« 人生のツボ | Main | 居眠り »

June 15, 2004

我思う

世界は、私がいなければ無いに等しい。

これは全ての人にいえることで、
その人にとっての世界は、その人の主観あってのものだという話っす。
でね、そんなワガママな屁理屈を発展させるとですよ、
この世界は、人という観察者がいなければ、
無、虚無、もうなーんもないと一緒じゃん!ってな考え方もできるわけですよ。

意識って何なんだろうな~って考えると、
そんなこと思っちゃったりするんです。

この世界を見る人がだーれもいなければ、
そこにただあっても無意味なんじゃない?
いや、あることに意味がある?
もしないなら、
人間とか何か知的生物を据えて観客にするみたいな?

そうですよ、あなた。
この世界は、実は壮大な観劇なんですよ。
そこで繰り広げられている出来事は、
こういうファンタジーなのですよ。

自分の意識って何だろう、なんて考えると、
ちょっと微妙に気がおかしくなります。
自分にとって、自分がいるのはアタリマエだもんね。
で、自分のこの意識は、自分というこのイレモノから出ることはできない。
あくまで、この自分であり続けなければならないし、
この自分の視点しか持つことができない。

だから、世界の真理とか、そういうものを見抜けないのだろうと。
これは物理的限界というか、能力的限界でもある気がしますね。

本日、シュレーディンガーモードでした。

|

« 人生のツボ | Main | 居眠り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35781/770711

Listed below are links to weblogs that reference 我思う:

« 人生のツボ | Main | 居眠り »