« 楽にお金を稼ぐ方法 | Main | 他人の責任かどうかという話 »

November 18, 2006

擬音語の怪

今日、帰りの電車の中で、
ぼほーっと妄想してたことを書き記しておこう。。。

ほぼ満員の電車のどこかしらから、
赤ん坊か小さな子供らしき人間の鳴き(泣き)声が聞こえてきた。

 うひぇ~ん、びょぇ~ん、ウィッウィッ。。。

擬声語にすると、まぁそんな感じ。
書くと、何か変ね。

そう、赤ん坊の泣き声を、
日本では「おぎゃあ」と表現する。

 おぎゃーおぎゃー。

そうやって子供は産まれてくるのだと。

 おぎゃー。

まぁね。そう聞こえないこともないけど。

人によっては、それは「うぎゃー」かもしれないし、
「もぎゃー」もあるし「うんぎゃー」かもしれないし、
「ほげー」とか「うぎょー」とかもあるし、「ばよえーん」もある。
(「ばよえーん」はない。)

人によってその泣き声は様々だと思うんだけど、
人はみんな、赤ん坊の泣き声を一律にして
「おぎゃー」なる言葉に置き換えてしまうから、
それは「おぎゃー」という言葉だと思い込むわけである。

普段何気なく使ってる日常的な言葉だけど、
よくよく考えたら、それってどうなの?そもそもどういう意味?
という言葉が結構ある気がする。

犬はワンワン、猫はにゃーにゃー。ニワトリはコケコッコー。

犬は、バウバウかもしれないし、ふゃんふゃんかもしれないし、
猫は、ぅぇあ~ん、とか、みぇ~ん、とも聞こえなくもない。
ニワトリは、ウゴゴッゴェゴー!っぽい気がする。

車はブーブー。

ブーブーってことないだろ?
ブーブーってのは警笛音を象徴してるのかな。
でも、普通の日本の一般的なセダンならビーッと鳴る。
大型車ならフォーンとなる。

じゃ、エンジン音か。
最近の車のエンジン音はブーブーではない気がするけど、
確かに昔の車なら、そんな音だったのかもしれない。。

電車はポッポー。

なわけないぞ?

ポッポーは蒸気機関車の警笛だと思うけど。
電車というのは、その名の通り電気モーターで動く列車。
でも、最近の人(というか主に都市圏の人)は、
ディーゼル車や蒸気機関車までも電車と呼ぶ。

風はびゅーびゅー。ときに、ひゅーひゅー。

ひゅーひゅーだよ!(古っ?)

これは、まあ妥当な擬音語かも?

といっても、空気の流れ自体に音があるわけではなく、
その空気が物体と物体の間に流れ込むときに、
笛の原理で鳴る音なんだけど。


何か、どうでも良くなってきた。。。

ええと、いろいろな現象や聞こえてくる音を、
既に定義されている言葉に置き換えて認識する
ということは、つまり、
定義されていない音は聞こえなくなるってことじゃないのか、
なんて思ったわけです。

未知の音は、聞こえないのと同じ。

聞こえる音でさえ、
本来いろんな波形や波長の音であるはずであろうのに、
擬音語、擬声語という言葉に翻訳されてしまうわけで。

そう、今回書き留めておきたかったことはココなんです。
(多分。)

|

« 楽にお金を稼ぐ方法 | Main | 他人の責任かどうかという話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

日本語には擬音語がかなり多いそうな。
どこかの言語学者の人が語っていました。
なので、自分でいちいち考えなくても
なんとなく、既存のことばで現象や音を
表現してしまいがちですね。

ところで、ディーゼル機関車を電車と呼ぶのは
気になっていたんです。
なぜかというと、英語ではトレインという
ことばがあるけど、日本語にはこれにぴったりくる
ことばがないですねえ…
いや、どうでもいいのですよ。普段は。

しかし、うちの夫がトレインの運転士なので
日本人に夫は何をしている人?と訊かれると
ちょっとこまってしまいます。
おもいっきり長いコメントですみません。

Posted by: Makiko | November 18, 2006 at 11:09 PM

ほほー。日本語は擬音語が多いのか。

トレインは、日本語で「列車」でよろしいかと。
まぁ「列」になってない(1両だけの)場合もありますが(笑

あと、日本語の怪としては、
大きさや重さということ自体を表現する言葉がないんですね。

日本語では「大きさ」「小ささ」、「重さ」「軽さ」
という表現になるけど、英語なら
size という言葉があって、big と small がある。
weight という言葉があって、heavy と light がある。

表現豊かかと思えば、無い言葉もあるんですよね。

Posted by: 月影 | November 19, 2006 at 04:04 AM

そういわれれば
サイズ、って日本語にはないですねえ…
相対的な”サイズ”を表す言葉…
日本人の生活の中で
サイズはあまり重要ではなかったのかもしれませんね。

ところで…
そうですか…列車。
北米では"Locomotive Engineer”
なので初めてその職業をきいたとき
何かの技術士さんだと思いました。(余談です)

Posted by: Makiko | November 19, 2006 at 11:43 PM

運転士はdriverじゃないんですね。

サイズは、もう日本語化してますね。
ウェイトも。あと、スピードも。
他にもいろいろ。。。

Posted by: 月影 | November 21, 2006 at 11:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/12725750

Listed below are links to weblogs that reference 擬音語の怪:

« 楽にお金を稼ぐ方法 | Main | 他人の責任かどうかという話 »