« September 2005 | Main | November 2005 »

October 28, 2005

ハートビート

  ハートビート 【heart beat】
  ネットワーク上で、コンピュータやネットワーク機器が自身が
  正常に稼動していることを外部に知らせるために送る信号。
  「ハートビート」(heart beat)とは英語で心臓の拍動のこと。

  (IT用語辞典 e-Words より)

今夜もまた積まれる不具合票に萎えつつ、
デバッグ、トレース、デバッグ、トレース…を繰り返す月影です。

こんばんは。

IT業界で、ハートビートと呼ばれるものがあります。
要は、通信相手に対して「私は生きてるよー」ということを伝えるために、
定期的に一定のパケットを送ることですね。

今私がつくっているシステムも、このハートビートの機能があります。
そこでもバグ票があがってきていて、
ここはテストしたはずなんだけどなーと思いつつも、
その内容を読んでみると…

  現象:
  「ハートビート」が「ハードビート」になっている。

ん?

え、えーと…?

  「ハートビート」が「ハードビート」になっている。

    ハードビート!!


その瞬間、
私の頭の中にクレイジーなドラムスとエレキギターのサウンドが鳴り響き、
そんなわけあるかいっ!と自分に突っ込みを入れつつ、
職場でひとりバグ票を前に笑いをこらえて腹が痛くなり涙目になる私……。

 ひー…おなかいたい…。


生存確認なんだから、そんな暴れなくてもいいんです。
もう少し静かにしてください。


って、そんなバグなのか?

いや、そうではなく、
私が出力しているデバッグ用のログがそう書かれていたらしいですね。


バグがあがってきては凹む毎日ですが、
これは座布団2枚くらいモノじゃないかと、
ひとりで自分の出したバグに感極まったのでした。

しかし、
どう間違って「ハードビート」なんて打ったんだろ…。

やっぱり疲れてるんだな、私。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2005

大惨事

関東地方はずっと雨でしたが、
これから一週間は晴天模様…。
もう仕事なんかすっかり忘れて、
どこか山の中へ旅に出たい気分の月影です。

こんばんは。

最近は外に出て歩くのが気持ち良いですね。
インドアな私がそう思うくらいだから、
一般人は特にそう感じてるんじゃないかな。
(…てか、私は一般人じゃない?)

いや、最近、体調もそこそこ良くて、
仕事も忙しいけど大きなトラブルもないし、
特にこれといった災いもなく、
普通に平和に過ごせているので、
例の“不幸の法則”からして、
逆に不安になってきてたりして…。

なんてそんなこと思ってたら、昨日やっちまったですよ。

Continue reading "大惨事"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ディープインパクト


 菊花賞

   華の三冠

     戻し百


ここまで無敗は素直に凄い…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2005

電車男

秋雨がしとしとと降りしきる最近、
雨粒に打たれて散りゆく金木犀の花びらを見つけては、
年の暮れに向けて深まる秋の寂寥を感じつつ、
それでも時は変わらず流れてゆく無情な現実に、
云い知れぬ、正とも負ともいい難い、
漠然とした感覚に包まれつつある月影です。

こんばんは。

そして今日もまた終電間際の帰宅なのであります。

その電車で、
今日はえらい体験をしてしまったのです。
いや、まさかね。
この歳になってこんな思いするとは思わなかったというか…。


えー…。

私、初めて、痴漢に遭ってしまいましたぁ!(どーん)


云うに事欠いて出た言葉がそれかいっ!

いえいえ、マジです。

念のために言っておきますが、
私、です。

別に私は自意識過剰な方じゃないし…
ていうか、どっちかというと無頓着な方だし。

Continue reading "電車男"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 13, 2005

国勢調査

私は基本的にアポなしの来訪には、
居留守を使うことにしている。
(いつかの新聞屋のトラウマにつき)

で、休日に何度も何度も来ては、
インターホン鳴らしまくり、
ドアノックがんがんしまくりと、
なんとしつこい新聞屋だと思っていたら、
どうやら国勢調査員だったらしい。

つーかねぇ。

キミ、ヘタな新聞屋よりしつこかったからっ!

国勢調査の内容も、よくみると、
随分立ち入ったことまで尋ねられてます。
これ、バリバリ個人情報だと思うんだけど、
ちゃんと保護してるんだろうな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2005

船越栄一郎

船越栄一郎の迫真の演技を見ると、
どうも笑ってしまう。

めちゃめちゃシリアスな場面のはずなのに…。

マンハッタンラブストーリーを見たら、
きっとあなたもそうなります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2005

ステルス

ステルス 観て来ました。

予告編で流れてたテーマとはちょっと違ってましたね。

作中で、

「まるでビデオゲームだな」

なんていってましたけど、まさにエースコンバットですよ。
まぁ、あれが映画になったようなもんかもしれません。

無人戦闘機というのは、
新しい戦争のやり方としてはアリかな、と、
私は思ってるんですけどね。

あ、いや、戦争を肯定してるわけじゃないので。

要は、完全無人化です。

無人戦闘機を使って人を殺すのではなく、
無人戦闘機同士で戦うわけです。
これは、純粋に技術力の戦いになるわけで、
その技術は他の分野にも新たな発展をもたらすかもしれないと。

戦争ってのは、
人が大量に死ぬのが一番の問題なわけです。

ならば、戦争で人が死ななければ良い。

無人戦闘機、無人戦車、無人駆逐艦とかで、
戦場を特定して、そこに人が入らないようにしたところで、
いざバトルです。

もうそうなればゲームですね。

お金が大量にかかるけど、
どうせ戦争が永遠に消えないものなら、
そういう展開の仕方もあるんじゃないかなぁ…と。

話し合いで解決できない紛争が起こったら、
例えば、野球とかサッカーとか、
或いはチェスとか囲碁とか、ジャンケンとか、
そんなもので勝負をつければ、
一番平和的で良いんだけど、
どうやら世の中そうはいかないようで。

大国というのは、自分の持ってる兵器を使って、
どっかとドンパチやってないと気がすまないようで、
それで国としての強さを誇示しようとしているんでしょう。

人間というのは、基本的に野蛮な生き物でして、
敵対する何かと戦うときに一番燃えるようなのですな。
戦争に熱が入るのもそういう性格からかもしれないけど。

その証拠に、
今世の中一般で使われている多くの科学技術は、
戦争のための研究開発から生まれたものであることが多々。

核はその筆頭ですが、
今こうして私たちが使っているインターネットも、
もともと軍事用ネットワークの技術から発展したものです。

よく切れる刀を作る技術は、
よく切れる包丁を作る技術にもなる。

無人戦闘機を開発する技術があれば、
そのAIなり機能を実現する技術は結構応用分野が広いかと。

…と、話がそれたけど、
ステルスの感想なぞ。(以下、ネタバレです)

Continue reading "ステルス"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

イイ…

最近、

安藤美姫が

真鍋かをりに似てるなぁ…

なんて思うんですが。

私だけですか。そうですか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2005

原監督再び


1対3で中日にリードを許している巨人。
9回裏、2死満塁逆転サヨナラのチャンス!
バッターボックスには4番
原!

ピッチャー投げた!
ストレート!原 空振り三振!!試合終了!



6対0で巨人楽勝ムード。
8回表、2死ランナーなし。
バッターボックスには4番
原!

ピッチャー投げた!
原 打ったぁー!ソロホームラン!



そんな原さんは、
アンチ巨人な私にとって愛すべきお方です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

後悔

さて、書こう。

あれよあれよと、もう10月です。
今年もあと3ヶ月弱。
まいったなぁ…(何が)

昨日、会社で仕事してて、
疲れて階下の自販機でコーヒーでもと思ったのです。
100円入れて、コーヒーをポチッとやる。

 …出てこない。

あれ?100円入れたよな?

疲れてて、10円か何か入れたかなと思い、
もう一度100円入れてポチッと。

 …出てこない。

ん?どういうことだ?
もう100円入れれば押し出されたりするかな?
ならば、ワンモアトライ。

 ……で、出てこいやァァァーッ!


どうやらその自販機、
お金を認識してボタンを押して課金されるところまでは
とりあえず正常動作だけど、
そのあと缶を落とす機能が動いてなかったらしく。

夜遅かったので、
人事や事務の人もみんな帰っちゃってるし…。

コーヒーを飲むつもりが、
逆に300円も自販機に飲まれて茫然自失でした。

もうね。
そんなときは疲れもどっと増すってもんです。
多分明日になれば、
300円ごときどうでもよくなっているんだけど、
そうなってしまうこと自体が悔しいわけですな…。

Continue reading "後悔"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2005

くどい!

同じことを繰り返して何度も話すというのは、
歳をとっている証拠ではないかと。

以前に自分がそれを話したことを忘れてるから、
また同じことを話してしまうわけです。

で、そういう人は大抵の場合、
その繰り返しに自分では気づいていません。

私もそうじゃないかと最近…。

なので、その恐れのある話題を切り出すときは、
「前にも話したかもしれないけど…」
と前置きすることにしています。
こうすると、ややクドイ感が緩和されます。

てかね。
そんなことを気にしなきゃいけなくなってること自体、
歳とってるんだなぁ…と。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »