« ビバ鳥取 | Main | おしまい »

August 30, 2006

ロイズ・コーヒー・ハウス

イギリスのロンドンに「ロイズ保険組合」という
ちょっと変わった組織があります。

ロイズは、名前は“Corporation of Lloyd's”だけど、
いわゆる保険会社ではありません。

基本は、保険を請け負う引受人(アンダーライター)と、
保険の紹介をする代理人(ブローカー)がそれぞれ会員で、
アンダーライターはブローカーが紹介する案件に保険金を掛けて、
その掛け金の割合に応じて配当が支払われるというシステム。

実際は、アンダーライターは何人かで集まって
シンジケートという組織をつくっていて、
個人で支払う保険金を分散させるという策をとっているようですが、
もともと、アンダーライターは個人の保険引受人です。

この組織の特徴は、ブローカーもアンダーライターも、
基本的には“個人”である、という点。

で、こういう会社でもない団体でもないゆるい組織って、
実は今の時代にマッチしてるんじゃないかと最近感じています。

最近、正社員の数が減少している、という話をよくきくのだけど、
ある一定の組織に所属していないと、
社会であるレベル以上の仕事が出来ないことの方が、
実は問題じゃないのか。

だから、やれ就職しろ失業率減らせというのでなく、
社会の方を、個人としても活躍できるような場にすれば、
そっちの方が近道なんじゃないか、と。

ところで、ロイズというのは、
もともとは、エドワード・ロイドという人が経営する
コーヒーハウス(サロンっぽいカフェ)だったそうで、
そこにロンドンにやってくる貿易商が出入りするようになって、
内外のいろいろな情報がまわる場になってきて、
そのうちアンダーライターたちが情報を求めて集まるようになったのが、
今の保険組織のはじまりだったとのこと。

実は私、将来自分のカフェが開けたらいいなぁ、
とか思ってたりしてるんですが、
(ここでも何度か書きましたけど)
そこがこういう場所になったりするのも悪くないかなぁ、
なんて、最近ちょっと思ってたりするのですな。

そこでまわる情報は、特に保険の情報じゃなくても、
今私が足を突っ込んでいるIT業界の情報、とかでもいい。
フリーランスの技術者や研究者が情報交換しあう場所、みたいな感じ。
で、コーヒー代と情報料を少々いただく、みたいな。

で、マスターは仕事しないで左団扇、みたいな?(あれ


ロイズって、実は美味しい商売なんじゃないだろうか…。

|

« ビバ鳥取 | Main | おしまい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/11677320

Listed below are links to weblogs that reference ロイズ・コーヒー・ハウス:

» コーヒーハウス アレンジコーヒー コーヒーレシピ [コーヒーハウス〜コーヒーの輪]
コーヒーの好きな方をお待ちしております。今回はカフェ・マリア・テレジア。柑橘系の香り漂うおいしいコーヒー。 [Read More]

Tracked on September 09, 2006 at 08:46 PM

« ビバ鳥取 | Main | おしまい »