。
(東芝、三洋など)

最近は電気製品自体の価格が下落傾向なので、
消費者はより品質の良いものを求めやすくなってきていて、
そういう意味では、高品位メーカーの製品が
手の届く位置に降りてきているというところで、
もともと安く売っているメーカーには不利な状況といえるかもね。

個人的にはBDの方が好きです。

これは特にどこのメーカー贔屓があるとかではなく、
開発サイドの姿勢の話ですね。

HD DVDの最大の売りは従来のDVDとの互換性だと思う。
これまでのDVDも変わらず利用することができて、
かつ新しいHD DVDも扱えるという点。

これは従来のDVDが変わらず利用できるというところで、
ユーザにとっては魅力だし、
生産サイドも初期投資が比較的低コストで済むというのは、
大きなアドバンテージだと思います。

それに対してBDは、DVDと同じ12cmディスクではあるものの、
ディスク自体の構造がDVDとまるっきり変わっているので、
ユーザとしては従来メディアが使えなくなるし、
生産側も乗り換えるにはハードの全取替えになる。

そこだけみると、HD DVDがいいんじゃないか?
と思えてくるんだけど、逆にいえば、
BDというのは、そういう消費者の大きな懸念を承知の上で、
あえて全く新しい次世代の技術に挑戦しているわけです。

過去の仕様に引きずられずに、
新機軸の上で新しい技術で勝負してくるというあたり、
なんと男前じゃありませんか。

何かを得る為には、
それと同等の代価を支払わなければならない。
等価交換の原則です。
鋼の錬金術師です。賢者の石はないんです。

技術というのは、そうして進歩していくもんです。
(錬金術は関係ないです。)

古いシステムの仕様を下手に引き継ごうとするから、
バグとかいっぱい出るんですよ。
旧システムのデータ構造とか、スッパリ捨てましょうよ。
移行プログラムとか、ロールバック処理とか、
そんなのもう考えたくないです。

時代は変わってるんですよお客さん。
わかりますか。わかりますよね。
時代はASPでもStrutsでもないんですよ。
WebWorkでいいじゃないよ。Struts2ですよ。

あと、旧URLリライトとかやめようよ。
新しいシステムに全置換してよ。

って何の話だ。

つまりね、BD精神が好きです、ってことです。
安藤美姫も好きです。彼女ならコケてもいいです。
ニキビあってもいいです。

ところで、こないだの日米対抗のアメリカ人選手、
アメリカ人なのに日本人っぽいのが多かったよね。

って何の話だ。

いつまでも過去を引きずってるようじゃダメだってことです。
コケてもまた立てば良いのだ。
(でも、会社倒れたら、もう立たないか?)

ところで、BDはなんで“Blue-ray”でなく“Blu-ray”なんだろう。。。

|

« 無所属 | Main | らしさ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Wikipediaによると

なお、名称が「Blue-ray」でないのは、「Blue-ray Disc」とすると英語圏では「青色のディスク」という一般名詞となるために商標上使用できないからである。

らしい。

営業戦略の方が重要、は同じこと思った。テクノロジーを駆使した商品に限らず、コンビニに並ぶ膨大な数の飲料とか、CMなどのブランディングで売行きが決まる気がする。

Posted by: | October 11, 2007 at 11:14 AM

一般名詞は商標にできないんですね。

モノが売れるにはもちろんモノ自体の品質や実利が伴わないと駄目なわけですが、2者あって一長一短でどちらを選んでも大差ないといった場合には、やっぱり売り方が勝敗を分けるでしょうね。

ちなみに、HD DVDにはMSがついてるみたいだけど、ディスクを使うMSのハードってXboxくらいしか思い当たらない。。

Posted by: 月影 | October 13, 2007 at 12:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/16726223

Listed below are links to weblogs that reference 次世代:

« 無所属 | Main | らしさ »