« September 2006 | Main | November 2006 »

October 31, 2006

核武装論

安倍政権になって、
教育に力を入れるのは良いことだと思っていたのだけど、
なんかその影で妙な動きも見えて不気味です。

 中川政調会長「憲法上は核持てる…現実は非核三原則」
 (Yahoo!トピックス より)

何いってんだ、オッサン。

というか、このオッサンだけじゃなく、他にもちらほらと、
日本が核を持っても良いとか、持つことは出来るとか、
むしろ持つべきだ、などという話が出てきてるのはどうなの。

上の記事だと、

 「自衛のための必要最小限度の範囲内にとどまるものである限り、
  核兵器であると通常兵器であるとを問わず、これを保有することは
  憲法9条2項の禁ずるところではない」

などといってるのだけど、保有するということは、
何かのときには、それを使う前提があるということだからね。

というか、憲法云々じゃなくて、そもそも核なんていらんという話です。
それ使ったら世界が終わるっての。

百害あって一利なし。

核軍縮の議論はあっても、核武装の議論はこれからの時代必要ない。
議論の余地なし、問答無用で核は持っちゃいかんのです。

…という立場じゃなかったのか?日本って。
いつからそんな方向に話が行くようになったのかと。

こういう話が日常になってくると、
ま、日本にも核あっていいんじゃない?的雰囲気に流れていきそうで、
非常に危険な匂いを感じる。


ひとつ、ある現実を書いておこう。

今、アメリカ合衆国やロシアが保有している核兵器は、
それが発動すると、地球上の生命を、
軽く数回破滅させるだけの破壊力があるということ。
そして、それを持つ人間は、
必ずしも常に正しい判断ができる生き物ではないということ。

つまり、例えば明日世界が終わっても何の不思議もない、
私たちはそういう時代に生きている、ということです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Happy Helloween!!

これいいっすね。

 Happy Halloween

学生の頃のバイト先の店(カラオケ屋とか)でやったイベントで、
店員全員が、ホラーお面かぶったり、ピエロ帽子かぶったり、
顔をペイントしたり、みたいな仮装するということをやったことがあって、
あの日店に来た客のあきれた顔が今でも思い出される。。。

私は顔を緑に塗ってました。

それで、カウンターに立ってバイト店員同士で雑談してて、
どういう流れか忘れたけど何だかシリアスな色恋の話になって、
何かマジメな台詞を私が口走ったところで、

 「そんな顔でいわれても説得力ねぇよ」

とバイトの先輩に言われて、
ああ、そういえば顔、緑だったと気づいた自分がおかしくて、
ていうか、店員はみんな変な格好してたわけで、
そんなマヌケどもが我を忘れてマジメな話していたという、
その状況がいかにも滑稽でみんなで笑ってしまった…。

そんなこともあったなぁ、とか思い出しました。


てか、あれはもう10年くらい前の話なのか。。。( ;;´ー`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2006

履修漏れ問題

学習指導要領で必修とされている科目のいくつかを、
実際には履修させていなかった学校が続出している問題。

その理由は総じて、

 「大学受験に必要な科目の教育を充実させたいから」

というもの。

つまり、受験に必要の無い科目に割く時間がもったいない、
そんな時間があるなら使う科目だけ勉強すればよろしいと。

ぶっちゃけ、それはすごく正直で合理的で正論で、
清々するくらいだと思ったですよ。

インタビューうけてる学生も学校のせいにばっかりしてるけど、
実はキミたちもそう思ってたでしょ。
受験に使わない科目なんか勉強する必要ないと。

ていうか、私は高校生のときは理系クラスを選択してたけど、
社会科は1科目選択だった気がする。
地理を勉強した記憶はあれど、歴史とか勉強した記憶が無い。
多分、その当時の高校の科目と今のとでは違うんでしょうね。

