« February 2005 | Main | April 2005 »

March 28, 2005

転職、転職


花粉と格闘しつつ、やはりまだ自分は花粉症ではなく、
今年の猛烈な花粉の勢いに一時的にやられているだけだと信じて、
日々ポケットティッシュを2パックずつ消費している月影です。

こんばんは。

現在、転職活動を敢行中なのですが、
とりあえず以下、2社をD社K社と呼称することに。。。

状況的に今の会社を退職するのが4月中ということになりそう。
なので、次の会社に入社するのは5月からとなるわけですが、
そうなった時点でもうD社はダメだろうと踏んでいました。
(本来4月1日から入社の予定でしたので。。。)

で、その状況を伝えておいたんですが、、、
なんと、それでもまだOKだというわけですよ。D社さん。
しかし、私の気持ち的にはもうK社に傾いているわけでして。

こうなったらもう、
正直にK社の選考も進めてもらっているということを、
D社側にメールしておきましたよ。
それでもまだ私にこだわるのかどうかの確認もあるし、
私自身もK社に絞るという流れを作るということで。

実はですね。
K社にもD社と同じような学校が付属してたりするんですね。
なので、もし私が希望するなら、
そちらへの転属も可能だというのです。
まぁ、とりあえずプログラマ職で入るわけで、
それがどうか、となってきたときに、
また改めて考えますゎ。

…といいつつも、
まだK社の内定を取っているわけじゃないので、
あまり悠長にも構えてられないんですけどね。。。

もしK社がダメとなると、
5月から私、プーさんです。(クマじゃないですよ)

本当は先週、K社の面接があるはずだったんだけど、
さすがに月にそう何度も休んでるとアヤしまれるわけで、
その回は4月に伸ばしていただいたわけですが、
今にして思えば、
はやく面接してもらって内定とっといてしまった方が、
今悠長に構えられたかなぁ。。。なんて思ってたり。


今の会社も、
評価シート(評価&今年夏のボーナス査定用)を書け
というお達しがきたんだけど、
もうボーナスも幾分カットが決まってる今、
仮にこの会社にいるとしても書く気が起きませんわね。


さて、
4月は年休全部消化する勢いで休みまくったるぞ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 25, 2005

クラウンジュエル作戦

asahi.com : ソフトバンクグループ会社、フジテレビの筆頭株主に

そうきたかって感じですね。

おそらくライブドアは、
ニッポン放送がフジの筆頭株主だったからこそ、
フジの経営に口出しできるような立場になりたいと
ニッポン放送の買収を目論んだのであって、
そのフジ株が全部SBIに移っちゃうと、
ニッポン放送を掌握してもフジには口出しできない、
ということになるのですねぇ。

残念!

ソフトバンクは、
おそらくライブドアにしてみれば同業者ですからね。
そのグループ会社にしてやられた形になったわけだから、
ホリエモンも心中穏やかじゃないでしょう。
(しかも、SBにやられるのはこれが初めてじゃない)

ソフトバンクはYahoo!やってる会社です。
ホリエモンが喋ってた内容がそのまんま、
フジがソフトバンクと手を組む理由になっちゃいますから。
むしろ、業界ではヤフーの方が数段上ですから。

SBIの北尾CEOが、
「(堀江氏は)訊かれたからって何でも喋り過ぎだ」
といってたけど、堀江氏は、喋り過ぎというか、
相手を怒らせるようなことばっかり言ってますから。
これから業務提携しようといっている相手にですよ。
仮に心の中で思ってても、そういうこと言っちゃダメだろうと。

本音トーク云々という以前に、最低限の礼儀がないです。

礼儀は普段は邪魔で面倒くさいものだけど、
初めてお互いの意見交換をしよう、
理解し合おうという場面でこれを蔑ろにすると、
コミュニケーションは絶対上手くいきません。

どんな人にだって感情がありますから。

人の感情というのは、
おそらく理性的なコミュニケーションの妨げになるものです。
それを抑える役割を担うのが礼儀です。
(そういう意味での礼儀)

