« April 2003 | Main | June 2003 »

May 29, 2003

DVD

クレタ人のパラドックスの話を以前どこかでした記憶が。
MLだったかな…。
要は、嘘つきのエピメンデスが
「自分は嘘つきだ」
といったときの真偽を問うようなことが、
当たり前に社会で罷り通っているということ。
本当は、それっておかしいだろ、というべきところなのに、
はいそうですね、といった後で、
それが実はおかしいことだったと気づくのである。

ところで、
昨年暮れに買って正月に届いたDVDレコーダを、
今ようやく箱から出した。(ぅぉぃ!)
いや、正月は届きっぱなしで実家に帰っちゃったもんだから、
そのまま開封してセッティングする機会を失っていたのだ。
そもそも正月番組を録画しようと買ったものだったが、
その目的を果たせず、そのままお蔵入りしかけていた。
もしかすると、今は次の新機種が出てるのかもな~。

とりあえず配線である。
今の状態でかなりごちゃごちゃの配線。
テレビとビデオとPS2、
さらにCSチューナとCSデジタルのセットトップボックス、
これにコンポが接続されていて、
これらをAV切替器と入力切替で
絶妙に切り替えられるようにしてあるのだった。
ここに、DVDプレイヤーの登場である。
参った。

思い切って全部配線を抜いて仕切りなおした。
テレビの裏のホコリをはらう作業も含め、
約1時間かかった。
結構スッキリした感じになったが、
今までの操作に慣れてしまっていたので、
この新しい操作に慣れるのにはしばらくかかるかな…。

そんなことより、DVDの動作をみなければ。

ちょこっとBS-hiの映像をHDDに録画してみる。
やはりこれはさすがにキレイ!(な気がする)
音もクリア!(な気がする)
再生は早いっすね。
テープを巻いたりとかがない分、サクッといく。
録画した番組の検索もやりやすいし。
プログラムごとにファイルを選ぶような感じで、
番組を選んで再生できる。
これ、いい。

ただ、今アナログAVケーブル使っているので、
これをD端子のやつに変えたら、
映像もっときれいになったりするのかしら。
ま、今後、ちといろいろ試してみようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2003

スパム

キャラミル研究所の性格診断によると、
私はタイプ8なのだそうで。
なんかズバリで笑ってしまった。

そういえば、6月には新人が配属になる。
去年も私の下に一人新人がついたが、
やっぱし「私教師になるわ」という感じで、
今年春に退職し、どっかの大学へ入学していった。
私の付き合い方が悪かった、
というわけでもないと私は思っているのだが。
(本人がそう思っていたかは知る由もなく)

とはいえ、
タイプ8の私の下にはつかない方が、
新人君のためかも…。

いい加減、SPAMメールが度を越してきた。
1日に届くメールの数が平均10~20通、
多いときでは30通を超える。
その殆どがSPAMで、
下手すると全部SPAMって日もある。
しかも、ほぼ英語。

通常のプロバイダのメールアドレスに届くやつは、
大体数通で収まっているのだが(それでも多い)、
問題はmlexpドメイン宛のメールだ。
とりあえずmlexp.comに届いたメールは
全て受け取れるようにサーバで設定している。
なので、@マークの前が何でも、
振り分け設定されていない名前のメールは、
全部私のメールボックスに入ってくるのである。
参ったよ、ホント。
一応、サーバでブラックリスト登録もできるのだが、
あまりに多すぎる。

何か良い対処方法はないものでしょうか。

というか、最近またCメールにも、
ピンク系のやつがパンパン入るようになってきた。
あれはauの端末からでないと送信できない仕様になったはずだが、
またそういう偽装をするソフトでもつくられたんだろうか。

パソコン通信を始めた頃なんか、
1通でもメールが着てたら、かなりうれしかったのになぁ。
だから、メールをチェックするのが楽しみでしょうがなかった。
まぁ、その頃まだSPAMなんてものはなかったんですが。

今では、毎日帰って、PCを立ち上げて、
メールをチェックするのか、かなり憂鬱。
大体それらはそのままゴミ箱行きで、
その作業を2、3日でも怠れば、
メールボックスには100通くらい溜まってるのである。

本当に読むべきメールも、
勢いで消してしまいそうで怖いっすよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

忙の予感

また忙しくなりそうな予感…。
1.2人月デフォルトであるってさ。
この時点で、残業しろと。
お金があるのは悪いことじゃないんだけどねぇ。

今回は放送にまつわるお仕事。
天下のN○K様に納めるんだそうだ。
しかも、最終的には全国の放送局に展開予定とか。
さらに民放にも参入する足がかりにするとか。
そのベースモデルとなるのが、
今回入札できた件名のシステムになるのだそうで、
それをウチで作るのかと思うと、
やや恐ろしくもあり…。

普通、喜ぶところなんでしょうね。
うおぉぉー、ヤル気出てきたぁー!
とかなんとかいって燃え上がる精神。
これが必要ですな、エンジニアには。
そうでなきゃイイモノはつくれません。
プロジェクトXにもなりません(笑)

ていうかさ、やっぱしここも既にヨソが
すでにやってるとこなんだよね。
で、結局それにnearlyなものにしようとしている。
この上流の段階で萎えている気もしなくもない。
まぁ、安全路線が我が社のポリシーではありますが(?)

どこかで間違って私が主担当になるようなことがあったら、
ガラリと仕様を変えてやろうかと…(ニヤリ)
それが、まぐれアタリでも、
地上波デジタルとかの送出系システムの標準になったりしたら
人生ウハウハ。
事故ったら、転職するまでさ(爆)

さて、C言語の復習でも始めるか(ぉぃ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2003

ヘイケボタル

宇宙デジタル図鑑をBS-hiでやっていた。
これは見なければ…。
3度目くらいになるんだけどね。
何度見ても、面白いですよ。
やっぱし、宇宙は、
それ自体が壮大な物語です。

最近、水田が減って、
ヘイケボタルが数を減らしているらしい。
ホタルといえば、
大体ゲンジボタルの方がメジャーで、
こちらは川岸や湖岸などの湿地で繁殖する。
ホタルの保護運動などで対象となるのは
大抵このゲンジの方で、
河川や湖の水をきれいにしたり
堤防などを改修したりという活動は、
ゲンジボタルの為のものである。

一方のヘイケボタルは、
水田で繁殖、生息している。
その水田自体がなくなってきているので、
住み場所がなくなって
どうしようもなくなっているのである。
全く、ホタルまでも源平の運命が背負わされているような。

水田が、稲作の不振でなくなるのは仕方がないのか。
実際、私の実家の田んぼもつぶされて、
サッカー場に化けてしまっている。

そろそろ、ヘイケの方も保護に出てやらないと、
こちらも絶滅危惧種になってしまうぞ。
ていうか、もう絶滅危惧種か?

私の子供の頃は、
道の脇からぶわ~っと舞い上がるほどいたホタルだったのに、
時代は変ったものである…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2003

不意打ち

今日こそ部屋を掃除しようと思った。
なんかホコリの中で暮らしてるような感じで、
いい加減ヤバイ状況。

とりあえず、ばーっと窓を全開にして、
ハタキで部屋中をハタいてまわる。
ぶわーっとホコリが立つので、
それをわっしょいわっしょいと外へ逃がす。
で、読んでもいない新聞をまとめて、
新聞屋へ電話。
「とりにきてぇ~」
これだけで、大分部屋がスッキリした。
なんだ、結構なスペースを新聞が占めていたのか…。
やっぱし、私は新聞をとるべきではないな。

ドアの郵便受けを外して、
底にたまったチラシ類も処分する。
と、そこに一通の封筒がハラリと。
何かな、またダイレクトメールかな…

いや、違う!
自動車税キタ。
てか、納期6月2日までですか!
てか、40000円ですか!!
ぎゃーす!!!

不意打ちだと、かなりきついな。
いや、ちゃんと郵便をチェックしていない
私も悪いわけですが。
チラシ突っ込みすぎなんだよな~。
ピンク系のチラシに納税通知がまぎれてるんだもんな。
危うく捨ててしまうとこだったよ。

はぁ、一気に鬱。
そういえば、家賃もまだ払ってない…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2003

あついぞ

職場のエアコンがぶっ壊れていて、
かなりサウナ状態だったりする。
窓もハメ殺しで開かないから、
二進も三進もいかない。
暑い。そして眠い。
いい加減出て行きたい気分。

ところで、
こないだエントリーフォームから送ったやつの結果が
メールで届いていた。
「残念ながら今回は見送らせていただきます」
だそうで。
そうだろうなぁ(笑)
やっぱし資格系が弱いか…。

最近、SARSとかいう病気がえらい流行っているらしい。
肺炎のヒドイやつらしいが、
どうもそのウィルスが凶悪らしく。
海外に出ない私には関係ないだろ、と思ってたんだけど、
とうとう日本にも来たとかなんとか。
こうして新しい病気が出てくるたびに、
なんでこんなのが突発的に出てくるんだろう、と、
ちと不思議ではある。

ガンが不治の病ではなくなりつつある頃、
エイズとかいうのが出てきて騒ぎになっていた。
というか、今も騒ぎではあるが。
そのとき、エイズって何よ?と思ったものだ。
それも治療法がなんとかなるかという昨今、
SARSですか。
感染方法も、接触とかでもアリっぽい。
こわいな~。

増えすぎた人口を減らす力が
一定周期で作用しているんじゃないか、
などと、ふと思ったりもする。
確かに、世の中から
治らない病気というものが消えたら、
人口は増える一方だろうと。
病気に限らないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2003

