« December 2002 | Main | February 2003 »

January 24, 2003

PCの行方

ふぅ‥‥
書くのも久々な気が。

PCの組み立て?
うん、実は、あれからホッタラカシ(笑)
いや、時間なくて。
BIOSまで動けばなんとかなるかなと。
あとはOS入れて、今のPCの内容を移せばよい。
‥‥と、思ってるんだけど。

失敗したのはモニタの選定であった。
17インチ液晶モニタで5万だったので、
これは安いな、と思って買って
それを今使っているんだけど、
どうも画面が暗い。
調整で明るさを最大にしても、なんだか暗め。
ちょっと無理してでも、
もちっと高級なモニタにしとけばよかったかな。
まぁ、映ればいいさ(笑)

仕事の話。
どうやら、私の担当部分は、かなり順調っぽ。
といえど遅れ気味ではあるのだが、
他の担当が絶対間に合わない危機に陥っているのを見ると、
どうもこちらが、とても平和に思えてしまう。
やはり私の計画は間違っていなかったのだ(偉)

というか、
最初から作業量が、私の分は少なめだったのかな?
いや、そんなことはないだろう。
速やかに事が運ぶことを
わざわざ悲観的に思うことは無いだろう。
良いことなのだ。

大体、他所と比較してどうたら、だよな。
須らく世の中の判断って。
結局、その主観でしかモノが見られないわけで、
その主観の中にある基準は、
やはり他者がどうという話になるしかない。

最近、
ニュースでクローン誕生というフレーズをよく聞く。
牛やら猫やら、そして人間やら。
なんでも次のクローン人間は日本人だという。
でも、クローンだって、完全なコピーじなゃいところは、
やはり生物は他の造形物とは違うんだな、と。

最近、すっかり政治に興味が無い(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2003

初めての...(2)

とりあえず、ネットでこのような現象がないか調べてみる。
BIOSが立ち上がらない、画面が出ない、ファンは回る...

こういったケースの原因として、
電源とマザーの相性、ビデオカードの不具合、
モニタの故障、CPUがマザーに合っていない、など、
いろいろ出てくるのだが、
いまいち今回の自分のケースにあてはなりそうなのがない。
電源とマザーは、ショップのテスト済みのはずだし、
ビデオカードはオンボードなので、いきなり壊れたとは考えにくい。
モニタも新品、
CPUとマザーも、当然ショップのキットなので
合わないはずがない。

ううむ...

そんな中、ひとつ目にとまった対処方法があった。

CPUが上手く差さっていない可能性。
昔のファミコンとカートリッジのように、
うまく挿さっていないと、バグのうような画面が出てくる...

んなアホな。

最初はそう思ったが、
いよいよ原因がわからなくなって、
とりあえず、CPUの挿しなおしをやってみることに。

ファンを取り外し、
留め具を起こして、CPUを外してみる。
そこで、己のマヌケさを、さらに思い知ることに。

挿す向きが違うじゃん!

CPUの板の面取り部分が、
ソケットのそれと合うように挿さっていなければならないのが、
90度違う向きでささっていたのだった。

うわ、これ壊れてないかしら。

正しい向きで挿しなおして、
おそるおそる電源を入れてみる。

ういいぃぃぃーーーーん。
ちゅいいぃぃーーーーん。
がが、がががっ、ががががっ。

おお、HDDもCDも動いた!
そしてBIOSもめでたく起動。
よかったー、壊れてなかったよぉ。

(さらに、つづく)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初めての...(1)

元旦の昼下がり、不意にインターホンが鳴った。
「宅急便で~す」
届いた大きな箱3つの中には、
パソコンの組み立てキットとモニタが。
ああ、そうだった、今日届くのだった。

とりあえず、全部箱から出してみる。
ミドルタワーケースには、既に電源が装着済みになっていた。
あとは、マザーボードにCPUを載せて、
HDDとFDDとCD-ROMドライブを取り付けるだけだろう。
それなら、とりあえず今夜までには終わるかな。
と、そのときは思ったのだが...

早速、組み立てにかかる。
マザーを取り出して、CPUを挿してみる。
で、その上にファンを載せて、心臓部の完成。
なんとあっけない。

次に、そのマザーをケースにネジ留めする。
で、フロントパネルのコネクタとマザーを接続。
あと、HD、FD、CDの各ドライブを、
それぞれ、プライマリマスタ、FD専用コネクタにつなぐ。
最後に電源をつなぐ。

できた。
こんなもんなのか、組み立てって。

とりあえず、火を入れてみなければ。
では、感動の一瞬。
電源オン!

‥‥‥

あ、あれ?動かない。
ファンすら回らない。
HDDも、ウンともスンとも。
おかしいな...
ちゃんと、取説通りに組み立てたんだけど。

もう一度見直してみる。
何か足りないハズ。
すると、箱の隅に、ネジらしきものが余っている。
どうやらそれは、マザーとケースとの隙間を作るための
スペーサというものだったらしい。
でも、これが無かったからといって、
特別PCの動作に影響するとは思えないが...
そう思いながらも、スペーサを取り付けてみる。

で、再び、電源オン!

ういいぃぃーーーーん。

おお、ファンが回ったぞ!
どうやら、このスペーサ、
ないとマザーの裏がケースの金属部分と接触して、
ショートしてしまうことがあるらしい。
悪くすれば、部品の破損ということも...

ああ、無知って恐ろしい(汗)

でも、ファンだけ?
なんで?
HDDとかCDとかは動いてない。
電源もちゃんとつないでるし、
ケーブルもつないであるのだが。
何より、BIOSの画面が立ち上がらない。

もう一度、取説を読む。
今度こそ、しっかりこの通りにやったハズ。
ううむ...

(つづく)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2003

あけました

遂に2003年。
鉄腕アトム誕生の年が来てしまった。
車は空を飛んではいないが‥‥

とりあえず、DVDレコーダ買った。
税込みで14万ほど。
ううむ、久々に高い買い物をした。
そしてこれが、M社製ではないなのねん。

M社のを選ぼうとするとDVD-RAM方式になるのだが、
RAMはPCなどのデータ保存用に開発された規格で、
ビデオ映像などを記録する場合に、
内部でエンコード処理が施されるのである。
これによって、元の画質が多少劣化すると。

これに対して、
今回買ったのはDVD-RW方式。
こちらは、もともとビデオ録画用に開発された規格なので、
元の画質をそのままストレートに保存してくれるらしい。

今回の機種を選択した理由はもう一つあって、
HDDの容量が、デフォルトで80GBあったということ。
大体100時間以上を裕に録画できる。
M社製のは、デフォルト40GB。
増量サービスもあるが、これは有償で、
プラス4万円かかるそうな。
そうすると、14、5万になってしまうので、
どうせなら、最初から80あった方が良いだろうと。

ところで、買った良いが、
録画予約せずに里帰りしてしまった私はマヌケか。
そもそも、それ目的に買ったのに。

そして、もうひとつ大きな買い物をした。
遂に、新しいPCを買ったのだ。
憧れのPentium4。しかも初組み立てPCだ。

ソフマップで、ドライバー1本で組み立て可能、
というキットが置いてあって、
これなら私にも可能かと、思わず衝動買い。
MB、DVD-RW、P4の2.53GHz、HDD80GB、その他アクセサリ
全部込みで約10万。
それに5万の17インチ液晶モニタをつけて買ってしまう。
つまり、結局15万。
いやいや、思い切ったものである(笑)
しかし、VAIOとかを買うよりは安いだろう。

キットは正月に届いた。
とりあえずサクっと組み立ててみたが...
まぁ、そう簡単には動かないわね。
問題がいろいろと...

とりあえず、帰省しとかねば。
衣類だけカバンに詰めて、
動かない組み立てPCをそのまま後にした。

そして今、実家でこれを書いている。
ああ、やっぱし心残り。

心残りといえば、
もうひとつ大きな問題があった。
ガラス、いくらするのかなぁ‥‥(汗)
今回、30万近く一気に使ってしまったワケで、
ゆえに、ボーナスはほとんど残っておりません。
これは、新年早々、罠だったか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2002 | Main | February 2003 »