« September 2001 | Main | November 2001 »

October 28, 2001

スルメをみてイカが分かるか

養老孟司さんが、昔そう言われたのだと話していた。
養老さんは解剖学者だが、
つまり、死んでいる状態のものをみて
生きているときの実体が分かるか、という指摘。
実際、いろんな学術研究というのは、
そういう固定したサンプルを見てやっていくしかない
という性質もはらんでいるのだなぁ、と思った。
情報というのは、“情報”となった瞬間に
その形に固定してしまうものなのである。

さて、今日は引越し先のアパートを見てきた。
もう週末となると引越しの準備ばかりしている。
他のことが何も出来ない。
まぁ別に何もすることもないんだけど...
で、見たところ、予想以上に狭いことが判明。
今の部屋のモノは絶対全部入りきらない。
もう少しスリム化しなければ。

まず、机が座卓と普通のデスクがあるのだが、
これはどっちか却下だ。リサイクルにでも出すか。
あとコタツ。
エアコンがあるのだから、もはや必要あるまい。
衣装ケースも4つあるが、それ全部はちょっとキツイ。
なので、これも2つほど実家へ送ることに。
着ない服とかもいっぱいある。
そうだ、学生時代の教科書やレポートなどの書類の類。
これも実家行きだな。
ソフトのパッケージの箱もかなりある。
捨てるわけにもいかずとっておいたら
衣装ケース1箱分くらいになっていた。これも実家へ。

そして本である。
ハードカバー、文庫、新書、漫画含めるとスゴイ量である。
本はなるべく全部手元に置いておきたいのだが、
しかし、物理的な広さの問題に直面してしまった以上は
これも考えざるを得まい。
読まなさそうなものから優先的に実家へ送ろう。

ああ、また来週末は伝票書きだな。
10通くらいになるだろうか...
つくづく、実家があって良かったよ。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2001

値引き

とある集会で、皆が演者の話を静かに聞いている最中、
突然、後ろで「ぶぉっ」と豪快な放屁をかました奴がいた。
その集会が終わった後、そ奴がした言い訳が
「自分でも出るとは思わなかった。びっくりした」だと。
余計ヤバイよ、それ。

今日は引越しのサカイが見積もりにやってきた。
ざっと部屋を見回してリストにチェックを入れていく。
で、見積書には最終的に合計55,000円と書くのが見えて
「げっ」と思った。それを書きながら
「ご予算はいかほどでしょう?」
と聞いてきたので、
「さ、三万くらいなんですが」
というと、55,000と書いたその下に「お値引き」と書き足して
「△25000円」などと書いて、合計を30,000円にしてしまった。
なんだそりゃ!言い値なのか?
もしかして、もう少し安く言えば安くなったかも。

というか、55000円てのは、どういう見積もりで
どういう基準で値引きになるのか、どうもアバウトだ。
日通に見積もってもらったのが29800円だったが、
あれはあれで固定値だったので、それで納得したんだけど。

しかしなぁ、日通は大手だし、サカイは中小の部類だろう。
それで日通よりサカイの方が高いというのはどうかと思った。

やはり、もう一社来てもらうかな。
アートにしようか。ドラえもんトースターも欲しいし...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2001

こんにゃく畑

シアトルも負けて、近鉄も負けて、今シーズン終了。
あ、別に近鉄はファンじゃないんだけど。
スワローズも巨人負かしてきたわけだから、
良しといえば良しである。

朝、コンビニで、子連れの母が店員に
「こんにゃく畑みたいなの、あります?」
と尋ねていた。
「こんにゃく畑?あるとすればあそこですねぇ」
と店員。しかし、そこになかったらしく
レジの店員に
「ねぇ、こんにゃく畑ってどこだっけ?」
と尋ねていた。
「こんにゃく畑?こんにゃく畑は...」
こんにゃく畑、こんにゃく畑...

朝から「こんにゃく畑」というキーワードが頭に
ついてしまってとれなくなってしまった。
何なんだ、こんにゃく畑って。
いや、それが何かは分かっているが、その商品名である。
「こんにゃく畑みたいなの」といっているという
ことは、それがそういう商品の代名詞になっているん
だろうねぇ。

商品名が一般名詞のように扱われているものは多くある。
「ウォークマン(SONY)」、「味の素(味の素)」、
「カップヌードル(日清)」、「ホッカイロ(白元)」、
「ノーマット(アース)」、「宅急便(ヤマト運輸)」等々。
しかし、「こんにゃく畑」は、どうだろう...