まずですね。
議論する内容がどこか違うと思ってるのは私だけですか。

学習指導要領で必修である科目を履修していないこと自体は、
報道されているほど問題ではない気がする。

むしろ、必要な知識だけを選択して教育していく方が、
先進的なんじゃないかともいわれなかったっけ?
(進路をコレと決めているときの話かもしれないけど。)

とりあえず、受験ありきの高校教育というのが、
これだけ常識化しているということの方が忌々しき問題だろうと。

高校というのは、大学進学のためだけのものじゃないはずで、
人間としてのいろいろな知識や体験を積む場というのが、
学校という場の本来の役割でしょう。

そういう意味では、科目は必要最低限におさえて、
他の様々なレクリエーションなり課外活動なりを充実させる、
というのも、ひとつの教育方法としてアリな気がするし。

とにかく、何か観点が違う気がして気持ちが悪い。

全科目をやってりゃそれでいいか、といえば、そうでもないと思う。
日本史は受験に必要ないけど、指導要領では必修だといわれている。
仕方ないね。じゃ、すごく簡単な授業と、形だけの試験は実施しておこう。
なんてのも変でしょう?

そんな時間がもったいないから、
いっそのこと実はやってないけどやったことにしちゃおう、
という学校が出てくるというのは、むべなるかな。

結局、受験に必要、不必要という考え方を何とかしようってことでしょう。
報道で伝えるべき点はそこでしょう。

今の子供(の教育)が微妙に破綻してきているのは、
薄々みんな気づいていると思うんだけど、
具体的にどこが問題なのか、どうすれば良いか、ということが分からない。

その理由も原因もよくわからないのに、
とりあえず対症療法であたっているから、むしろ悪化する部分も出てくる。
“ゆとり教育”なんて、その最たる例でしょう。

システムにバグがあるっぽいけど原因がわかんねーな。
とりあえず、メモリリークしてるなら、定期的に再起動すればいいっしょ?
…みたいな発想とでもいうか。

目先の問題を解決することよりも、
何故そのメモリリークが起こっているかを突き止めないといかんのですよ。

(なんて喩えでわかるか。)

解ってますか、先生方!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 22, 2006

正義の国

中国のチベット自治区とネパールの国境で、
亡命しようとする僧侶たちを国境警備隊が銃撃するという映像が公開され、
それが世界に出回って波紋をよんでいるようです。

中国の人権蹂躙映像、世界へ チベット亡命少年僧ら銃殺
Yahoo!トピックス より)

日本から見た中国という国は、
過去に日本に侵略されて、そのことを今も非難し続けている国、
という印象が強いと思います。

中国が日本に対して被害者であった歴史を忘れたくないのは、
そういうことを二度と起こしてはならないという、
表向きで正義の理由、つまり建前とは別に、
自国はかつて被害者だったという正当化に使えるという、
ひとつの大きな外交カードになるからという理由があるでしょう。

つまり、自国は悪ではない、という、
国際社会に対するプロパガンダになるということ。

例えば、今回のような残虐なことが明るみになったとき、
そのことばかりが集中して報じられると、
国際的な立場がどんどん悪くなってしまう。

そこで、それを何らかの理由をつけて正当化する一方で、
そればかりでは言い訳にしかなず、
国際社会は完全に理解しないだろうことを彼ら自身もわかっていて、
問題のすり替えを図る意味で、
そういうカードを切ってくる、ということになる。

それによって、当該の事件より大きな問題が過去にあった、
ということを大衆に思い出させて、
リアルタイムの問題を忘れさせる効果がある。

その意味で、日本の首相が靖国神社を参拝することを、
しつこく中国が政府として非難しつづけるというのは、
そういうカードを無くさない為の戦略のひとつなんでしょうね。

中国政府にとっても、
本音は、靖国なんかもうどうでも良い話ではないか。

その証拠に、あれだけ小泉首相との対話を拒んでいた胡錦濤氏が、
安倍首相に代わったら、とりあえず対話してみせた。
それは、小泉氏が靖国に大っぴらに参拝していて、
そんな首相と中国のトップが対話なんかしてしまったら、
例の外交カードの力が薄くなってしまうからだろう、と思うわけで。

