« 待ち遠しさのパラドックス | Main | 坂井泉水さん、死去 »

May 24, 2007

残虐非道


 大学で銃乱射。(US)
 母親を殺した上に首、腕を切断。(国内)
 友人の小指を切断してカレーにぶち込む。(国内)

最近のニュースを見聞きしててちょっと思うのは、
みんな子供のまんまなんだなぁ、ということ。

子供というか、
モラルや社会性というものを理解する以前の状態、
相手の心情を察する努力をしない、
湧き出てくる不満や欲求を制御できない、
自分自身が世界の主人公の王子様というか。

思い返せば40年前の私も……

 って、私生まれてません。

思い返せば25年くらい前の私も、
多分あんな状態だったんじゃないかと。

かなり虫とか生き物を殺した記憶があるんですよね。

アリを見つければ踏みつけてたし。
バッタやカマキリを壁に投げたりしてたし。
トンボやセミなんかなんぼほど無駄に捕まえたことか。
やさしく飼っているなんて気になって、
カブトムシやクワガタなんかも虫かごに入れたまま、
世話が面倒になると放置で殺してたし…。

他にも、カエルやらトカゲやら
果てはニワトリやらネコやらにした仕打ちの数々。。。

あの当時の残虐非道っぷりといったら、
もし地獄があれば確実に私は地獄へ行くなぁ…
と思うくらいやりたい放題でした。

ただ、どういういきさつか覚えてもないけど、
だんだん殺生はイカンことだということを理解しはじめ、
相手の立場になるということも学習して、
とりあえず一定の常識は得て今に至る、ということか。

それで、どっかの学者っぽい人がしたり顔で
「ゲームと現実の世界の区別が付かなくなっている」
とかなんとかいってたんですが、問題はゲームではなくて、
ゲームしかしないようになる経緯にあるのよ。これ。

いつかのネプ理科で、
隔離コオロギの話が出てたのを思い出した。

 これですね
 (ネプ理科 06/12/06 - youtube.com)

集団の中で飼育したコオロギと、
1匹だけ隔離して飼育したコオロギとでは、
隔離コオロギの方の気性が荒くなると。

これ、気性が荒くなる、というよりは、
相手も自分と同じ生物である、
という認識が欠落しているか薄いんだろうと思うんですね。

つまり、自分以外のものはみんな等しくモノであると。
自分だけが世界の中心であるはずであり、
それ以外のものが自分の欲望を阻害することは許されない。

…と、そこまでではないにしろ、
集団生活を送ってきた者とそうでない者とでは、
確実にその認識や理解に差が生まれるはずなんですな。

コオロギは(人間よりは)単純な生き物なので、
あからさまにその差が出てるんじゃないか。


普通の人なら、大体集団生活の中で大人になるので、
そのあたりの分別も自然についてくるのだけど、
あまり集団と関わらなかった人、
ほとんど他人と付き合わないで大人になった人というのは、
ずっと5、6歳児かそこらの精神状態のままなんじゃないか。

自分の欲求が晴れるなら、人を殺すのも問題なし。
それをして何が悪いのか。
(6歳児が虫けらを殺すのと同じ思考回路。)

最近はヘタすると
電車の中で人の足踏んだだけで殺されるからなぁ…。

社会というのは、
基本的にお互いに迷惑をかけ合う場なんだということを
まず理解しないといかんですよ。

とりあえず私は、毎日電車には乗らないといけないけど、
まだもうちょっと生きていたいので。

|

« 待ち遠しさのパラドックス | Main | 坂井泉水さん、死去 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/15181272

Listed below are links to weblogs that reference 残虐非道:

« 待ち遠しさのパラドックス | Main | 坂井泉水さん、死去 »