会社でソフトの不正使用チェックが入って、
私のマシンのVC++が重複使用だ、となって削除された。
仕方なしに購入依頼をかけたら、上司(か経理)に却下された。
何だよそれ!私に仕事をするな、ということか?
まぁいい、VC++だけが開発環境じゃないさ。
こうなったら、自分で環境つくってやれ!

てことで、ガレージの bcppc は日々バージョンアップ
していきます。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2001

お見積もり

The X-Files 8th を借りてきた。
やっぱしモルダーいなくなっちゃうし。
代わりにカタブツっぽいのが出てくるし。
今度からスカリーが主役っぽくなってるみたいだし。
1から7までずっと変わらなかったオープニングが
8から変わってしまってるしぃ...

8では、11話あたりからモルダーが帰ってくる
みたいだけど、9では降板ということで、
結局いなくなる運命をたどるのかと思うと、
やっぱし寂しい。

ス「道は全部封鎖してあるはずよ」
モ「空の封鎖は?」

みたいなモルダージョークは、もう見られないのか。
ドゥカブニー、考え直してくれないかなぁ...
ていうか、むこうのファンの反応はどうなんだろう?

あ、今日、一発目、引越しの見積もりしてもらった。
某日○通運のワンルーム引越し、というやつで、
平日なら29800円だという。
家財を見てもらったが、これならそのワンルームの
範疇以内ということで、値段は据え置きになるそうだ。
でも、これが休日になると35800円と跳ね上がる。
もしココに頼むなら、引越し日は平日で年休だな。

来週は、勉強しまっせのサ○イ引越しセンターの人が来る。
あと、ア○ト引越しにも見てもらおうと思っているが、
あそこは他の業者に比較すると高いんだよなぁ。
でも、ドラえもんトースターは欲しいなぁ...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2001

事業開拓

よもやの2連敗。まぁ、相手が相手ということか。
しかし、イチローは、ヤンキースからも敬遠されちゃうのね。
あの実績を見れば、それも自然な行為なのだろう。
やはり、実績が確実に評価に繋がっているわけだ。
アメリカのそういうところは好きなんだけどなぁ...

久々に仕事の話でも。

最近、IT産業といえば、すっかりWebが巻き込まれている。
そして、その波は、確実にうちの業界にも打ち寄せる。
私は2年ほど、GISの仕事をやってきているのだが、
やはりこれも例外でなく、GISをWebで、というのは
今や当たり前の話になりつつある。

うちでは、とにかくGISの自社標準化が推進されていて、
既にあるGISの会社や地図会社とアライアンスして
また初めての業界入りを果たそうとしている。
既に先行している会社がある以上、どうしてもうちは
不利な体制だと思うのだが、しかし、確実に売れ筋に
なっているところを狙うのは、堅実なうちの社風なのだろう。
「マネシタさん」と言われるわけだ(笑)

てなことで、私のところにもWebGISの話がガンガン降って来る。
Webといえば、うちの場合Windowsシステムが中心なので
ActiveX、COM、ASPあたりのアーキティクチャを使うことに
なるのだが、AVC社の方ではゲームボーイなどにのせる
GISなんかも考えているらしいし、通信工業は通信工業で
FOMA(フォーマ)を軌道に乗せようと、付加価値としての
GIS機能を盛り込もうとしている。

そうなってくると、環境や言語も新分野のものが求められる。
最近“C#(シーシャープ)”なる言語の存在を知ったのだが、
ざっとガイドラインを見た感じ、Javaそのものだった。
要は、今後このような形態の言語が流行るということなのだろう。

ついていくのがやっとだな。
やはり、どうも、世の中抽象化している...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2001

KAZMANIA

ホーキングがユニクロのCMに出てたよ。
びっくり。

あ~、ディビジョンシリーズ、どうやらシアトルが
勝った模様。クリーブランドに勝ちを先行されて、
一時はこのまま終わるのか、と思っていたが、
やはり首位の意地だねぇ。

それにしても、イチローの活躍である。
イチローは3安打であったが、見る限り、どの当たりも
完全に討ち取られているんだよね。
しかし、それが内野安打になるのだから凄い。
3本目のヒットなど、三遊間で普通に取って
いたってスムーズに送球したのに、セーフ。
あれじゃ、ゴロ打たれたら、ほぼヒットじゃん。
ピッチャーはやってられないよねぇ...
まぁ、それほど化け物だということだ。イチローは。