例えば、会っていきなり
「お前を殺す」
といわれた相手と仲良くできるはずがないでしょう。
(心理的に無理ですよね…)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2005

ニャホニャホタマクロー

 ガーナサッカー協会会長の名前は、
 ニャホニャホタマクロー

面白い!名前だけで笑いがとれる人ってのもそうはいませんよ。

トリビアを見てたら、ニャホニャホタマクローの歌までつくってました。CD出たら買おうかな…(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2005

協和音

人が、映画を見たり、音楽を聴いたり、
或いは雄大な自然の風景を見たり、絵画を鑑賞したり、
そういうものを楽しむ前提条件として、
それらを“良いものと感覚する”ということがあります。

そこでふと思ったんですけど、
人がそれらを良いと感覚するのは何故なのか?
…ということがあります。

何故でしょうか。

Continue reading "協和音"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2005

ジョブチェンジしたいゎ

今日もまた無理やり会社休む理由を考えるも妙案が浮かばず、
結局こないだの下水道破裂の点検にくるという設定にして休むも、
なにやら誰もいないからというので、
呼び出され結局午後から出勤になってしまった月影です。

こんばんは。

まぁ、今日も転職先の面接だったわけで、
しかし私のドッペルゲンガーもいないので、
今の会社の方に妥協を入れてもらおうと思っていたんですが。

PLやってる同僚のK君に電話を入れてみたところ、

私「今日、アレなので、休んじゃだめかな?」
Kくん「え?休むの?うーん。。。」
私「あれ?ダメ?」

今はテストしかすることがないはずなんだけど。。。

Kくん「誰もいないんよね。今」
私「え?」

で行ってみれば、本当にK君と後輩のR君しかいなかったわけで。
これはどうしたことか。

聞くところによれば、
テスタとしてきていたHさんの母親が倒れたらしく、
また、同じくテスタのIくんも次の仕事の打ち合わせということで、
そこに駐在すべき人がいない状態だったのですな。

仕方なく、私もテスタやってましたよ。


さて、その面接ですが。

行ってみたら、今日は適性検査なるものを受けさせられました。
まぁ定番なんですかね。
これで落とされることはないかなぁとは思ってるんですが。
で、面接というのも人事の方との面接で、
おエライ人が登場するのは、またこの後だとか。


って、ちょっと待てぃ!

またどこかで会社休む理由をこさえにゃならんちゅうことですか。
今日の結果は今週中に出るということで、
また早ければ来週とかに役員面接が設定されるわけですよ?
てことは、また来週休む理由を。。。

どうしたものか。

もうこうなったら、
「もうすぐ辞めるんで転職先いってくんね♪」
っていっちゃおうかな。

とりあえず、今日話を聞いた感じだと、
かなり良い会社だなということが実感できましたね。
社内の転属は比較的自由みたいだし、
年俸制だから、昇給するときはその昇給幅も結構でかいみたい。
そして自分の好きな仕事をやれるわけですから、
こりゃいうことなしです(現時点での印象)。

もうここで内定とりたいなぁ。

すでに内定している学校の方も、そろそろ断りを入れる時期。
メールでやんわり「現職の事情が厳しいので。。。」
とジャブ打っといたんですが、
それでも新たに講師を探すということはしていないようでして。
なかなか適任者がいないとか。
実は、私は、類稀なる応募者だったんでしょうかね。。。
そう考えると、
あのシドロモドロの面接で受かったのも頷けなくはない。

よくよく考えれば、喋り下手なのが面接で露呈しているのに、
いくらプログラム経験があるからといって、
大勢の人前でモノを教える講師に雇うのも変な話で。

半分、講師もやってみたいなぁとは思っていたんですよ。
良い経験にはなるだろうなとも思うし、
学生にモノを教えるというのはそれなりにやりがいもあります。。。

と、昨日まではそう思ってました。

もうね。
今日の人事の方の話を聞いてしまったら、
こちらの会社の方が断然良いと思えてきちゃったわけでして。
基本的に技術職だから、ほとんど裁量労働みたいな感じらしいし、
つまり、この時間までに会社に来ていなさい、
っていうのがさほど厳しくないらしいんですよ。
やっぱり労働形態というのは、こちらの業界の方が進んでますよね。
モノ作りに関しても、かなり自由に企画、提案していけるみたいで、
企画が通れば作ってみて、商品になればそのまま全国展開ですから。