感性

今日も仕事をさっさと切り上げて、
早めに帰路につく。
19時過ぎに会社を出た。
こんなことは、数ヶ月ぶりか数年ぶりか。

早く会社を出ると、
まだ小中高生なども帰宅途中だったりする。
小中学生あたりは塾とかなんだろうけど…

途中、2人連れの小学生の男の子が、
道端でなにやらみつけて拾い上げている。
「うわ、気持ちわりー」
「何だこれ、気持ちわりー」
とかいいつつ笑いながらそれを拾い上げているのである。
見ると、ガムのような、
ティッシュが濡れてふやけたような、
見るからに手でさわりたくない、というような代物だった。
それを、その男の子は、
気持ち悪いとかいいながらも
平気で手でつまみあげていたのである。
よせよ、とか思いつつ、
絶対私にはああいうことは出来ないな、と思った。

でも、ひょっとしたら、
私もあのくらいの年頃なら、
そういうことを平気でしていたのかもしれない。
何しろ、私は小学生の頃、
アオダイショウというヘビが
近所によく出ていたのだが、
それを素手でつかんでいたくらいで。
今は絶対できない(笑)

危険を感じる、というわけではないのに、
そういうことが恐怖として感じられて、
なぜか今では、そういうことができなくなっている。
おそらく、そのへんの昆虫すら
つかむのに躊躇しそう。

何故かな?

人間の感性としては、
一体どっちが正なのかな、と思う瞬間だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2003

変身

最近、大リーグを見てない。
見てないけど、みんな結構活躍しているようで。
松井も、最初はどうかと思ったけど、
それなりにやってるみたいですな。

それはそれでいい。

問題は自分。
転職の活動らしきことを、そろそろやろうかと。
といっても、まだ大胆に動くことはできないので、
ちと小手調べ程度。
最近の会社は、
Webから求人していたりするところも多々ある。
Webで履歴書と自己PRのようなものを書くのである。
で、ぽいっと送って返事待ち。
それで最初の書類選考になると。
うちの会社もやってるし。

私も、前に1回やったことがあるんだけど、
全然違う職種だった為か、
音沙汰ナシでおわった(笑)

これは在職中の私にしてみれば、
お気軽でいいかもしれないけど、
失職中の身だと、ちと不安になるのかもね。
返事がこなければオシマイ、
ということも多々なわけで、
待ってる間というのは、ちょっと切ない。

で、今度は、今と似たような職種の会社を探して、
そのWebフォームからエントリーしてみる。
こういうときに、
やはり資格はいっぱいとっとくべきだなと思う。
しかし、
もう試験勉強というのができない体になってたり(汗)
なにかで踏ん切りつけてやらないと。

さらに最近思うことで、
考えることをしなくなったなと。
故に、日記を書く回数も、前に比べて減ってるし。
なにかにゆっくり思索を巡らす、
という余裕がなくなってるのかな。
そういえば、本も最近あまり読んでない。
だんだん自分がバカになってる気がして、
漠然と不安になってくる。

やっぱり、何かを変えないと…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2003

動いた!

ゴールデンウィークらしい。
世間は休日が飛び石で
あまり連休という感じではなさそうだが、
うちの場合は間も全て休みになってる。
なので、逆に長いのだ。

実家に帰ろうかとも思ったが、
帰ってもすぐことがないことを思うと、
こちらにいて、
いろいろやりたいことをやった方がいいかと。

とりあえず、ホッタラカシの組み立てPC。
これをなんとか動かさないことには、
せっかくの9万円がパーである。
なぜ電源が落ちてしまうか。
組み立て方自体はどこも問題ないはず。
ソフト的な設定によるものか、
それとも、どっか本当に壊れているのか。

CPUをもういっぺん挿し直してみようと、
ファンの留め具を起こしてみる。
起こしてみるが、起きない。

おや?こんなきつかったかな?

もう一度起こそうとするが、
プラスチックがぎりぎりと軋んで、
そのまま力づくでやると割れそうな感じだった。
おかしいな、こんなんだったっけか。
しばらくその留め具をじっとにらんでみる。
仕方ないから、
思い切ってその留め具を最後まで起こしてみることに。

ぎりぎりぎりぎり…
パコン!

お?

外れたというより、はまったような感触。
ファンを外そうとしたら、
何だかさっきよりしっかり留まってるような感じ。
もしかしてこれは…

そのままそのPCを立ち上げてみる。
すると、さっくり起動。
1時間ほどそのまま様子をみたが、
どうも落ちる気配なし。
ネットワークは相変わらずつながらないらしいので、
MSの窓口に電話して番号を聞いて
Windowsのインストールを完了する。
で、再起動してみたが、ちゃんと動くようだ。

ということは、
ファンの留め具がちゃんと留まってなかったということか。
しかし、あんな壊れそうな留め方をさせるものなのか。
まぁ、終わってみればマヌケな理由だったわけで。

とりあえず、やったーー!
9万円オジャンにならないですんだ。
あとは、今のPCの内容をこちらに引っ越して、
メインマシンとして仕事してくれるようにするだけ。
これがまた大変なんだけど(汗)
古いハードやソフトがいっぱいあるからなぁ。
ソフトはいいとして、
ハードがそのまま引っ越せるかどうか微妙。
ドライバあるかな…

連休中にやるべきこと、
ひとつコンプリート!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2003 | Main | June 2003 »