« April 2004 | Main | June 2004 »

May 28, 2004

さてさて

ブログ(BLOG)ってのを始めてみましたよ。
まぁ、NIFで無料でできるっていうから、試しにって感じです。

で、これを始めちゃうと、
今までの日記はどういう位置づけになるのかしらと。
ていうか、ここブログってのは日記っぽいものであって
日記ではないのかしらね?

ま。試用期間ということで。

しかし、ブログ。ブロックではなく。
流行ってますねぇ。
BlogPeopleってページを見つけたんですけど、
ホントに何でもない(意味のない)こと書いてる人もいれば、
大作書いてる人までいっぱいいらっさる。

ここは、ホント何でもないことを書くことになりそうですがね。

とりあえず、今後ともよろしくん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20世紀少年

給料明細を見てびっくら。
なんと、昇給しておりました。
最低評価食らってた私がですよ。

ていうか、去年は上司が…。

まぁ、云うまい。

住宅手当分くらい増えてたので、
これは会社の陰謀かとも思ったんですがね。
住宅手当は、あれば必ず出さないとダメだけど、
給料なら、いつでも増減可能だもんね。

あんたツカエナイから…

とでもいえば、平気で数千数万下げられます。

ま、いいや。
当面暮らしが楽になるかも?

いや、ならねーよ。
自動車税どうしよう。
やべー。


電車のドアにね。
「20世紀少年」のPOPが貼ってあるわけですよ。
三谷幸喜も嫉妬した、とか書いてあるわけですよ。
浦沢マンセーな私としては、
これは是非とも買いたいわけですよ。
16巻くらい出てるみたいなので、
全部ぱりっと買いたいわけですよ。

しかし。

お金がぁ…。

1冊530円(内税)としてですよ。
それが16冊ですから、8480円…?

お。そうでもないかな?
9000円そこそこなら、大人買いできるか?

か、買うか。
欲しいもの買うために働いてるんです。私は。
買うよ。買おう。買ってやる!
んで、週末は20世紀少年に浸るのじゃ。



最近、外出してないなぁ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2004

間違いない

微妙に忙しくなってきたような?
まぁ、仕事が入ったからなんですが。
どうもまた今回の仕事はよくわからんです。
私にもワカラン仕事の話を
ここに書いても面白くないのでやめ。

このところずっと思っていること。

実は、非常に優れた技術者というのは、
遊び方向のモノをつくるところに集まってないか?
コンピュータ業界ならゲーム制作。
映像ならアニメ制作。
施設ならアミューズメント施設。
そういうところに最高の技術が結集しているような。

で、官公庁や企業、金融のシステムを作ってる人なんて、
実は大した技術力もないSEとか職業PGとかでしょ。
私がそれだもんね(爆)
官公庁、大手企業向けのシステムを作っている
この私がいうのだから、間違いない!(長井風)

だってねぇ。ゲームなんて、
どうやってあんな動きを実現してるんだろうって
感心しますよ。
しかも、それが今やネットワークを通して、
不特定多数の端末のモニタで同期して動くわけですよ。
企業システムなんて、
画面にボタンと表くらいしか貼り付いてませんよ?
それを押したらDBに何か書く程度ですよ。

アニメも凄すぎ。
実写がもうCGアニメに置き換わってるしね。
特にハリウッド映画なんて。
物語とか脚本とか、
そういうつくりも、かなりデキてますよ。
そのへんの大衆小説なんかよりずっと良い話になってる。

人は、やっぱり楽しむ方向なら、
全力でがんばれるんですかねー。
やってて楽しいことじゃなきゃマジになれないというか。
役人のオジサンのためにシステムつくって、
期限までに出来上がっても、
それを褒められるどころか、
不平ばっかししか来ないもんね。
そりゃモチベーション上がりません。