今からモチベーション上がりまくり。


早く転職したいゎぁ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2005

バッテリー昇天

最近、またゲームにハマり気味なのが気になりつつも、
どうせこれからその業界へ入るのだから、勉強勉強!と、
都合の良い解釈をこじつけて納得しようとしている月影です。

こんばんは。

ええ、全く勉強意識はないわけで。。。


以前からバッテリーがあがって動かないといっていた私の車。
充電器があるから、いつでも充電できるやー
なんて思っていたら、
その充電器でも充電できないくらい重症に陥ってました。。(つД`;;
電圧が2.5Vを切ると、その充電器では充電できないらしく。

自力復活できなくなっちゃいましたよ、先生?

やっぱり買い替え時なんでしょうね。
あと1、2年も乗れば10年車検です。
というか、バッテリーのサイクルも2、3年といわれてるから、
もういい加減バッテリーも寿命だったのでしょう。

ということで、今さらJAFに入会です。
別に入会しなくても救援要請はできるらしいんですけど、
自分で車をメンテできない人は加入しとくべきですよね。
年会費4000円。
まぁ、そんなに高くはないかなと。


普段乗らないからバッテリーあがっちゃうわけですが、
動かなくなってしまうと、
乗る用事ができたりするから困ったものです。

買いだめしておいた箱ティッシュが切れてしまいました。
あと、スーツや靴も面接に向けて新調したかったんですけど、
いつも行ってる洋服屋は車でないと行けない場所でして。
(行けなくはないけど、駅から歩くと2、30分は歩くかと)
あと下着や靴下なんかもそろそろ寿命なので、
新しいのを買うべき頃合なんですけど、
大体そういうのはダイ○マとかでまとめ買いするので、
そんなときに車の出番なわけです。

しかし、今や動かぬ鉄の塊。

JAFの会員証が届くまで、しばらく車には乗れません。。。


さて、明日は例の面接です。

面接そのものよりも、
今はどういう理由をつくって会社を休もうかということに、
私の頭はフル回転中です。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドラえもん新声優決定

テレビ朝日:ファンのみなさんへ

新しい声優陣が決まったっぽいですね。

 ドラえもん:水田わさび(30)
 のび太:大原めぐみ(29)
 しずか:かかずゆみ(31)
 ジャイアン:木村昴(14)
 スネ夫:関智一(32)
              (敬称略)

らしいです。若返りましたねぇ。
ジャイアン役が14歳というのもすごいかも。。。

正直、私はどなたも全然知らない人たちです。
逆に、全然知らない方が良いのかもしれませんね。
下手に有名な声優だと、
そっちのキャラのイメージが先に来るし。。。

頑張って新しいドラを創っていってもらいたいものです。
これからの世代のドラといえば、
おそらくこの人たちで定番になってくるのでしょうからね。

個人的には、
ドラえもんは、やっぱり大山さんなんですけどね。。。

とにかく、モノ真似っぽいことはして欲しくなくて、
これだけの刷新を図ったのだから、
思い切って全く新しい世界にしてもらいたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 11, 2005

微妙マスコットたち

いつも見るたびに「これビミョー」って思うんですけど、
何でみんな無意味にマスコットキャラつくりたがるんですかね。
どこぞの会社もそうだし、何かの企画ものもそう。
警察やら消防やらにもいたりする。
都道府県自体にもマスコットキャラがあるとこもあるのかな?

