« 火の狐 | Main | ひげよさらば »

December 13, 2004

とある忘年会にて

更新せにゃならんなーと思いつつも、
無理やり更新しようと思って書く記事が面白かった試しがないのだけど、
それでもやはり悪あがきをしてみようと頑張ってみる月影です。

こんばんは。

毎度いっとりますが、
もう最近の私は仕事とゲームしかない生活でして、
これといって皆様にご報告するような行事はないんですが、
まぁそうはいっても、
たまには人と顔をあわせることもしないとなので、
とあるコミュニティの忘年会へ混ざってきました。

私の場合、決まってああいう場所では、
隅っこの席でまったり飲んでるだけになるんですがね。(´-`;;
ま、今回のは、クオリアMLという、
普段こんなことを同僚とかに話したら
「お前、頭どうかしたんじゃないか!?」
って言われそうな内容でも受け入れてくれそうな集まりなんで、
ある程度いろいろ話すことはできました。

会社の飲み会で、宇宙とか心とか、そんな話まずしないもんね。

なので、MLEXP.でもこういう集まりしてみたいんだけど、
なかなかみんなシャイでして、
普通は出てきてくれないのですよねー。
やっぱり主催者のカリスマが違うんだろうなー(笑)

思うんですけど、
ああいうところから今の自然科学を突き抜けられるのかというと、
結構馴れ合いの雰囲気があってはダメで、
つまり、気の合う人間同士で集まって、
お互いに「そのとおりだねぇ」って言い合っているのでは、
やっぱりいつまでも現状維持って気がするんです。

問題そのものは難しいんですけどね。

自分のことは棚に上げていってるわけですが、
まぁ「生命宇宙」の話は、何の根拠もないフィクションですので、
そこらへんの研究を専門に仕事としてやってるのとは、
また次元が違うのです!(笑)

自然科学が非科学と異なっている点は、
その「反証可能性」にある、といわれていますね。
理論を立てて、それがそうなることを証明できるのは当然として、
そうならないことも反証することができるかどうか、です。
反証されれば、その理論は誤りと認めざるを得なくなる。

心身問題とか、脳科学の分野は特にそのへんが曖昧で、
なかなかその反証可能性が見出せないんですよね。
そこをぶち破ってくださいまし誰かぁ!ってとこです。
(他人本位?)

えー。こっちはこっちで、
おそらく反証不可能だろう生命宇宙論を展開しときます(爆)

なにか?

|

« 火の狐 | Main | ひげよさらば »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
そうですね、忘年会でみんなニコニコ語り合ってるようじゃダメかも。
ほんでもねえ、なんかねえ、もぉネタ無くなっちゃったんですよねえ。トンデモな人が出てきてももう感度鈍くなっちゃって「あーあまただよめんどくせえなあ」としか思えなくなっちゃった。
スンバラズぃアイデアなんててんで出てこやしないし、そんなものを期待すること自体が情けなかったりするし。
もういっぱい切り口は出たので、一度はソレについて語ったんじゃないかなあ。
もし違う切り口があれば、それだけで嬉しいんだけどね。そういう意味じゃあ近年では青山さんの時間論は出色の出来だったと思うのだけど。

Posted by: nomad | December 20, 2004 at 09:40 PM

コメントありがとうございます。(^-^

なんとなくなんですけど、もうちょっとケンカしてても良い気がするんですよね。議論の場では。

例えば、EPR論文というのがありますけど、あれは遠隔作用が実在すると主張する量子力学はバカげているぞ、という内容ですね。でも、実際にそのような現象があることが後に分かった。ケンカしてたら、とんでもないアイデアが敵方から飛び出してきた、という、ある種皮肉な一例かと。

そうですね。あの時間のお話は興味深かったです。(^^

Posted by: 月影 | December 21, 2004 at 01:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/2250370

Listed below are links to weblogs that reference とある忘年会にて:

« 火の狐 | Main | ひげよさらば »