ああ、隣の芝は青いってやつなのかなぁ。
そんなことはない。
どう考えても、遊びをつくる仕事の方が楽しそうだ。

間違いない!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2004

やべー

三十路に王手!
ヤベー。
もういろいろヤベー。
てか、昨日だったの忘れてたヨ。
…ってあたりからヤベー。

小泉さんの包丁…。訪朝ね。
あれの賛否で世間はかなり割れてますが。
結局、今回、
助かった人とそうでない人がいたんですよね。
で、助からなかった人がいるのがマズイだろと。
そのへんで批判が上がっているんでしょう。

毎回ここで小泉擁護みたいなこと書くみたいですけど、
それも行かなきゃ始まらなかったでしょと。
とにかく、
積極的にあの独裁主義国へ出向いていったことは
評価できると思うんですよ。

他の人が首相なら、十中八九行かないよ。

と、思うのは私だけかなぁ。
そうだ、朝鮮へ行こう…って
突然思い立ったように言い出して行ったような印象。
いや、京都じゃないんだからっ!みたいな
突っ込みのひとつも入れたくなるような。
ああいう無鉄砲なことできるのは
小泉さんくらいだと思うんですけどねぇ。

で、これでおしまいじゃないでしょう。
あの人のことだから、また行くでしょう。
それに期待しましょう。

しかしなぁ。
北朝鮮の将軍さま。
あんなに他国民から信頼されていない一国の指導者って、
あの人くらいだよね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2004

なんかいろいろ

自分の価値観が全てだと思っている?
自分の感じる感覚が皆も同様だと思っている?
自分の見ている世界が現実だと思っている?
自分の知っていることしかこの世界にはない?

自惚れんなぁー!

…ああ、すみません。
しかし、世の中、こういう人が多すぎ。
大切なのは、
自分以外の人の立場に立ってモノが考えられるかどうか。
ようするに、客観的な考え方ができるかどうかだと。

自分は、生きている限り、
「自分」というその檻から出ることはできません。
まずその自分という視点ありきで、
その価値観でモノを見る。
客観的だと思っているそれも、
実は「自分」というフィルターを通した後の
インプットでありアウトプットなのです。

で、そういうことを理解しているかってこと。
自分の考え方は客観的なのだ、
と思い込んでるその考え方こそ主観的なのです。

アメリカさんとかさ、
北朝鮮さんとかってさ、
そういう人たちばっかりなのかねぇ。
アメリカの場合は、ブッシュさんだよなー。
アメリカというくくりでなく。
北朝鮮の人は、
もう将軍さましか第一にないのかな。ホントに。

まー、あれです。
とりあえず、郵便チェックしてましたら、
自動車税の封筒がピラっと?

ああぁぁぅぅぉぉおおおえええ!!

そうだったよーママン。
調子こいてCLIEとかタブレットとか買っちゃったわよ。
これだけで6万くらいの出費だったのに。
ええぇぇええ!

最近、マジメに税金払うのもバカバカしく思えて…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2004

出世

んん?
なかなか喫茶店への道の(2)が書かれないって?
そりゃあね、奥さん、
そう簡単には話が進まないのでありますよ。
ホラ、物語って、
大抵いいとこで「つづく」ってなるでしょ?
話のつづきは、伸びれば伸びるほど楽しみに…

って、全然いいとこじゃないっすよね。
まぁ、引き続きこれは悩んでおりますので。
ふぅ~。

職場が東京のど真ん中にもどり早一週間。
こっちの方が早く帰れますよ?
いえ、家から職場までの距離は遠くなったんですが。
解放される時間がはやいというか。
みんなとっとと帰るから、
私も帰って良いんじゃないか的雰囲気になるというか。

だって、夜7時くらいになると、
フロアにほとんど人いなくなるんだもん。
帰るよ、そりゃ。

そうなんてみて、
これまでは何で帰れなかったかというと、
周りが忙しく仕事してたから
私ももうちょっといなきゃいけないんじゃないか
みたいな雰囲気があったからなんですねー。

でも、私の仕事なんて、
不具合がでたときの修正や対応ですから。
別に何もなきゃ何もないで終わる。
不具合はまだ出てないんだけど、
自分で自分のソースをデバッグすることくらいしか
仕事はなかったわけです。そもそも。

ということで。
しばらく、とっとと帰ろうっと。
残っても、残業手当てなんてどうせ出ないし。
自分に正直に行動するのが一番です。

あとですね。
会社で早く出世をする方法が分かりましたよ。
分かったけど、私は絶対そうしたくはないですね。
出世すれば、給料も良くなるし、
ボーナスも倍々に増えていくんですが。

ポリシーですね。私の。

多分、口の上手な人というか、
いわゆる世渡り上手な人というのがよく出世するのは、
その人を昇進させる権利を握っているエライ人に
気に入られやすいからなんですね。
結局、そのエライ人にこびれば良いんです。
持ち上げて、常に同意していれば良いんです。

でも、私はイヤなの。
違うだろって思ったら、同意はしませんし。
あからさまに反発もしませんけど。
そのへんは一応常識のある社会人でして。

こういう性格って、
絶対サラリーマン向いてないっすよね(笑)

ということで、
やっぱり別の道を探すべきでしょうなぁ…。
マジで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2004

転職

今週から職場が戻りました。
田舎から、いきなり都内のオフィスに。
通勤時間1時間長くなりました。
従って、朝起きる時間も1時間はやく…。

まぁ、いいんですけど。

もっと大きな問題が発覚。
なんと、うちの会社、
来年度から住宅手当が出なくなるのだそうです。
今は毎月2万手当てが出てるんですけどね。
だって、うちの会社、寮も社宅もないんだもの。
だから、実家でない社員には手当てが出てたのです。
それが出なくなる…。
正直、キビシイ。
手当ても給料のうちだったもんね。

いよいよ脱サラしろと。
神様は私にそういっているのか。
喫茶店計画、
マジ来年から発動ですか。

いや、当初の計画では、
夜間制の調理学校出てからと思ってたんだけど。
学費ないし。

ということは、バイトしつつですか。

まぁ、それもいいかなぁ。
そもそも、この会社で仕事しながら、
夜に学校行くなんてこと、無理っぽいし。
そうだ。無理だ。(計画破綻だ)
だって、定時ってのがないんだもん。
残業当たり前で。

もうちょっと現実の方向みた方がいいかな。

キャリア転職も考えたんですがね。
私のスキル、
プログラミング少々できるって程度で、
それ以外何もないもんね。
ろくに資格もないし。
フリーになるには、ちょっとスキルなさすぎ。

やっぱり、まったく別の方向がいいんだよなぁ。

もうちょっと考えてみるか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2004

エエェ!

MONSTER、アニメ化されてたんですか!
てか、もうCHAPTER7!
いつから放送されてたのぅ!?
知らなかったようママン。
誰か教えてよー。(´-`;;)

くうぅぅ。

マスターキートンも
全話見られなかったんですよね。
モンスターも、
アニメ化されたら絶対見ようと思ってたのにな。
ちゃんとチェックしとかないと…。

…というか、どこでチェックすりゃいいんだ?

何の話かわからないですか。
アレです。漫画の話です。
浦沢直樹さんという漫画家がいらっしゃいまして。
この人が、またエラく面白いの描くんですよ。
私も漫画家になるなら、
こういう人になりたかったなーみたいな方で。
(藤子F先生は、もう神さまですから…)