で、大魔人、佐々木。
彼は、これといって派手なことはやらないが、
いつも必ず勝たなければならない場面で登場して
ほぼその期待に応えるという、これも凄さである。
あの心臓は並みじゃないね。
私だったら、心臓発作で死ぬよ(爆)

はぁ~、今日(日付的には昨日)は一日、頭の中で
SAFECOの電光掲示板が点滅していた...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2001

整理

来週、引越しの見積もりをやってもらうことになったのだが、
業者といえど、さすがに今の嵐のような部屋に他人を入れる
のは気が引けたので、少し整理しようと思い立った。

とりあえず、そこらに散らかっている読みかけの本を
積み上げて、隅っこに追いやってみる。
そうすると、部屋が何だか広くなったように感じる。
しかし、これはごまかしだな、と思い直して、
一度部屋の中央に、収納や普段部屋の隅にあるものを
引っ張り出して出してみた。
すると、今度は逆に、本当にこれがこの部屋に
収まっていたのか、と思うくらいスゴイことになった。
このまま引越しやってたらエライことだったよ。

とりあえずいらなさそうなものをダンボール箱につめて
キッチンの方へ積み上げていく。
そうしているうちに、キッチンの方がいっぱいになって
玄関に通り抜けできなくなってしまった。
これはヤバイと、宅急便に電話して、
それら全部を実家へ送ってしまうことに。

で、10箱くらい送り出した(爆)
取りに来たおじさんも、マジ?みたいな顔をしていた。
そして、実家でそれを受け取るばあさんの顔も浮かぶ。
送料だけで13000円だった。

それでもまだスッキリしない私の部屋。
一体、どこからこんなにモノが出てきたのか、と
思うくらいモノで溢れている。
とりあえず、これから1週間かけて
人を入れられるような部屋にしないと...

イチローの特集をやっていた。
淡々と語ってるけど、やっぱりスゴイよ、あの人。
シアトルは、相当な親日状態になっているだろうな。
それに引き換え、似たような年齢の私は一体。ふー...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2001

厳戒令

遂に会社にも警戒通告が出た模様。
アヤしいやつを見たら即通報、とか、
むやみに飛行機は利用しない、など、
そのような通達が全社でメールされていた。
これ自体、もうテロリストの思う壺だよなぁ...

某局で、小泉首相と国民との対論、
とかいうのをやっていたが、
その中で、ある失業者が
「痛みというのが痛すぎる。なんとかしてくれ」
というようなことを言っていた。
別のある人は
「景気をなんとか回復させてくれ」
またある人は
「小泉さん、お願いします!」
云々かんぬん...

いやね、事情を分からないわけではないが、
しかしありゃ、あまりに人任せなんじゃないか、
と思えてきた。
仮に、構造改革というのを今はやめて、
景気対策をやるのだ、となったとしても、
政治がやれることなんて限られてると思うんだけど。
政治がそう動けば、失業者が直ぐ職を得られるか
といえば、そういうわけでもないだろうし...

実際、政治に頼るよりも、自分でなんとかする努力を
する方が、実質的、実際的だと思うんだよねぇ。
資格がないなら、取得する勉強をするなり、
収入を維持する職を探すのでなく、
今までより少し安い給料の職について
次の機会を探るなり、いろいろやり方はあると思う。

そうして皆が動いていれば、
景気なんて自然に回復してくるんじゃないか。
というか、政治が動くのをただ待ってる状態じゃ
何も動かないし、状況は変わらないだろう。

政治は、とりあえず構造改革でいいんじゃないか。
私がこんなことをいっていられるのは、
実際に私が失業したことがないからかもしれないが...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2001

ぼき~ん

今日、残業していると、ぼきーん、ぼきーんと、
やいやいいってきたので、
「いくら出せばいい?」
と尋ねると、
「一口500円」
というから、500円払った。

ああ、金ないんだよ。引越しも予算オーバーしそうだし。
申し訳ないけど、これで勘弁してくれ...(涙)

あれ?そういえば、M電器で100万ドルくらい出すって
いってだじゃないか。それ以上に、また貧乏社員から
巻き上げてるのか...

む~、本当に有効に使ってくれよ。
# 500円しか出してない奴が何をいう!(^◇^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神の国

また飛行機が突っ込むかもしれない、とかいってるよ。
アルカイダ自身がさ。認めちゃったようなもんじゃん。
まぁ、彼らに言わせれば“神の仕業”なんだろうけど。
そういって今まで何人殺してきたのだ。

アラブ諸国、殊にパレスチナが貧しく、その暮らしが
芳しくないというのは、いろいろな映像を見れば分かる。
それが過去の冷戦のシワ寄せによるところが大きい
ということも、まぁそうなのだろう、と思う。
でもねぇ、何か違う感じがするんだよね。

多分、アフガンとかあのあたりって、気候的にも
あまり恵まれてなくて、農耕も出来ず、資源も乏しい。
といって、加工貿易できるほどの技術力もない。
あそこらへんが貧乏なのって、一概に欧米諸国のせい
ばかりだろうか、と思うようになってきた。最近。
もともと貧乏なんでしょ。

いや、当然、そういう情勢をほったらかしにするのは
罪だろうと思うさ。ただ、我々の苦しみをお前らにも
味あわせてやる、とかいってる彼らの主張って、
それは違うぞ、と思うのである。

例えば日本。日本なんて、小さい国で、資源も何もない。
てことで、短絡的に他所に侵略していったと。
で、散々悪いことやって、アメリカやそこらに
ボロクソにのされて、身動き取れなくなった。
それでもなぜ日本が立ち上がれたか、と考えると、
やっぱし変わり身の早さなのかな、と思うよ。
こりゃ、でっかい奴に付いた方がお得だな、と学ぶ。
スネ夫だよ、スネ夫。(笑)

日本人が技術的に器用だった、というのも身を助けた
のだろうけど、やはり、この“信念のなさ”てのが
私は大きいと思う。日本は神の国などではない。
実は、みんな嫌々軍国主義に従っていただけだった。
従わないと酷いから。

その足かせさえなくなれば、もう神の国なんて
知ったこっちゃないわけだ。やりたいようにやる。
それが、心底“神の国”であるイスラム、キリスト
ユダヤの国とは違うところである。
実は、それが日本の国民性の問題でもあるんだけど...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2001

スパイ

アメリカが、ビンラディンの仕業であるという証拠を掴んでいる
といいながら、その証拠を提示しようとしないのは何故だろう?
あるなら出せよ!と、ずっと疑問に思っていたのだが、
それを出すと、出所が分かっちゃうってのがあったのね。

つまり、その証拠というのは、おそらくCIAかどっかの
潜入操作によって掴めたものであって、それは要するに
スパイによる諜報活動によるものなんだろう。
で、そのスパイというのは、おそらくそのテロ組織の中でも
結構信頼されている人物だったりして、
今回その証拠を出したりすると、その出所も分かって
漏らしていた人物(スパイ)も誰だか分かってしまう。
その人は裏切者だとバレれば命が危険。
仮に上手く逃げられたとしても、そのテロ組織に対する
情報の糸口がなくなってしまう。

だから、証拠はあるけど出せない。
ははぁ、そういうことか、と思った。

いや~、物件探しの次は、引越し業者探しである。
学生の頃は、引越しも友達に手伝ってもらったりして
何気に引越し作業自体はタダだったわけだが、
そんな友達も今はなく(いや、亡くなったわけじゃなく、
いないってこと)、何とか一人でやらねばならない。
しかし、冷蔵庫とか洗濯機とか25型のテレビとか、
さすがに一人では運べないので、仕方なしに業者に
頼むことにしたのだが、馬鹿にならないものである。

ワンルームで市内の引越しだと、大体相場は3万円程度。
梱包とか養生とか、そういう質を求めると5万くらいに
なるらしい。これは想定外であった。いや、何しろ
今までタダだったんだからね。

なるべく自分で運べるものは運んで、大きなものだけ
業者に頼むことにしようか。
そうすれば、若干でも安くなるかも...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2001

またしても

会社の先輩の結婚式の二次会に誘われた。
ラッシュだなぁ。やはり21世紀最初の年だからだろうか。
結婚というのは、一種の拘束の始まりなんだけど、
それを良しとする相手がいて、お互いにそれで幸せならば
逆に望まれる拘束、なのだろう。
しかし、そうでなくなった場合には、
単なる“拘束”の苦痛でしかなくなる。
結婚というのは、よく考えてしたいもの。

先々週あたりから、金木犀の香りがし始めたな、と思ってたら、
もうその花びら(なのかな、あの黄色いやつ)が散り始めている。
時の移ろいとは早いものである。
それが過ぎ去っていくこと自体に体感がないので、
ついつい時が経つものだということを忘れがちだが、
一番重要でありながら、一番多く失っているものといえば、
おそらくその時間だろう、と思う。
気付く度に、ああ、時間を大切にしなきゃ、と思うのだが、
そのとき限りで、また無駄なときをただただ過ごしてしまう。

そういってる側で、ゲームとかやってるしなぁ。
ACECOMBAT面白いし。 ...やれやれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2001

盲腸?

コンビニ弁当を買って、うちについて、
やれやれどっこいしょ、と落ち着いた途端、
猛烈な腹痛が襲ってきた。

何だ、これは!うぉぉ、昼に何か変なもの食ったっけ?
もしかして、これ盲腸か!
そう思って、腹を抑えながらパソコンを立ち上げて
ネットにつないで「盲腸 症状」で検索してみる。
(ホント、ネットは近代の百科辞典である。)
すると「まず溝おちあたりに違和感を感じ、その後
へその右下部(盲腸といわれるところ)に痛みが
移っていく。その後、腹部全体に痛みが拡がりだし、
吐き気や発熱を伴うこともある」などとある。
そういわれると、何だかそんな気もしてくる...

そしてその後「虫垂が破れてばい菌が腹部に広がると
腹膜炎を起して死んでしまうこともある」などとある!
ぎゃあ、私の命もこれまでか。

さらに検索すると、大腸ガンとかの症状もあったりして
それかもしれない、あれかもしれない、と疑心暗鬼に
なってくる。ああ、どうしよう、こんな時間じゃ病院
もやってない。救急車でも呼ぶか!?

そんな騒ぎを一人でしているうちに、横でちらちら
映るテレビの方に注意がいって、さんまと吉田拓郎の
ボケ話でひと笑いしたら、いつの間にか腹の痛みが
おさまっていた。さっきまであんなに痛かったのに...

何だったんだ?痛いんじゃないんかい!と自分の腹に
突っ込み入れたくなる。今も痛いのかもしれない、と
思うと、何か痛い気がしてくるが、先ほどまでのことが
まるで仮想のことだったかのような。

最近、食も不摂生だしな。天からの警告だったのかしら。
こんなコンビニ弁当ばかり食ってるから。
そういえば、実家から送ってきた野菜、大分処理したが、
どうにもキャベツ一玉は食いきれない...

まぁそれはそれで。引っ越したら、生活改めよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2001

武力放棄の国

指をくわえて見てろっての?
あんなことされたんだよ。
うちもやられるかもしれないんだよ。
国際的な総意じゃないか。
金出すだけで、あとは眺めてるのかい?
それじゃタダの観客じゃないか!
一緒に戦おうよ。

実にもっともな意見だと思う。
しかし、小泉氏が個人的にそう思っていても、
そんなことをいった途端に非難の嵐だろう。
日本は永久に武力を放棄した国である。
それが、ここで海外へ向けて自衛隊を出してしまうと
その日本のポリシーに大きく矛盾してしまう。

これはジレンマである。
何もしなくても非難される。金を出すだけでも非難される。
自衛隊を出しても非難される。救援隊を組織する場合でも、
その護衛は必要。それに自衛隊を使うとなると、また武器の
使用はどうなるだ、弾薬の輸送はどうだ、と云々...

自衛隊を出して、それが後方支援とか護衛とかの目的で
あったとしても、相手が攻撃してきたら応戦しなければ
ならなくなる(逃げたら逃げたで、お前らは何のために
来たのか、となるしね)。そして、その時点から日本も
戦争の当事者になってしまうわけだ。これは常に念頭に
置いておかなければならないことで、自衛隊の隊員の
家族の心中も無視してはなるまい。

私は、これを一発で解決する方法を知っている。
これ以上単純で、分かりやすい解決策はないと思う。
それは、そもそも自衛隊などなければよろしい、ということ。
日本という国は、本当に丸腰になってしまえば良いのである。

自衛隊本来の役割を発動する機会はまれにしかない。
その上、こういう事態になると問題の種になるばかり。
この際なくしてしまえば、すっきりするのではないか。
巨額な防衛費も、他にいろいろと使い道はあるだろう。

日本から自衛隊がなくなったら、
本当に他所から攻められるだろうか...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2001 | Main | November 2001 »