« March 2005 | Main | May 2005 »

April 27, 2005

安全神話

マスコミなんかがよく使ってる「安全神話」という言葉。とにかく、安全であると信じられていたものが崩壊してきていることを指摘する場合に“前提として安全である”ということをこう表現しているようです。

例えば、日本の安全神話。日本は安全な国である、とされてきたけど、最近の治安はどうもアヤしいぞ、と。国際テロなんかも日本を狙わないとは限らないぜ、と。そして、電車の安全神話。交通機関の中では最も安全であろうとされていた電車。これまた最近事故が多いんじゃないか、と…。

神話というのは「信じたい」話としてあるのでしょうけど、信じるというのは人任せなわけで、本当は、どうしたらそのような安全が確保できるか、と考えていかなければならないのでしょう。実際、難しいけどねぇ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウィルス対策云々

トレンドマイクロさん、やらかしてくれました
私はその実害は受けていないんですが、
パターンファイルのアップミスでCPU食いつぶすって、
ウィルスと変わらないじゃん!
…と思ったのは私だけではないはず(?)

というかねぇ…。
今回の事件とは直接関係ないんですが、会社のPCには、
『ウィルスバスターコーポレートエディション』
というのが入っていて、
これが実にウザイなぁと日頃感じていたのですよ。

このソフトは、社用PCに入れるのは義務付けられているんですが、
自分でこのソフトの設定ができないんですよ。
何曜日の何時からスキャンを開始する、とか、
完全スキャンなのか標準スキャンなのか、とかの設定ね。
どうもそこらへんはサーバ側で管理されているらしく、
必ず、毎日11:50から完全スキャンが始まるわけです。
そうなると、もうCPU使用率100%が約1時間ほど続く状態。
大抵の他の作業はできません。(コーディングとか無理)

しかも、このソフト、一度インストールすると、
アンインストールできないんです
(消そうとすると、専用のパスワードを求められる)
そして、どうやらサーバ側で、
クライアントのシステム状態を確認できるらしい。
ちょっとしたスパイウェアですよ?

ていうか、ウィルスバスターがウィルスだよ!

…と思うのは私だけではないはず(?)

ということで、
そんなあなた(ちうか私)にお勧めソフトを1本ご紹介。

Continue reading "ウィルス対策云々"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2005

列車脱線事故

cnn : 死者50人 尼崎列車脱線事故

列車の安全神話が崩れつつありますね。
まぁ、何事も完全に安全というものはありませんが、
比較すれば事故の発生する率は低いと。

この事故の原因で気になるのが、
レールに残っていた粉砕跡ってやつですね。
列車が脱線するときは、
レールにその痕跡が残るものらしいんだけど、
今回そういうのはなくて、
代わりに何か石を踏み潰したような跡が見つかった…
乗客の話も、
列車が一瞬宙に浮いたような感覚になった、
といっている人が数人いるようで、
置石の可能性もあるようなんですね。

もし本当にそうなら、これって完全犯罪だよね…。

こわいこわい。

いずれにしろ、こういう大惨事はJR始まって以来らしい。
死亡者も50人にのぼってます。
ヒトゴトではなく、明日は我が身ですからね。
都内でも、あの程度のカーブはそこかしこにあるはずで、
同様の事故が起きる可能性は十分にあるんですよね。

…かといって気をつけようもないんですが。

えらい飛ばす電車といえば、京急は速いっすよ。
普通に120、130キロ出てますよねぇ…。
(乗ったことのある人なら分かるはず)

運ちゃん、くれぐれも気をつけてくださいね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2005

歴史教育とか

cnn:中国の歴史教科書が書かないこと

最近、中国で反日活動が激化してきてますけど、
その背景には、中国の歴史の教育にも原因がありそうですね。
もともとああしたデモが起こる切っ掛けになったのは
日本の教科書検定の話からだったと思うんですけど、
じゃあ中国の教科書はどうなんだ?という話ですわね。

ニュースの映像なんかを見てると、
デモに参加してるのは20代くらいの若者が中心ですよね。
で、彼らは実際に日本に酷い目にあわされたのかというと、
殆どの人はそんなことはないでしょう。
過去にそういうことがあったという知識があると。
それはどこからきているかというと、教育ですよ。

中国政府が彼らを制止できない理由、事情として、
国の教育自体が彼らの行動を肯定するものだからなんですよね。

予想するに、中国の教育はこうでしょう。
過去に中国は、日本にこんなに酷い目にあわされてきたんだと。
それに対して、中国は何も悪いことはしていない。
こんなに素晴らしい国であり政府であった、と。

まぁ、共産主義体制下の教育なんてのは、
大なり小なり自国こそ正義として持ち上げるものでしょうけどね。
ただ、よその教科書をとやかくいおうというのであれば、
自分のとこの教科書もどうなのか考えて欲しいものです。

で。日本の教科書は、やはり問題なのですかね。

歴史がどうだったかという意味では、
過去にあったことは、日本の利害抜きに
一通り書かれていると思ってるんですけど。
その表現方法は別として、ですね。

いわゆる日本にとって“自虐的”内容ってやつ?

そういうのも書かれているあたりは、
中国のそれよりは幾分マシではあると思うんですけど。
日本が過去に中国に対して悪事を働いてきたということも、
第二次世界大戦で日独伊が悪玉だったということも、
大抵の日本人は認識してますよね。
それは、教科書にもそういうことが書かれていて、
学校でもそう教えられてきたからでしょう。

中国に限らず、社会主義、共産主義の国の教育というのは、
国策に沿う形の情報操作がされてそうですよね。
そこが何とかならないと、そういう主義の国との摩擦は、
これからもずっとなくならない気がします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 18, 2005

それも人生

朝起きたら10時過ぎで今年もまた情報処理試験に行けず、
折角(?)だから皐月賞でもと横浜WINSへ出かけて、
伊崎脩五郎の予想を意図的に外して買ってみたら
そこにジャストミートしてしまい、
悔しくてその夜飲んでしまった月影です。

こんばんは。

ディープインパクト(14)が来るのは大方の予想通りなんですがね。
三冠馬とるだけのことはある貫禄勝ちです。
問題はね。次点のシックスセンス(10)でして。
これが入ってくるとは思いませんでした。
おかげで10Kが一瞬で飛びました。

14番から馬連でほぼ流してて、
10番だけは伊崎の予想だったから外してたのよね。
くそぅ…。

まぁ、それはいいです。

やっと結果がきましたよ。
面接の結果が。
ここまでひっぱられて、告げられたその結果は…

Continue reading "それも人生"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2005

反日デモ

来週末、同僚にゴルフに誘われたのだけど、
経験も道具もないので今週末それを買いにいかなければならず、
そんな金もないのになぁと心配になりつつ、
そういえば日曜は皐月賞と情報処理試験があるなぁ…
なんて思い出しながら職場でウトウトする月影です。

こんばんは。

いやぁコワイですねぇ。
何が?

中国の反日デモがですよ

だってさ。「日本人は死ね!」とかいってるんですよ?
まぁ中国人全部ではないとは思うんですけど、
デモが起こって、それが暴徒化するってのは、
やっぱりあの国の空気はそれなりなのですよね。

まぁ日本は嫌われたものです。
中国だけじゃないよね。韓国や北朝鮮もそう。
(北朝鮮はともかくね)

何が一体そんなに気に入らないのかといえば、
過去に日本に酷い目にあわされたことがあるから、
なんでしょう。

それはその通り。

でもね。
それと今どうすべきかという問題は別じゃないですか。
そこらへんはやっぱ、メンツの問題というか、
国家の威厳がどうという話になるんですかね。
関係ないと思うけどなぁ。

これじゃ、中国に旅行とかいけませんよね。
警察も暴徒を黙認状態じゃぁね。
誰も助けてくれない国に安心していけませんよ。
って、特に中国に行きたいわけじゃありませんが。

ここらへんも不合理を感じます。
何の得にもならないことをやってもしょうがない。
それより、どうすればお互いハッピーになれるか、と
考えられないのでしょうか。

…念のため、
私は特に右寄りってわけじゃありませんので。(^-^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 13, 2005

宙ぶらりん

マスターズのウッズの16番に「アリエネー」と思いつつ、
ここ2日急に冷え込んで若干風邪気味になりつつ、
先日の面接の結果がまだ知らされずヤキモキしつつ、
周囲の雰囲気もあってまだ人事に退職の意思を伝えられず、
非常に中途半端なところにぶら下っている月影です。

こんばんは。

先週末の面接の結果が、まだきません。
最長1週間待てってことなのかなぁ…。
でも、2営業日も過ぎれば、さすがに結果はもう出てるでしょうに。
そんなに中途採用の人多いのかしら。
もう4月になっちゃってるし、
ピークは過ぎてると思うんですけどねぇ。

どうなってるんだろ?

Continue reading "宙ぶらりん"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モス閉店

今の地に引っ越してきてからずっと利用していたモスバーガーが、先日なくなっていました。お客が入ってないようには見えなかったんだけどなぁ。うちから歩いて5分ほどのところにあって、結構便利で愛用していたので残念。

休日はあそこでエビカツバーガーとコーヒーを頼んで、買いっぱなしの科学書を読んだりしつつのんびり過ごしていました。これからはそれもできなくなると思うと寂しい限りです。マックなら駅前にあるんだけど、マックだとまた別の雰囲気なんすよね。忙しい感じがするというか。のんびり感がない。かといってモスにこだわると、電車に乗って横浜まで出ないとないわけで。

近所にのんびりできる喫茶店でもできないかなぁ…。
(私がつくるか!?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2005

生命宇宙の世界(6)

みなさん、こんばんは。

今回は少し、従来の自然科学の考え方から
ちょっと離れたモノの見方を考えてみたいと思います。

自然科学、というのは、
モノゴトの道理を説明する方法論のひとつ、でしょう。
物理学、化学、生物学、天文学…
まぁ、学校の理科で習うような内容は、
大抵は自然科学に分類されるものです。
その基礎となる数学もそうですね。

これらは、およそ共通して、
モノゴトの因果を結び、それに名前をつける
という作業をしてきた結果です。

何か現象がある、
ということは、それには原因があり、
その原因からどのようにその結果に至るのか、
それを究明し、解読し、説明する。
そのパターンが一定化すれば、
それに何たらの法則、とか、何ぞやの原理、
などと名前がつけられるわけです。

要するに、定式化できるものは、
大体自然科学として扱うことができるのですね。

さて、何度も書いてきたかもしれませんが、
世の中にはそうでないものもあります。
つまり、定式化できないもの、ですね。
厳密にいえば、
人の知能では定式化できないもの、です。
(一応、人知を超えた領域で定式化できる余地を残します)

例えば、水の流れ、風の変化、雲の動き、
生物の無作為な動作、人の感覚や思考、など。

こうしたものでも、近年、
何とか自然科学の世界に取り入れられようとしています。
複雑系の数学であるとか、脳科学などですね。
自然科学に取り入れる、ということは、
つまり、これらを定式化しようとする、ということ。
それに、何がしの法則とか、何ぞの原理、
…などと名前をつけたいわけです。

さてさて、
今の人知でそれら全てが定式化できるものなのでしょうか。

Continue reading "生命宇宙の世界(6)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2005

面接

かなり良い天気。
こんな日に桜並木の下を何の目的もなくぼーっと歩けたら、
どんなにか幸せだったろうなぁ…と思いつつ、
面接の為にK社の本社へ向かっておりました。

いや、実際は、花粉のせいで、
あんまり清々しい気分でもなかったんですけどね。

ということで、本日2次面接でした。

こないだよりちょっとエラそうな人が出てきて、
まぁ1次と同じようなことをいろいろ聞かれたんですが、
相変わらず私の方はまとまりがなく、
きれいな受け答えはできなかったなぁと。

いや、気になったのはですね。。。

面接官「で、いつからウチに来れるのかな?」
私「えーと、4月中に退職することになっているので…」
面「もう辞めるって決まってるの?」
私「はい。直属の上司にはいってあります」

面「まだ決まってないのに、大丈夫なの?」

私「ぇ?」

面「次が決まってないのに、辞めるのを先に決めてるのはなぜ?」

私「ぇ?」

そういう疑問が向こうから飛んでくるとは思わなかったので、
どう答えていいか困りましたよ。
いや、御社様に入りたいから、今の会社を退職するんです!
ていうか、中途採用の選考って、
まだ現職に残る可能性がある人でも良いって感じで見てるのかな。
むしろ、退社してキレイになってから
次の会社に応募って人は少ないのかしら…。

どうも不安になってきました。。。

これでOKでも、まだ3次面接があるんだって。
長いっすよ。
こんな何回も面接するものなんですかね。普通。
D社なんて、一発だったのに(それもアヤし過ぎだけど)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自虐的?

ニュースでサルが花粉症に悩まされている様を放送していて、
その涙目のサルの表情が何とも居た堪れない感じで、
しかし人間のような表情で苦しむそのサルに愛着を覚えつつ、
自分も涙目な日々を送っている月影です。

こんばんは。

ニュースで気になった表現に「自虐的表現」というのがあります。
あれですね。教科書検定の話。
過去に日本が中国や朝鮮に対してとった非人道的行為。
それが教科書に書かれているのが「自虐的」なのだそうです。
多分、自国のことを自国の教育で悪くいう、
というのは自虐的ということなのでしょう。

でもさ。
歴史の教科書なんだから。あくまで。
あったことをそのまんま書かないとダメですよね。
で、あったことをそのまんま書くことは、
「自虐的」でも何でもないでしょ?

…ということじゃないのかな?

Continue reading "自虐的?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2005

MONSTER

毎日:MONSTER ハリウッド実写映画化

遂に浦沢作品ハリウッド進出ですよ。…というか、MONSTERって、確かドイツが舞台だったと思うんですが。ハリウッドって、アメリカアメリカした映画ばっかり想像しちゃうから、どうもその辺がイメージできないんですけどね。

MONSTERは、確かに実写映画化しやすい話かな、とは思ってました。それだけリアルなんですが。映画化されるとして、そのデキの決め手になるのは、Dr.テンマ役はもちろんですが、ヨハン役が演じきれないと駄作になるだろうなぁと思ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2005

何か壮大な…

思い立って、部屋を掃除してましたら、
2ヶ月くらい前に買っていた宝くじが出て参ったのです。

まぁね、どうせハズレクジだろう…と思いつつも、
ちょっと当選番号をチェックしてみたのです。

すると?

 47組162851番。

1等!!!!なんと1億5000万!!!!!!!

キタァ―――――(゜∇゜)―――――!!!!!

Continue reading "何か壮大な…"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »