« June 2002 | Main | August 2002 »

July 31, 2002

寝ながら仕事

午前9時に水戸駅待ち合わせだってよ。
ちなみに私は横浜に住んでおります。
一体、何時に起きればいいのよ~。
それとも、寝るなと。

このところ、仕事とゲームだけの毎日になっている。
いや、今までも仕事とテレビだけだったんだけど(笑)
で、今、そのゲームに接続できない状態だったり。
サーバ不調かなんか知らないけど。

そうなって、とりあえずネットでも、などと思う。
久々にいろんなBBSを覗いてみる。
相変わらず、ケンカしているところが多い。
平和なところは、
本当に身内だけでやっているようなところだけ。
ある程度大きなコミュニティになっていると、
大抵は参加者同士が小突きあっている。
やっぱし、そんなものなのかねぇ。

コミュニティといえば、
実は、FF11などのオンラインゲームも、
一つの大きなコミュニティといえる。
ゲームの世界を通して
人間同士が共通の話題でコミュニケーションしている。
コミュニティの枠を出て、一つの世界といって良いかも。
ネット上に展開された、地球とは別のもう一つの世界。
そう考えて遊ぶと、なおハマる(笑)

いや、ほどほどにしましょうね。

いい加減、私が居眠りするのも公認されてきたのか。
仕事中、ときどき落ちていても、
周囲は普通に話し掛けてくるようになった(笑)
いや、私が図太くなっちゃったのかも。開き直って。
いいのです。
仕事さえしていれば、居眠りなんてなんのその。
私は仕事に人生をささげているわけではない。
自分の楽しいと思うことがやれて人生なんぼ。

と、ここは言い訳しておく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2002

FF中毒

知り合いがFF11を買ったという。
しかし、私のと同じワールドに入れなかった模様。
そう、同じFFをやってるといっても、
サーバが20あるので、
サーバごとにパラレルワールドになっているのだ。
同じサーバで同じ世界でプレイするには、
ワールドパスが必要。
もし、これからFF始める人で、
私と同じ世界でやりたいという人は連絡してね。
ワールドパスを発行するので。

ああ、世間事情に全く疎くなってしまった。
最低でも夜の11時のニュースは見るようにしないと。
筑紫さんにもご無沙汰である。
最近、世間では何が起こっているのかなぁ(笑)

ある意味、
外野の事情に一喜一憂するエネルギーを
使わなくていいということで、
これはこれで幸せなのかもしれない。
いっぺん世間離れしてしまうと、
もう何が起こっても
どうでも良くなってくる。

ホントは良くないんだろうな~。

電車で、
「田中真紀子しどろもどろ」とかいう
スポーツ新聞の見出しを見たが、
あの騒ぎはまだ続いているのか、なんて思って
もうどうでもいいよ、とか思ってしまう。
ああ、最初からそうだったか。
ただ、考えなくなってしまったということだろう。

それにしても、FF11は面白い。
かなり中毒(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2002

タダ働き

土日に研修とは何事か!
しかも自主研修扱いで、給料は出んだと。
こっちは強制参加させられてんだっての~。
最近、休日は、少ない睡眠取り戻しの日なのに、
それも削られたら、この先の一週間どうなっちゃうのよ。

何の研修か。
いや、プロジェクトリーダの研修なのだそうな。
別に私はリーダを希望しているわけでもなく、
むしろ開発要因でいた方が気が楽なんだが。
何より、人を使うということが、
私に向かないと思うんだなぁ‥‥。

それにしても、ヒートアイランド東京。
ただでさえ高い気温に加えて、
アスファルトの熱気が立ち上るのが実感できるという。
フライパンの上の卵じゃないっての。
街では、
太陽よりも地面からの放射の方が強いんじゃないか。

帰ったら、「千と千尋の神隠し」のDVDが届いていた。
そういえばJBOOKで予約しといたのだった。
すっかり忘れてた。
あけてみると、DVDと一緒に「おにぎり」が入っていた。
いや、おにぎりのフィギュアが。
一体、これをどうしろと(笑)
当然食えないから、飾っとけってことなのか。
オマケをつけてくれるのはいいが、
おにぎりのフィギュアって、どうかと思うぞ。

で、肝心のDVDは、いまだ見ず。
いや、FF11が私を誘惑するのじゃ。
明日はまた翌朝から研修だし、
あとの楽しみにとっておこう。

ああ、たまったビデオ、いつ見ようか‥‥

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2002

苦楽

久々に千葉へいってきた。仕事で。
相変わらず稲毛は風が強い(笑)
いつ行っても強い風が吹いている。
私が行った日だけなのか。それにしては毎回である。

帰りのモノレールの中で、
女子高生らしき人の会話が耳についた。

「これから千葉くる~」
「うん、最も早くいくから」
「え~マジで、いいじゃん」
「エスカレータってエレベータじゃないのぉ」
(延々...)

ついていけない。というか、日本語が分からない。
何語だよ(笑)
よく君たち高校に入れましたね、といいたい。
最近の高校は受験しなくても入れるのかね。
少子化で子供が優遇されるのもほどほどにせんと、
そのうち国や人類を滅ぼすことになるぞ。

人殺しはいけないことだ。
そりゃ当然。
生き物の命を奪うことはいけないことだ。
それもそう?
ふむ、よく考えてもみなさい。
生きていくということは、
基本的に他の生き物の命を奪うことなんだ。
食べているものは、
他の生き物の命を奪ってつくられたものだということ。
だから、生きるということは
全然奇麗ごとじゃないてことなの。
それでも、生きるということの意味を考える。
実際、大変ですよ、人生。

ああ、今日もマシンルーム超暑かったし~。
あれじゃマシンもたないよ。
役所はそういうところ結構ズボラなのね。
まったく...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2002

夏眠

だいぶ日記をサボってしまった。
まさかこんなことになるとは思いもよらず。

おかげで、オールスターを見逃してしまった。
幸いというか、不幸なのか、
イチローも佐々木もさえなかったようだが、
初の引き分け試合ということだったらしく、
それを見逃した口惜しさはある(笑)

ああ、面白すぎます、FF11。
おかげで毎日寝不足、会社で居眠りときている。
仕事中、眠い頭の中に
FFの効果音が幻聴で聞こえたりもしたり。
やばいなぁ。
そろそろ目をつけられるかな。
ま、仕事はやってるんだから問題ないだろう。
...と、思っているんだが。

おかげで、PCのアイドル時間が長いので、
いつもより余計にSETIがうごいてくれる(笑)

ところで、毎年いっているかもしれないが、
今年は暑い。
年々本当に気温が上昇しているのか、
私が歳をとっていってるからそう感じるのか、
とにかく強烈な暑さだ。
朝っぱらからさんさんと照り輝く太陽。
君が元気なのはとても良いことだが、
地上で暮らす幾分かの暑さ嫌いの人間のことも
ちっとは考えて欲しいのである。
そんなことをいっても、やはり元気な太陽は今日ものぼる。
ええ、これは我侭でエゴですよ。

今年の七夕は、一日寝ていた。
その日が終わろうかという時間になって、
ああ、今日は七夕だったのだと気づく。
いつからこんなに季節に疎くなったのか...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2002

漢字でもひらがなでもいいが、
とにかく同じ1文字を、じ~っとみつめ続ける。
すると、あれぇ、これはこんな字だったか?と思えてくる。
さっと見る分には馴染みの文字なのだが、
よくよくみると、これは何でこんな形をしているのかと、
だんだん不思議な感じになってくる。

小学校の漢字のテストのとき、
空白1マスに漢字を埋めていくものがあったが、
あれは、じっくり考えすぎると、
へんてこな文字を当てはめてしまうことがあった。
正解の文字が、じっくり見ると、
何だかこうじゃないような気がしてくるからだ。

これは、実は文字だけじゃなく、
世の中にある大抵のものがそうであることに気づく。
普段視界を過ぎ去っていく何気ないものも、
よくみると、何でこうなのか、というようなものが。

ものだけじゃない。
人もそうである。
いつも付き合っている馴れた知人でも、
よくみると、こんな人だったか、と思えることがある。
その人は別に普段と違うことをしているわけでなく、
いつも通りの振る舞いであっても、
こんなだったか、と思えてくるのである。

大体、私自身がこうしてこんなことを考えていられるのも、
実に変な話である。
そんな必然性はどこにもないし、
そのような思考のメカニズムもさっぱりわからない。
ただ、そうあるのである。

後からわざわざ理由をつけるまでもなく、
この世の中は、最初から変なのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2002 | Main | August 2002 »