« 時代の常識 | Main | 陰謀 »

July 01, 2007

冷酷な私のテーゼ

新手のテロリストの話題をひとつ。

 電車で異臭騒ぎ?
 (asahi.com)

まぁ意図的なもんではないんでしょうけど、
間に合わんほど我慢して電車に乗るというのもどうかと。。


最近、妹から母の日やら父の日やら、はたまた敬老の日に
実家に贈り物するんだというメールが飛んでくるようになって、
少なくとも一昨年まではそんなこと何一つやってこなかったので、
一体どういう心境の変化なのだろうかと訝ってるんだけど。

とりあえず送金。
(何を贈るかの選定はマカセタ。。)

まぁ、世間からしてみれば
私はかなり冷たい親不孝な子供だと思うんだけど、
(滅多に連絡とらないし、プレゼントとか一切しないので)
クレといわれればやらないわけではないのです。

つまり、自発的にそういう善意的な行為はしない。

ただ、私の周囲の人の話を聞いてると、
結構みんなそういうことに気を遣ってるっぽい。

母の日、父の日、また誕生日などに
何か贈り物をするという習慣は日常に近いもの感というか、
それをするのは当たり前でしょ的な空気が感じられるのです。

私にはそういう感覚が皆無だったので、
そちらの方が一般常識なのかというところで、
微妙にカルチャーショックだったんですが。

どうなんすか。一般的に、そういうことはするものですか。

いや、両親や祖父母を大事にするとか
何か贈り物をするというのが好ましいことだという認識はあるんだけど、
それは理想であって、現実にどっちが多数派かといえば、
私は冷酷な子供たちという方が多数じゃないか?
と思ってた、というか、そういうことをするのは

 欧米かッ!

という感覚があったというか。

自分の中で「コレが世間の常識」と思ってるものって、
結構思い込みなものもいっぱいあるのかもね。
実はそう考えているのは私だけだったみたいな。

いや、違うな。

一般常識というのは、
そもそも一般世間で多数派であるというだけであって、
人それぞれ感覚が違うのは当然なんでしょう。

だから、考え方としては、
他人が必ずしも自分と同じ感覚であるとは限らない、
という意識が必要ということであって、それは翻って、
自分の考え方をむやみに他人に押し付けてはならない、
ということで。

電車で年寄りに席を譲るのは常識ではなく、
その当事者の価値観や考え方次第ということであり、
席を譲るのが理想ではあるのだけど、
むやみに年寄りを甘やかすなという信念の持ち主であれば、
席を譲らないのもひとつのポリシーという考え方もある。

我慢に我慢を重ねてまで電車に乗って、
その末に電車で意図せずテロ行為をしてしまった人にも、
何か信念があったのでしょう。。。

って、ねーよッ!

そこは信念とか価値観云々ではなく、
冷静にモノを考えろって方の話だよなぁ。多分。
このところの真夏並みの暑さで、
人の判断力も(体力も)萎えてきてるんでしょうかね。。

私もその暑さに負けて遂にエアコンを起動。
ただし、冷房28度メインで。


ところで、エアコンは
冷房モードより除湿モードの方が電気代がかかるんですね。
(機種や温度設定にもよるけど、一般論として。)
これは常識云々の話でなく、一般的な事実。

|

« 時代の常識 | Main | 陰謀 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

私も、カードとか贈り物は
”欧米の習慣”とか
かってに思ってました。笑

バレンタインとか、クリスマスとか
結婚記念日とか、プレゼント別にもらいたくないです。笑
現金はうれしいけど…

Posted by: makiko | July 03, 2007 at 09:21 PM

プレゼントは、私はもらえるなら欲しいですが。(w

もらえもしないし贈りもしない文化の中で育ってきたので、
今さらそういうのもなんか面倒くさいというか、
微妙に恥ずいというのが正直な気持ちですね。。

Posted by: 月影 | July 03, 2007 at 11:35 PM

自分としては、クリスマスはもちろん、誕生日も「欧米かっ!」って感じ。日本人(の子供)なら正月にお年玉だけもらってれば良いだろ

と思ってたら「菊次郎とさき」で父の日をやっていて、意外に日本での歴史があるのか、とも思ってみたり。

結局はその人の常識(あたりまえ)と思うところは育ってきた環境が基準になるんだろうな、ということで、他人の常識も善悪の判断とは別に受け入れる姿勢は持っていたいものだ、と。

最近では、屁理屈こねて給食費を払わないようなモンスターペアレンツの問題に対し、「常識が無い」「信じられない」というような感情論だけで話をする人もいますが、それで払わない親を批判するだけでは何も変わらない。
結局は制度に問題があり、それが利益になるなら(善悪の判断は別にして)利用する人が出てくることの方が常識として捉えなければ。そこからどう制度を変えていくか、という話をしないと結論は見えてこないのに。
そんな批判をする人たちにも、「年金を払っているか」「NHK受信料を払っているか」と聞けば、全員が全員とも払っているとも思えず、そんな時その人はどんな言い訳をするのだろうか。
(ここに書く愚痴ではなかったか(^^;;;)

Posted by: もじお | July 08, 2007 at 06:03 PM

私の中のイメージでは、
田舎育ちの人はあまり欧米ナイズされてなくて(例:私)、都市部育ちの人は欧米ナイズされてる感(例:私の今の周囲)があるんですよね。(欧米ナイズとか勝手につくったけど)

それも偏見か。。

人に文句ばっかいう人って大体自分のことを棚にあげてますね。それは多分、普段自分がやるべきことをやってないことについて自分が文句いわれてることがあって、他の人のそういう部分があったら(八つ当たり的に)言い返してやらないと気がすまないみたいな心理が働いてるように思えます。本当にちゃんとやってる人は結構何もいわないことが多い気がしますね。


Posted by: 月影 | July 09, 2007 at 12:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/15614014

Listed below are links to weblogs that reference 冷酷な私のテーゼ:

« 時代の常識 | Main | 陰謀 »