« バイオコンピュータ | Main | 暖冬から寒春 »

April 02, 2007

春暁

今朝はいつも以上に駅構内が混み合っていて、
駅前にもスーツ姿の若い男女たちが大勢たむろってたので、
一体何事かと思っていたら、
某金融会社の“入社式”のプラカードを持った人が数名。

なるほどね。

私にもあんな頃があったのだろうか。。。(遠い目)

そもそも、何で私はこの業界にいるんだろうなぁ。

別に、金融業界でも良かったし、
私の専門でいえば電気だったから、電力会社にでも入って、
今頃原発不祥事のイイワケをしていても良かったかもしれない。

しかし、なぜかIT業界に居ついてしまった。

やっぱり、あの就職氷河期から始まったんだろうな。
履歴書何枚書いても、面接何回やっても、
全く採用される気配が無かった。
夏も盛りに近づき、もう体力も限界というときに、
あの電話でした。。。

 「どう、うちに来る気持ちはある?」

数週間前に受けたとあるソフト開発会社の取締役から。
もうね、その時期打ちひしがれていたのでノンポリですよ。
就職できるならどこでもいいやって。

当然、返事は「イエスッ!」(とはいってないけど)

思えば、私の運命はあのとき決まったのだった。
そこから、私はIT業界の虫と化したのだな…。

この選択が失敗だったとは思いませんけどね。
(そもそも、選択の余地がなかった)
一応生きていけてるわけだし。
そして、ここまできたら、
もう今後もこの技術力を武器に食っていくしかない。

しかしこれ、かなり不安なんです。

私は去年、
その会社にも見切りをつけてフリーになったわけだけど、
それで仕事がすっかり変わるというわけじゃなく、
変わるのは環境だけなのですな。

結局、SE、プログラマ、IT技術者でやっていくしかない。

例えば、こういうところを見てると、
やっぱり漠たる不安はどんどん膨れていくわけです。

確かに、今は良い。
多分、そのへんの企業の社員よりたくさん報酬貰ってます。

しかし、これがいつまで続くか。。。

稼げるときにガッと稼いで貯めて貯めて、
後で旗色が悪くなってきたときに備えれば良いのか。
そんな人生もどうなんだ?

じゃあ、今何か賭けに出るか。
賭けに出て負けたときの保障は全く無いが。

今ならまだ、社員に引き返すことも可能なんですよね。

技術者はどこの企業も足りてない状況のようで、
今の私の雇い主である会社も、
人のアサインが足りてないという話を耳にする。
(だから私も雇われたのだろうね。猫の手としてでも。)

でもね。
私は、今さら社員に引き返す気は毛頭ないっ!

なぜにここだけ強気か。

会社員8年やっててわかったんです。気付いたんです。
自分が集団の中でやっていける人間じゃないってことに。
(それに8年もかかるって遅すぎっ!)

上司にニコニコして、部下をアゴで使って、
人に評価され、自分も人を評価する。
それで査定が決まり、将来も決まる。

そんな会社の基本ルールがイヤなのです。
(ベンチャーはともかく、大企業の古い体質の話ね)

人間みんな平等でいいじゃないですか。

同じ仕事してるんだし、
誰が欠けてもプロジェクトは沈むんだから、
管理職がエラくて技術職が下働きでなんて階層構造は、
そもそも理屈にあわんのです。

と、そんなわけで会社を飛び出したは良いけど、
さて、私はこれからどこへ行くのだろうかと。。。

また8年ほどかけてそれを悩んでみるか。
しかし、8年後といえば、私は40目前じゃないか。
それじゃ遅い…。

ま、今年中は今の会社との契約が続くはずなので、
その契約が切れるまでにいろいろ悩んでみるとシマス。。

(そんなこといって、いつもズルズル何年も経つんだが。)


とりあえず、最近すごく眠い。
季節のせいか、アレのせいか。。。

あそうだ、Wii ゲッツしました。やっとこさ。
ゲームネタは こっち で。

|

« バイオコンピュータ | Main | 暖冬から寒春 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/14499325

Listed below are links to weblogs that reference 春暁:

« バイオコンピュータ | Main | 暖冬から寒春 »