有名なのはYAWARAですわね。
柔道の。
テニスのHAPPYとかもありましたわね。
でも、その頃は、
私も特に注目してなかったのです。

ところが、マスターキートンですよ。
あれが何ともいえない独特の面白さがあって、
すっかり虜になってしまったのです。

浦沢マンセーみたいな。

で、モンスターで、さらに拍車がかかった。
あのシュールな意味不明な、
難解でドラマチックな話の運びが
またその世界に読者をぐーっと引き込むわけで。

まぁ、読んだことのない人は、
いっぺん読んでみるべし。

…って、そういう話もあるんだけど、
アニメ化されてたのーっ?てことですよ。

DVD出たら買うかぁ。

ちなみに、今はビッグコミックで
20世紀少年という作品を連載されてます。

これも、単行本いつか大人買いするぞっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2004

脱サラ

小学3か4年生くらいの頃、
“秘密基地”というもの(響き?)に憧れて、
友達と数人でいろんな場所を秘密基地にしていた。
物置きの天井裏とか、トラクター格納庫の奥とか。

それでも飽き足らずに、
自分達でベニヤ板やビニールシートを駆使して
小屋っぽいものを建てたことがあった。
小屋といっても、
板を四角くコンクリブロックで支えて
それに屋根となる板をかぶせただけのもの。
押せば倒れるようなシロモノである。
それでもその中には、
子供なら2、3人は入ることが出来て、
その中で「すげーすげー」と騒いでいたような気がする。
丁度その頃は冬の雪が深い季節で、
雪が“秘密基地”の上に積もったのだが、
それでも頑張って立っていたので、
やはり「すげーすげー」と騒いでいた。

そんなことをするのが、
とにかく楽しかった。

もしかすると、
今の私はそういうものを求めているのかも…。

毎日、上司に言われた通りに仕事をする日々。
ちょっと自分の意見と違っていても、
やはりそうしなければならない葛藤。
会社の(というか、一部の上司の)基準で、
自分という人間が評価されてしまう切なさ。

そんなことなら、
自分の好きなことを自分の価値観で
自分の思うようにやって評価されたい。
それでダメなら、それでいい。納得はいく。

自分でつくった“秘密基地”に、
人が数人入れて、雪にも耐えられた。
それは、自分の意思と手でやった結果だったから、
心底楽しいと思えたんだろうなぁ、と。

立ち上がれ、サラリーマン。
脱サラへの道。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

犯罪?

Winny。
ウィンナーでもウィンビーでもなく。

何でも、本人のサイトだけでなく、
関連サイトにまで捜査が入ったそうで…。

問題にされているのは、
作者が、刀を作っていたのか、包丁を作っていたのか、ですよ。
刀は、人を斬る為につくられたもの。
包丁は、料理をする為につくられたもの。

Winnyというのは、
そもそもP2Pでファイル交換をするソフトであって、
そのアーキティクチャ自体は将来性があるんですよね。
サーバが要らないんだもの。
つまり、
サーバ負荷とか、バックアップとか、セキュリティとか、
サーバ保守に関する一切の問題がこれで解決してるわけです。

よーく思い出してごらん。
インターネットの発祥は、アーパネットですよ?
つまり、軍事ネットワークがそもそもの発端ということ。
軍事目的に開発されたその技術が、
いまや世界中でなくてはならないツールになっている…。

要するに。
刀の切れ味や使い勝手を良くするその技術は、
同時に包丁にも応用できるということなんです。

仮に、Winnyが刀であったとしても、
その技術は包丁としても使えると。
Winnyの技術を責めるなら、
今後このアーキティクチャを使った同様のソフトが出ても、
それも摘発しないといけないってことになりませんか。

著作権の問題は確かに深刻。
警察も、そういう要請があったから動いているのであって。
どこかにそのやり場を見つけようとした結果、ああなったと。
でも、矛先間違ってますよ?みたいな。

ああ、アレですかね。
完全匿名性ってのがマズいのかもしれんすね。
誰がそれを公開していて、
誰がそれをダウンロードしたのかってのが
わかるようなつくりにしないとダメなんでしょうかね。

ソフトつくるなら、そういうつくりにしなさいと?
(じゃ、そういう法整備をしとけって。)

でもねぇ。
インターネット自体、完全匿名だったりするんですよ。


さてさて、矛盾に満ちた社会。
結局、人のモラルが低いから問題が起こるということでしょ。
匿名だからコトが起こるというのは、
つまり、やってるのが自分だとバレなきゃ
何やってもいいという人がいっぱいいるから…。

CDやソフトくらい、買おうよ。みんな。
キングボンビーな私ですら、買ってるんだからさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2004

喫茶店への道(1)

さてさて。
ようやく動いてみようかという気になってきたり。
前々から云ってましたでしょ。
そう、あれです。

喫茶店のマスターになりとぅわい!

という話。

年齢的にもね、
脱サラして全く別のことするなら、
30前かなぁと思いまして…。

といっても、まだ、
「そろそろやるべぇ」
程度の意気込みが沸いてるだけで、
この気持ちがどこまで持続するかは定かでありません(笑)

とりあえず。
いろいろ調べてみました。

喫茶店を開くにはナニが必要か?

まず、資本。先立つものが…ですな。
とりあえずこれは貯めるとして。

衛生士の免許。
これは調理師免許でも可。
店を開くからには調理師免許は必須なわけで、
これを取得することで同時に解決。
調理師になるには、
指定の学校のカリキュラムを修了するか、
2~3年の実務経験を積まなければならないらしい。
調理師学校は、夜間部があることが多いので、
とりあえずそれでいけるかなと。

あとは裁量ですな。
店舗の立地選び、どんな店を目指すか、
従業員の雇用、経理、法務、その他諸々…。

結構やるとなるといろんな壁があるもので。

あと、壁といえば、
最近は純喫茶なんてのは時代遅れらしく。
ファミレスやファーストフード店、
あと今流行りのコーヒーショップなんかに
市場を奪われて後退気味なのですな。
純喫茶は、
いわゆる「安くて早い」という最近の店にはない、
あくまでコーヒーにこだわって、
お客さんにそれを楽しんでもらう…
みたいな店にしなきゃいかんのですねぇ。

でもね。
私自身、そういう古臭い喫茶店が好きなわけで。
で、私みたいに喫茶店を好んでくれるお客さんに
来てもらいたいわけで。
そのへんは、こだわりみたいなもんがあるんですね。

現実は厳しいのでしょうけど。

この週末は、
起業とかコンサル系の本でもあさってみるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2004

うぃにー

Winnyの開発者が逮捕されたそうで。
「うぃにー」というのは、
ネットを介してファイルを交換するソフトらしい。
らしい、といってる私は使ったことがないわけですがね。

でも、周囲にはこれでファイル交換してる人がいて、
そういう話を良く聞いていたわけですよ。
何でも、市販のパッケージソフトとかも
そのままダウンロードして使えちゃうらしく、
それどころか、CDやDVDなんかのデータも
みんなダウンロードで入手できるらしいのですな。

まぁ、そりゃ犯罪だろうと。

だって、私みたいに、
赤貧なのにソフトは必要だから
泣く泣く高いお金払ってソフト買ってる人が
バカみたいじゃないですかぁ。
(そういう問題ぢゃない…)

消費者としては合理的な取引だったんでしょうね。
私はFlash持っている。
あなたはPhotoshop持っている。
この場合、要は、
私のFlashコピーさせてあげるから、
あなたのPhotoshopコピーさせてね、て話。

ソフトを売ってる方にしてみれば迷惑千万。

いやぁ…。
いつか使ってやろうと思ってたんだけど。
もうこうなるとWinny使えなくなるんでしょうな。

Photoshop(買うと約10万)くらい手に入れとけばよかったぁ。(ぉぃ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2004

どうすべき?

今日はCLIE用のメモリースティックなんてものを買いに、
ビッ○カメラへ出かけてきました。
そのメモリがないと、
音楽ファイルとか再生できないのよね。

で、そのお値段。
128MBで7800円ですってぇ?
高いよう。
256くらいの買うつもりで出かけたのに、
値段は倍々になっていくのですよ。
ムリ。
もう128で妥協するしか…。

レジに持ってって、1万円札を出します。
(ええ、昨日駐車場で使えなかったやつです)
「7800円のお返しになりまーす」
そうそう、お釣りを受け取らないとね。

駐車場に戻りつつ、
溜まったポイントを確認しながら、
お釣りを財布に…

あれ?

7800円のお返し?
メモリが7800円ですよ??
私は、確か1万円札を出したと思ったんだけど。
実は、私が1万円だと思っていた札は、
1万5600円札だったとか??
そんなワケあるかい。
と、いうことは、
さっきのレジのお姉ちゃんが間違った?

むむむ。
しばらくその場に立ち止まり、
もう一度財布にしまったお釣りを確認。
7000円、受け取ってる…。
小銭も、多分800円くらいもらってる。

返すべきだろうなぁ。
でも、また店まで引き返すのか。
もう駐車場に向かってますよ。

その場で2、3分は考えましたが…。

ふと、花屋が目に留まる。
「母の日フェア」
そうか。日曜は母の日か。
これは、私に花を買えといっているのダナ!
きっとそうに違いナイ!
間違いナイ!

「すいませーん。ひとつ贈りたいんですがぁ…」

ああ、悪魔がささやいてしまいました。
その悪魔のささやきのおかげで、
うちの母親はちょっと喜ぶことでしょう。
ごめんね、ビッ○カメラのお姉ちゃん。
あなたのご恩はきっと忘れませんよ!
(恩じゃないって)

メモリ買うつもりが、
花の方が高かったみたいな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2004

好み

開発なんてやってますと、
事務方の仕事の人がウマラヤしく思えるわけです。
何てったって納期がない!
そして考えなくてもいい!(マニュアル通り)
この二大メリットは、
仕事のダルさを58%ほどカットしてくれると思うな。

まぁ、裏を返せば退屈な仕事ってことになりますが。

退屈な仕事をしている人は、
ちゃーんと自分のハマれる趣味をお持ちなはずで、
そういうことに割ける時間もあるのですよね。
大体、残業なんてものはないでしょうから。
開発系は、残業なんてアタリマエというか、
残業も通常業務のうちみたいなとこがあってね。

街を歩いていて気づいたこと。

私も男ですから、
女性の容姿というのは多少なりとも気になるわけです。
いろんな女性が行き交ってますが、
オシャレとか気にしてないような服装で歩いてる人は、
それ以外に自信を持っているものがあるのだろうなぁ…
なんて、ふと思ったり。
信念がありそうというか、賢そうというか。
で、オシャレキラキラ、
コレ見よがしにセクシーファッションな人って、
何となくバカっぽく見える…いや、失礼。
あまり頭がよさそうにみえない…ううむ…(笑)

でね。
男性は、多くの場合どっちを好むかというと、
バカっぽい方がよかったりするんですよね。
あ、私だけかもしれませんが。
賢い女性は苦手というか、
こちらが見透かされそうという恐れを抱いてしまう。
どちらかというと、
自分より弱い立場の人を守りたい
みたいな意識が働くんですかねぇ。

まぁ、それが理想というわけではないんだけど。
比較の話です。
私は、もう素朴な人がいいんです。
何も飾らず、そのまんまな人ね。

世の中、大抵の人は、本来の自分の上に、
別の人様に見せる用の自分をかぶせて生きていますね。
男女問わず。そして私も例外でなく。

つーか。
駐車場の料金支払い機は何で1万円使えないんだよ。
駐車場から銀行まで遠いんだからさぁ。
ええ、気づいたら、
財布の中身は万札1枚しかなかったですよ。
お金あるのに、車出られないですか。
しかも、銀行まで往復したら、
注射時間1時間過ぎて追加料金つきますか。

どうでもいいんですが…。
気の利かない世の中だなぁ、と思ったの。
駐車場だけでなく。
生きるということは、
微妙にうまーく試練になっているのでしょうな…。

くふぅ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パーム

ああ、終わっちゃったよ。
何がって、連休がですよ。
またマンドクセー日々が始まるわけですよ。
まぁ、そのマンドクセーのがあるから、
休日が休日として楽しめるわけですが…。

というか、やばい。
この連休、ホント何もしなかったです。
ホントは、ページの更新をして、
ページBGMや素材画像の作り置きをして、
ついでに、電車で聴くMDもつくって、
皐月賞もウッホホーイするつもりだったのに…。

何もできなかったわん。

で、ナニをやっていたこというと?
ゲームでしたぁ。
FFXIばーっかやってました。
休日廃人とはこのことですよ。
いろいろ人に、ゲームに廃るとヤバイぜ、
とか説教くさいこといってきたわけですが、
こうなると人のこといえないよなぁ。

ま。いいんじゃん。
普段はちゃんと真っ当な(?)サラリーマンです。
こうして人の道にはずれた(??)ことを
たまにしちゃうのもアリアリですよ。
砂糖とミルクはいりません。

それでも、休みの証(?)みたいなのが欲しくて、
前々から気にはなっていたPalm機を買ってみました。
ソニーのCLIEってやつ。
日頃、街なんかに出歩いてるときにも、
いろいろここに書けそうなネタを
思いついたり考えたりすることがあるんですよね。
でも、家に帰ってくると忘れちゃってたり。
なので、そういうのをササッとメモれる
手軽なテキストエディタみたいなのが欲しかった。

で、CLIEですよ。

これ、携帯電話みたいに
数字ボタンとかを駆使しなくても、
手書きでメモれるんですよね。
あと、携帯についてる程度のカメラもついてて、
オマケに動画や音楽なんかの再生までできるスグレモノ。
私はちょっと安めのを選んだんだけど、
もちょっと高いグレードのになると
インターネットもできるらしいですよ。

んー。ユビキタス!(意味解ってんのか)

とにかく、
そんなツールを連休で手に入れたぞーっと。
連休でなくてもいつでも買えるんじゃないかって?
いえいえ。
こういうのは、普段の余裕のないときに
買おうなんて思えないんですよ。
長い休みで多少なりとも心にそういう遊びというか、
余裕ができないと、
こういう高い買い物はできないタチなので。

明日から私もモバイラーです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2004

こんな夢を見た。

なぜか北陸をひとりで旅している。
多分、石川か富山あたり。
そのまま南に下れば琵琶湖だと思ってたみたいなので、
金沢あたりだと思うんだけど。
車もないのに、さくさく歩いて
琵琶湖と思われる水辺へたどり着いた。
でも、ホントはそれは琵琶湖でなく
日本海だということを知っているみたいな。
唐突に大きな城が見えてきて、
そこには全く人気がない。
この大きさは名古屋城だろう。
(でもシャチホコは見えなかった?)
オフシーズンの平日なので、
駐車場にも車は一台もなく、
これなら車で観光に来ても良かったな、
などと思ったりしつつ、
城の中へ入っていく。
トイレに行きたくなって、
城の中のトイレに入り用を足していると、
私の知り合いらしき人が真横に立っていて
私のナニを見ながら
「今日はどうしたんだ」
みたいなことを聞いてきた…

といったところで、目が覚めた。
ううむ…。
相変わらず夢というのは意味不明です。
なぜ金沢で、なぜ琵琶湖で、なぜ名古屋城なのか。
まったく脈絡ないし。
確かに、全部行ったことはあるんですが。
で、本当にトイレに行きたくなって、
そのまま起きてトイレにいきましたよ(笑)

そういえば、最近旅行してないな。
するヒマがない、といった方がいいかもしれないけど。
このGWに、どこか行こうか。
でも、どこいっても人だらけなんだろうな。この時期。

どこか静かな場所でゆっくりしたい。
切実に…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2004 | Main | June 2004 »