例えば、今度、愛知県で「愛・地球博」ってあるじゃないですか。
あれのマスコットキャラの「モリゾー」と「キッコロ」。

mk これです。

微妙… じゃないですか?
可愛いともいい難く、かといってインパクトにも欠けるような。


そのやる気のなさが沸沸と伝わってくるデザインです。
(こんなこといったら怒られそう…)

でも、これはプロのデザイナーさんが描いたものらしいので、
まだ“やる気”がある方だといえます。

一体、全国にはどれほどの微妙マスコットが生息しているのか…。

Continue reading "微妙マスコットたち"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 09, 2005

ホリエモンのテレビジャック

昨日、いつものようにゲームしつつ筑紫さんの番組見てたら、
例の堀江モンが生出演して熱く語るということで、
ちょっと注意してみておりました。

何でもその日、
堀江さんは、他局にも生出演していろいろ喋っていたとか。

筑紫哲也 News23

いつも思うけど、やっぱり、あの社長の理屈はよくわかりません。

彼はしきりに、
インターネットはいいんだ、いろいろなことができるんだ、
双方向性に優れるんだ… などと説明されるわけですが、
そのようにインターネットが有用であることは、
今さらもう誰にいわれずとも周知のことであって、
改めて凄い素晴らしいと称えるものでもないんですよ。

むしろ、ITを席捲しようと豪語している会社の社長が、
今頃そういうことを熱弁していること自体が滑稽というか。

あとですね。
インターネットによって他のメディアが圧倒できる(?)と、
そんなことを彼はいつもいっている気がするんだけど、
まず、インターネットというのは、そういう技術ですからね。
ネットワーク同士をつないだものがインターネットであって、
その技術を使ってテレビ中継だってできるわけです。

…というのは揚げ足取りに聞こえるかなぁ。

インターネットという名詞をを連呼しているあたりが、
どうも素人臭いなと思えて仕方がない。
Web技術がどうとか、TCP/IPがどうとか喋りだすと、
ほほ~そうかぁ、なんて素人さんなんかは思うんだろうになぁ。

比較するものが違う気がするんですよ。
結局彼は、テレビよりインターネットがいいんだ!といいたげです。
それは、双方向性に優れるからだとか、誰でも情報発信ができるとか、
要は、Webの特徴をいろいろおっしゃるわけですね。
でも、それはテレビよりWebがいい、というものでなく、
Webではこういうことができるというだけの話ではないですか。

極端な喩えをするなら、
「冷蔵庫よりガスコンロの方がいいんだよ」
とかいってるようなものじゃないかと。
その理由に、
冷蔵庫はお湯を沸かせないけど、コンロなら沸かせる、とか、
冷蔵庫は魚を焼けないけど、コンロなら焼ける、
などといってるようなもんです。

ええ、その通りですよ。
でもね、この理屈は無意味でしょう。


というかね。
堀江モンの場合、ネットがどうとかいう話は後付けの理由であって、
単に、どうにか大きな企業買収をして、
自分の会社を大きくしたいだけじゃないか、という気がしてならない。

M&Aでしたっけ。海外では当たり前にやられている企業戦略で、
会社経営を多角化したり市場を広げたりする目的で、
大きな会社は、財力にモノをいわせて、
小さな会社をどんどん買収をしているみたいです。

実際、彼はそれをやりたいだけじゃないかと。

日記をみてても、ライブドアがこんなことをやってるよ、
みたいなことを自慢げによく書いてますし。
そうして、自分の会社の関わる分野が広がっていくこと自体に
喜びを感じている人なのではないかな、と思えるのです。

資本主義なんだから、別に理由なんて必要なくて、
経営者として、会社を大きくしたいから買収したいんだ!
で良いと思うけど。

ネットがどうとかいうのは、ちょっと無理矢理っぽい。
「そうだな~」とか相槌すらうてないです。
興味半分で知ってるようなことを喋ってるって感じがして。
いってることが素人なんですよね。
ブログがどうとか、掲示板がどうとか。
そんなこと、三木谷さんも孫さんもいわないでしょ。

どうせ喋るのなら、
将来のブロードバンド技術はこうなるとか、
量子コンピュータの出現で通信がどうなるだとか、
こういう技術を我が社では開発中であるとか、
そういうITのプロっぽいことを喋ってください。

素人が中途半端な知識で専門家ぶるのが一番良くないです。
あと、やっぱり、自分が作ったものじゃないものを、
自分のもののように宣伝する性格も好きになれません。


つまり、私は、
堀江モンのことを好きになれないようです。
(結局それだけなのかも)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そろそろ決断の時

“花粉が猛威を振るう”というフレーズは滑稽じゃないかと思いつつ、
そういえば最近、鼻水とクシャミが頻繁に出るようになって、
これはもしかすると、私もいよいよ花粉症デビューか!?
と心配しはじめた月影です。

こんばんは。

いやしかし、
在職しながら転職活動する方が断然楽だと思ってたんだけど、
必ずしもそうじゃないということを今にして感じ始めています。

あれですね。
この日に面接に来てください、なんて言われるんですが、
そうして指定される日はバリバリ平日なんですよね。
まぁ採用の人も、当然営業日に仕事しているわけでして。
毎回、会社を休む理由を考えるのに苦悩してしまいます。

基本的に人にバレないようにコッソリやってるので、
まさか「転職活動してるんで休むね♪」なんて
しゃーしゃーといえないわけですよ。

さすがにもう体調不良は通らないだろうと思って、
こないだなんか、下水管が破裂したことにして休んじゃいました。
(我ながらナイスなアイデアじゃないかと)


さて。
例の会社の一次面接の結果の知らせがきましたよ。

Continue reading "そろそろ決断の時"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 07, 2005

全部ヒトゴトです

誰しも、世界の中心は自分です。
主観というのは自分というモノの中に埋め込まれているのだから、
当然、世界をそこから眺めることになるわけです。

ちなみに、RPGというゲームがウケるのは、
自分がそこで英雄として、どんどん強く成長していくからでしょう。
そこに設定された悪玉をやっつけることで、
主人公はどんどん知名度を上げていき、そして強くなり、
最後には世界の頂点に上り詰めるわけです。

ロールプレイ、というのは、
その役割を演じる、という意味合いがあります。
つまり、そのゲームの世界では、
誰でも、その世界の正義の英雄を演じられるわけです。
演じるというか、なりきることができるのですね。

基本的にこれは、
人が潜在的に持っている真正の欲求からくるものでしょう。
みんな、世界の中心でありたいわけです。
そうでないことを頭では理解できていたとしても、
どうしても自分という枠は取り外せないもので、
そういう客観的理解は大抵忘れられていて、
多くの場合、人は自分という存在ありきでモノを見ています。

デフォルトで、自分は英雄でなければならない、
という義務のようなものが纏わり着いているのですね。
(その思いが強すぎる人は、よく自殺します。)

ここで、一歩引く、という何気ない思考の切り替えが、
気を楽にするひとつの手立てになることがあります。
つまり、自分も他人と同じ人間であって、
その意識から認識される他人と同様に自分を見る、
言い換えれば、自分の心を自分の外に置いてみてはどうか?
ということです。

といっても、
常にそういうモノの考え方をすることはできないし、
そういうことを意識しようとすると逆に疲れます。
ただ、何か問題があって思いつめてしまったときに、
自分を一人の人間として客観的に眺めてみると、
何をそんなに悩んでいるのか、
と思って、気が楽になることがあるということです。

他人のことは、大体ヒトゴト、として見ますから(笑)

具体的には、
明日プレゼンだ、上手く喋れるかなぁ…みたいな心配があるとき、
そうして心配している自分を他人としてみて、
あー心配してるなぁ、そりゃそうかもなー
みたいにヒトゴトとして考えてしまうのです。
それで問題は何も解決はしないけど、気は楽になりませんか(笑)

要は、思いつめたり、心配したり、
マイナス方向の思考はなるべくしない方がお得じゃないか
ということですゎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2005

送別会とか

送別会…といっても、私のではありませんで、
今月で退職する別の人の送別会なぞ参加して帰ってきました。
いやぁ、実は私も辞めるんだよねぇーHAHAHA!!
なんていい出したかったけど、
やっぱり上に話が通ってからでないとマズイかなー
と、その気持ちを抑えているのが、
何とも実に複雑な気分だった月影です。

こんばんは。

こんなことをいうと、一体どういうこと?
って話になりそうな事実をいっちゃいますけど、
ウチの会社、この春20人以上退職するみたいです。
これはリストラとかではなく、
それぞれの人の意思で、ですね。

いろいろな理由があると思うけど、
来期には大きな組織変更があること、
来期から給与体系と評価制度が変わること、
住宅手当などが出なくなること…
など、現状の社員にとって、
あまりプラスではない方向の改革があるのが
その一因になっているのは確かでしょう。

まぁ、それもきっかけに過ぎないとは思いますがね。

つまり、みんな常々
コトあれば辞めようと思っていたわけですよね。結局。
そのトリガが、今回の再編だったと。

という私も、そのひとりだったわけですな。

何より、サービス残業多過ぎ

多分これが一番でかい。
いくら仕事多くても忙しくても、
それ相応の給料が出ればいいんです。
これは最低限守られるべきことです。

でも、この業界の仕事は、最初に工数が決まっていて、
その中でコトを済ませようとすると、
最後の方でどうしても足りなくなってくる。
ぶっちゃけ見積もりが甘いわけですが。
なので、収支で赤を出さない為には、
下っ端がタダ働きするしかないわけですねぇ…。

ま。いいんです。良くないけど。私はもうすぐ辞めますんで。
辞め際に、そういうこと指摘してやろうか。もうコワイものなしだし。
老婆心てやつか。



それにしても、こないだの面接の結果がまだ来ません。

早くして欲しいんだけどなぁ。
学校の方にそろそろWaitが効かなくなってくる。
ダメならダメでスッパリ切ってくれ。(^-^;
したら、また再挑戦してやるさ。

来週には腹くくらないと、さすがにマズイでしょう。
学校としても、抜けた講師の穴がふさがらなかったら、
4月からの講義の予定に影響出るだろうし。

つか。
4月までに、今の会社を去れるかどうかも問題ですが。
移管とか引継ぎとか、いろいろやることもありそうだし。



最近、かなりドタバタしてます…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2005

H-2A

JAXA: H-IIA打ち上げ成功

ようやく上がりましたね。MTSATも無事に軌道に乗ったようで何より。これでもうアメリカさんの中古の衛星のお世話にならなくて済みそうです。

こういうものの開発や失敗には巨額のお金がかかるわけですが、どんなに腐っても、こういうものだからこそ金をかけるだけの夢を持った国でなくちゃいけないと思いますね。これに関しては、税金の無駄使いでは決してない。削れる無駄はもっと他にいっぱいあります。

何かを創造する人は頑張って欲しい。今の私にできることといったら、そんな人たちを支える資金の一部を税金という形で提供することくらいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2005

パソコン通信も終わり

@nifty:来春でパソコン通信サービス終了

ついにというか、これも来るべくして来るものなんでしょうね。
パソコン通信からネットデビューした私としては寂しい限りですが、
もうパソ通という時代でもなくなってきているのでしょう。

思えば、大学入って、自分のパソコンを買って、
それにバンドルされていた「PC-VANナビゲータ」というソフトで、
NECの提供する「PC-VAN」というパソ通を始めたのが最初でした。
(「PC-VAN」は既に閉局しています)
後に、EmTermで「NIFTY-Serve」を始めて、
そこでいろいろな雑談なりメールなりをして楽しんでましたね。
もうネット自体が新鮮だったので、
メールが来てるだけで結構感動ものだったりしたわけです。

PC-VANとNIFTYの会員が、
互いのことを「対岸」と呼び合っていた時代が懐かしい。。。

パソ通というのは、基本的にテキストのみのやりとりになります。
今あるWebのように、絵やら音やらが派手に組み込まれたものでなく、
もう“文字オンリー”の世界だったので、
そこで文字を駆使したいろいろな表現方法が編み出されていました。
顔文字やアスキーアートなんてのも、その頃の文化でしょう。
今の人たちは2chの文化だと思い勝ちですけどね。
(もっとも、2chは2chの独特のアスキーアートがありますが)