安倍氏なら、まだ首相として参拝はしていない、
ならば、国として話し合う態度をまず見せておくことは、
社会的に認められるだろうという打算があるのだろうと。

ま、今回中国がどう出てくるかはわかりませんが。

そういう事件があったので中国のことばかり書いたけど、
これは、どの国にもいえることでしょう。

自由と解放の国をうたっているアメリカ合衆国にしたって、
人を人以下の奴隷として扱う制度が一番長く続いた国。
人種差別も政策によってかなり長い間保護されていた。
だから、長年南アフリカの政策も非難してこなかったと。

また、その合衆国は、
イランをテロリストを支援している国として非難し続けているけど、
実は裏でそのイランに武器を売っているという現実がある。

核拡散を防止しなければならないといっているけど、
合衆国は、一般市民に対して核を使用した唯一の国です。
当然のように、CTBT(包括的核実験禁止条約)にも批准していない。
その合衆国は、国際社会の警察を名乗って、
自分たちは銃刀を所持して世界平和を守っているのだ、
などと主張し続けていると。

本当に正義の国などというのは存在しなくて、
どの国も少なからず負の側面があるのだけど、
それを覆い隠しながら正義を装い続けている、というのが現実。

かといって、大国が自分が悪者であることを認めて開き直って、
世界征服に打って出てこられても厄介なんですがね。
その意味で、独裁者国家が、どっかの半島の小さな国だったりしたのは、
不幸中の幸いだったとでもいうべきか。

一応の正義というのはないと、世界はどんどん奈落に落ちていく。
なので、とりあえず公には一般的に“良い”ことを主張していく。
ただ、それは、本音とは別の建前である、というのは、
現実として、政治的に当たり前になっていると。

世界は、すごく微妙なバランスの上に成り立っているのですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2006

それも自己責任

今夏から駐車違反の取締りが厳しくなったんだけど、
ある程度の救済措置として“弁明”することができるそうですが、
その理由として「体調不良」は認められないのだそうです。

つまり、運転中にぎゅ~ぐるぐるぐるお腹イタ~イとなって、
慌ててそのへんに車を停めてトイレへ行って帰ってきたら、
駐禁に召し取られた、といったケースでもNGだと。

静岡県警交通指導課によれば、

「トイレでも許さない。腹痛や体調が万全でないのは、
運転者の責任であり違法駐車の理由にならない」
Yahoo!トピックス より)

のだそうです。

つまり、どっかのレストランで食事をして、
結果食中毒になるのも自己責任なわけですか。

じゃあ、食事にそのレストランを選択するところから、
駐車違反の自己責任が発生しているわけですか。

って、まぁそれは卑屈な見方ですが。。。

多分、警察がそれを認めないのは、
その大半は出まかせやウソの言い訳だからなんでしょうけどね。

いろんな危険が常に付きまとう以上、
それを入念に調査して常に安全確認しながら生きろというのは、
理想にはなるけど、非現実的です。

飲食店なんて、とりあえず最初から信用するし、
車を運転するのだって、
他の車がある程度は交通ルールを守るはずだ、
という前提のもとで走らせるわけです。

食中毒になるようなもんを食わせるとは夢にも思わないし、
信号無視する車だらけだろうなんて予想はまずしません。

ていうか、そんな想定をし始めると、
車どころか、電車やバスにだって乗れません。

公共交通機関だって、常に事故を起こす可能性はあるわけです。
現に尼崎とかで大事故あったし。
車に比べれば、その可能性がとても低いというだけのこと。


何でも人のせいにして逃げる世の中ではあるけど、
何でも自己責任というわけにもいかない。

というか、人のせいばかりでもないし、自己責任ばかりでもなく、
明らかに「人のせい」といえる位置と、
明らかに「自分のせい」といえる位置との間のどこかに、
その“責任”というのが所在してるってことです。


どちらかだ、と、その両極端で考えるのは罠ということ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2006

ザ・センチネル

ということで、
先週観られなかった「ザ・センチネル」を観てきました。
有楽町までいってきましたヨ。

今、FOXで“24”をシーズン1から再放送してまして、
流行に後れて今更それにハマってます。
最新はシーズン5までいってるのかな。
(地上波で放送されてるのは4だっけ?)

で、この映画(センチネル)を観ようと思ったのは、
モロにそれの影響です。
24の主人公のジャック・バウアー役のキーファ・サザーランド。
彼がこの映画に出ているというので、
まんまとその宣伝文句にのせられてしまったのですな。

実際には、センチネルの主人公は彼ではなく、
マイケル・ダグラス演じるピート・ギャリソン。
でも、本作を観ると、サザーランドのブレキンリッジも、
セミ主人公的な感じの役回りに思えました。

とりあえず、以下はネタバレ、そして感想。

Continue reading "ザ・センチネル"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2006

13日の金曜日

いよいよ涼しくなりました。
って、もう大分前から涼しいわけですが、
暑がりな私にとっては、
このへんからがいよいよ“涼しい”時期なのです。

というわけで、
久々にふつーに日記モードの月影です。

こんばんは。

今日は13日の金曜日です。
まぁ、特に不幸に見舞われることはなかったわけですが。

不幸どころか、最近は全くもって平和であります。

もう去年までの過酷さが夢だったかのよう。
毎日午後7時に仕事を終わって家に帰って、
のんびりまったりとテレビとか観たりしてます。

先月から入った仕事が、某Webシステムの開発で、
職場にきてみればその開発人員が私ひとりしかいなくて、
しかも、Webの業務システムを手がけるのは初だったので、
今までずっとオープン系開発だった私としては、
結構不安な要素が多かったのだけど。。。

ま、開発、といっても、既存システムのカスタマイズ。

今までASPで動作していたものを、
ASP.NET C# で置き換えて、さらに機能拡充する、
というのが今回の仕事。

C#置き換え自体は前任者があらかた済ませてくれていたようなので、
私は主にその機能拡張をする感じです。
(ちなみに、その前任者は退職されたそうです。)

そのソースコード(C#ではないASPの方)は、
5年くらい前から行き当たりばったりに拡張が繰り返された、
スパゲッティまではいってないけど継ぎ接ぎ状態で、
ドキュメントも機能仕様書程度のものしかなく、
詳細設計やクラス図などのようなものも全くない。
ソースにはコメントがほとんどない。

仕事を依頼する側も、中身をよくわかってないみたい。
ただ、そういう面倒な仕事だということは理解してくれてる。

一見、かなり厄介な仕事に見えますが。

フタをあけてみれば、ぶっちゃけ楽勝な雰囲気です。

C#自体はもともと慣れてたし、
あとはASP.NETというやつのクセさえつかめば、
大体みんなワンパターンという感じです。

既存コードをみてると、
C#を勉強しながら組んだんだろうなぁ、という努力の跡が見えて、
同じことをするのに違う手法だったり、
同じような処理が至る所に散在してたり、
そんなところが結構あって煩雑だけど、
やってること自体は結構単純そうなんですな。

これ、契約は11月末までの予定だけど、
うまくやれば今月中に全部終わりそう。

つまり、あわよくば、
来月は何も仕事せずして一ヶ月分の報酬もらえると。

フリーランス万歳。

というか、実際に今月で仕事が終わってしまった場合、
どうするのが一番良いのかなぁ。

まだ終わってないフリをして、
11月いっぱい仕事をするフリをしつつ遊んで暮らすか。

それとも、もう終わったよん、と正直にいっちゃうか。

もしいっちゃうと、

 「キミ仕事速いネェ、サスガだネェ」

なんてお褒めいただけそうだけど、

 「じゃ、次これも頼めるかナァ?」

と、契約になかった仕事が降ってくる可能性は、
とてもとても高いわけです。というか、確実に頼まれます。

ここは、運用テストという意味合いも込めて、
来月はテスト月間ということにして、
終わったよん、とはいわない方が無難でしょうな。

いえ、決して遊んで暮らすわけじゃないです。
テストです。テスト重要。


それで既存コードに痛いのが見つかったらイヤだな。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2006

イヤなイヤなイヤな奴

政治といのは、
国や世界を上手く切り盛りしていくことであると同時に、
市民を上手く騙し抜いていくことでもあると思います。
というか、おそらく後者は前者につながります。

政治家は市民に幸福感を与える努力をする見返りに、
高い給料を貰っているはずで、
その金額ゆえに政治家を目指す人間も少なからずいる。

別にそれは悪いことじゃないんだけど、
貰ってる金額に見合う仕事はちゃんとやってください、
ってことですな。

とにかく、真の正義とか、完璧の幸福などというものは、
実際にはあり得ないわけで、
要は、市民の多くが「良い」と思うことをやっていくのが、
「良い」政治家ということになるのよね。

つまり、少数派には泣いてもらうしかない。

最近は、北朝鮮とかイランとか、
そのあたりの国がきな臭い情勢になってきていて、
世界各国は挙ってそういう国に苦言を呈しています。

常識で考えて、
みんなが「やるな」といっていることを平気でやってしまうのだから、
そりゃ総スカン食らうのは当然なんですが。

そういう国って、いつの時代にもありますよね。
国でなくとも、ちょっと前は「テロとの戦い」といって、
中東の過激派組織をどうにかせにゃという動きになってたし。
その前はイラクですか。
もっと遡れば、日本やドイツもそういう国でありました。

世界が開けて以降の近代の世界情勢ってずっとそんな感じ。
これは、一見実に好ましくないような状態に思えるけど。。。

この状態って、上手くいってないようで、
実は、全体としてはそれなりに上手く回ってるんじゃないか、と、
ふと思うことがあります。

例えば、湾岸戦争当時、
イラクという国が、全世界共通の敵として扱われていました。
各国と国連は多国籍軍を組織し、
正義の名の下にイラクの独裁者をねじ伏せようと一致団結。
そしてついに諸悪の根源(といわれた人)を打倒した、と。

つまり、
人は共通の(1つの)敵の前に結束するものだということ。

藤子F作品に「イヤなイヤなイヤな奴」という話があります。

長い星間航行をする中で、
ずっと同じ顔をあわせている宇宙船の乗組員同士は、
徐々に疑心暗鬼になってくる。

それが進展して総崩れになる前に、
ひとり「イヤな奴」が策を労してみんなの憎しみを買って出る。

乗組員たちはその「共通の敵」の前に結束し、
無事その長い航海を終えることができる。。。という話。

いってみれば、地球というのは閉鎖空間であり、
大きな宇宙船みたいなものだということがでます。

その乗組員同士がお互いに全員ケンカし始めると、
世界はオシマイです。

そんなときに、ワケのわからないキチガイみたいな国が出てくる。
あいつはヤバイぞ、という話になる。
そしてみんな結束して共通の目的の為に動き出す。

話の中では、その「イヤな奴」というのは、
「にくまれ屋」という星間航行時代のビジネスだったけど、
実は意図的にそんなことをしなくても、
自然発生的にそういう「にくまれ屋」は沸いて出てくるんじゃないか。

んーしかし、もし北朝鮮が意図された「にくまれ屋」だったら、
あれはなかなかの役者か。
そして、その「にくまれ屋」を仕込んでいる誰かがいるなら、
そいつこそ真の政治家かも。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2006

WTC

日本では10/7に公開の「ワールドトレードセンター(WTC)」を、
とりあえず観てきました。

本当は「ザ・センチネル」を観たかったのだけど、
どうも横浜でこれを上映している劇場がないらしく、
他に何を観ようかと思ったところで、
ふとこの作品に目がとまったんですけどね。

WTCというのは、
例の9・11の悲劇を映画化したものです。

2001年の9月11日の朝。
日本では、夕方くらいのニュースになったのかな。
本当に映画みたいな映像が、
ニュースの中継画像として流されたあの瞬間は、
やっぱり衝撃でありました。

あれを映画にするとしたら、
やっぱりアメリカバンザイな内容になるのかな、
という話もしてたんですが、
特にそういうこともありませんで、
一言でいえば人間ドラマでしたね。

以下はネタバレになりますので、
まだ観てない方はご注意を。

Continue reading "WTC"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2006

コンセントからインターネット

昔、私が入社して2、3年くらいのときに、
新規要素開発ということで、
何か儲けにつながる面白い案はないか?
という話を会社から持ち出されたことがありました。

で、私が当時思ったのが、
どこでもインターネットにつながるような環境がつくれないか、
ということ。

当時はモバイル端末が流行りだした頃だったので、
大体ユビキタスというとそういう発想になるのだけど、
無線よりもっと世の中に普及しているインフラは何かと考えたとき、
電力線とか水道管とか、そういうものを思いついたのですな。

例えば、もし送電線でインターネットにつなげたら、
おそらく日本中どこでもインターネットにつなげるわけです。
電気が通ってないところなんて、ほぼないから。

つまり、コンセントさえあれば、
そこからインターネットに接続できれば便利だという発想。

これがなんと、近々実用化されそうな雰囲気なので、
昔そういうことを思いついた私としては驚き桃の木山椒の…なわけですよ。

というか、まぁそもそも、
こんなこと考えるのは私だけじゃないでしょうよ。

今実用化されるということは、
私なんかよりずっと前からそういうことを考えていた人がいて、
その技術についてずっと研究を続けていたのだろうと思います。

この技術は「PLC」といいます。
Power Line Communications の略。

PLCでググれば、いっぱい記事が出てきますね。

高速電力線通信といって、
技術的にはADSLとほぼ同様なものであると。
電線の用途は違えど、
結局メタリック線を使って高速通信する技術ですから、
やり方も似たり寄ったりにはなります。

ただ、この実用化にあたっては、
技術の問題よりも、電波の問題の壁の方が大きい。

送電線で通信すると、そこから漏れ出す電磁波が、
他の無線の周波数帯域を犯す可能性が高いんですな。

そりゃそうで、送電線はもともと電力を送るための線なわけで、
通信に使う高周波の信号には最適化されてないわけです。
高圧線ともなれば被覆もされてない裸線だし。

ということで、実用化されても、
しばらくは家庭内LANとして使うレベルのものになるらしい。。。

これ、一戸建てならいいけど、
アパートみたいな集合住宅の場合どうなるんだろう。

お隣さんとLANがつながったりするのかしら。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 03, 2006

美しい国

安部ちゃんが「美しい国」というのを提唱しております。
これについて国会のオジサンたちが、
小学校の学級会みたいな論議してるみたいだけど。。。

「美しい」と聞くと、政治が美しいということもあるけど、
見た目に美しいという話も多分ありますよね。
安直に考えれば、エコロジーな国、とか。

それで思い出した話があるのです。

かつて、アメリカがカーター大統領だった頃、
彼の意向で、ホワイトハウスの屋根に、
自家発電用のソーラーパネルが取り付けられていたそうです。

それでホワイトハウスの電力を全て賄うことはできないけど、
それでも晴れた日の昼間は、
消費電力全体の2割くらいがパネルから供給されていて、
その分の電力は節約されていたとのこと。

これが、次のレーガン大統領になったとき、
そのパネルがホワイトハウスの屋根から撤去された、と。

なぜ、撤去しなければならなかったのか?

Continue reading "美しい国"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »