« June 2004 | Main | August 2004 »

July 30, 2004

お、お前か

冷蔵庫の中から、
干からびたタコが出てきました。

いや。最初から干からびてるやつね。
干物ってやつ。
どうも冷蔵庫が冷蔵庫らしからぬ異臭がすると思っていたら、
原因はこいつでした。

これ、いつのやつだっけなぁ。
正月くらいに実家からよこされたやつだったかな?
2枚組みで、うち1枚は食べたので、
開封済みのまま冷蔵庫で半年以上寝てたわけだ。

捨てるしかないよなぁ…。

干物は基本的に保存食ではあるけれど、
さすがに半年はマズイっしょ。
時期が時期だし。


と、思いつつ、
足の先でも食ってみようかと思った私は危険!

捨てます。はい…。

タコなんてみてたら小腹がへってきたので
コンビにでもと思ったら、財布に438円しかないのに気づく。
定期もパスネットもないから、明日会社にもいけないぞ!

そんなにビンボー演出せんでもいいだろと。

寒い懐、そして目の前に干からびたタコ(注:半年以上前のもの)

夜中に仕事から帰り、
疲れきった私に訪れる寂寥の瞬間。


ふー…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

でりげー

LNK4210警告が出るのが気になっている月影です。
こんばんは。

今日も.NETとの格闘に終始しちまいました。

本日の議題。
スレッドのコールバックはスタティック関数でないとダメなのか?
これ、私としてもヒジョーに気持ち悪いのでして。
クラスメンバのクセに、自クラスのオブジェクトを直接参照できないって。

つまり。。。

class clsSample
{
public:
 int iData;
private:
 static void ThreadProc();
};

なんてクラスがあったら、ThreadProc()メソッドの中から、
iDataは直接見えないわけですよ。
でも、スレッド立てるときに渡す関数はスタティックでないとダメなわけです。

ここらへんはMSさんも気持ち悪がったみたいで、
.NETでは、デリゲートなるものを生み出したらしい。

デリートではありません。デリート。
ゲですゲ。ゲゲゲのゲ~。

すみません。

delegate と書きます。

__delegate void Func();

と宣言してやって、

Func *fnc= new Func(this, clsSample::ThreadProc)

としてしまえば、ThreadProcはスタティックにしなくて良いと。
で、このfncは、そのままスレッドのコールバックとして渡せるわけです。

Thread *thd = new Thread(fnc);

こうして何となく使い方を覚えてしまうと、
もっといいように使えないものかと、
これが配列にならないかな~なんて考えたりしたわけですが。

こういうコールバックはマトリクス管理にも使えそうなんですが、
関数の数が数だけに配列で管理したいわけですよ。
2次元くらいの。

で、今日は一日そればっかしやってました…。


結局ムリくさ。

そういやガベージコレクションでは、
ダブルポインタ以上は使えないんだったっけなぁ…。

と、覚書き。

はぁ…。
大丈夫か。明らかに見積もりをオーバーしてます。この工数。

今年は夏休みはくるのか?私。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 29, 2004

最近の物思い

最近、自分がネタ人間なんじゃないかと思うこと多々です…。
ネタ人間って何だよ。

松屋で定食についてくる生野菜のコーンを
最後の一粒まで食べる私。
とてもいやしいか、勿体無がりなのだろうかと。
どうりで物持ちが良いというか、ほぼゴミの物持ちが良いというか…。

携帯に着信。
見ると画面に表示しきれないほど長い番号から。
怖かったので留守電に切り替わるまで待ってみる…。
「30秒以内でメッセージをどうぞ…ピーッ」
「〇▲×Σ…ガビ&#$!!!…」
日本人じゃなかった…。
発音からして、韓国か北朝鮮か。
北朝鮮スパイの密告電話が誤ってがったのだったとしたら、
私は近いうち殺されるのだろうかと思ってしまった…。

最近余裕がないのは、
自分が余裕がない、と思うから余裕がないのかなとも思うが、
実際会社で仕事をしているときの自分は余裕がないのかも。
やってて楽しいと思えることは、
やっぱり自分の好きなことをしているときなんだろうけど、
思いっきり自分のやりたい放題やっている最中というのは、
なぜか苦労してる人に負い目を感じてしまう私は小心者か。

プロ野球選手会が、セパ合併反対署名運動なるものを始めたらしい。
私も一筆添えてきちゃったり。
パの経営が苦しいのは分かるんだけどね。
やはりムカつくのは巨人。
最初から巨人の為のプロ野球。他のチームは脇役。
巨人がより多く人に見られるようになって
どんどん儲かればそれでよし風潮は何とかした方が良い。

でも、新庄はイイ!
アメなめてがんばりや。

「マッハ」は「スピード」より速いらしい(謎)

カッシーニの活躍は素晴らしい。
最近、土星がすごく身近ではありませんか!