表現方法自体は、今のWebなどの方がずっと多様なのですが、
当時の文字だけのパソ通の方が、
ずっと暖かさを感じられていた気がするのはなぜでしょう。

多分、その頃は、まだ通信というのが、
人間同士がコミュニケーションする手段である、
という認識があったからじゃないかな。
そこにいるのは自分と同じ人間だという意識が
まずあった上でのコミュニティだったのですね(多分)。
つまり、同じ趣味や考え方の人と接したいという
目的を達成するためのコミュニティだということですね。

近年のように、
もうネットを通した通信が当たり前の時代に至っては、
コミュニティが、あるいは通信が、手段ではなく、
目的そのものになっている気がします。
情報収集の場であったり、自分の思いの捌け口であったり。
その先に人がいることは認識されているけれど、
その人たちとコミュニケーションを計ることが
主題ではなくなっているんじゃないかな?

…とまぁ、いろいろ思うところはありますが、
おそらく最後の商用パソコン通信サービスであろうniftyも、
来年の春で終幕するわけです。
もう、今のメインストリームはWebですから。

これも時代の流れですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春です

月影です。ノドが痛いとです。
これがまた1週間くらいずっとなのです。
熱もないし、風邪っぽい症状でもなさそうで、
さすがに何か変な病気じゃないかと心配になって、
病院に行って診てもらったら、

医「あー、腫れてるねぇ。ノドってより舌の奥だね。」
私「何か変な病気でしょうか?」
医「んー、何か舌をキズつけたりしなかった?」
私「噛んだりとか?」
医「こんな奥は噛めないから。」

そういえば、先週末に夜中にゲームしてて、
小腹が減ったのでポテチを食べてたとき、
あまり噛まずに飲み込んでキズつけたような気もする…。
確かに、発症はあの翌朝からだったような?

私「何となく心当たりがあります。」
医「多分、そこから雑菌が入っちゃったんだと思うよ。」

…ていうか、確実にソレダ。
とりあえず、炎症止めと抗生物質をもらって帰りました。

皆さん、ポテチはよく噛んで食べましょうね。
(そういう問題でもないと思うけど)



さて、春ですね。
3月といえば、そろそろ桜も芽吹く頃。
といえど、今週末に向けて関東は雪らしいですが?

とりあえず、上司に会社を辞める意思を伝えてみました。
本当は、今頃いうのは遅いんですけどね。
転職が具体化したのも急だったもんですから。
もう、動き始めたらしょうがないですよ。

職場では、同僚とか後輩とかは、
もう来期からの新体制の話で盛り上がってます。
どこの所属で誰が上司になるだとか、どんな仕事になるだとか。
私がやめるってこともまだ知らないわけで、

「月影さんはどこなんでしょうねぇ」

なんて後輩にいわれても、

「さぁねぇ」

くらいしか返せずみたいな。

この仕事は嫌だとか、誰の下にはつきたくないだとか、
仕事がなくて暇になりそうとか、
でもゴールデンウィークあたりからピークが来るだとか、
まぁ、去年までの私なら興味深々で聞いている話なんですが、
今回は、少なくとも来月あたりには、
私はこの会社にいませんから、やや冷め気味ですわね。

そんなことより、
私は今月中にこの会社を去ることができるかどうかというのが、
ひとつの課題になってます。

というのも、とりあえず内定している例の学校なんですが、
まぁ当然学校ですから、4月頭には入学式で、
そっからカリキュラムスタートなんですね。
教務の方にきけば、
私にはもう既に週6コマの授業が割り振られているとか?
まだ入社もしてないのにそこまで具体化してるのかと、
ちょっとビックリしたんですけど。

だって。

明日、別の会社の面接を受けるんですけど、
もしそれが通ったら、私、そっち行っちゃいますよ?
みたいな。

今さら断るなよ?
という脅しなのかしら。(ガクガクブルブル((((゜Д゜;;)))))



…春です。

確実に時代は動きつつあります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »