« バカは危険 | Main | 生命宇宙の世界(8) »

January 29, 2007

血液型性格分類

今の日本で、
それに大した根拠や裏づけがないにもかかわらず、
かなり多くの人が信奉しているひとつの迷信があります。

 それは、血液型性格分類

これ、なんでこんなに一般化しちゃってるのか、
すごく不思議なんだよね。

念のために書いておくと、
人の性格と血液型の間の関連性は何もないし、
そういった分類に科学的な根拠は一切ない、
といわれています。

全否定です。

であるにも関わらず、この普及率はどうですか。

 「自己中だよね。彼。」
 「B型だからねー。」
 「あーなるほど。やっぱBだったんだぁ。」

それで満場一致。ほぼみんな納得するこの状況。

ちょっとWikipediaで調べてみたら、
なるほど、これを言い出したのは学者先生だったようで。

しかも、学会でも結構あーだこーだと議論されてたんですね。
でも、現状の結論としては否定的見解が優勢であると。

でも、いったん社会に流布してしまって、
しかもそれが単純明快ときているから、
日本人ウケしやすかったということですかね。

単純でわかりやすい、というのは、
一般大衆受けする大きな条件のひとつだし。

Aは優しい。Bは個性派。Oはリーダ的。ABは勤勉。

うむ。
根拠は無いけど、実にわかりやすい。

男女比率でいえば、これを信じてるのは、
男性よりも女性の方が多い気がしますね。比較的。

例えば、恋人や配偶者を選ぶときに、

 「あたし、B型ダメなの!」

なんていう女性が多い気がしませんか。
男はそんなところ気にしないよね。(って私だけ?)

そして、
この血液型で性格を憶測する文化があるのは、
日本だけかと思いきや、
中国、韓国あたりにもこういう話はあるらしいと。

これはもしかして、東洋人というのは、
血液型を趣向するような人種ってことなのか。

日本人の70%はA型らしいんだけど、
日本人の場合はA型を後世に残していこうという、
生物学的(遺伝的?)なバイアスがあるのかな。

もうこれも日常になっちゃってるから、
普段は私も人の話にあわせてるんだけど、
心の中では、「いやぁ、何でそこで血液型?」
と思ってる自分もいるわけでして。。。

|

« バカは危険 | Main | 生命宇宙の世界(8) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/13699355

Listed below are links to weblogs that reference 血液型性格分類:

« バカは危険 | Main | 生命宇宙の世界(8) »