同僚に合コン誘われるも、仕事で行けず。
…というか、行くことはできたが、
同じプロジェクトの仲間が周囲でもくもくと仕事をしている中、
女の子と飲むって抜けるわけにもいかず…。
ああ、私って日本人。

久々に、会社を最終退室。
やはり残業は正直につけるべきだよなぁ…。
ここ数ヶ月の残業をガッチリつけてれば、
その金でPC一台買えてますヨ。

満員電車は暑苦しくて嫌いだが、
キレイなオネエちゃんにくっつかれれば悪い気はしない。
しかし、これが、超ワキガでタバコ体臭も織り交ぜられた
絶妙なミックスフレーバーを放つ油オヤジだった今日は厄日。

いい加減、彼女が欲しい…。

退屈な仕事をしていたからこそ自分の本業に打ち込めたのだ、
といって相対性理論をひらめいたのはアインシュタイン。
本当にヒマになったら、私もそうなれるだろうか?(ムリ)

結局のところ、全て私自身が考え行動したこと。
しかし、その流れも外界からの干渉が非常に大きい。
それに満足するか、イヤイヤか、物足りないか、
常にそんな結論に至る前の過程。

生きている限り終わりはないのだから、
せめて自分の歩いている道くらいは自分で選んで納得したいものです。
道の先が存在することすら保証されてはいないのだけど…。

まぁ、今の気分をひとことでいうと…

(つД`)

↑ひとこと?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

VC++6.0からVC++.NETへの移行ガイド

ええ、やってみた感じですが…

従来バージョンとの互換性は高いぞぅ、と唱っているMSですが、
はっきりいって互換性ないです!

Visual Studioの6以前のバージョンと.NET以降の話ですがね。
VBは問題外としてですね(全く別の言語になってマス)。
C++ですよ。
まず、C++の標準ライブラリ、あるいはランタイムライブラリが
従来通りの使い方で使えなくなっています。
sprintfなんてよく使う標準関数でさえ、
外部シンボルが未解決とかいうエラーでリンクエラーになるんよ。

何でも、よりC++標準に近くなったという話ですがね。
今まで作った資産がそのまま使えないというのはとてもイタイのよ。

あと、ガベージコレクションとかいうアーキテクチャで、
メモリ管理を自動化したのはいいけど、
おかげでメモリを直接いじりにくくなってしまったと。
安全っちゃ安全でしょうがねぇ。

今までのC++をそのまま書けるのは書けるんです。
ええ、書けます。
でもね、そうして作ったプログラムってのは、
.NETの新しい環境で利用できないんすよ。
どういうことかというとですね、
.NET Frameworkというのが今後の主流になるらしいですが、
その環境から、
例えばC++標準ライブラリで作った関数とかクラスが
そのまんまじゃ使えないんですよ。
マネージドクラスとかなんとかでラップしてやる必要があると。

いえ、私がまだよく理解してないだけでしょうけどね~。
簡単に移行できると思っていたら、
そう簡単にいくものではなかったということで大騒ぎなんすよ。
MSの売り文句にまんまとハメられたっちゅうか…。

とりあえず、今は
VC++6で作ったスタティックライブラリを
.NETのクラスライブラリ化しております。

ネットワーク系は大分楽になってる感じだけど、
メモリ管理とスレッド系が厄介そうだよなぁ。

くぅ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2004

どっと…

疲れる、ドットネット(.NET)。
もうね。
今までのコードを新しいC#なんかで使おうとしてもダメね。
.NETやるなら.NETで新しく作り直さないと。
従来のC++クラスは、
.NET環境でもコンパイルはできて使用もできるけど、
.NET環境からそれを利用することは難しい…という話。

すっかり今まで作ったやつが再利用できると踏んで、
いろいろコトを運んでたから、
ここにきてやっぱり作り直しじゃないのか的雰囲気が。

いつも休み前ですよ。カンベンしてくださいよ先生(つД`)

つーか、Delphiにしろよって。マジ子ちゃんな話。
Delphiなら1週間で話が終わるってのさ。
メインストリームを行かないと気がすまない人の集まりなのかね。
頭堅すぎ。てか、頭わr …(自制

マイノリティ歩んでても良いものはいっぱいあるのですよ。
この業界、その浮き沈みの連続じゃないですかぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2004

Webサーバ

いってる傍からサーバの調子が悪いよのね。
FIWのサーバを借りてやってるんですが、
最近どうも原因不明の障害に陥るらしく…。
信頼性あるよーといいつつ、
やっぱ安いだけのことはあるのかなぁ。
ま、たまーに落ちるくらいならいいんですがね。

以前借りてたサーバは、
月々1200円くらいだったんですよね。
高いだけに、
いろいろ自分でカスタマイズもできたわけですが。
FIWは年間6600円だもんね。
破格です。
落ちるけど、安いから許す(笑)

っていうか、
頻繁に落ちてるのが私が使ってるサーバだけ
というのは解せんのですが…(-_-;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BLOG開始&運営方針

試運転してきたこのBLOGですが、
ここをProject21のメインにすることにしました。
まぁ、今までの日記とほとんど変わらないと思いますけどね。

左右のメニューも、もちょっとオシャレにして、
検索ツールとかも追加して、画像とかも貼って…
装飾もあれこれできるみたいなのでいろいろ試してみるのです。

結局、私のメインサイトはどこなんじゃい!?
って話は、とりあえず置いときましょ。(^-^;

それぞれ住み分けがあるんです。

MOON LIGHT EXPRESSは宇宙論。
ここはもう、
私の自説である(と自分では思っている)生命宇宙論を展開する場にします。
あわせて、MLの運営もしてるので、これもそこそこやっていくと。
(そこそこかい)
自説主張のサイトとはいいつつ、それを脇に置いて、
一般的な自然科学の色も売りにしたいところ。
多分、ここに来る人の多くはそれを期待してるでしょうからね。

Windurst KnightsはFFXI。
ここは、メンバ間で勝手に走ってるようなところがあるので、
私は管理者といいつつ半分傍観者みたいな…。
FFXIは実際ハマってますし。しばらくこのまま走らせてみます。

ま、ここはここ。

藤子サイトなんですが、
ここが一番更新とまってるんですよねぇ。
んがしかし、一番来訪者が多かったりする…。
もう資料サイトになってるので、
資料置き場的なページにしてしまう手もあるんですが。

そうしようかな~。

たまにあそこのBBSにも質問とか書かれるんですが、
はっきしいって私はあんまし回答できてない。(^-^;
人まかせっぽい。
なので、掲示板とかは閉鎖してもいいんですよね。
最近はもっとあくちぶな掲示板いっぱいあるし。

藤子サイトは事業縮小を模索してみます。
(それをやるのもひと仕事なわけだけど…^^;)

だんだん自分のやりたいことがわかんなくなってきたってことが、
一番納得いかんのです。とにかくね。
多趣味と無趣味は紙一重ってやつで。

まぁ、そんな感じです。
全国のごくわずか(4、5人いるかどうか)の当サイト常連さま方、
こんなですが、今後ともよろしくお願いしますなのです。


あれだなー。
TVのチャンネルいじってたら、
武藤敬司が両手挙げて雄たけび上げてる映像がでたのを見て、
一瞬安田大サーカスだと思ってしまった私は罪なやつですよ…。
(本日の所感)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

というわけで…

とりあえず、BLOGメインにします。
ここの使い道は他にもありそうですが。

この日記の最新記事をトップページに表示する、
なんてこともできるらしいということで、
ちょっと試しにやってみたんですが、
なんかうまくいかないので、また今度やってみます。

くそう。
もちょっと丁寧なマニュアルつくってよぅ!>NIFさん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2004

Webサイト

全然チェックしてなかったWebサイト宛のメールを、
さっき約3ヶ月ぶりにチェックしてみました。(ぉぃ)
まー、殆どウィルスかスパムなわけですが、
たまーに普通のメールも混ざってるわけです。
(逆だよなぁ…ホントはさ)

で、見てみると、大体リンク依頼とかなんですよね。
リンクしていいですか?ってやつ。
MLEXP.は宇宙論を扱ってるわけで、
それ系のページを作ってる人から、
参照リンクみたいなのしていいかってメール、
まぁちょいちょい来るわけです。
パンピーからはよくあるわけですが…
(リンク元解析したら2chなこともあったし)

大学の先生からもリンク依頼きてましたヨ!
しかも2通!!

いいのでしょうかねぇ。
私、素人ですよ?
素人が書いた記事を参照リンクするというのは…。
まぁ、学生相手の講師さんなら、
その参考になる程度のことは書いているつもりですが。

あのページも、
もうちょっとマジメに管理しようって気になってきた(笑)

全然管理してないもんなー。
去年の夏にリニューアルして以来、
ほぼ更新してないし…。
あのときはもっと頻繁に更新するつもりだったんだけど。

でも、これでちょっとモチベーション上がりましたよ。
こんなところで一人コントしてる場合じゃないですよ。



まぁ、多分まだするだろうけど…。(コント)

あと、このページも、BLOGとBBSとこの日記と、
何かコトを書く場所が分散してる気がしてきたんですよね。
どれかに統一した方がいいかしら?
統一するとしたら、
やっぱしBLOGになるだろうなぁ。

この日記も捨てがたいんだけど。
なにせ軽い。(BLOGは重い…)

ちょっとWebの構造改革を考えないと。
つーか、Webサイト作りすぎな気もするわけだ。
MLEXP.に藤子サイトにFFXIにここ。
で、一番どうでもいいここの更新が
一番マメというのもどうかと思うわけですが(笑)

しかし、既にそのそれぞれに
全部コミュニティできちゃってるしな。

ちょっと策を考えます…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2004

新理論

キターーー!?

ホーキング博士「自説は誤り」 ブラックホール巡る理論

くるかブレイクスルー。
このところ自然科学の世界で革命が起きませんからね。
そろそろきて欲しいものですよ。
21世紀にもなったことだし(関係ない)。

そもそも。
宇宙なんてものが人間ごときの手に負えるものではない…
というのは、もうそんなもん百も千も承知なんですがね。
それでも人は知に飢えているわけです。
(知ですよ~。血ではないです。)

ファインマンという人もいってることなんですが、
今の科学ってのは、
本当に世の中の真実を全て書ける道具ではないということ。
大物理学者であり数学者であるファインちゃんがそういってるんです。
(慣れ慣れし過ぎ?)
だって。
例えば、ある人が、次の瞬間に何を考えるかなんて、
多分どんな高尚な数式を持ってしても言い当てっこないんですよ。
これは生物学でもないし複雑系数学でもないと思う。

そもそも、自分の意識や精神というやつが、
一体何処から来て何のためにそこにあるのかって問題。
これ、一番根本のはずなんだけど、
それは自然科学では蚊帳の外のお話になってます。
意識や精神が、それを考えているのに、ですよ。
多分、ここを何とかしないと、
次のステップへは進めないと思うわけです。
…なんとかできるものなら、ね。

人は人という限界を設けられたイレモノの中に閉じ込められている。
で、その中でいろいろ試行錯誤を繰り返して、
自分のいる世界はこんな具合になっているのかなぁ…
なんて空を見上げながらいっているわけです。
それこそ、人間という井戸の中にいる蛙みたいなもんです。

でも、実はそれでいいのかもしれないな、とも思う。

人間は、知識を食べて生きているような生き物ですから。
未知の領域がまだまだ無限にあるということは、
知識という食料がまだまだ尽きることはないということです。

きっと、明日や1年後とかが見えてしまう世界になってしまったら、
人間生きていけませんよ。

そうして今日も新理論を開拓し、
未知という青い鳥を追いかけている旅人なのです。人は皆。

いろんな物語を作ってみましょう。
実際、自然科学が説く宇宙というのは、
そこらの二流小説なんかよりずーっと面白い物語になってます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

あっちぃ

もう最近、ヤバくないですか。
気温が!この暑さが!
このところ東京はヒートアイランドって言葉が
まさにピッタシカンカン照り焼きバーガーですよ(?)

だってぇ。朝から暑いもの。
会社にたどりついた時点で汗だくヘトヘト…。
今日なんて日中40度だってさ。
体温より高いですよ?
これがどういう事態かというと、
人はそこで生きていけないということですよ。
姉さん。
そりゃ雨傘を日傘代わりにもしますわ。
でも、それみっともないから、
今度からちゃんとした日傘をさそうね…。

なーっ!そんなんどうでもいいんです!

今日は、さらに
港区は光化学スモッグ注意報なんて出てました。
もう田舎モノの私には、
この大東京砂漠で起こってることに
ついていけませんですよ。

って、あちーあちーいってても
何の解決にもならないんです。
そんなこと分かってます。

心頭滅却すれば火もまた涼し。

そんなワケないよねぇ…。
実際これって、
織田信長に火をかけられた寺の坊主が残した言葉だそうで。
…焼死してるじゃんよぅ。

気の持ちようってことです。きっと。
だから。
せめてここで一句、涼しげなやつを…

(バックで獅子脅しがカッコーンとでも鳴ってると想像…)
















ちょろちょろちょろ…


かっこーーん


















ちょろちょろちょろ…


かっこーーん













………






















す、すみません。

思い浮かびませんでした…。
(やっぱ暑さで頭もヒートアイランド)


でも、ちょっと涼しい感じじゃなかった?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2004

ご機嫌ナナメなMy PC君

その後、ですが…

やっぱり完全復帰ではありませんで。
たまーに落ちやがります。
落ちるというか、リブートしちゃうんですね。
お願いしてもないのに。

困った子です。

それが、その現象が起こるのが、
何となくそんな気がするだけかもしれなんですが、
グラフィック系の重い処理をさせた後に
よくご機嫌ナナメになるみたいなんですよ。

そもそも、このPCで私はFFXIをやりたかったわけです。
んで、こないだ久々にWindows版をバージョンアップして、
ログインしてみました。
やっぱり以前の通り重いわけです。
なので、思い切ってメモリを増設することにしたんですね。
思いつき衝動買いみたいな感じで、
512MBメモリをサクっと買ってきました。
(てか、今月お金使いすぎだよ私…)

で、今512MB積んでるので、
あわせて1GBになる予定だったんですけど。
これがまたそうは問屋が卸さないというか、
なんかマザーの制限で、
メモリスロットの2番目と3番目には
ダブルサイドのメモリをさした場合、
その半分の容量しか認識しないらしいのです。

知らねーよそんなのぉ…(つД`)

買うときは型しかみてないもんね。
マニュアル読んどけってね。ああまたオバカな私。

まぁそれでも、
スロット1に今回買ってきた512を挿して、
スロット2に今まで使ってた256を挿せば、
あわせて768になる。
今までよりはパフォーマンスよくなるはずです。

その状態でFFベンチ動かしてみました。
低解像度でスコア4300程度。
高解像度だと2900くらいでしたかね。
以前は低解像度で3000台だったので、幾分進歩。

少しはマシな動きになるさーって
期待に胸を膨らませてFFXIを立ち上げてみるんですよ。
動きは、体感できるほど良くなった感じはしないけど、
それでも、しばらくは調子良かったんですね。
で、ちょっとキャラクターを表示するのが多くなるあたりにくると、
ストンとPOLごと落っこっちまいやがんの。
その時点でまだWindowsの息はあるんだけど、
そこから何かアクションしたら
(まぁIE立ち上げるとかですね)
そのまま

プリッ。
ひゅ~ん。(ファンの止まる音)

とあいなりました。

電源じゃなさそうです。
電源だったら、とっくの前にぶちぶち落ちてるはず。

んで、いろいろ調べてみましたら、
何か、XPの標準のグラフィックコントローラと、
Intel845Gチップの相性が悪いというような話があるじゃないですか。

ホントかよぉ。

それがホントなら、
IntelもMSも気づいてないわけですか。
てか、気づいたら直すよなぁ。
まだ確証があるわけじゃないけど、
確かに、igfxtray.exeってやつが悪さしてるようなないような。
こいつは何か通信もしてるみたいで、
ノートンのファイアウォールに引っかかるんですよね。
こいつは何者って調べてみれば、
グラフィック制御をしている何からしいんですが…。
ていうか、何でグラ制御してるモジュールが
外部と通信するわけ?

調べれば調べるほど謎が深まるわん。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 14, 2004

何やら快調

はい。調子良うござんす。
何がって、私のPCめがでございますよ。

なーんにもいじってなんですが?

もう、PCでテレビを起動しても余裕で動きやがります。
調子こいて、いろいろ録画してみたんですが、
それでも落ちません。
まぁ、録画しても、
キャップチャボードがハード的にエンコードしてるので、
CPUには大した負荷はかからないんですけどね。

っていうか、今までもかからなかったんだろう。
ボード挿したからといってCPUが燃えるということは
ないはずなんですよねぇ…。

つまり、こういうことだろうか。

CPUは、もともと臨界温度ギリギリで動作していたと。
それが、ボードを挿したことで、
わずかながら負荷が増えて、臨界突破。
CPUさんプチーンと切れて、
てめぇ、いい加減にしやがれコノヤロウぐらいな勢いで
暴れ始めたわけですかね…(?)

それが、ようやくおバカなご主人が気づいて、
ヒートシンク交換して、
しばらくはプリプリ怒りっぽかったけど、
ようやく落ち着いてきてくれたんですかね…(??)

だって、温度なんて普段見ないもんなぁ。
PCが熱いのはいつものことくらいに思ってたし。
ごめんよ~。

PCの気持ちもワカランようじゃ、
女心なんて到底分かるはずも無く…(ぇ?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2004

最近の話題

このところ更新頻度が落ちてます。
PCの調子が悪かったせいもあるんですが。
しかし、空冷良くしてから
以前よりリブートする頻度が落ちたような。
昨日は一度も落ちませんでした。

てか、こんな気分屋のPCってどうだろ。
落ちるなら落ちるで落ちてくれた方が、
よっぽど機械らしくて潔いんだけどな(笑)
まぁ、このレポートはBLOGの方で。

話題的には、結構ネタあるんですけどね。
近鉄オリックス合併とか、
参議院鮮魚とか。…選挙。
(↑ちょっと面白かったのであえて残した(笑))

近鉄オリックスだけど、
見てて思ったのは、選手って蚊帳の外なんすね。
巨人の渡辺オーナーだっけか。
古田が話をしたいといったところ、
「たかが選手が。分をわきまえろ」
みたいなことを言ったとか?
何様ですかアナタ、って感じですよ。
確かにプロ野球を創ったのはあなたかもしれませんが。
そんなに傲慢になって良いものかな。

経営陣にとってみれば、
選手は商品でしかないのでしょうかね。
でも、その商品にも
人格も人権もあれば、家族や将来だってあるわけだから。

「たかが選手」って。
結局これがトップの本音なんでしょう。
…なんか悲しいね。


んで、選挙。
まぁ投票所が近いのでいってきました。
私が誰に入れたというのは置いといて…。
民主が出てきましたな。
ただ、これは民主が支持されたということでなく、
自民が支持されなくなったということでしょうね。
そのだぶついた票が、
野党第一党である民主に流れただけ。

政治の主役は政治家ではないわけです。
国民なんですよと。でも政治家は、
自分の利権しか考えていないように見える。
当選するように裏工作しているようなのを見ても、
政治ではなく、
代議士になることで得られる優遇が目的なのかと。
野党は与党の苦言ばっかり呈して、
自分達の政治を一向にしようとしないし。

本当に政治をしてくれる政治家が出てきて欲しい。
その意味で、
小泉さんは政治をしてくれる人だと思ってるんですけどね。
ただ、小泉さんの難点は、
アメリカ第一主義みたいなところがあるあたり。


まぁ、アレです。
とにかく、暑い…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2004

そして悪戦苦闘

家に帰って、
とりあえずBIOSセットアップ画面まで立ち上げてみました。
CPU温度ならここで確認できるので。

で、みてみました。
“CPU Temp”とあるのがそれだろうな。
ふむふむ、77度か…。

え?

まだ立ち上げたばっかりで何も負荷かけてないのに、
しかもOSも立ち上がっていないのに、もう77度ですか?
というか、フツーに77度って高くないか。
高いでしょう?

以前の突然シャットダウン事件と同じ原因?
CPUの温度高すぎて、
マザーの安全機能が働いてるのかしら。
CPUはPen4の2.53Gなんですけど、
従来のCPUに比べていくら発熱量が増えたといっても、
80度近くまでいってるのはマズイはず…。

Intelのページで調べてみたら、
Pen4の2.53Gの最高動作温度は71度らしい。
6度もオーバー!?というか、これは最高動作温度であって、
標準的な動作温度はもっと低いはずでしょう。

コレダ。

きっとこれに違いない。
しかし、なぜ今になって…。

(名探偵コナンでコナンが推理を始めたときのBGMスタート…)

状況からいって、
キャップチャボードを差し込んだことがきっかけで、
この問題が発生していそうだというのは間違いないだろう。
それまではこんな現象はなかった。
ということは、
今までもCPUの温度はこのくらいだったにも関わらず、
正常に動作していたということか?
80度近いCPU温度はどう考えても異常。
今まではなんとかそれでも耐えていたが、
キャップチャボードが差し込まれたことで、
CPUの負荷が一気に上昇し、
潜伏していた病気が発病したかのように、
その症状を示し始めた、と考えるのが妥当なのか?

しかし、決め手に欠けるなぁ…。
まだおっちゃんに麻酔針は打ち込めない段階。(ぇ)

ボードの分の消費電力が増えて、
350Wの電源じゃ対応できなくなったとも考えられる。
でも、それなら、
ボードを抜いたら症状は完治しても良いはずだし…。

ま、まずは空冷の改善をやってみることにしましょう。
(電源も買うと高いし…)

PCの空冷を良くするのは、
今回の原因でなかったにしろ今後のためでもあるので、
やっておくに越したことはないと思う。
いろいろいじってるうちに、
またヒートシンクとCPUに隙間ができちゃってるのかな。
それとも、リテールファンでは間に合わなくなっている?

ま、そんなわけで、いつもの量販店へ出かけて、
ヒートシンクを買ってきました。
3200円程度の、多分ちょっとイイやつ。
AOpen製。マザーと同じメーカーです。
その方が相性もいいんじゃないかと。
ヒートシンクだけでなく、ファンも一緒でした。
セットで売ってるものなんですね。
(初めてこんなもの買った…)

そして、取り付け。
リテールファンが外せなくてちょっとあせったけど、
ラジペンでムリヤリグギギッて感じで引っこ抜いて、
新しく買ってきたそれを装着。
シリコングリスも買ってきたんだけど、
ヒートシンクにシールが貼ってあったので、
それでいいかな、と、塗らないでくっつけました。

とりあえずBIOSのみで起動してみます。

そしてCPU温度を見てみる…。
39度。おぉぉおおおぉお。
劇的に下がってますよ?
てか、正常値ですよね?これ。

これで全て解決だぁ!
そう意気込んでWindowsまで立ち上げ、
Web閲覧やメールなど、いつもの作業をしてみます。
よしよし、問題なく動いているぞ。

こうなると、もともとの願望である
「PCでテレビを見たい」
という欲が頭をもたげてきまして、
でも、さすがにあの事件の発端のボード(多分相性だとは思うけど)
をつける気はしないので、
心機一転で、もうひとつ新しいキャップチャボードを購入します。
これまた18000円くらい。今度はメルコ製。

もうここまでで4万近くかかっちゃってるワケですが。
やるときはやるんです!ワタクシ。
(スズメの涙といえど、ボーナス直後なのでちょっと強気なだけ…)

そして、キャップチャボード2世装着。
電源投入。
いつものようにそれは立ち上がります。
新しいハードウェアが見つかりました、と出てくるので、
Windows様のおっしゃる通りにセットアップしていきます。
程なくインストール完了。
そして、テレビソフト起動!
うつりました。出ました。やりましたよ?
もうこれで当初の願望が叶っ…

プリッ。
ひゅ~ん。(ファンの停止する音)

うぃぃ~ん。(ファンが動き出す音)
ピーッ。(マザーの起動ビープ)

ま、ままま、マジでぇぇぇえええ!?

てか、CPU温度が原因じゃなかったわけ?
他にも何かあるわけ?
あと考えられるのは、電源系しか…。
新たにボードを挿したことで、
消費電力が増えて350Wでは足りなくなった??

じゃ、何かい。
今度は電源買って来いってことですかい。先生。

というか、
18000円もするキャップチャボード2枚も買った私って一体…。

(少し冷静になって考えてみることにしマス…うえぇぇん)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 08, 2004

我がPCがまた…

またすっかりと間が空いたわけですが…。

実はまた、
私の愛しいPC君の調子が悪くなってしまったわけで。
自作機って、
メーカーに問い合わせたりすることもできないし、
全部自分で解決しなきゃいけないので、
結構いろいろ気苦労絶えないものですね…。
まぁ、そうあるのが楽しいのでしょう。

というわけで、
これは会社から書き込んでいます。(コラ)

コトの始まりは、
キャップチャボードなんてものに手を出したことから。

ボーナスも出たことだし、
(給料に毛が生えた程度だったけど…(泣))
ゲームをしながらテレビを見たいという願望もあって、
TVチューナ付きのビデオキャップチャボードを購入。
18000円くらいしましたヨ。(IO-DATA製)
早速そいつを挿して、胸を躍らせながら起動するわけです。
これで、ゲームをしながらでも、
PCでテレビが見られるぞと。(普通は逆か)

そして…きました。

PCにテレビが表示されてますよ?もう感動。
その日はウィンブルドンやってたんで、
それを見ながら「♪」な気分で見ていたわけですよ。
その横でFFXIでチャットなんてしながら。
「シャラポワ、イイ!」
なんて言ってた次の瞬間…

プリッ。
ひゅ~ん…。(ファンの停止する音)

ういぃぃ~ん。(再びファンが回りだす音)
ピーッ(マザーの起動ビープ)

あ、あれ?再起動?
テレビ見てただけなんですが…?

そして、うちはルータなんてオシャレなものはなく、
そのPCにLANボード2枚挿しでネットワーク共有して
擬似ルータにしてたもんだから、
当然そのネットを同時に使っていたFFXIの方も回線断。

のー。

でも、Windowsは普通に起動し、
再び正常に動き出したように思えたので、
またテレビを起動。ふむ、また普通にみえますな。
さっきのは、
ちょっとした初期動作不良だったと思うことにして、
引き続きネットを再接続し、FFXIも再接続し、
ウィンブルドンを見つつ、FFXIエンジョイ再開~。

モニタの中では、
シャラポワ17歳が、ベテランのセレーナを軽快に攻めていますヨ。

「やっぱしシャラポワ、イイ!」

プリッ。
ひゅ~ん…。(ファンの停止する音)

ういぃぃ~ん。(再びファンが回りだす音)
ピーッ(マザーの起動ビープ)

…。

しばらくモニタの前でボウ然自失。

キャップチャボードか?
キャップチャボードが悪いのか!?
18000円もしたボードが悪いのか!?

(深いため息…)

目の前には、Windowsのログイン画面。
ま、仕方ない。
これを入れたタイミングでこうなったのだから、
間違いなくこれが原因で起こった事件でしょう。
アンインストールしてみるしか。

パスワードを入れて、ログイン…

プリッ。
ひゅ~ん…。(ファンの停止する音)

ういぃぃ~ん。(再びファンが回りだす音)
ピーッ(マザーの起動ビープ)

ええぇぇぇえぇええ。
なぜ。

今度は、黒バックで、
「ご迷惑をおかけして…(うんたらかんたら)」
というようなメッセージと共に、
セーフモードか、
前回正常に起動したときの設定で起動するか、
通常起動するか、
というような選択画面になってます。

これはいよいよ重症。

こういう場合、どれを選んでも結果は同じなんですよ。
何となくWindows(OS)というよりは、
ハードウェアの臭いがするわけで。

それでも一応
「前回正常に起動したときの設定で起動」を選んでみる。

今度は、Windowsの起動中画面すら出ることなく
「プリッ」と逝きました…。
ほーらやっぱりね。

これはもうボード抜くしかないでしょう。

ということで、メイン電源を切って、
先ほど入れたばかりの18000円を泣く泣く抜きます。
念のためマザーのCMOSをクリアして(関係ないとは思うけど)、
再び電源投入。

今度はWindowsの起動画面が出て、正常に立ち上がりそうです。
ログインもできて、
いつもの見慣れたデスクトップが現れます。
もう、この時点で半分安堵なんですけどね。
正直、いつものシステムが立ち上がらないというのは、
心理的にもとてつもなく不安な状態なのでして。
(生活がそれだけPC依存になっているのですね…)

Windowsが起動すると、
「深刻なエラーから回復しました」とかいう窓がPOP。
エラーを報告する、というボタンがあったので、
とりあえずポチっと押すと、MSのサイトに繋がって、
「デバイスドライバが原因のエラーです」
みたいな内容のページが開きました。
まぁ、そうだろうなぁ。

とりあえず、キャップチャ関連のソフトを全部削除。
デバイスドライバも含めて。

これで全て解決したかに思われました。
(18000円棒にふったことを除けば)

しばらくそのままPCを放置して、FFXIを楽しみます。
PCは起動状態です。
でないと、ネットワークに繋がらないので。
(ルータくらい買えよと)

1時間くらいしたあたりでしょうか。
PCはスタンバイ状態に入っていて画面は黒いので、
それはいつものことで気にしていなかったのですが、
ほんの微かーに、
「プリッ」というイヤーな音が聞こえたような気がしたのですな。
き、気のせい気のせい、と自分を騙してみたけど、
現実は容赦なく私にその悪夢を突きつけるわけですよ。

ピーッというあの音と共に、
FFXIの画面には回線断を告げるメッセージが表示されます。

な、なじぇえ?

18000円の悪魔は、さきほど去ったはず。
(もう悪魔呼ばわり)
もう今のPCは、今までの慣れ親しんだ環境と同じはずですよ?
それとも、その悪魔の毒牙によって、
システムに何か影響を残しているのか?

なんてこと…。

それでも、Windowsはまた立ち上がり、
また普通にログインもできます。
しかし、いつまた勝手に再起動されるか気が気じゃない。
FFXIもおちおちやってられません。

これは本格的に原因を追求しないと…。

きっかけは、あのボードを挿したことによると思われる。
でも、それを外しても同じ現象が起こるとはどういうことか。
デバイスドライバのゴミでも残っていて、
それが何か悪さでもしている?

いろいろ調べてみました。
“勝手に再起動”でGoogle検索すると、結構ひっかかるものです。
なんだ、結構みんなもこの現象に直面してるんだ。
(妙に安心)

で、その主な原因として、次のようなものがあるらしい。

(1)ウィルス感染の疑い。
(2)デバイスドライバの不具合。
(3)新たに導入したデバイスと既存のデバイスとの相性。
(4)メモリのエラー。
(5)電力不足。或いは、電力の不安定供給。
(6)CPU、その他機器の熱暴走。

私のPCにはノートンのAntiVirusが入っていて、
リアルタイムチェックされているはずなので、おそらく(1)はない。

状況からして(2)か(3)が最も疑われるんですが、
全部きれいに削除したにも関わらずまだ再起動するので、
もしかすると、
私のPCは、これまでもこの不具合が出る可能性を持っていて、
それが今回の手入れで発症してしまった、ということなのかも…。

(4)は、確かに自作機なので、メモリはバルク品で無保証だから、
あり得るといえばあり得るか。
同僚に「MEMTEST86」というソフトを紹介されたので、
帰ったらちょっとやってみよう。

(5)は、前にも勝手にシャットダウン事件で疑って、
350Wのやつを買って装着しているので、
電源容量に問題があることは多分ないと思われる。
(Pen4の2.5Gだと足りない?)
あるとすれば、コンセントから直接電源をとっているのでなく、
タコ足からとっているということ。
同じコンセントから、モニタやスピーカーや、
もしかすると他の機器の電源もとっているかもなので、
それらの使用状況によって電力が不安定になるのかもしれない。
とりあえずこの疑いを晴らす為に、
PCの電源は直接コンセントから取ってみることにしよう。

(6)も十分あり得るかも。
というのは、マザー含めて、結構熱くなっていた気がするから。
CPUの標準的な温度は、大体30~40度くらいらしいので、
BIOSの温度センサを見て、それ以上になっていたら、
ちょっとヒートシンクを考えなければならないかも…。

他にも原因はありそうだけど、調べてて目立ったのはこのくらい。
今日は、家に帰ったら、
ちょっとこれらを調べてみることにします。

あー、またマシンとの格闘が始まるのかしら…。
てか、18000円が仇になってしまうとは(泣)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2004

DVDのお次は?

<DVD後継規格>ソニー・松下陣営対東芝陣営の競争本格化

って、ついこの間HDD+DVDレコーダ買ったと思ったら、
もう次の規格ですか!?
時代はどんどん先へ行きますなぁ~。

次は青色光ディスク(BD)とやららしいですな。
既に東芝などがDVDの次世代規格のHDDVD(?)なんてのを
唱ってるわけですが、それに対抗する形。

赤より青の方が周波数が大きいので、
より多くの情報を読み書きできるわけですね。
なので、現行の赤色レーザーを使うディスクとの互換性をとるか、
全く新しい規格で次世代の拡張性に期待するかというあたり。

しかし、このへんの企業の動きってのも面白いですね。
だって、かつてビデオ時代では、
VHSの松下とベータのソニーで割れてたわけですよ。
結局ソニーが折れる形でVHSが普及。
次は松下がDVD-RAMでソニーがDVD-R/W。
と、思ったら今度は同じ規格で意気投合ですか。
って、東芝はDVD-RAMで松下と同じ側だったわけじゃん。
SDメモリーカードも東芝と松下が採用してるし。
(ソニーはメモリースティックですな)

まぁ、良いものが残ればそれで良いかと。
どんどん競争してください。(もう人事)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »