« くどい! | Main | 原監督再び »

October 05, 2005

後悔

さて、書こう。

あれよあれよと、もう10月です。
今年もあと3ヶ月弱。
まいったなぁ…(何が)

昨日、会社で仕事してて、
疲れて階下の自販機でコーヒーでもと思ったのです。
100円入れて、コーヒーをポチッとやる。

 …出てこない。

あれ?100円入れたよな?

疲れてて、10円か何か入れたかなと思い、
もう一度100円入れてポチッと。

 …出てこない。

ん?どういうことだ?
もう100円入れれば押し出されたりするかな?
ならば、ワンモアトライ。

 ……で、出てこいやァァァーッ!


どうやらその自販機、
お金を認識してボタンを押して課金されるところまでは
とりあえず正常動作だけど、
そのあと缶を落とす機能が動いてなかったらしく。

夜遅かったので、
人事や事務の人もみんな帰っちゃってるし…。

コーヒーを飲むつもりが、
逆に300円も自販機に飲まれて茫然自失でした。

もうね。
そんなときは疲れもどっと増すってもんです。
多分明日になれば、
300円ごときどうでもよくなっているんだけど、
そうなってしまうこと自体が悔しいわけですな…。

電車の中で、同僚の愚痴を聞きながら、
ふんふんそうだねぇなんて相槌うちつつ、
頭の中では全然別のことを考えていた中で、
人生について思ったことがあるのです。

 負け戦は最初からやらないほうが良い

これはもう人生の鉄則みたいなもんです。
そんなことはみんな分かってます。

キモは、それが負け戦になるかどうかの見極めです。

どんなに頑張っても、
100%それを達成することが不可能だと分かっていることは、
最初からやらない方が良いのは当然です。

ちょっとでも、それができる可能性がある場合が問題。
努力すれば実現するかもしれない。
でも、その可能性はとてつもなく小さい。

よく、何も努力しないであきらめるより、
努力して挫折した方がよっぽど良い、などといいます。
でも、実際挫折すると、
夢のニート生活が待っているかもしれない…とか。

それでも満足か、ということですね。

成功して上手くいけば、それが何より。
でも失敗したら……
それを恐れて、大体の人は何もしないでいる。
無難な方が良いと。

でも、そうして歳をとっていくと、
人生の終盤になって後悔することになるんでしょう。
ああ、あんときやっときゃ良かったと。

よくですね、もしもタイムマシンなんてものがあったら、
過去のあの失敗の選択の瞬間に戻って、
そのときの自分に助言してやりたいと思うことがありますよね。

でも、そんなことを思っている今の自分も、
必ずしも正しいとは限らないわけですよ。
もしかすると、未来の自分は、
たった今の自分に何か助言したがってるかもしれない。

また過去のその自分も、
必ずしも失敗の道を選んだとは限らないと。
あくまで今の自分がそう判断しているだけ。

どっちにしろ、失敗だけはよく覚えていて、
それを修正したいという願望は常にあるわけです。
人ってのはね。

だから、いくらそんなことを思っても、
それこそ過去の自分に助言なんて実現できないんだから、
後悔すること自体が無駄な努力なわけですよ。

結局、何がいいたいかというと。

 後悔先に立たず


昔の人はよくいったもんですよ。


あーもう!あんとき、100円で気づけよ私!

戻れるもんならあのときのマヌケな自分に
その自販機逝ってるぞ!
といってやりたいってもんだわ。
300円もあれば、
深夜スーパーで3割引きの寿司折り買えるじゃないか!

(結論:理屈と感情は違うということ)

|

« くどい! | Main | 原監督再び »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/6255321

Listed below are links to weblogs that reference 後悔:

« くどい! | Main | 原監督再び »