« 記憶の固執 | Main | マイヤヒ~♪ »

July 18, 2005

世界物理年

年頭から、何か科学とかそのへんの特集番組を、
NHKなんかでよくやるなぁと思っていたら、
今年はアレなんですね。
巷では「世界物理年」なんて呼ばれてるらしく。

なぜ物理年?

どうやら、アインシュタインが相対性理論を発表してから、
今年は丁度100周年にあたるということらしい。
今年が2005年だから、100年前といえば1905年ですかね。

確かに、
1905年は特殊相対論が発表された年ですねぇ。

でもね。
アインシュタインは、ノーベル賞物理学者なんですけど、
そのノーベル賞は、
相対論に対してのものじゃないんですよねぇ。
実際は光電効果の発見に対しての賞だった…。
当時としては、
相対論はあまりにも先駆的過ぎたということかのう。

でも、今になっても、アインシュタインの相対論は、
バッチリ正解だと結論が出てるわけじゃない。
今のところ計算結果は観測に合致しているから、
理論としての破綻はないってことです。

いやしかし。

私が仕事だ転職だと明け暮れてる間に、
宇宙論の方も、
大分進展があったみたいなんですよね。

NASAのWMAP衛星プロジェクトで、
宇宙年齢が137億年に確定したらしいんですよ。
(誤差1%で2億年の揺れはあるものの)

したっていうか、してた。

しかもそれが2003年。もう2年前の話だったと。
学生の頃から宇宙論を趣味として生きてきたのに、
こんなことに無関心だったとは、
全く持って遣る瀬無いわけです…。

やっぱ生活にもちょっと余裕持たないとなぁ。

…と、まぁそれはそれで。

宇宙年齢が決まったということは、
ハッブル定数Hも大体確定したわけですよ。

 H=71[km/sec/Mpc] ですって。

ということは、
この宇宙が開いているか閉じているか、
はたまた平坦なのかという、
今までどれかよく分からなかった話も、
「平坦である」と分かったのです。

今まで宇宙論の本は、そこらへんについて、
今後分かるだろうとか、こう思われるとか、
この3通りがあるがはっきりしないとか、
あれこれぼかして書かれていたのが、
これからは、

「宇宙は平坦だ」

って言い切りで書かれるようになるってことですよ。

私にとっては、
むしろそっちの方が物理年だと思うのですが。

宇宙年…かな。

まぁ、今年が物理年なのは何で?
って思うことでこういう事実を知ることができたわけで、
その意味では、私にとって物理年ですわね。

せっかく世の中が、こうやって普段敬遠されがちな
“物理”なんちゅう話に盛り上がってるわけで、
あちらの私のメインページを盛り上げる良い機会なんすよね。

更新しないとなぁ。マジで。


ちなみに、
今年はアインシュタイン没後50年でもあるらしいですね。

|

« 記憶の固執 | Main | マイヤヒ~♪ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/5013590

Listed below are links to weblogs that reference 世界物理年:

« 記憶の固執 | Main | マイヤヒ~♪ »