« February 2003 | Main | April 2003 »

March 26, 2003

誤爆

思うのだけどさ、
アメリカが、
こ~んなスンゴイハイテク兵器を使ってて、
精密にピンポイントに標的を狙えるんだゾ!
と豪語しながら攻撃してるんですが、
使う人がヘッポコだったら、誤爆しまくりじゃん!

関係ないようであるような話、
いつもシステムを国や県の役所に入れるとき、
果たしてその役所のおじさんたちが、
有効にこのシステムを使えるのだろうか、
というのが、いつも疑問。
なもんで、
なるべくお年寄りにも親切に、
ボタンや文字を大きくしたり、
難しいI/Fは表に出さないようにしたりはするんだけど、
結局そのシステムが何者かを理解してないと、
使えないし、多分使わない。

戦争も、ハイテク戦争とかいいながら、
結局大半は古典的な銃や爆弾使って人殺してるし。
ハイテク武器は、
あくまで敵の弱体化のためだけに使われてるのかね。

というか、
悪玉の首が欲しいのなら、
自慢のCIAのエージェントでも差し向けて、
暗殺してしまってはどうかね。
あまり誉められないのだけど、
何十何百の市民を犠牲にして大戦争を展開するよりも
随分マシだとは思うんだけどね。
(M.Iのようにはいかないのかな)

要は、
オレさまはこんなに強いんだぞ!
といいたいのだろうね。アメリカさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2003

ドンパチ

始まっちゃったね。
やっぱしイラクはウザイらしい。
これでアメリカが負けることはないだろうけど、
イラクがいつも強気なのもこわい。
その背後に、何か切り札があるんじゃないかと。
多分、アメリカはそれを引っ張り出したいんだろう。
そ~ら、持ってるじゃんかよ!
‥‥と言いたいのだろうな、と。

日本はこれを支持とのこと。
平和主義の国が武力行使を支持というのも、
なんか複雑な感じですよ。
まぁ、日本という国が今ここで
アメリカに敵意を持たれたくない、
という気持ちはわかるわけですが。

あなたが今、小泉さんの立場だったら、
さぁ、どう発表しますか?

日本のアメリカ依存度を考慮しても、
完全に反旗を翻すわけにもいかんのでしょうね。
究極の選択。
理想をいえば、平和主義を通したいのは誰もでしょう。
全ては、アメリカがあんなことおっぱじめるから。

とりあえず、戦争になれば、
必ず誰かが負傷し、死ぬ。
ここ数十年平和が続いている日本では、
この事実が現実味を帯びて感じられないんだけど、
意図的にこれがやられる、ということは、
どう理由をつけても誉められることではない。

さて、また野党の老人達が騒ぎ出す。
みんなそろって小泉叩きを始めてるんだけど、
問題はそこじゃないよね。
一人くらい、
当のブッシュ大統領への文句をいっても良いでしょうに。
まぁ、彼らの目線は、常に政権争いにあるようで。

何か、切ないですね。
ひとつ、FF X-2でもやって現実逃避するか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2003

MMORPG

イラクって、そんなに悪いことやったんだっけ?
と、思う最近の世界情勢。
いや、今にもアメリカとかが攻め込みそうだから。
兵器の査察でどうこうだっけか。
じゃ、当のアメリカはどうなんだよ、て感じでないかい?

FF11の話でもしようかな。
去年の5月くらいにそれを購入して、
ずっとそればっかりな感じの日常になっている。
ヤバイなぁ、とは思いつつ(汗)

FF11は、いわゆるMMORPGという、
一つのサーバに多数の人が接続して冒険をするという
ネットワークゲームの一つ。
最初は従来のFFのノリで買ったのだけど、
全然違いました(笑)
要は、ゲームの世界にもう一人自分をつくるような感じ。
他の登場人物もプレイヤーだったりするから、
コミュニケーションというのも大切になってくるわけで。

何が楽しいか?
結局、現実世界では到底実現できないようなことを、
ゲームの世界のもう一人の自分で実現できること、かな。
MMOは自分ひとりでなく、他の大多数とプレイしているから、
どうだ、オレってスゴイだろう!
という様を見せることができるというのも、楽しさの一つ。
あと、
仲間と助け合って冒険をして、
とても強い敵とかを倒したりするというのは、
やっぱし楽しいんだよね。

ビバ、FF11。
仕事が死ぬほど忙しいというのに、
それでも帰宅したら、何故かログインしてしまう。
夜中0時過ぎてるってのに(笑)

今度、FF11の追加ディスクが出る。
この機会に、RPG好きな人、始めてみませんか。
FF11は20個ほどサーバがあるけど、
私は「Siren」というサーバで遊んでますので、
良かったら一緒にやりましょ。
ワールドパスというのを発行すれば、
私と同じサーバにお誘いすることができマス。
ひとつヨロシク。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2003

ココがヘンだよ日本人

こんな夢を見た。

ある見知らぬ老婆が、私に何か語りかけている。
私に、というより、
私の主観を持った何者かに、という感じ。
私はそれを第三者的立場から眺めているような。
でも、話を聞いているのは私である。

それで、その老婆が何を話していたのか、
もう思い出せないのだが、
それが妙に気になる光景で、
目覚めて、通勤する電車の中でも、
そのシーンを繰り返し思い出していた。

よくあるパターンだと、
祖母が死に際に何かを言い残そうとして、
その魂が夢の中に出てきたのだ、
なんて「あなたの知らない世界」なんかではありそうだが(古!)
そんなんでもない感じ。

う~む。

もしかして、あれは犬だったんではないかと、
今では思い始めていたり。
昔、実家でコロという雑種犬を飼っていたのだが、
あれが随分年寄りまで生きた。
その死に際は見ることはできなかったが、
あのこと自体、私にはすごく心残りでもあり。


どうも、今の職場はピリピリしている。
納期が近いせいか、
思うようにプロジェクトが運ばないせいか、
それともプライベートで悪いことでもあったのか、
みなさん、もうちょっと落ち着きましょうってば。

疲れたら休む。
これ、生理的に実に理に叶ったことだと思うけどな。
そんなこともできないのかね、日本人たち。
一体、何のために仕事してるのですか。
生きていく為、ではないのか。
なのに、そんな寿命を縮めるようなマネをせんでも。
いや、プロジェクトを蔑ろにしろってわけじゃなく、
ちゃんと休めば、効率も上がるってもんでしょ。
と、いうことです。

なんで、ゴホゴホ酷いセキをしながら仕事をする必要があるかね。
本人は頑張ってるつもりかもしれないけど、
周りにどんな印象を与えているのかということも、
少しは考えてくれ。

要は、それがいいたかった(笑)
頑張るな、とはいえないんだけどね。
本人がそうしたいなら、まぁそうすればいいか。
私なら、迷わず休むけどな。
どんなに忙しい時期でも、
どんなに重要な仕事があっても。
それで首にするならしてみろ、の勢いで(爆)

そりゃ、今の私だからいえることなのかもしれないけど。

とりあえず、
病人が同じ職場にいるということだけでも、
精神衛生上よくないことです。
休みましょうよ、おっさん。歳も歳なんだから...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2003 | Main | April 2003 »