« January 2006 | Main | March 2006 »

February 28, 2006

買い替え時期?

ようやく仕事も落ち着きを見せてきて、
そろそろ例の計画発動にむけた思惑を巡らせつつ、
それを会社側へいつ切り出したもんかと、
そのタイミングに悩み中の月影です。

こんばんは。

いや、この怒涛の3ヶ月。
それもいよいよ終わりが見えてきました。

思えば、12月からもらえた休日は6日(?)くらいでしたよ。
正月も出ずっぱり。で、先週末は久々の連休でありました。


とりあえず、やらなきゃと思っていたのが車検です。

実は、もう切れてます(どーん)

このままだと車を工場に持っていくこともできないわけで、
(車検切れなので、そのまま道を走っちゃいけないので)
ディーラーさんに仮証書を発行してもらって、
わざわざとりにきて頂くことになっちゃったんですが、
来てもらったは良いけど、ホントに走らないよ?
なんてことになるとマズイかなと。

なので、ちょっと近所のスタンドまで持っていって、
軽く点検してみたのです。

すると、さすがにホッタラカシてただけのことはあって、
いろいろ不具合が見つかります。

まず、タイヤの空気圧が0.9になってました。
これ、どういうことかというと、
私の車のタイヤの圧は、大体2.0前後が標準設定でして、
それが1.0もないってのは、パンクに近い状態なわけです。

見た目で気づけよ、ってね。

いや、もう自分の車のタイヤも見てらんないくらい
ホント余裕なかったんですって…。

幸いタイヤにはどこにもキズはなく、
外的損傷による空気漏れではなかったようです。
(普通にほったらかしといたら1.0きったと…)

リアワイパーもゴムが腐ってて切れてたし。
これもスタンドの人に指摘されて気づく有様。
だってぇ。後ろのワイパーなんて使わないもん…。
(すんません、言い訳です)

あと、足回りの部品にドライブシャフトブーツってのがあるんですが、
(前輪のベアリング部分を覆っているカバーみたいなやつ)
これが見事に裂けていて、交換必須状態でした。
# そんな部品でも、1万以上します…。

しかも、私の車に合う部品がそのスタンドにはないという話で。
標準部品では対応できない年式になっちゃいましたか。

ああ、8年前は新車だったのになぁ…(当たり前)

というかね。もう8年ですよ。
そろそろ買い替え時期ですよね。本来。
かつて「10年車検」という言葉があったくらいだもんね。
# 1995年まで、登録から10年以上の車は、以降1年ごとに車検だった。


でも、ちょっと時期が悪い。
例の計画を発動すると、
車買ってるどころじゃなくなる可能性大なわけで。

これは、
もうちょっと資金面で余裕できてから考えた方がいいですよね…。
た、多分。

今回も、整備と部品交換にとどめておいて、
またあと2年、この車に頑張ってもらうとします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2006

たぬき、むじな事件

ライブドアのあれやこれやの報道を見ていて、
その中の当事者たちの証言の中に、

「 やっていることは知っていたが、
 それが違法だとは思わなかった。」

というのがあったんだけど、
これで思い出したことがひとつ。

これもある本で読んだことなんですけどね。

法律の専門家の間でも意見が分かれている判例があって、
「たぬき、むじな事件」といわれている事件と、
「むささび、もま事件」といわれている事件の話。

「たぬき」というのは禁猟対象の動物。
それを、ある人が「むじな」だと思って狩ったそうな。
ここで、「たぬき」と「むじな」というのは、同じ動物です。

で、「むささび」も、禁猟対象の動物。
それを、ある人が「もま」だと思って狩ったそうな。
ここで、「むささび」と「もま」は同じ動物です。
(その地方では「むささび」のことを「もま」と呼ぶらしい)

一見、同種に見えるこの2つの事件ですが、
前者は無罪、後者は有罪の判決だったそうです。


それはなぜか?

Continue reading "たぬき、むじな事件"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2006

つくった方が早かった…

ソフトウェア開発なんてことをしていると、
そのソフトの動作状況を随時モニタしたいなぁ、という
要請が出てくるわけですが、
それがデバッグ環境でない場合にどうするかといえば、
ログで追うしかないわけです。

で、ログファイルを随時読み込んで表示してくれる、
そんなソフトが欲しくなってくる。

UNIXにはtailという機能があるんですが、
Windowsには、それと同等の機能はないわけで、
それでも必要だから、
そういうツールがフリーでいくつか公開されてますね。

でね。

2、3そういうのを使ってみたんだけど、
どうも、どれも重いんですよね。

ログファイルのサイズが500KBとかなってるのも、
まぁ異常なんですがね…(笑)

軽く動くツールがなかなかなくて、
それならば、と、自分で作っちゃた

ここまでログが巨大になると、
実際に見たい情報が埋もれてしまうこともあって、
キーワード強調と、
いらないキーワードを非表示にする機能までつけちゃいました。


こういうソフトで他に良いやつ、
知ってたら教えていただきたいところです。


ま、最近は、必要なツールは、
実は自作したほうが早いかもしれませんな。
(最近のIDE環境は、結構そういうのがサックリつくれちゃうしね。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2006

和みCM

今日、帰宅して、テレビをつけたら、
そこでたまたまやってたインテルのCMに、
不覚にも爆笑してしまいました…。

  ここのドクター編


最近、外人を使ったネタCM多いですね。
ピアノ弾きのやつとか(これはちょっと前か)、
フレミングのやつとか(東○ガスだったかな…)。


こういうの、好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2006

成立する矛盾

矛盾、というと、
それは存在し得ないものだ、と思い勝ちだけど、
実際、矛盾するものというのは
世の中にいっぱい存在しています。

…というか、世の中、矛盾だらけでそ?

要するに、物理的な矛盾は、
例えば、「熱いと同時に冷たい」なんちうものは
当然存在し得ないわけだけど、
概念的な矛盾というのは、
いくらでも存在できるわけです。
ウソこけばいいんです。よかないけど。

というか、「矛盾」という故事成語のエピソード自体
しっかり存在してますから。

 どんな盾も突き通すことが出来る矛
 どんな矛もはじくことが出来る盾 …だから矛盾

(存在、てのは「事実として」でなく「寓話として」ね)


でもね。

物理的にも存在する矛盾ってのもあるんですよ。

Continue reading "成立する矛盾"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2006

マナーを守りましょう

どうも、このところ、
全てにおいて節操なさ過ぎな気がしています。

私は特に潔癖とかいうわけではないと思うんだけど、
多少神経質ではあるかもしれない?

というのがですね。

食事をするときなんですがね。
なんか、口を開けて、くっちゃくっちゃとモノを食う人がいるんですよ。

え?何がいけないの?
…と思いますか。

モノを食べるときは、口を閉めろと教わりませんでしたか。
それは食事をするときの最低限のマナーだと。

私って、古い?

いや、古い新しいの話じゃないと思うんだなぁ、これ。

くっちゃくっちゃにっちゃにっちゃ…ごくりっ!

ま、ごくりは許すにしても、
前者はちょっとアレじゃないですか。

少なくとも、私の周りにそういう人が2人いるんですよ。
2人とも30越えたイイおっさんですがね。
これが女性だったらげんなりですよ。興ざめも甚だしいと。

こないだ、電車で、私の横にどっかりと座ったオッサンも、
なんか若者ぶって(?)ガムなんか噛んでるんですよ。
そのオッサンもまた、くっちゃらにっちゃらと、
犬か猫かおまいは!?といいたくなる酷さでした。


食事に限らないと思いますね。こういうのって。

歩き煙草とか、そのポイ捨てだとか、
それ無理やりファッションにしてないか?と思うような服装だとか、
話し方だとか、平気で人をバカにする態度だとか、
電車内壮絶バトルだとか…

マナーなんてどうでもいいじゃん、みんながそうなんだから
っちう精神がどうも満ちている。

別に、私もそんなにデキた人間じゃないんですが、
せめてマナーとか約束事だとか決まりだとか、
その輪の中で共存しようとするなら、守ろうとしましょうよ。

そういうのは、社会の潤滑油みたいなもんなんだから。
何もルールがなくなった社会ほど荒んだものはないと思います。

とにかく、
やることやってりゃいいんでしょ(マナーなんかどうでも)、
っていう人が多過ぎ。


以上、公共広告機構からのお知らせでした。(嘘

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2006

性悪説

また今夜も日を更新して帰宅の途に。
夜空に輝く月の周りには、
ほんのりとムーンボウがかかっています…

って、眼が霞んでるだけだったりするわのよっ!

そろそろ倒れても良い時期な月影です。

こんばんは。


最近は、1時までやってるスーパーで、
冷凍食品とカップ麺なんぞを買って
(もう閉店近いと、値下げシール付き惣菜もない)
家に帰って、それを電子レンジでチンなぞして、
カップ麺と一緒にかき込みつつ、
1時からFOXでやってるX-ファイル見るのが
唯一の楽しみになってます。

名探偵コナンとか見るのを楽しみにしてたときもあったのに、
また随分と時間が押したもんですわね。

それから風呂入って、
2時から始まるエヴァ見て、2時半からのるろうにも見て…
なんてやってると、寝るのは3時過ぎですよ奥さん。


春、こないかなぁ…。

Continue reading "性悪説"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2006

メタ欲求

何かが起こるということについて、
その起こりやすさ、起こりにくさを表す値として、
確率というものが用いられます。

何がしが起こる確率は何パーセント、とか。

要するに、
それが起こる以外の全ての事象をまず想定して、
その中から、該当の事象がいくつあり得るか、
という話。

しかし、その値が大きいからといって、
いつもその高確率の事が起こるわけではなく、
確率の低い方が実現することも多々あると。


ちょっと思ったことがあって。
…というか、これまたいつも思ってることでして。

自分が希望すること、ということの確率が高いか低いか、
ということは、
実は確率という概念では表現できないんじゃないかな。

なんてね。

Continue reading "メタ欲求"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2006

出て来い!責任者


  責任者は、責任を取るためにいるのだ。


せめて、貰ってる給料分くらいの仕事はして欲しいもんです。

  少なくとも、うちらの倍以上貰ってるでしょう。

  ボーナスに至っては…


たのんます、ホント…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »