« November 2001 | Main | January 2002 »

December 29, 2001

暮れる~

国が自分になにをしてくれるかではない。
今自分に何ができるかである。

これはJ.F.K元米大統領の言葉だが、この精神がないよね。
今の日本国民には。
そもそも、国というのは、政治家や役人のものではなく、
国民のものだということを、みんな忘れている。
だから国を訴えるなどということは、
そもそも変な話なんだよねぇ。
国ではなく、役人や政治家を訴えているのであって...

ああ、2001年も終わり。
宇宙の旅はなかったけどなぁ。
しかし、21世紀の初っ端がこんな年になろうとは。
平和を願って世紀を越えたハズが、
いきなり戦争で始まろうとは、誰が予想したか。

人間が感情で動く動物である限り、戦争はなくならない。
しかし、感情をなくしたら、それは人間ではなかろう。
平和を願う、というのは、理想モラルなんだろうな。
いわゆるブレーキで、この精神が少しでもあるから
戦争がいくとこまでいかず、世界の終末という事態
にはならないのだろう...

ところで、宇宙船 RED DWARF の最後は、
あれどうなったんだ?
イギリス人の感覚では、あれで暗転おしまいで
大笑いして納得なんだろうか。むぅ...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2001

嗚呼

このところいいことがないのである。
ことごとく運が逃げていってるのかなぁ...

久々に有馬記念を買った。
珍しく穴は狙わず、固いところを買ったのだが、
結果は惨敗。
1着はまだしも、あの2着は分からんって。
ここらで運が巡ってきてもいいかなと思って
買った私が馬鹿だった。
運ってのは、自分で掴もうとして掴めるものではない。
不意にやってくるものなのである。
今は運がない時期なのかしら。
宝くじも買わない方がいいかな。

少し地道になるか...

思うに、仕事というのは生きていくための手段のはず。
しかし、その仕事に体をやられて死ぬというのは
どうだろうかね。本末転倒とはこのことじゃ。

取引している会社の社員が、どうも死んだらしい。
しかも、私と同年齢。マジっすか。
歳がきてる人々は、糖尿とか肝機能障害とか、
なんだかみんな不健康である。
人事(ひとごと)じゃないよな、実際。

ところで、この曲この曲をSMFにしてみたくなった...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2001

降ってるよ

まずいなぁ。
この間まで北陸で止まってくれていたんだけど、
ついに南下して山陰も雪が降っているようだ。

いや、今年は車で帰ろうと思っているのだが、
雪が降るとそれがやりづらくなるのである。
しかし、今年は宅急便で送りきれなかった荷物が
山とあるのである。
これを何とかしないことには、私は来年もまた
モノの中に埋もれて過ごすことになる。
とにかく、宅急便で送れなかった品々は
自分で持参するしかないのだが...

別にね、チェーンもあるし、雪道も走れない
ことはないのである。
ただ、この時期普段車に乗り慣れない人が
帰省に車を使ってくれたりして、それで滑って
こちらに突っ込んでこられるのが一番恐い、という話。
これはうちの親父がいつもいっていることだが、
実際、そういう理由で、私に車帰りして欲しくない
わけである。
そうなのよ。親が止めるからなのだ。
やめなさいと。

そりゃね、距離も距離だから、事故る確率も
普段の数倍は高いわね。
しかし、だからといって他の交通手段が確実かというと、
飛行機も落ちる時代なのだ。
電車にテロリストがいる、とかいう確率の方が
実は高かったりするんじゃないか。

そういうわけで(というわけでもないが)、ともかく
年末年始は、雪は勘弁してくれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2001

つながった!

昼休みにCATVのサポートの人から携帯に電話がかかってきて、
センターリセットするので、PCの電源を入れて欲しい、という。
いや、私は会社にいるんですけどね。
そういうと、では明日にでもリセットをかけるので、
PCの電源を入れたままにして出かけてください、といわれた。
そういうものなのか。

で、帰宅してPCの電源を入れると、
いつも自動的に立ち上がるダイヤルアップの窓が出てこない。
おかしいな、と思い「マイネットワーク」を開いてみると、
LAN接続がなにやら交信している。
これはもしや、と思い、IEを立ち上げてみる。
すると、一瞬でスタートページが表示された。
どうやらLANが、つまりケーブル接続が有効になっている。
しかし、何で?駄目もとでリセットかけてくれたのかな。
そしたら思いがけず、ってやつかしら。

いや、まぁいい。よくわからんが、とにかくつながった。
これで我が家もブロードバンドの仲間入りである!
ということで、喜ぼう。やった~!(ホンマかいな)

早速、速度計測サイトに飛んでスピードを測ってみる。
とりあえずここで計測してみたら、1.24Mbpsと出た。
うへぇ~、こりゃヨダレモノですよ。
しかも、今月はこれでタダときた。底抜けに愉快である。

しかしなぁ、日曜日一日の努力とは何だったのか。
朝から頑張って、TCP/IPの設定やらLANカードの設定やら、
カードが悪いんじゃないかと、新たに最新のLANカードまで
買ってきて差し替えて、またセットアップからして...
すったもんだで夜中までかかったのだけど、結局最後まで
つながらなかった。
で、そのつながらない理由がサーバ側の設定だったとはね。
いくらクライアント側のこちらで足掻いても無駄だったと。

いいのだ。つながったのである。終わり良ければ全て良し。
そういう時代ということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2001

ブロードバンド寸止め

のぉーっ!

今回引っ越してきたアパートは
CATVのインターネットに対応している。
入っているのがYOUテレビというところで、
来年1月から、月額3800円で4Mbps(ベストエフォート)が
予定されているという。
しかも、CATVはADSLなどのような不安定さがないので
これは買いである。

そう思って、引っ越す前にフレッツを解約した。
@niftyの契約もつなぎ放題をやめて通常に戻した。
で、昨日の朝そのケーブルの工事をしてもらったのだが、
やはり一発ではつながらないものである。
工事にきたお兄ちゃんは、自分のPCで「ほら繋がった」と
安心させてくれて帰ったのだが、
その後自分のPCでつなぎにいったところ、
これがつながらない。

何でや!とサポートセンターに問い合わせると、
どうやらあのお兄ちゃんがつないだLANカードの
MACアドレスをセンターが認識してしまっていて、
それ以外は受け付けなくなっていたのだ。間抜けな。
で、センターリセットをしてもらって、
一時的につながったのだが、しばらくすると、今度は
なぜかセンターのゲートウェイの反応がなくなってしまった。
で、日曜一日潰れたなり。

とりあえずサポートセンターにメールを投げておいたが、
回答がくるのがいつになるやら。混んでるみたいだし。
まぁいい。今月いっぱいはサービスでタダなのだ。
ネットだけでなく、多チャンネルも無料解放されている。
ラッキー。そうだ、そう思おう。悲観的になることはない。


そうだ、引越しのドサクサで貯金通帳をなくしてしまった。
思い出すたびに探しているのだが、みつからない。
ううむ、カードがあるから別段困ることは無いが、
それにしても、モノがモノだけに見つけたいよなぁ...
まぁそのうち忘れた頃に出てくるさ。
悲観的になることはない...(大丈夫か?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2001

謙譲語

皇室のニュースが頻繁に流れるようになる。
何だか普段耳慣れない言葉が乱舞する。
やたら尊敬語や謙譲語が使われるのである。
全ての言葉に「御」がつくので、あまりの徹底に
ちょっと笑ってしまうほど。

ところで、あれの意味がわからないという人がいる。
おかしい、とは思うが、意味がわからない、ということはない。
そう思っていたのだが、どうやら本当に意味がわからないらしい。
そして、なぜあのような言葉遣いをしなければならないかも、
その意味がわからないという当人達にはわからないのだろう。

そういえば最近、めっきり敬語が使われなくなったな、と思う。
敬語というのは、その字の通り、相手を敬う言葉遣いである。
これは、そのまま礼儀に直結する。
礼儀というのは、おそらく形式上のものだろう。
しかし、そうしなければならない、という精神が大切なのである。
儀式自体は形式のみで良いが、
その行為が自発的に出てくるかどうか、である。
おそらく最近の子供はそういう教育がなされていない。
とにかく実力主義で、優位なものが劣位なものを見下せる、
という見方でしかものを見ないのだ。

実力主義は良かろう。上を目指して大いに頑張ってくれたまえ。
しかし、礼儀は、それとは別のものである。
人同士が接するとき、その摩擦を減らす潤滑油になるものである。
心にも無いことを云うのは気がひけるか。
敬語を使うほどの奴ではない。その必要もない。そう思うだろうか。
違うのである。逆に、自分こそそれほどの奴か、と思うべきなのだ。

多分、東洋の文化に育った者ならこの心得は理解できると思う。
欧米には、最低限の敬語はあるかもしれないが、謙譲語なんてものは
なかろう。自分が謙(へりくだ)る、などという考え方はおそらくない。
日本には、もともとそういう文化があるのである。
これは、お互いいがみ合ってばかりいる今の情勢で、
一番思い出されるべき精神ではないかと思うのだが...

いや、だからみんな「御」をつけろというのでなくね、
そういう心構えが必要だろう、といいたいのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2001 | Main | January 2002 »